【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【真・善・美】を吸収する力

◇◇どこに至るも真理を吸収する力:Universal Absorbing Power◇
【2003年5月12日に作成した<第302回>より】
内村鑑三全集」から学ぶ【主イエス】の【世界人(コスモポリタン)精神】

●すべて真実なこと、すべて尊ぶべきこと、すべて正しいこと
 すべて純真なこと、すべて愛すべきこと、すべて誉れあること
 また徳といわれるもの、称賛に値するものがあれば
 それらのものを心にとめなさい(聞き捨てにおかず思想の材料とせよ)
 (ピリピ書4-8)

内村鑑三は【主イエス】の【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】こそが
人類にとって【理想の世界人】の姿であり、その精神は【パウロの精神】にも
受け継がれていることを紹介しています。

パウロはこの世に存在する【真・善・美】なるものをすべて軽視することなく
自分自身の思想のために吸収消化することを提唱しているからです。

同じ一神教であるユダヤ教イスラム教を含めてキリスト教とは世間一般的に
偏狭で【唯一絶対の神】以外を認めず、「主を信じない者は地獄行きだ!」と
未信徒や異教徒を脅すようにして教義を押しつけがちだと思われています。

しかし、【キリストの教え】を単なる中東のはずれで起こったユダヤ民族内の
新興宗教から全人類救済のための世界的な【福音】に導く【先駆者】となって
異教徒への世界伝道を目指した【パウロの精神】は全く異なっているのです。

牧会書簡(テモテ前・後書、テトス書)を除き、中でもパウロの書簡集として
代表的な「ロマ書」「コリント前書・後書」「ガラテヤ書」に目を通すならば
全ては【命令口調】ではなく【お願い・望み口調】であることを知るでしょう。

パウロは異教徒の文明風習の中にも【真・善・美】に通じる見習うべき事柄は
たくさんあり積極的に発見し学び取ることを重んじたのです。

内村鑑三の解釈によって冒頭の「ピリピ書4‐8」を現すならば、

★すべて真実なこと、すべて敬う(尊ぶ)べきこと     ⇔【宗教的真理】
★すべて正しき(公義)なこと、すべて純真(清潔)なこと ⇔【道徳的善行】
★すべて愛すべき(人の心を引き付ける)こと、
 すべて称賛すべき(耳に善き響きある)こと       ⇔【審美的美事】 

徳といわれるもの、誉れ(称賛に値するもの)があれば、すべてを聞き捨てずに
深き思想の材料とする態度こそが【世界人・コスモポリタン】の精神に通じる
といえるでしょう。

しかし、あらゆる思想・哲学・宗教観・道徳理想を吸収しても、それだけでは
かえって危険なこともあります。

自分の思想として身につけるためには【消化】しなくてはならないからです。
偏見や先入観のない歴史的・世界的視野の曇り無き【心】と【目】と【耳】が
必要不可欠ではないでしょうか。

そんな立派な【心】と【目】と【耳】を自分自身の経験と能力と知恵だけで
装備することが果たして可能でしょうか?少なくとも無教養で浅学な私には
無理です。そんな私にも【チャンス】があり心配無用なのです。

私たちには見習うべき【理想の世界人】の【心】と【目】と【耳】とを持つ
頼りになる【主イエス】がいてくれるからです!ハレルヤ!感謝します! 

【キリスト精神】を自分の心に受け入れると、いつのまにか【心の天井】が
【大聖堂】のように高くなります。自分だけが所有していた【心】は偏狭で
まるで賃貸のワンルーム・マンションのような殺風景な部屋であったのが、
【主イエス】を【心】に招きいれると、そこはどんな事柄も吸収消化できる
【目】と【耳】を兼ね備えた【無限の図書館】が生まれるのです!

ご存知のように、内村鑑三新渡戸稲造は、いち早く日本の誇るべき代表的
人物(西郷隆盛二宮尊徳上杉鷹山日蓮中江藤樹)や日本の伝統である
「武士道」を世界中に解りやすく伝えてくれた日本人です。

彼等もまた【キリスト精神】を持った世界人だったからこそ、世界に通じる
共通の【徳】や【誉れ】や【真・善・美】として伝えることができたのだと
思います。

もし、明治政府の政治家や官僚が中心となって国家政策として日本の代表者を
選ぼうとしたならばどうだったでしょう。内村鑑三の編纂のようにすんなりと
行かなかったと思います。恐らく誰を選ぶべきかの人選だけでも大変だったと
思います。

多くの民族が宗教改革によってキリスト教に改宗したことはご存知の通りです。
しかし、ギリシャ、ローマ、ロシア、英国、イギリス、ドイツ、フランスなど
どれも全く同じ「キリスト教文化」にはなりませんでした。

それどころか、かえって民族の独自性が開花され国家も個人も、少なくとも
【自主独立】の【キリスト精神】が土台として根ざす事になったと思います。

●独立を説くなかれ、キリストを説くべし(内村鑑三

植民地になってキリスト教に改宗されて行った南米諸国でもアフリカ諸国でも
宗主国から独立した後に、本当の民族精神に目覚めるようになって、自分たち
民族のルーツを改めて研究し尊重するような動きがたくさんの国で見られます。

彼等の心に【キリスト精神】が注がれたので、世界的視野で自分の民族精神を
誇りと自尊を抱き、見つめ直すことができたのだと確信します。

●神にすがる依頼心ありて始めて真個の独立と威厳と自尊はあるなり(内村鑑三

私は植民地政策で現地の風習・文明が破戒されて無理やりにキリスト教文明を
吸収させられたことは、決して不条理な悲劇ではないと思っています。

ある時代に繁栄したマヤ文明やインカ文明にしても、スペインが訪れる前に
既に跡形もなくなっていたり文明崩壊の末期にありました。何故でしょうか?

現代の独裁的国家にも通じると思いますが、恐らくあまりにも民衆を迫害する
独裁的権力者が支配していたために、権力者側は豊かな繁栄を極めても持続は
できずに、やがて部族間の権力争いの時代を迎え、次に政治権力の座についた
権力者は過去を継承せず一切を歴史から消してしまったのだと思うからです。

これは私の勝手な歴史観であり異論も反論もあるかと思いますがご容赦下さい。

日本でも戦前の大本営の記録が消失されたり、一部の証言者が30年後になり
ようやく公言するなど、歴史を正しく継承することは容易ではないと思います。

ギリシャ科学・哲学も権力闘争によって一度は失われても、イスラムに守られ
やがて数百年の後のルネサンス期にはイタリアで見事に復活したと聞きます。
その際に、修道士が多くのギリシャの書物を集め所蔵していたことが貢献した
と聞きます。

インカ文明を破壊したスペイン人の中で、一人の神父がインカの遺跡に興味を
抱き記録を残したので、現代に通じる解明への道が保たれたとも聞きます。

彼等もまた【パウロの姿勢】と【キリスト精神】に従って、この世の全ての
【真・善・美】に関心を示すという【神の愛】に従ったのだと思うのです。

●【愛(主イエス)】は耐え忍び寛容である。【愛】は情が深く人の益を図る
 【愛】はねたまない、誇らない、高ぶらない、非礼を行わない。
 【愛】は己の利を求めない、軽々しく怒らない、人の悪を念(オモ)わない。
 【愛】は不義を喜ばないで真理を喜ぶ
 すべてをおおい包み、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える
 【愛】はいつまでも絶えることがない(コリント前書13-4~8)

個人でも民族・国家の偉業でも、たとえ当時の権力者・敵対勢力が抹殺しても
【光もの:真・善・美】は必ず【神の愛】によって見つけ出される証明です。

●人の子が来たのは、失われたものを尋ね出して救うためである(ルカ伝19‐10)
●私を失われたものを捜し、迷い出たものを連れ戻し、傷ついたものを包み
 病気のものを力づける(エゼキエル書34‐16)

世界遺産に特別に登録されたというポーランドの「ワルシャワ歴史地区」の話は
とても興味深く感動しました。

ユダヤ人が多数住んでいた事から、さらに蜂起して最後まで抵抗した事が理由で
ドイツの空爆で85%が徹底的に粉砕されたワルシャワで【愛の奇蹟】が起きます。
当時85万人いた市民の3分の2が失われた戦後、ワルシャワ・ロビンソンと言われる
生存者は生き残った者としての【使命・天職】のように壮大な計画を立てるのです。

住む場所も何も無い瓦礫の山を目の前して、彼等は戦前と「そっくりそのまま」の
街を再建復活させるという【ビジョン】だったのです!偉大なるかな【神の愛】!

ポーランドの歴史は常に侵略と征服の連続で領地が地図から消されることまでも
ありましたが、これまでも【キリスト精神】によって復活再生してきたのです。

「北のパリ」とまで称賛されるほどに美しき中世から受け継がれたワルシャワ
後世に残し、二度と同じ過ちを犯させない!という決意のもとに立ちあがります。

彼等が用意できる街の全体図は、たった一枚の18世紀に描かれた宮廷画家による
絵画だけだったのです。あとは個人個人の【心】に残された記憶に頼るだけです。
そして、30年間を費やして壁のシミ一つまでも再現するほどに見事に復活させた
のです。

彼等の心の支えとなったのは、14世紀に建てられ、残骸になってしまった最古の
聖堂に飾られていた「十字架」だったそうです。残骸の中に無傷で見つけられた
「イエスの十字架」に【神の愛】と【復活】を見る事ができたと確信できます。

●神の恵みと助けとが示されているのは、とくに困難な時期に、いつも我々の暗い
 運命のどこかある一点が明るくされることによってである(ヒルティ)
●あなたのしようとすることを主にゆだねよ、そうすれば、あなたの計画は
 ゆるがない(箴言16-3)
●真っ先に人間に慰めを求めないで、神にそれを求めなければならない(ヒルティ)
●いたずらにあなたを苦しめるために
 苦難を与えられたのではない。
 信じなさい、まことの生命は
 悲しみの日に植えられていることを(ヒルティ)
●神(愛)を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて全ての善き物をもって汝を恵まん
 (内村鑑三)

彼等は修復させずに瓦礫のままの場所もわざと残し、壁には蜂起したレジスタンスの
ニック・ネームを刻み、永遠の平和を祈る場所として無名戦士の墓を新たに築きます。

46年の再建開始から休むことなく、一日24回(毎時間)の衛兵交代式を行なうそうです。

再建復活できた79年の世界遺産の登録は見送ることにしたそうです。ユネスコにすれば
過去の遺跡ではなく実物そっくりに再建したにすぎないとみたからです。
しかし、翌年には歴史的事実を再建したシンボルとして立派な人類の世界遺産として
認められたのです。
【真・善・美】を愛し【徳】と【誉れ】を称える【世界人・コスモポリタン】の精神が示され、そこには【神の愛】の勝利が見られます!ハレルヤ!主に栄光を帰します!

●神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと
 共に働いて万事を益となるようにして下さる、と私たちは知っている(ロマ書8‐28)

【主イエス】を【心】に招き入れるならば、【コスモポリタン】の精神でどんな思想・哲学・宗教・道徳を進んで吸収しようとも安心です。【主イエス【自由・平等・寛容・博愛】に支配され善きものは善きものとして、悪しきものは悪しきものとして【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が働いてくれるからです!
皆様が【真・善・美】や【徳】や【誉】を吸収するパワーに満ち活躍される事を心より応援しています!