【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン:理想・夢望・念志】で<携挙的神愛神助>に導く【神の愛=主イエス】!

【2022年8月10日に作成した<第754回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<携挙的神愛神助>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

此の世的価値観から見れば【福音:聖書:真理の御言葉・聖句】は少数意見であり
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】が約束保証してくれた
いよいよ押し迫ってきた【主イエス】空中再臨で起こる<現代版ノアの方舟:携挙>と
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>については
カトリックプロテスタント多数派も一切語らない超少数意見となっています。

私の敬愛する内村鑑三も晩年再臨運動に献身しましたが具体的に語っていないようです。
百年後の私たちは明治期よりも【神の愛=主イエス】に愛され霊的成長した証しです!

●多くの先なる者が後にされ、後から来た者が先とされる。
 (マタイ19-30、マルコ10-31、ルカ18-30)

まず<現代版ノアの方舟:携挙>が教会権威多数派が軽視するのは現代の人間の叡智では
【主イエス】空中再臨で死んだ信者全員が復活し、生きている信者は栄光の肉体が与えられ
生きたまま昇天するという超自然的・非科学的なので「たとえ話」とみなしたと思います。

●あなた方は、心を騒がせないがよい。神を信じ、また私(主)を信じなさい。
 私の父の家には、すまいがたくさんある。
 もしなかったならば、私はそう言っておいたであろう。
 あなた方のために、場所を用意しに行くのだから。
 そして、行って、場所の用意ができたならば、
 またきて、あなた方を私のところに迎えよう。 
 私のおる所にあなたがたもおらせるためである(ヨハネ伝14-1~3)
●私たちは主のみことばのとおりに言いますが、
 主が再び来られるときまで生き残っている私たちが、
 死んでいる人々に優先するようなことは決してありません。
 主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、
 ご自身天から下って来られます。
 それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、
  次に、生き残っている私たちが、
  たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、
  空中で主と会うのです。
  このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。
  (テサロニケ前書4ー15~18)

しかし生命誕生も自然摂理も未解明で全生命種90%は未発見、DNA98%は謎状態なら
創造主である<全智・全能・全愛>【神の愛=主イエス】が断言したことは重要です。
【主イエス】が受肉降誕した初臨でユダヤイスラエル民族が救世主と認めなかったので
私たち異教徒がモーゼ律法を遵守しなくても【福音の三要素】を心に受け入れるだけで
先に救霊される<恵みの時代>が【主イエス】復活後から現代まで二千年間と言えます。

■【福音の三要素(信条)=救霊<聖霊の宿り>の証し】
 ●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
 ●死んで墓に葬られた<埋葬>
 ●三日目によみがえられた<復活>
●私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、
 次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです(コリント前書15ー3〜5)

<現代版ノアの方舟:携挙>は<恵みの時代>の神愛象徴であり裁かれない型であり、
<裁きの時代:大患難時代>の前触れであり<主の恵みの最終便>であると感じます。
つまり今は<不義・不正・不実>不純・不潔な私でも【福音の三要素】を受け入れて
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を掲げ続ける限りは
【神の愛=主イエス聖霊】のとりなしで【天の父】の下す天罰や裁きは猶予され
自業自得・因果応報の<患難辛苦>に直面しても<神愛神助:祝福・恩恵>となって
本番会場である<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>で私が活躍できるために
【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】として鍛えてくれます!

●御霊もまた同じように、弱い私たちを助けてくださる。
 なぜなら、私たちはどう祈ったらよいかわからないが、
 御霊自ら言葉にあらわせない切なるうめきをもって、
 私たちのためにとりなし祈ってくださる(ロマ書8-26)
●罪に定めようとするのはだれですか。死んでくださった方、
 いや、よみがえられた方であるキリスト・イエスが、
 神の右の座に着き、私たちのためにとりなして いてくださるのです。
 (ロマ書8-34)
●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが
 魂の父は、私たちの益のために、そのきよさに預からせるために
 そうされるのである (ヘブル書12‐10)
●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、
 むしろ悲しいものと思われる。
 しかし、後になれば、
 それによって鍛えられる者に平安な義の実を結ばせるようになる。
 (ヘブル書12‐11) 
●「我が子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
 主から責められ懲らしめられても、
 弱り果て力を落としてはいけない。
 なぜなら、主は愛する者を鍛え、
 子として受け入れる者を皆、
 鞭打たれるからである。」
 あなた方は、これを鍛錬(訓練)として忍耐しなさい。
 神は、あなた方を子として取り扱っておられるのである。
 (ヘブル書12-5~7)
●我が子よ、
 主の訓練を軽んじてはならない
 主の叱責をいとうな
 父がかわいがる子をしかるように
 主は愛する者を戒める(箴言3‐11~12、ヘブル書12‐5~6)
●あなた方は訓練として耐え忍びなさい。
 神はあなた方を、子として扱っておられるのである。
 いったい父に訓練されない子があろうか(ヘブル書12‐7)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、
 他のいかなる道でも達せられないほど、神に近づく事ができる (ヒルティ) 

私の日々は自業自得の大小様々な<患難辛苦>だらけですが天罰・裁きと受け止めずに
【ビジョン:理想・夢望・念志】に【ミッション:大義・使命・天職】を体得するなら
<現代版ノアの方舟:携挙><神愛神助:祝福・恩恵>【神愛奇蹟】が連発します!
例えば自助努力では絶望的状況に<神愛の智恵:聖書観力・霊感力・直観力>が働き
<神助体得能力(セレンディピティ):霊能活気・自由想念・独立決起>で思いついたり
時にかなって<最高!最善!最美!>の出来事が解決に導いてくれます!ハレルヤ!

●<神助>(内村鑑三
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて全ての善き物をもって汝を恵まん。
 ⇔ ★天来の思想
   ★外来の友人
   ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の事業を助けん。
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすを得べし。
◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
 汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。
●神に頼るにあらざれば何事をもなしえざる者はクリスチャンなり、
 神に頼れば何事もなしうる者もまたクリスチャンなり。
 世にクリスチャンの如く弱きものあるなく、
 またかれのごとく強き者もまたあるなし(内村鑑三
■<神の助け>(内村鑑三
 神はさまざまの方法をもってわれらを助け給う、
 あるいは霊をもって、
 あるいは物をもって、
 あるいは友人をもって、
 あるいは敵人をもって、
 あるいは同国人をもって、
 あるいは外国人をもって、
 あるいは知人をもって、
 あるいは未知の人をもって、
 われらの弱きを助け、
 乏しきを補い給う。
 神の方法に富み給うは
 かれが日々われらを助け給うその方法の豊かなるによりて知るをうべし。
 ●われらに臨む患難は多し。
  されどエホバはわれらをみなその中より援(たす)け出し給う(詩篇34-19)
●信者が信仰を強められたいと願うなら、神に時を与えなければならない。
 神が信仰を試みられるのは、ご自身の子供にとってちょうど良い時に助け、
 救い出すことをどんなに喜んでおられるかということを実証するためなのである。
(ジョージ・ミュラー
●信仰を強めるために重要な最後の点は、信仰の試練が来た時、
 神に働いていただき、自分の力で自分を救い出そうとしないことである。
 (ジョージ・ミュラー
●あなたの重荷を主にゆだねよ。主はあなたを支えてくださる。
 主は従うものを支え、とこしえに動揺しないように計ってくださる。
 (詩篇55ー23)

私は自業自得で<不義・不正・不実>の【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】や
<弱気:恐れ・不安・心配><逃げ腰・及び腰・弱腰>が<重荷・重圧>となりやすく
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を高く掲げるには
<邪魔勢力:つまずきの石・妨げの岩・仕掛け罠>となって奇襲攻撃してきますが、
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】で一切お任せ人生なら
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
<神愛神助感:神愛高揚感・神愛使命感・神愛勇壮感>に満たされます!

●あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる(詩篇37-5)
●私を頼りとし、私を望みとする者は、祝福される(エレミヤ記17-7)
●心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りに頼るな。あなたの行くところ、
 どこにおいても主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
 (箴言3-5~6)
●ある者は車を頼み、ある者は馬を頼み、ある者は学問を頼み
 ある者は多数を頼む。しかれども我は我が主の神を頼まん(詩篇20‐7)
●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる(ロマ書8-28)
●私(主)が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです(ヨハネ伝10-10)
●あなたが右に行き、あるいは左に行くとき、そのうしろで
 「これが道だ、これに歩め」
 という言葉を耳に聞く(イザヤ書30‐21)
●あなたの口を大きく広くあけよ、私(神)はそれを満たそう(詩篇81-10)
●彼らが呼ばないうちに私(主)は答え、彼らがまだ語っているうちに私は聞く。
 (イザヤ書65‐24)
●彼らの叫びを聞き、その痛みを知っている(出エジプト記3-7)
●主に向かって述べた不平を、聞かれたから恵みは与えられた(出エジプト記16-8)
●神は罪人の言う事はお聞き入れになりませんが、
 神を敬いその御心を行なう人の言うことは聞き入れて下さる(ヨハネ伝9‐31) 
●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、
 主は必ずあなたに恵み、それを聞かれるとすぐ、
 あなたに応えてくださる(イザヤ書30‐19)
●今の私があるのは、ただひとえに、あふれるほどに注がれた神様の恵みと、
 あわれみとのおかげです。実際に働いたのは私ではありません。
 神が私の内部で働き、祝福してくださったのです(コリント前書15-10)
●主は倒れようとする者をひとりひとり支え、
 うずくまっている者をみな起こされる。
 ものみながあなたに目を注いで待ち望むと、
 あなたは時にかなって食物を与えられる。
 あなたは御手を開き、
 すべて活ける命あるものの望み願いを満たされる。
 (詩篇145-14~16)
●主は馬の力や勇ましさを喜ばれるのでもなく、
 人の足の速さを望まれるのでもない。
 主を畏れる者、主の慈しみを待ち望む者を主は好まれ望まれる。
 (詩篇147-10~11)
●我らのなお亡びざるはエホバの仁慈(イツクシミ)により、あわれみの尽きざるによる。
 これは朝ごとに新しく、あなたの真実はそれほどに大きく深く力強い。
 (エレミヤ哀歌3‐22~23) 
●あなたは悟しをもって導き、後には栄光のうちに受入れて下さいましょう。
 天ではあなたの他に私は誰を持ち得ましょう。
 地上ではあなたの他に私は誰をも慕い望みません(詩篇73‐24~25)
●私は主を仰ぎ見、私の救いの神を待ち望む。私の神は私の願いを聞いて下さる。
 (ミカ書7-7)

私たちは<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>で活躍できるために今日があり
天罰も裁きもない<主の恵みの時代>の現代には<ミナ:神愛特権>が与えられていて
【ビジョン:理想・夢望・念志】で【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>により
霊性:魂[勇気]・善意・良心】の思う存分好き放題大満足でチャレンジし続けると
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>での責任立場が決まると示されています。
ですから毎日【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>にチャレンジし続けましょう!

●さて、彼が王位を受けて帰ってきたとき、
 だれがどんなもうけをしたかを知ろうとして、
 金を渡しておいた僕たちを呼んでこさせた。
 最初の者が進み出て言った、『ご主人様、あなたの一ミナで十ミナをもうけました』
 主人は言った、『よい僕よ、うまくやった。あなたは小さい事に忠実であったから、
 十の町を支配させる』
 次の者がきて言った、『ご主人様、あなたの一ミナで五ミナをつくりました』
 そこでこの者にも、『では、あなたは五つの町のかしらになれ』と言った。
 それから、もうひとりの者がきて言った、
 『ご主人様、さあ、ここにあなたの一ミナがあります。わたしはそれをふくさに包んで
   しまっておきました。あなたはきびしい方で、お預けにならなかったものを取りたて
   おまきにならなかったものを刈る人なので、おそろしかったのです』
  彼に言った、『悪い僕よ、わたしはあなたの言ったその言葉であなたをさばこう。
  わたしがきびしくて、あずけなかったものを取りたて、
 まかなかったものを刈 る人間だと、知っているのか。
 では、なぜわたしの金を銀行に入れなかったのか。
 そうすれば、わたしが帰ってきたとき、その金を利子と一緒に引き出したであろうに』
 そして、そばに立っていた人々に、『その一ミナを彼から取り上げて、
 十ミナを持っている者に与えなさい』と言った。
 彼らは言った、『ご主人様、あの人は既に十ミナを持っています』
 『あなたがたに言うが、おおよそ持っている人には、
  なお与えられ持っていない人からは持っているものまでも取り上げられるであろう』
 (ルカ伝19-15~26)
●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、
 それは神が善しとされるところだからである。
 何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい。
(ピリピ書2-13~14)
 
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
毎日起こる患難辛苦には天罰も裁きもなくて<現代版ノアの方舟:携挙>の型である
超常識・超世間的・超常現象の<神愛神助:祝福・恩恵>【神愛奇蹟】の連発で
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】と
<神愛神助感:神愛高揚感・神愛使命感・神愛勇壮感>で<重荷・重圧>から解放され
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
世界を舞台にチャレンジし続ける活躍を心リ応援しています!

●負けて勝ち、踏みつけられて立ち、殺されて活くるのが
 キリスト信者の生涯である(内村鑑三
●人の計画は成りて敗れ、神の計画は敗れて成る(内村鑑三)
●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
 途方にくれても、行き詰まらない
 迫害にあっても、見捨てられない
 倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)
●人に知られていないようで、認められ
 死にかかっているようで、生きており
 こらしめられているようで、殺されず
 悲しんでいるようで、常に喜んでおり
 貧しいようであるが、多くの人を富ませ
 何も持たざるようで、全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10) 
●苦難の襲う時わたしが呼び求めれば、あなたは必ず答えてくださるでしょう。
詩篇86-7)
●彼がわたしを呼び求めるとき、彼に答え、苦難の襲うとき、
 彼と共にいて助け、彼に名誉を与えよう(詩篇91-15)
●主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。あなたこそは私のすわるのも、
 立つのも知っておられ、私の思いを遠くから読み取られます。
 あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、私の道をことごとく知っておられます。
 (ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、
  あなたはそれをことごとく知っておられます。)
 あなたは前からうしろから私を取り囲み、御手を私の上に置かれました。
 そのような知識は私にとってあまりにも不思議、
 あまりにも高くて、及びもつきません(詩篇139-1~6)
●どうか、私たちの祈り、願い、考え、望みをはるかに超えたすばらしいことを、
 その偉大な力でなされる神に、栄光がありますように(エペソ書3-20)
●主はいつくしみ深い方、 苦難に会うとき、身を寄せるべき場所だ。
  主は、ご自分に信頼する者をすべて知っている(ナホム書1-7)
●わたしのうちに思い煩いの満ちるとき、 あなたの慰めはわが魂を喜ばせます。
詩篇94-19)
●このように主は誠実なお方なので、約束されたことは千代のちまでも守り、
 主を愛し、命令を守る者に最善のことをしてくださいます(申命記7-9)
●それでもひたすら神に信頼し続けよ。
 そうすれば、まもなく、また光と力を見るだろう。
 おまえが信じたものを、まのあたりに見て、信じたとおりに成るであろう。
 (バンヤン) 
●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる。
 (トマス・ア・ケンピス)
●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば、
 力尽きて倒れる場合にも多くの事を成し遂げ功を奏させる(トマス・ア・ケンピス)
●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
 人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
 愛は常に向上を欲していかなる、
 いと低い事物によっても引き停められることを望まない(トマス・ア・ケンピス)
●父母はわたしを見捨てようとも、
 主は必ず、わたしを取り上げ引き寄せてくださいます(詩篇27-10)
●我が魂よ、主をほめたたえよ。
 善くして下さった主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない(詩篇103-2)
 
ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)