【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

日本文明で世界を救おう!【2】

◇◇日本文明が【主イエス】を受け入れて、人類の未来を救おう!(その2)◇◇
【2005年10月20日に作成した<第389回>より】

★★【その1】のつづき★★


私たちの生きている現代日本社会は混乱の絶頂期にあるように感じます。子供は肉体的にも精神的にも疲弊しています。
【主イエス=神の愛】を心に受け入れ、【神の愛】に立ち帰る以外は、どんな施策による試行錯誤も空しいばかりでしょう。

地方と都市、勝ち組・負け組、家族、親子など、あらゆる分野での分裂・対立の激化は、まさに【主イエス】を受入れる時が
日本に到来している証明です!

●地に平和をもたらすために、私が来たと思うな。むしろ分裂である(ルカ伝12-51)
●私は敵対させるために来たのである(マタイ伝10-35)
●今から後は、一家の内で5人が相別れて3人はふたりに、ふたりは3人に対立し息子は父親を侮り、娘は母親に、
嫁はしゅうとめに逆らい、それぞれ自分の家の者を敵とする(ミカ伝7-6、ルカ伝12-53、マタイ伝10-36)

ユダヤ民族は神に選ばれた最初の民族であったににもかかわらず、ヨセフの時代にエジプトに住み着き、やがて王が変わると
優秀さゆえに奴隷民族として扱われてしまいました。ご存知のように【出エジプト記】に示される先駆者モーゼの登場によって、
彼らは生ぬるき奴隷根性のままに【荒れ野】に脱出したために、偶像崇拝と神への忘恩の【奴隷根性】を洗い流すためには、
40年間もの【神の訓練】を必要としました。

私たち日本民族はどうでしょうか?私たちもまた【神の愛】への忘恩と様々な偶像崇拝に陥ってきた長大な歴史があるので
簡単に【神の愛】に立ち帰ることはできないことを覚悟するべきでしょう。

●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、
 魂の父は、私たちの益のために、そのきよさに預からせるために、そうされるのである (ヘブル書12‐10)
●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。
 しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に平安な義の実を結ばせるようになる(ヘブル書12‐11)
●我が子よ、
 主の訓練を軽んじてはならない
 主の叱責をいとうな
 父がかわいがる子をしかるように
 主は愛する者を戒める(箴言3‐11~12、ヘブル書12‐5~6)
●あなた方は訓練として耐え忍びなさい。神はあなた方を、子として扱っておられるのである。
 いったい父に訓練されない子があろうか(ヘブル書12‐7)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、他のいかなる道でも達せられないほど、神に近づく事ができる(ヒルティ)

私たちの愛する日本民族、日本国土、日本文明でも、誰もが遠慮することなく喜んで進んで、いつでもどこでも【主イエス様!】と
讃美できるようになる日が近いことを楽しみにしています!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●神は我等の避け所また力なり、悩めるときの最も近き助けなり。
 されば、たとえ地は変わり、山は海の中央にうつるとも我等は怖れじ(詩篇46‐1)
●神にすがるの依頼心ありて始めて真個の独立と威厳と自尊とはあるなり(内村鑑三
●神に従う生活をしない者はただ恐れにばかり支配される(ツィンツィンドルフ:同胞教会設立者「心の宗教」主唱者) 

戦前の五族共和や大東亜共栄圏の思想により、日本民族が欧米の植民地政策に対抗して、アジア・アフリカを解放させて、
独立させるきっかけを作ったと誇る人々もいます。

キリスト教を信じる欧米先進国の植民地政策の強権を目にするなら、【反キリスト】こそが平和を築けると思うことも理解できます。
それは【ユダのつまずき】に似ています。

政治大改革を目指していたユダは、【主イエス】の名も無き人々への【愛の実践】では、社会変革できないと見切りをつけてしまい
誤った道を選びます。ユダの精神は【マルクス主義】【社会主義】に通じていると思いますが、同時に、日本の【大東亜共栄圏】も
社会主義思想の延長にあると私は理解するのです。

植民地政策の盛んであったアジア・アフリカにあって、【キリスト精神】文明に基づいた【真理】【正義】【主義】【責任】【義務】は
政治権力とは無縁な、【草の根】として、名も無き底辺の民衆へ脈々と受け継がれていたとことを私は信じます。

たとえば、現代の中東アフリカ、イスラム諸国、中国や北朝鮮への【キリスト精神】の福音伝道が盛んであることから理解できます。
欧米政府は表向きに直接ではなくても、【キリスト精神】の立場で、NGOへ資金を提供するなど民主化支援には積極的です。
勇敢な多くの志願宣教師は監禁・逮捕・拷問されても、絶えることなく、現地の住民に密かに【福音伝道】し続けていることは
感動的です。さらにラジオ放送やメディアを駆使した民主化運動の原動力に【キリスト精神】があることは間違いありません。

私たちの伝統ある日本民族・日本文明も【キリスト精神】化されて、いよいよ世界を舞台に大活躍する時代がやってきました!
そのためには、先ず【神の愛】を受け入れている私たちが【報恩感謝】の喜びで、【神の愛・主イエス】の栄光を世に示しましょう!

●自分自身をある程度容赦なく扱うこと、つまり、おまえの好むと否とにかかわらず、おまえはしなければならぬと、
 自分自身に向かって言い得るということが、真の生活にはまさに必要である。真理に対する愛、正義に対する勇気、
 これがおおよそ本当の教育の基柱である。これがなければ教育は何の役にも立たない(ヒルティ)
●幸福とは神と共にあることである。それに到達する力は、魂の声なる勇気である(ヒルティ)
●立ち帰れ、私に。そうすれば、私もあなた方に立ち帰ると万軍の主は言われる(マラキ書3-7、セカリヤ書1-3)
●神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます(ヤコブ書4-8)
●悲しみ憂えてはならない。主を喜び祝うことこそ、あなた方の力の源であるからだ(ネヘミヤ記8-10)
●私たちの主イエス・キリストの父である神、慈愛に満ちた憐れみ深き父、慰めに満ちた神が、ほめたたえられますように
 (コリント後書1-3)

皆さんが【キリスト精神文明】を体得して、【主イエス=神の愛】によって示される【真理】【正義】【主義】【責任】【義務】に従って
世界を舞台に活躍されることを心より応援しています!

●『願わくは主があなたを祝福し、あなたを守られるように。
 願わくは主が御顔をもってあなたを照らし、あなたを恵まれまるように
 願わくは主が御顔をあなたに向けて、あなたに平安を賜るように』
 こうして、彼らが私の名でイスラエル人のために祈るなら、私は彼らを祝福しよう(民数紀略6-24~27)
●天使たちは皆、玉座、長老たち、そして四つの生き物を囲んで立っていたが、玉座の前にひれ伏し、神を礼拝して、こう言った。
 「アーメン。賛美・祝福、栄光、知恵、感謝、誉れ、力、威力が、世々限りなく、我らの神にあるように、アーメン。
 (黙示録7-11~12)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します。
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた
約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html
もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!
★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)


皆さんからの御連絡お待ちしています!

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン