【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【使命・天職】への道【1】

◇◇今すぐ出来ることが【使命・天職】に通じる最善の道(その1)◇◇
【2003年4月19日に作成した<第299回>より】

●【天職】を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。
 さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。
 要するに【天職】はこれに従事するまでは発見することのできるものでは
 ありません。(内村鑑三
●すべて汝の手に堪えることは力を尽くしてこれを為せ(伝道の書9-10)
●信心があって足ることを知ることは大きな利得である(テモテ前書6‐6)
●喜んで必然に従う者、彼こそは賢者にして、神を知る人である
 (ヒルティ)
●神はあなた方にあらゆる恵みを豊かに与え、あなた方を常にすべての
ことに満ち足らせ、すべての善いわざに富ませる力のある方である
(コリント後書9‐8)
●すべてのことを、人々の言葉や評価によってではなく、あるがままに
 認める者はまことの賢者であって、人間よりむしろ神から教えを
 受けた者である(トインビー:イザヤ書54-13)

この世は貧困飢餓も戦争も犯罪も悲惨・苦難がいつまでも絶えない世界です。
ところで全ての結果には原因・理由があると思います。

たとえば、現在流行し始めている新種のウイルスSARSにしても、当初は
北極近くで生息する鳥類や小動物の体内では問題を起こさないで善玉として
仲良く共生していたウイルスが、人間の生活によって温暖化が進むにつれて
移動する動物や渡り鳥に感染しながら生き延びるために変化し続け、最後に
人間の体内に感染した時は【悪玉】として暴れるようになったと聞きます。

始めは【エデンの楽園】であった地上が堕落してしまったのも、人間が神を
遠ざけ続けていることが原因だと思います。

この世を再び平和の世界に立ち帰らせ、少しでも楽園を復興させるためには
少しでも多くの人が【神の愛】を受け入れて【感謝の祈り】を実践しながら
今の自分でもできる【神の愛】で託された【使命・天職】を見出して実現に
向けて個人個人から勇気あるチャレンジをすることだと考えます。

全世界の全員参加の祈りが行なわれ、各自が【ライト・スタッフ】として
適材適所で働くならば世界の社会問題・困難の大半は解決する事ばかりです。

●神の無限の力に頼りて我等は我等の信じるがごとくに全ての事をなすを
 得るなり(ピリピ書4‐13)

【隣人愛】による【神の愛の事業】は【チーム・スピリット】であり、一部の
政治家・専門家・有識者など【この世の富・権威・名声】の中心にある人々に
任せきりでは一向に社会が改善しないのは【神の摂理】に反するからです。

●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって
 私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
●キリストの名によって、あなた方に勧める。みな語ることを一つにし、
 お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、
 堅く結び合って欲しい(コリント第1書1-10)
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 2人、3人が私の名によって集まっているところには私もその中にいる
 (マタイ伝18-19~20)
●いつも喜び、絶えず祈り、全ての事に感謝しなさい。 これが、キリスト・
 イエスにあって、神があなた方に求めておられる事である
 (テサロニケ前書5‐16~18)

そこで先ずは、私たち一人一人から始めることにしようではありませんか!
全ての条件がそろわなくても、進んで喜んで今すぐに着手できることから
【ビジョン:理想・夢・志】実現のためにチャレンジしましょう!

●ためしてみること、着手する事によってのみ最も偉大な事柄も成就するものだ。
 (ヒルティ)
●為せば成る、為さねば成らぬ 成るわざを 成らぬと捨つる 人のはかなき
 (武田信玄
●為せば成る 為さねば成らぬ なにごとも 成らぬは人の 為さぬなりけり
 (上杉鷹山
●力に応じたことをしなさい。そうすれば神はあなたの善い意図を援(タス)け
 られるであろう(トマス・ア・ケンピス)

【神の愛】は私たちが社会的にどんなに不完全な境遇・条件にあったとしても
心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】の実現に向かって、今すぐできることに
チャレンジする者には、余りあるほどの【恵み】を与えてくださる方です!

●祈ろうとする時は、まず私たちが持っているものに対する
 感謝をもって始めねばならない(ヒルティ)
●それ持てる者は与えられて余りあり、持たぬ者はその持てるものをも
 奪われるなり。「感謝」は「持てる」を証明す(内村鑑三:マタイ伝13‐12)
●真実にして最大の喜びは被造物から受けるのではなく、
造物主から授けられるものである(クレルヴォーの聖ベルナール)
●主が言われた『私の恵みはあなたに対して十分である。私の力は弱いところに
 完全にあらわれる』それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ喜んで
 私の弱さを誇ろう(コリント後書12~9)

そして、自分の【タレント:個性・才能・可能性】を出し惜しまむことなく進んで
【ビジョン:理想・夢・志】に捧げているうちに、必要に応じて【神助】は添えて
与えられることを信じてましょう!

