【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】を捜し、見出せ!

◇◇ 神を捜し神を見出せ(使徒行伝17-27)◇◇
【2001年1月9日に作成した<第55回>より】

●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは我々を普通の卑近な意味で
 幸福にすることではない。むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行いをすすんで
 しようとする人、一言でいえば、英雄的な人にするためである(ヒルティ)

皆さんこんにちは。そしてご愛読に感謝します。

最近、写真ジャーナリストが素晴らしい【ミッション:使命・天職】を
見出した話をたびたびテレビで観る機会があります。

例えば、学生運動盛んな70年初期に大学生であった人のエピソードでは
ある日古本屋で目にした「アラスカの写真集」の中の「一枚の村の風景」に
魅せられて、その村の名前で手紙を送ったことから、彼の【使命・天職】に
導かれることになります。彼はアラスカに数ヶ月間ホームステイした事で
アラスカ撮影を職業とするために写真家に2年間修業までして五年後には
アラスカの写真を撮るプロの写真家として夢が実現します。

彼はそれまで誰も写真に撮らなかった、アラスカの風景を、神の摂理による
動物や自然の荘厳なる美しさを撮るようになります。やがて、移住しますが
そこで初めて、アラスカ原住民の急激な近代化による悲劇を知ります。

彼等はアルコール中毒と家庭崩壊に悩まされているのです。そこで、彼は
アラスカ原住民が誇りを取り戻せるような神話・伝統を掘り起こす支援を
するようになり、やがて神話を追ってシベリアにまで足を伸ばすように
なります。しかし、そこで熊に襲われて急死してしまう悲劇にあいます。

彼の生涯は素晴らしい写真と志を遺しました。そのおかげで、彼の意志を
引き継いだ日本の若者がアラスカで活躍しているそうです。

●彼は死んだが、信仰によって今もなお語っている(ヘブル書11‐4)
●人の計画は成りて敗れ、神の計画は敗れて成る(内村鑑三
●人の心には多くの計画がある。しかし、主のはかりごと(御旨)だけが成る(箴言19-21)

また、別の写真ジャーナリストはアンコール・ワットの遺跡を目指して
現地に迎いますが、そこで現地の子供たちの瞳に魅せられてしまいます。
彼は結局、プロの写真家でありながら、現地に学校を創設するという
【ミッション:使命・天職】を見出します。

また、ある写真ジャーナリストは、新聞紙面に小さなコラムで扱われていた
クロアチアの動物園から象が避難できたという記事を目にします。

当時内戦の最中であったにも関わらず、彼のプロ意識で現地に向かいます。
そこで、彼は動物園がクロアチアだけでなくセルビアにとっても、憩いの
場所であったことを知ります。

彼は内戦終了後のクロアチアに再び動物園に子供たちを呼び戻す企画を
考えます。それは、彼の友人である全盲の日本人で折り紙作りの名人の
協力による「折り紙動物園」の開催でした。その企画は大成功でしたが、
現地の人々にとっては、何といっても象が一番の人気者であり、象が
帰ってくることがみんな望みでした。しかし、残念ながら隣国に避難させた
象はもう年寄りで、再び帰国させるには危険である事が判りました。

そこで、写真ジャーナリストの彼は、別の象を捜し手配する事を引きうけます。
遂に象を提供してくれる先を見つけることもでき、今は象の移送費用としての
約1000万円を日本で集める活動をしています。

ここで、取り上げたプロの写真ジャーナリストは、まさに些細な好奇心から
自分でなければ誰もできなかったような【ミッション:使命・天職】に導かれた実例です。

彼等に見習うべき事は、常に捜し求める好奇心・探求心であり、先入観や偏見の
ない【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】にあることです。

●【天職】を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。
 さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。
 要するに【天職】はこれに従事するまでは発見することのできるものではありません
 (内村鑑三
●自分の仕事を知り、それを為せ。我々の大事な務めは遠くのほうにおぼろげにあるものを
 眺めていることではなくて手元にあってはっきりしている事を行なうことである
 (カーライル)
●すべて汝の手に堪えることは力を尽くしてこれを為せ(伝道の書9-10)

私たちも、いついかなる時に自分の人生の大転換となる出会い・発見があるかも
知れません。人生はこんなものだと勝手に決め付けずに、無限な可能性を信じ
いつでも世界に飛び出せるような気持ちでありたいものです。

●神を待つ心に啓示は与えられる(賀川豊彦
●信仰を持って祈る者に新世界が開かれる。
 信仰ある祈りによって 理想は必ず実現せられる(賀川豊彦

新世紀です。もう何が起こっても不思議でない状況にある日本です。お互いに
人生の大転換なる【ミッション:使命・天職】への導きを楽しみにしていましょう。

●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち
 神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、
 これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った
 日のことである(ヒルティ)
●求めよ、さらば与えられん、捜せ、さらば見出さん、門を叩け、さらば開かれん(ルカ11-9~10)
●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
 (ヨハネ伝16-24)
●主よ、進むべき、あなたの道を私に知らせ、あなたに従う歩むべき小道を教えてください。
 あなたの真理のうちに、私を導き、私を教えてください。
 あなたこそ、私の救いの神、一日中絶えることなく、あなたを待ち望みます(詩篇25-4~5)

  
それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★皆さんの【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
 
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!

●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる
 (マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン