【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

超歓喜!超感動!超感謝!の讃美!

【ビジョン】⇔【神の愛】の<讃美歌>

■<一日一生:12月19日>(内村鑑三) ●主は新しい歌をわたしの口に授け、 われらの神にささげるさんびの歌をわたしの口に授けられた。 多くの人はこれを見て恐れ、 かつ主に信頼するであろう(詩篇40-3) わたくしどものいう祈祷なるものは祈祷では…

<真理:義の太陽>で導く【神の愛】

■<一日一生:11月10日>(内村鑑三) ●天に座しておられる者よ、わたしはあなたにむかって目をあげます。 見よ、しもべがその主人の手に目をそそぎ、はしためがその主婦の手に目をそそぐように、 われらはわれらの神、主に目をそそいで、われらをあわれ…

【青年の精神】に導く【神の愛】!

■<一日一生:1月18日>(内村鑑三) ●あなたは知らなかったか、あなたは聞かなかったか。 主はとこしえの神、地の果の創造者であって、弱ることなく、 また疲れることなく、その知恵ははかりがたい。 弱った者には力を与え、勢いのない者には強さを増し加…

<前進あるのみ!>に導く【神の愛】

■<前進の声>(内村鑑三) エホバ、モーセをもってイスラエルの人々に命じたまいけるは、 「なんじら、前に進め」(出エジプト記14-15)と。 しかしてモーセがエジプトを去ってカナンに向かいしがごとく、 パウロがユダヤ教を去って福音を唱えしがごとく、 ル…

【福音の勢力】に導く【聖書】!

■<一日一生:7月3日>(内村鑑三) ●声が聞える、「呼ばわれ」。わたしは言った、「なんと呼ばわりましょうか」。 「人はみな草だ。その麗しさは、すべて野の花のようだ。 主の息がその上に吹けば、草は枯れ、花はしぼむ。 たしかに人は草だ。草は枯れ、…

感謝!感謝!感謝!の【神の愛】!

■<感謝と祈祷>(内村鑑三) 喜べよ。感謝せよ。 しかしてさらに大なる恩恵を仰げよ。 感謝は有効なる祈祷の要素なり。 神は感謝なき祈祷にその耳を傾けたまわず。 「それ持てる者は与えられてなお余りあり。 持たぬ者はその持てるものをも奪わるるなり」(…

<ノーブル>な生涯に導く【神の愛】

■<一日一生:8月2日>(内村鑑三) ●正しい者はなつめやしの木のように栄え、レバノンの香柏のように育ちます。 彼らは主の家に植えられ、われらの神の大庭に栄えます。 彼らは年老いてなお実を結び、いつも生気に満ち、青々として、 主の正しいことを示…

闇から光に導く【神の愛の摂理】!

■【物の前後<The Divine Order(ホレ―シャス・ボナー)>】(内村鑑三) ◆真(マコト)なることは先にして美なる事は後なり。 美なることが先にして、真なることが後なるにあらず。 先ずありのままの森と岩と沢とありて、 しかる後に香しき美しき園はあるなり。 …

【ビジョン】で向上に導く【神の愛】

■<向上>(内村鑑三) 上へ、上へ、上へと、 昇るは救済(スクイ)なり、 降るは滅亡(ホロビ)なり。 われらは永久に昇りて永久に救われんのみ。 道の難きを意とせず、 われなんじを支えんと主いい給えばなり。 手段を講じてしかるのにちに進まず、 主の命を確かめ…

【ビジョン】を可能に導く【神の愛】

■<真個の理想>(内村鑑三) キリスト教は理想ではない、事実である。 理想が事実となって顕われたるものである、 すなわち真個の理想である。 「なすべき」はキリスト教ではない、 「なしうる」がキリスト教である。 キリストは道徳的最大事業である。 われ…

<最悪>で<最善>に導く【神の愛】

■<一日一生:12月5日>(内村鑑三) ●わたしたちは四方から患難を受けても窮しない。途方にくれても行き詰まらない。 迫害に会っても見捨てられない。倒されても滅びない。 いつもイエスの死をこの身に負うている。それはまたイエスのいのちが、この身に…

<我が道>を勇進させる【神の愛】!

■讃美歌494番「我が行く道}(ペテロ前書5-7) 1.わが行く道 いついかに なるべきかは つゆ知らねど 主はみこころ なしたまわん。 備えたもぅ 主の道を 踏みて行かん ひとすじに。 2.わがこころよ 強くあれ ひとは変わり 世はうつれど 主はみここ…

不眠不休で見守ってくれる【神の愛】

■ゴスペル「明日を守られるイェス様」(マヘリア・ジャクソン) 明日は どんな日か 私は知らない 晴れか あらしか 曇りになるか 私は あしたを 心配しない イエスが 私を 守られるから 明日は 私には わからないけど 明日を 守られる イエスが おられる 日々…

遠大な【ビジョン】に導く【神の愛】

■百年後(タゴール) いまから百年後に わたしの詩の葉を 心をこめて読んでくれる人 君はだれかー いまから百年後に? 早春の今朝の喜びの 仄かな香りを、 今日のあの花々を、鳥たちのあの唄を、 今日のあの深紅の輝きを、わたしは 心の愛をみなぎらせ 君の…

<不屈の楽天楽観>に導く【神の愛】

■<福音の宣伝>(内村鑑三) われら、世を救わんことを意(オモ)うべからず。 福音を宣伝せんことを努むべし。 福音あるいはわれらが意うごとくに世を救わざるべし。 世あるいはその頑冥(ガンメイ)のゆえをもって、 福音に接してかえってその滅亡を早めることある…

【礼拝】で確信に導く【神の愛】!