●我等に必要なものは必ず与えられるべし、しかも前もって与えられず
 必要の時に与えられるべし。ゆえに我等は要なき物を要なき時に祈り
 求めて主たる我等の神を試むべからず(内村鑑三
●理想の実現は(不可能と見えるのは)人間の力や制度によるのではない!
 「万軍の主の熱心これ成し給うべし(イザヤ書9-7)」(内村鑑三

世間的には滑稽で無謀で不可能と思われることでも、【ビジョン:理想・夢・志】が
世界を平和に転じる大いなる【希望の光】であることを私たちは見聞きしています。

朝日新聞(4月13日付朝刊25面)で中坊公平さんが紹介してくれたエピソードも私には
とても感動的でした。中坊さんは「人を納得させる力」として「瓦礫おんな」たちの
偉業を紹介したのです。

中坊さんが「瓦礫おんな」の存在を知ったのは、91年のドイツ統一の記念講演として
当時の大統領ワイゼッカー氏が、第2次世界大戦の敗戦直後のドイツのベルリン市で
起ち上がった「瓦礫おんな」の偉業を紹介したことで有名になった話だそうです。

空爆で崩壊壊滅しつくされた瓦礫を目の前にして多くの市民は絶望していたそうです。
そんな【どん底】にあって、名も無き女性たちが瓦礫を一つ一つ拾い運び出すことを
始めたそうです。

彼女たちは無に等しい荒野を目の前にしても「よし!教会を再建しよう!」という
【ビジョン:理想・夢・志】に立ち上がったのです。彼女たちの行動を周囲の人々は
最初は「何を無駄な事を・・・」と相手にもしなかったそうです。しかし、やがては
その偉業が周囲の信仰心を呼び覚まし教会を再建して、現在の「ドイツ復興」にまで
つながったのです!

●大いなる事業が完成されるためには、ひとつの精神があれば足りる。
 千の手を動かすために(ゲーテ
●すべて偉大なことは、小規模に少人数から始まるものだ。あなたは
 それを覚悟しなければならない。そして、子供たちを教育するにも
 彼等が少数派に属することを平気なように導かねばならない(ヒルティ)

人間性の光が消えないように守り続けた存在」としてワイゼッカ‐は敬意と賛美を
したそうです。

●神の恵みと助けとが示されているのは、とくに困難な時期に、いつも
 我々の暗い運命のどこかある一点が明るくされることによってである
ヒルティ)
●事実の光明的反面に着眼する者、これ信者なり。暗黒的反面に注目する者、
 これ不信者なり(内村鑑三
●あなたの内なる光が暗くならないように注意しなさい
 汝の内の光、闇にはあらぬか、省みよ       (ルカ伝11‐35)
●暗いと不平を言うよりも進んで灯りをつけましょう(カトリック・アワー)

東京文京区の一人の主婦から始まった見事な偉業もテレビで紹介されていました。
それは全国的にも見直されている「生ゴミ」を「たい肥」にして役立てることです。

一般的には可燃ゴミの大半を占める「生ゴミ」を減らせば無駄な焼却も搬送負担も
軽減されるからという行政的に都合が良い目的で行なわれるものです。

主婦の松本さんは「緑が失われつつある街に【花と緑】を復活させたい!」という
【ビジョン:理想・夢・志】がありました。彼女は「緑のゴミ銀行」という組織を
結成したそうです。単に生ゴミを処理するのではない気持が込められた名称です。

生ゴミを預かって、利子として【花】をお返しするのが私の目的です!」

今では周囲住民の協力参加によって素晴らしい「たい肥」が造られ、多くの人の
心にも自然への【愛好心】が復活して行き、コミュニティまで復活して行きます。

枯れかけた街路樹も「たい肥」によって復活し、公共の場も「たい肥」のおかげで
【花と緑】で一杯となっているそうです。

さらに驚くべき事は、生ゴミ焼却を区外に依頼するために32億円も負担してきた
行政にとっても生ゴミが減少して公共施設には花が豊かになるので喜んで協力して
いるそうです。

政治家も行政・専門家など社会改善のプロや大企業も莫大な資金がなくても、全てを
見事に善循環に転じさせた成功事例です。松本さんの心に世の中を変えられるために
最も貴重な【神の愛=隣人愛】があったからだと私は確信できます。ハレルヤ!

●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
 本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです。
アインシュタイン
●【最も貴きもの】
 富と糧とに優って貴きものは知識なり
 知識に優って貴きものは道徳なり
 道徳に優って貴きものは信仰なり
 信仰に優って貴きものは愛心なり(内村鑑三
●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての
 永続的な真実の力は神のものであって、人間のものではないからである
 (ヒルティ)
●【健全なる思念】
 事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。
 神の全能なるを思うべし、その恩恵の無限なるを念ずべし。
 さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん(内村鑑三
●最善の労働者とは最も多くの仕事をする者でなくして
 最も貴重な動機をもって仕事をする者である
            (二宮尊徳内村鑑三の言葉より)
●自分がそうであって欲しいと思う世界に向かう変化を自ら後押ししなさい
 (ガンジー

★★【その2】につづく★★