【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

イエスの弟子となる条件:【情実の絆】を断つ覚悟

◇◇ イエスの弟子となる条件:【情実の絆】を断つ覚悟 ◇◇【2001年7月18日に作成した<第162回>より】

●あなた方は地上に平和をもたらすために、私が来たと思うな。
 剣を投げるために来たのであり、むしろ分裂である(マタイ伝10‐34、ルカ伝12‐51)
●家の者がその人の敵となろう(マタイ伝10-36、ミカ書7-6)
●我よりも父または母を愛する者は、我にふさわしからず、
 我よりも息子または娘を愛する者は我にふさわしからず(マタイ伝10-37)
●人もし我に来りて、その父母、妻子,兄弟、姉妹、己が生命までも憎まずば、
 我が弟子となるを得ず(ルカ伝14‐26)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

エスの弟子とは誰の事でしょうか。それは、イエス自身が行ったように、肉親でなく
天の父なる神の命じる【使命・天職】に服従する者だといえるでしょう。それは愛を
もって世界平和にまで通じる自己実現にチャレンジする事ともいえるはずです。

私たちが自己の【タレント:個性・才能・可能性】を最大発揮できる【使命・天職】を
見出してチャレンジしようとする際に、強大な障害となり、時には最大の外敵となるのは
往々にして【情実の絆:家族・身内・縁故・先輩後輩・友人関係】であるといえます。

特に家族である親・兄弟姉妹・伴侶・子供は強敵です。理解され支援協力されるどころか、
かえって誰よりも猛反対し無理解な厳しい態度を示す事が普通だと覚悟するべきでしょう。

あの三重苦のヘレン・ケラーも家族の過保護過ぎた溺愛だけでは、言葉を教えられないまま、
暗闇に独り取り残される生涯となり、独りの人間として扱われないままにこの世から静かに
消え去っていたかもしれません。

しかし、【神の意志と計画】は人間の浅はかな知恵と都合とは全く異なっていたのです。
彼女を闇の世界から【光の子】として復活させて愛と勇気と感動と希望を永遠にもたらして
くれました。そのきっかけは【家族の絆】から解放させた家庭教師サリバン先生の愛の力です。

【情実の絆】は多くの場合に自己の【善意・良心・可能性】を見失わせ、神の愛から遠ざけて
しまいます。

企業や組織に帰属すると身内主義や先例主義に従って不義不正に陥るのもまた【情実の絆】に
よるのではないでしょうか。

●罪とは人に対して犯したのではなく、神に対して犯したのである(内村鑑三
●悪とは神を離れて存在することなり(内村鑑三
●我等は悪を避けんとするよりは、むしろ神と共にあらんことを努むべし(内村鑑三

【情実の絆】を断ちきるためには、確固たる正義の証しとなる【真理の絆】が必要不可欠です。
それが【キリストの愛と正義】の導きに従う【愛の絆】で結ばれる弟子となることなのです。

●私は人間の綱、愛のきずなで彼らを引いた。私は彼らにとってはそのあごのくつこをはずす
 者のようになり、やさしくこれに食べさせてきた(ホセア書11-4)
●あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳は後ろから『これが道だ、これに歩め』と
 いう言葉を聞く(イザヤ書30-21)

7月17日の徹子の部屋にゲストで登場した諏訪中央病院の鎌田医師もまた【情実の絆】を
断ちきって、【愛の絆】によって自己の【使命・天職】を見出しチャレンジできた人です。
彼の父親はタクシー運転手で深夜まで働いても家族を守るのに苦労する貧しさにもかかわらず
さらに母親は病弱で医療費がかかるピンチありました。

そんな生活境遇にあってこそ、高校生だった鎌田さんは医師になることを決意するのです。
しかし、父親は当初猛反対したそうです。父親にとって、医師になるまでに大金がかかるもので、
到底息子にそんな世話などできる状況ではなかったからです。しかも、父親にとっての医者とは
患者がいつもぺこぺこ頭を下げてお願いする立場であって、あまり気持ちのよい職業ではないと
思いこんでいたからです。

もし、この時に、【情実の絆】に自分から勝手にとらわれて、我が家は貧乏一家で父親が反対し
心配するから、仕方ないからあきらめようと息子が断念していたら、その後の鎌田さんと一家は
はどうなっていた事でしょう。しかし、現実はあきらめなかったので、日本一とまで評判の高い
病院施設を完成させるこができたのです。そして反対した父親にとっても幸福な晩年を迎える事が
できたのです。

鎌田医師の目指す理想は絶対に見捨てない医療だそうです。それは当初あんなに反対した父親が
医者を目指す限りは、父から息子に命じた【愛のメッセージ】も大きな支えとなっているのです。