■<信者の祈祷>(内村鑑三) わが祈祷が聞かるるのではない。 神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。 信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。 神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。 信者の祈…

全世界を舞台に導く【神の愛】!

■讃美歌第二編71番<世界の友と> 世界の友と 手をつなぎ 十字架のもとに 立つ我ら、 神の御国を めあてとし 主イエスの道を 進みゆかん。 国と言葉は 異なれど 心は同じ 主の民ぞ、 暗き時代の 望みなる 主イエスの真理(まこと) ひろめゆかん。 道とまこ…

<理想の太陽>に導く【神の愛】!

■<ひまわりの花>(ウイリアム・ブレイク) おヽ、ひまわりの花よ! 君にはあきれるほどに感心するよ。 だって君は、いつでも、太陽だけを追いかけているんだから。 君にとって、太陽とは、 この世の生涯すべてを捧げてでも、 追い求める価値のある 愛おし…

【ビジョン】を<旗印>に決起参戦!

■<讃美歌第二編155番>「おそるべきいまのこの世にぞ」 おそるべき今のこの世にぞ 我らは生くる、 さしせまる危機にありて 生きるはきびし。 みよや、国はきそい立ち 戦(いくさ)をはらむ、 聞け、民の悩む声は 世界に満てり。 むなしくも汝(な)れは立て…

【ビジョン】で勝利に導く【神の愛】

■<讃美歌387番> 御神のことばを かざして進まん、 さからう悪魔は 手段(てだて)を尽くし、 いかに猛(たけ)く 攻めおどすとも。 力のもとなる 主ともに在(い)ませば、 悪魔のたくみも などかはおそれじ、 勝利(かち)は常に 主の御手にあり。 先立(さきだ…

【ビジョン】で天職に導く【神の愛】

■<天職発見の道>(内村鑑三) おのが天職を知らんと欲する者多し。 言う、われにしてもしわが天職を知らんか、 われはわが全力を注ぎてこれに当たらんと。 人よ、なんじはなんじの天職を知るを得るなり。 なんじは容易にこれを発見するを得べし。 なんじの…

<向上>に導く【神の愛=主イエス】

■讃美歌第二編<のぼろう、のぼろう(ヤコブのはしご)>(創世記28-10~22) のぼろう、のびろう、 ヤコブのはしごを 十字架の兵士よ、 さあ、のぼろう。 進もう、進もう、 きよくなる道を 十字架の兵士よ、 さあ、進もう。 のぼろう、のぼろう、 あ…

<いつも一緒!>の【神の愛】!

■<讃美歌第二編239番「主は我が祈りに」> 主は我が祈りに こたえたまえば、 み教え守りて 雄々しく歩まん。 いずこにありても 主は我がそばに いませば我が身は 主の宮となる。 我が主のたすけと 導きにより、 我等のわざをば ほめ歌となさん、 ほめ歌…

<不死身の人生>に導く【神の愛】!

■<危険と安心>(内村鑑三) 人生に危険が多い。 これを思うて万事不安に堪えない。 しかし、ただ一事は安心である。 わが事業の成るまでは、わが死なざる事、その事は確実である。 神がわれにゆだねたまいし事業を妨ぐるほどの災難は、決して身に臨まない。…

不屈の<戦士魂>に導く【神の愛】!

■<戦士の祈祷> [黒人文士バウル、ダンバー氏の近作を意訳せしものなり。](内村鑑三) 過る頃我れ或る人の祈るを聞けり。 『全能にして当るべからざる神よ、 願くは我をして争闘を避けしめ、 爾(ナンジ)、我の為めに戦ひ給へ』と。 我は自身偽善者なるやも知…

<快活パワー>で導く【神の愛】!

■<『旅の歌』から>(ゲーテ) 一つ所に執着するな。 元気よく思いきって、元気よく出よ! 頭と胸に快活な力があれば、 どこに行ってもうちにいるようなもの。 太陽を楽しめば、 どんな心配もなくなる。 この世の中で気ばらしするように 世界はこんなに広い…

<寒中の時代>に出遭う【神の愛】!

■寒中の木の芽(内村鑑三) 一、春の枝に花あり 夏の枝に葉あり 秋の枝に実あり 冬の枝に慰(ナグサメ)あり 二、花散りて後に 葉落ちて後に 果失せて後に 芽は枝に顕はる 三、嗚呼(アヽ)憂に沈むものよ 嗚呼不幸をかこつものよ 嗚呼冀望(キボウ)の失せしもの…

<恐れ>を前進に導く【神の愛】!

■<汝の恐怖を風に任(マ)かせよ>(ゲアハート)[『愛吟』(内村鑑三)より] 汝の恐怖を風に任(マ)かせよ 望んで狼狽(フタメ)くなかれ 神は汝の悲鳴を聞けり 神は汝の頭を擡(モタ)げん 暗き雨夜の波路の中に 神は汝の道を開かん 彼の時を俟(マ)てよ然らば 夜は喜楽の…

常に<最善の道>に導く【神の愛】!

■<同胞教会讃美歌636番>[『眠られぬ夜のために(ヒルティ)』より] あなたの身の上に最善のことが 定められてあると固く信じなさい。 あなたの心がいと安らかであれば、 すべての悩みを免れよう。 その時がやって来るならば、 力づよい助けが突然現われて…

患難辛苦を大勝利に導く【神の愛】!

慰めは苦しみのすぐかたわらにある。 これは、神が、ほかのだれよりも、 このようなみずから進んで苦しみを堪え忍ぶ人々の そば近くにいられるということである。 そこで、彼らには苦難そのものが常に甘美な、 堪えやすいものとなるばかりでなく、 すべての…