【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【光の子】を目指そう!【1】

◇◇この世の子らは【光の子】より利口である(その1)◇◇
【2005年10月5日に作成した<第388回>より】

●この世の子らは、己が時代の事には、光の子らより巧みで利口である(ルカ伝16-8)

戦後60周年を迎えた現在、日本の政治・言論の中心では自国の尊厳と誇りを取り戻すことに懸命です。
特に日清・日露戦争から朝鮮併合、満州事変、支那事変、大東亜戦争、敗戦、極東軍事裁判へと
至る経緯についての「自虐史観」を見直し、占領政策下の平和憲法教育基本法を改正しようとする
政治的ムードが起こり始めています。

一方で、米国でも興味深い見直しが始まっています。それは、教育現場での「進化論」教育の見直しを
提唱する気運です。

【聖書】の歴史観に基づく【神の愛】による「天地創造説」を取り入れた「インテリジェント・デザイン」という
新たな生命誕生の歴史観です。

この世・宇宙の初め、生命の誕生には、<何者かの知性>によるデザイン(創造>が関与しているという考えを
インテリジェント・デザイン」と定義したと聞きました。

現在、教育現場において「信教の自由」を阻害するか否かについて、米国の連邦裁判で訴訟中であることが
報道されています。

日本で日本民族の「自虐史観」「米国の占領政策支配」から自由解放されたい!と望んでいるのと同じように
米国では、「進化論」という「人類の自虐史観」から自由解放されたい!という熱き【パッション】が起きています!

しかし、現代社会では【創造主:神の愛】と【御子:主イエス】による【天地創造】を公言することは抵抗感があり、
遠慮してか、【神の愛】について、「何者かの知性」と置き換えたり、「SomethingGreat(何か偉大な力)」と
言い換えて世間的には伝えるようです。

まさに【この世の勢力:富・権威・名声】の中心にある【この世の子】の利口さに対抗するための妥協の産物だと
思います。 

日本では「進化論」は科学的考察であって、疑問をはさむことなく【真理】と理解している人々が多数派であると
私には感じられます。

本当にアメーバが突然変異の偶然と適者生存で弱肉強食の摂理だけで、サルになって、サルが類人猿になって、
類人猿が人間になれるのでしょうか?自分の先祖が「アメーバ」であるということほど自虐的歴史観はありません。

近年、微細な単細胞のアメーバであっても、研究が進めば進むほどに、精密で神秘的で【完全美】であることが
判明しています。人類のように無駄で無慈悲な勢力争いなど行わず、互いの【エゴ】を無理に通そうとすることなく、
昼夜休むことなく、【地球生命体】を守るために、【神の愛=隣人愛】に励んでいるようにも思われる「アメーバ」は
傷つけられても、分裂を繰り返しながら、不死身であり、【神の愛】の視点から観れば、私たちよりも十分であり、
優れているではありませんか!

私たちが過去の進化を考えるのではなく、人間の代表的理想である【主イエス】を見習って、私たちが未来に向け
現実的不可能な【ビジョン:理想・夢・志】を目指す時にこそ、「進化論」は素晴らしい価値観となるのだと思います。

●なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、 神がキリスト・イエスによって上へ召して
 お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることである((ピリピ書3-13~14)

人類が進化の頂点にあるというよりも、あらゆる生命体が、種目ごとに、各自の【ミッション:使命・天職】が与えられて
各自に託された未開拓の【タレント:個性・才能・可能性】を最善発揮させて【神の愛=隣人愛】を実現させる事こそ
「進化」の終局の姿であると思います。

●進化(evolution)とは開発、中に隠れたる者が外に顕れること(内村鑑三
●内に誠あれば、必ず外に顕るる(二宮尊徳
●あらゆる奥義と知識に通じていても、山をも移す強い信仰があっても、もし、愛がなければ無に等しい。
 自分の全財産を人に施しても、自分の体を焼かれるために渡してももし、愛がなければ、一切は無益である
 (コリント前書13-1~2)
●【世界最大の者(内村鑑三)】
 知識をもって腕力に克つべし
 信仰をもって知識に克つべし
 愛をもって信仰に克つべし
 愛は進化の終局なり、最大の能力なり。
 愛に達して我らは世界最大の者となるなり。

私たちが自尊心と誇りを取り戻したければ、先ず私たちが「どこから来て、どこへ向かう」か理解することではないでしょうか。
私自身は【神の愛の意思と計画】に明確に示されているとは納得しています。

つまり、この世の初め・天地創造・万物誕生には【御子イエス】が関与しており、【御子イエス】の【神の愛】から生まれており
この世に生まれた私たちは、各自の人生において【御子イエス】を通じて、【天の父・神の愛】に立ち帰ることが目的であると
私は実感しています!

●御子は、見えない神の姿であり、すべてのものが造られる前に先立って生まれた方である。
 万物は、天にあるものも地にあるものも、見えるものも見えないものも、王座・位も主権も、
 支配も権威も、みな御子において造られたからである。
 万物は御子によって、御子のために造られたのである。御子は万物よりも先におり、
 万物は御子によって成り立っており、支えられている(コロサイ書1-15~17)
●神は、御子を万物の相続者と定め、また、御子によって、もろもろの世界を創造された(ヘブル書1-2)
●最初に言葉(道)があった。言葉(道)は神と共にあった。
 言葉(道)は神である。この言葉(道)は初めに神と共にあった。
 全てのものは言葉(道)によってできた。できたもののうち、一つとして言葉(道)によらないものはない。
 この言葉(道)に光があった。そして、この命は人の光であった。
 光は闇の中に輝いている。そして、闇はこれに勝たなかった(ヨハネ伝1‐1~5)
●そして、言葉(道)は肉体となり、私たちの内に宿った。私たちはその栄光を見た。
 それは、父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた(ヨハネ伝1‐14)

●神はキリスト(愛)を目的に、キリストに在りて、キリストをして、宇宙万物を造り給へり(内村鑑三
●神は愛なり、宇宙は愛の機関なり(内村鑑三
●愛は神の霊としてこの世界に満ち満ちている(ヒルティ)
●神は時おり、自然の出来事や自然の事物を通して、私たちに話しかけることもある(ヒルティ)
●世界が造られた天地創造の時から、目に見えない神の性質、すなわち神の永遠の力と神性とは、
 被造物に現われており、これを通して神を知ることができる(ロマ書1-20)
●万物は、     神より出で、神によって成り、 神に帰する。
 (すべては    神から、   神によって、   神のために存在する)
 (すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっている)
 栄光がとこしえに神にあるように。アーメン (ロマ書11-36)

ところで、この単純明快な【神の愛の意志と計画】は、【この世の勢力:富・権威・名声】の中心では正当に扱われません。
【この世の子】らは利口であり巧みであり、自分たちの生活する【現世】においては<勝利する道>を選んでいるからです。
今や【この世の子】は【反キリスト】勢力となってキリスト教会の内にも外にあっても、科学技術信仰と共に強大化しています。

不実・不完全である「既成キリスト教会の組織・権威」の腐敗・歴史的横暴を否定するだけでなく、真実の【神の愛】までをも
否定してしまう【反キリスト】勢力が強大化している現代は、いよいよ【終わりの時:主イエスの再臨】が近い証しです!

●子供たちよ、今は終わりの時である。反キリストが来ると、あなた方がかねて聞いていたとおり、
 今や多くの反キリストが現れています。これによって、終わりの時が来ていると分かります(ヨハネ第1書2-18)
●偽り者とは、誰であるか。イエスがキリスト(メシア)であることを否定する者ではないか。御父と御子を否定し認めない者、
 これこそ反キリストである。
 御子を否定し認めない者は御父を持たず、御父と結ばれず、御子を公に言い表し告白する者は、また御父を持ち、
 御父と結ばれている(ヨハネ第1書2-22~23)

興味深いことは、20世紀の初めまで【聖書】の【主イエスの再臨】の記述は、あまりにも現実離れしていて荒唐無稽であると
教会関係者や神学者の中にあっても、「まさか、そんなことはあり得ないだろう・・・」と軽視されていたそうです。

何故なら、【主イエスの再臨】は全世界の人々が同時に目撃すると記されているからです。ご存知のように地球は広大であり
時差があって、世界の隅々まで公平に、同時に、【同じ光景:再臨】を見ることなど不可能と思われていたのは当然です。

しかし、今日では、衛星通信やインターネットの普及により、南極でも北極の果てであろうとも、太平洋の真ん中であろうとも、
エレベストの頂上であろうとも、世界のどこでも、誰でもが、同時期に、【同じ光景:再臨】を観られる環境が実現したのです!

●そのとき、人の子の徴が天に現れる。そして、そのとき、地上のすべての民族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を
 帯びて天の雲に乗って来るのを見る(マタイ伝24-30、マルコ伝13-26、ルカ伝21-27)

★★【その2】につづく★★