【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

優しくて強い【神の愛】【2】

◇◇やさしくて強い【神の愛=隣人愛】(その2)◇◇
【2003年6月13日に作成した<第306回>より】
これから求められる【リーダー像】を考える

★★【その1】のつづき★★

あの有名なるクラーク博士が日本で教育してくれたのはわずか8ヶ月だったと聞きます。
早く欧米列強んび追いつくための【新たな青年教育】を目指し明治政府が招聘した時に、
クラーク博士からの条件は「聖書講義」を授業に加える事が絶対に譲れない条件でした。

当時の政府が止む終えず認めた事は【神の愛の奇蹟】だったと感謝します。ハレルヤ!
そして、給料が支払いきれずにクラーク博士はあまりにも早く解雇されてしまいますが、
わずか数ヶ月でも彼のまいた【種:福音】は大きな実りを生んだ事は歴史的事実です。

内村鑑三自身もニ期生なので直接にクラーク博士から教授された経験はありませんが、
わずか8ヶ月しか教授されなかった一期生から受けて【精神】を継承できたという事は
驚きと感動です。「青年よ大志を抱け!」はあまりにも有名ですが、もう一つの言葉が
印象深くあるそうです。

「Be Gentle!(やさしくあれ!紳氏たれ!)」

日本では当時も今でも「やさしさ」と「強さ」とは正反対のように思われがちです。
しかし【キリスト精神】では「やさしい=弱い」からこそ「強く」なれるといえます。

●主が言われた「私の恵みはあなたに対して充分である。私の力は弱いところに
 完全に現われる。それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ、喜んで
 自分の弱さを誇ろう。
 だから、私はキリストのためならば、弱さと侮辱と危機と迫害と行き詰まりとに
 甘んじよう。何故なら、私が弱い時にこそ、私は強いからである
 (コリント後書12-9~10)

クラーク博士の蒔いた【福音・キリスト精神】のおかげで、内村鑑三新渡戸稲造
代表されるように、彼等は各自が異なる分野で【自主独立精神】によって活躍します。
同時に彼等に共通する事は、単に「強い」だけでなく「優しくて強い」存在でした。

ある女性が米国での慣れない大学生活中に、学生街のパン屋さんの女店主に、とても
いつも優しく親切に面倒を見てもらったそうです。学生で何もお礼ができないことを
申し訳ないと伝えると、店主は当時の彼女にとって強烈なメッセージをくれたのです。

「私がしたことへのお礼など必要ありませんよ。それよりも,あなたが社会に出たら
 社会に恩返してくださいね!」
Give it back to the community!
現在も米国で暮らす彼女は米国の根底にある【優しくて強い精神】を紹介したのです。

聖路加病院や講演や著書で大活躍されている日野原医師は、米国で医療研修した時に
病院内の会議が時間厳守であることに痛感させられたと新聞連載で紹介していました。
前日に日野原さんの歓迎会があって深夜まで飲み明かしたので、きっと翌朝の会議は
遅れるだろうと見込んで5分遅れて行ってみると全員が早朝から時間通りに出席して
いたそうです。その後、日野原さんの後輩も遅刻した時に経験したことは、とても
印象深いものでした。

会議終了後、医長が他人に聞かれないように小さな声で耳元で優しく語ったそうです。
日本の組織ならば、みんなの前で怒鳴ることもある状況かもしれません。

「遅れて人が来ると、会議の集中力が乱れるので、次回から遅れたら入室しなくて
 いいからね。」

この医長の態度は会議のリーダーとしての厳格な態度ではなく、患者に対する医者の
優しい態度に通じていることが感動的ですね。日野原医師もこの態度こそ医者として
人間としても見習うべきことがあると記述していました。

私たちは「ルール」を守ることが「目的」となってしまいがちです。「ルール」は
あくまでも「手段」に過ぎないのに、たとえば医者が患者の前で現場の単純ミスを
怒鳴ったりイライラする態度を示せば、患者は萎縮してしまうことを忘れがちです。

政治・経済・教育分野だけでなく、家庭内も個人的な人間関係でも共通することで
あるといえます。

【キリスト精神】では【手段=戒律(十戒)】と【目的=神の愛(隣人愛)の実践】が
明確に分けられています。【手段=十戒】は冷酷無比で【目的=隣人愛の実践】は
優しくて温暖です。そして、【手段】は実行不可能でも、【目的】は【福音】を
信愛するならば、こんな無力な臆病で自分勝手な私でも実践可能です!

●私を強くして下さる方によって、何事でもすることができる(ピリピ書4‐13)
●我に力なし、しかれども我が全能の神は我が為に活動(ハタラ)き給う。
 我に知恵無し、しかれども我が全智の神は我が為に計策(ハカ)り給う
 (内村鑑三)

これからの日本に求められる、各分野に共通する【リーダー像】は何でしょうか?
単に信念と勇気に満ちた「強い意志」だけでも、ただ盲目的に「優しい」だけでも
不足だと思います。まさに「優しくて強い」【キリスト精神】が最適だと信じます。

【優しくて強い精神】を養うためには【福音・聖書:イエスの生涯と教え】にある
無限の【神の生命パワー】で湧きあがる新鮮な生命力・活力・知識・思想の存在に
心から信頼する事が必要不可欠だと信じます。

●聖書はすべて神の霊感(息吹き)を受けて書かれた物であって、人を教え、
 戒め、正しくし、義に導くのに有益である(テモテ後書3‐16)
●聖書はすべて真理によって作られた、その精神でもって読まれるべきである
 (トマス・ア・ケンピス)
●福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
 福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
 福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
 福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
 福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において活かすゆえに
 活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
 この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ(内村鑑三
●世に惨事多きや、福音を説くべし
 世に罪悪多きや、福音を説くべし
 国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
 社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
 福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三

皆さんが歴史上で活躍した先人・偉人のように【優しくて強いリーダー】となって
皆さん各自の立場・分野で【神の愛】と共に活躍される事を心より応援しています。

●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
 主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え
 新しくされる。主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う
(ゼパニヤ書3-17)

皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた
約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html
もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!
★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
皆さんからの御連絡お待ちしています!

田中 聡(さとし)
cforum@tanaka.name