「貧乏な人々も大切にする優しい医者になってくれ」。

当初は医師5名で看護婦20名からスタートしたのですが、今では笑い話になるエピソードが
あります。ある患者にキメ細かく精密検査をしてあげて、大切に扱ったつもりなのに、翌日に
手術という前夜に患者は夜逃げしたそうです。ベッドには患者からの手紙が残されていました。

「検査して発見してくれてありがとうございました、手術は別の病院でさせて頂きます。」

それほど、当初の病院施設は見た目は頼りなかったそうですが、あの「赤ひげ先生」のように
心ある医師が大きな愛の理想を目指したならば、神が見捨てるはずはありません。

今では350ベッド規模の病院施設にまで成長し、心のケアのホスピスから老人養護施設まで
備えた総合的医療施設にまで立ち上げていったのです。

さらに夢は世界にまで向っています。チェルノブイリの住民の定期検診のためには11年間も
医療使節として自らも参加し毎年医療チームを結成しているそうです。

【キリスト精神】といえる【自由・平等・寛容・博愛】の実現に少しでも役立ち前進させる事を
目指すなら、それは同時に人類愛や世界平和にまで通じるような大きな理想や志や夢を抱いた事と
同じなのです。

●キリスト信者たる栄誉の一つは、弱き取るに足らざるこの身をもってして、なお大望を抱いて
 その一部分を遂行し得るにあり(内村鑑三

そして、【自由・平等・寛容・博愛】を少しでも実現させ前進させようとするチャレンジには
必ず何らかの反対や批判が伴います。【情実の絆】からの攻撃ほど苦しみ悩み孤独と悲哀感の
あるものはありません。

●苦痛の極みは善をなさんと努めつつある時に人に悪しく思われることなり(内村鑑三
どうして理解してもらえないのか、何故協力支援してくれないのかを、その時に結論や解決を
急いではいけないのです。それは必ず後に大いなる恵みをもたらしてくれる本人にとっては
最善の【試練:神のはからい】であることが多いからです。心から望む【善意・良心・可能性】
へのチャレンジならば、神の救いを信じてネバー・ギブ・アップの精神で前進あるのみです。

●我が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)
●どんな良い事も、最初に一番良い顔をみせはしない(ヒルティ)
●最後まで耐え忍ぶ者は救われる(マタイ伝24-13)

【情実の絆】を断ちきらなくては新たに生まれ変わる事はできません。本当の自分に目覚めた
【自主独立】とは神が望む【使命・天職】を見出したときであり、それは多くの場合は肉親の
望む道ではないからです。我々の救い主であるイエス自身もそうでした。

●人もしキリストに在らば新たに造られる者なり、古きは既に過ぎ去り、見よ新しくなりたり
 (コリント後書5-17~18)

【情実の絆】から自由解放された無防備な幼子に自ら立ち帰った時に初めて、神の導きである
【愛の絆】を掴み取ることができるのです。そして、自分自身が先駆者となって後に続く者の
ためにも天国への道を築き【天国の門】を開く事も大いなる家族愛であり愛国心であるのでは
ないでしょうか。

●一切を捨てよ、そうすれば一切を見出す(トマス・ア・ケンピス)
●【愛の順序】(内村鑑三
 第1に神を愛すべし、第2に世界と人類を愛すべし、
 第3に国と国人を第4に自己と家族を愛すべし
●人を救うとは彼を彼の神なる在天の父に導くことなり。
 我に我が父を示す者、これわが師なリ、我が恩人なり(内村鑑三
●国のために神を信ぜず、神のために国を愛す。現世のために来世を説かず、
 来世のために現世を警(イマシ)む。霊魂のために肉体を潔む(内村鑑三

私たちは批判され無理解な状況にあってこそ、神を見出し【愛の絆】を掴み取ることが
できるのです。チャレンジにおいての孤独感や疎外感や無力感はすべて一時的な試練に
過ぎません。そして、その辛さが我々を鍛えてくれる最良の訓練となり前進させるのです。

●批評せらるる者となれよ、批評する者となるなかれ(内村鑑三
●他人から受ける不正・迫害・屈辱は時には我々の自己教育のために必要である(ヒルティ)
●我々は敵の鋭い監視の下に生活するときにのみ、克己、厳しい正義愛、自分自身に対する
 不断の注意といった大切な諸徳を知り、かつ行うことを学ぶのである(ヒルティ)
●苦しみがあったことは、私にとって幸せでした。私はそれであなたのおきてを学びました
 (詩篇119-71)

もし、皆さんの中に現時点でたとえ孤独・悲哀・無力感に陥っていても、必ず道は開けます。
あきらめずに、より大きな志や理想や夢を抱いて、これからも大いにチャレンジしましょう!
私は心から皆様のチャレンジを応援しています。

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。

ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた
約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html

もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★★皆さんの【願い事】のために祈ります!★★
あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
 
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!

●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる
 (マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!


★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
★ブログにもお立ち寄り下さい! http://blogs.yahoo.co.jp/cforum2000/