【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

One step at a time !

◇◇One step at a time(一歩ずつあせらないで)◇◇
【2001年9月19日に作成した<第182回>より】
2001年9月16日(日)日本テレビ「知ってるつもり・腕で歩く」を観て

●なおも神の御手に御心に逆らわず、勇気と希望をすこしも捨てぬ。
 私は静かに耐えまっすぐに前進する(ミルトン)
キリスト教は不断の幸福を約束しない。しかし、世に勝つ平和を約束している
 (ヒルティ)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

個人でも民族・国家でも、彼等が悲しみにあり、あるいは苦悩にあり、怒りに憎しみに
ある時、そんな彼等自身のための厳しい【試練】にある時、彼等は本来の自分自身を
見失っている時であるといえるでしょう。

周囲の冷静な人間の心で観るならば、彼等が十分に耐えられる【試練】のように見える
のに、特に【試練】の当初は、本人には耐えがたい地獄の苦しみのように思えるものです。

しかし、苦難と思える【試練】こそ【神のはからい】であり【神の導き】であると知るなら
そこには大いなる【神の祝福】を発見できるのです。

●神は誠実であり、なんびとをもその人の力以上の試練にあわせる事はない(ヒルティ)
●あなた方の会った試練で、世の常でないものはない。神は真実である
 あなた方を耐えられないような試練に会わせる事はないばかりが、
 試練と同時に、それに耐えられるように、のがれる道も備えて下さるのである
(コリント前書10-13)

現在のアメリカもまた、多発テロに襲われた直後の怒りと憎悪から「報復・差別」に駆り立て
られているようです。今こそ、【アメリカの良心】が試されている時だと感じます。

●個人にとっても民族にとっても、試練が必要以上に長く続いたことは決してない(ヒルティ)

このメルマガの第108(その2)回でもご紹介した「腕で歩く」が日本テレビで紹介されました。

生まれつき丈夫な肉体でスポーツ万能で、大学では野球で活躍しピッチャーとして大リーグに
入団が内定していた前途有望な23歳の若者ボブ・ウイーランドさんが経験した【試練】とは、
1969年にベトナム戦争に駆り出されたことから始まります。

除隊後には大リーグでの活躍を夢見て、彼は自由と正義のための戦いだと信じて勇敢に国家の
ために挑みます。

ベトナム戦地に来てわずか2ヶ月目に、ボブは地雷で負傷した戦友を助け出そうとして自分が
下半身を地雷で吹き飛ばしてしまいました。

彼に突如起こった災難はあまりにも悲劇的でした。しかし、それは彼自身が生まれ変われる
【試練:神の導き】そのものであり絶好のチャンスであったのです。おかげで、彼は本当の
目指すべき【使命・天職】に導かれたからです。

彼が神の存在を実感でき、本来の自分に目覚めるまでに、どれだけの憎悪や被害者意識や自暴
自棄の苦難の日々を送ったことでしょう。

私たちがボブの【試練】に学ぶ事はたくさんあります。先ず、彼は自分にとっての幸福とは何か
を知りませんでした。彼はスポーツの世界でトップを目指すような野心の人でした。富や権威や
名声に誰でも憧れるように、彼もまた素直にチャレンジしたに過ぎません。

彼は下半身がなくなった不自由な肉体になっても、ただ両足がないだけで何でもできる人間である
ことを実証するために懸命にチャレンジします。

彼に勇気と希望をもたらしてくれた背景には、自信を失いかけていた彼をそのまま受け入れてくれた
その後に妻となる女性の理解があったのです。彼をその後も暖かく支えてくれる人生の同志でもある
彼女との貴重な出会いは、両足を奪われるというマイナスがあってこそといえるのだと思います。
マイナスをプラスに、苦しみの患難こそが実は恩恵の証しであることを【キリスト精神】は示します。

●艱難のための恩恵にあらず、恩恵のための艱難なり。艱難は手段にして恩恵は目的なり(内村鑑三

もし、健全な肉体と将来有望な成功者の道を突っ走る彼だったなら人の痛みや苦しみを知る事もなく
たとえ彼女と出会っても通りすぎて気づく事もなかったはずです。神は彼のために最適な家族までも
用意してくれたのだと私は信じます。

●人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。その人は倒れることあっても
 全くうちふせられることなし。主が彼の手を助け支えたまえばなり(詩篇37‐23~24)

彼は大学に入りなおして体育の教師となり、自らも肉体を鍛えて、パワー・リフティング競技で
見事に優勝してみせます。健常者と勝負して栄冠を勝ち得た彼が、自信を取り戻せたように思えた
瞬間です。

しかし、優勝直後に協会から悲劇的な通告を受けるのです。それは競技者は靴をはいていなければ
ならないという規定があったために、彼はルール違反として失格にされたのです。

せっかく努力して目指すことが何度も失敗に終り、彼は道が閉ざされたように思えたことでしょう。
しかし、それはボブが本当に目指すべき道でなかっただけなのです。神は彼を正しき道に導くために
【試練】を与えてくれたことを、その後のボブの人生を知っいる私たちは理解できるはずです。

●失敗は方針を転ぜよとの神の命令である。我らは失敗を重ねて神の定め給いし天職につくのである
 (内村鑑三

こんなにも自分の努力が常に無駄になり苦しめられても、彼の心には神を見出せる【善意・良心】が
存在していました。失意の彼が何気なくテレビを観ていると、そこに驚くべき光景を目にします。

それはガンで片足を失った青年が徒歩でカナダを横断しているという報道でした。彼はガン研究の
ための基金を集めるチャリティのために独りでチャレンジしているのです。彼の周りには多くの
支援者が彼を励ましながら一緒に歩いていました。

そこには、ボブが常に人生において目指していた記録と優勝を競う【ナンバー・ワン】の精神でなく
自分でなければ他の誰も替わりの出来ないことを目指す【オンリー・ワン】の精神があったのです。
それは観ている者には感動的であり喜びと希望と勇気を与えてくれるものでした。

彼は自分の目指すべき人生を発見したのです。彼は自分が戦地で観た恵まれない子供たちのために
何かをするべきだと感じたそうです。

●受けるよりは与えること方が幸いなり(使徒行伝20‐35)
●何を与えるかと言うことよりも、大切なのはどう与えるかということだ(ゲーテ

彼に【使命・天職】を実現する手段を発見できるチャンスを与えてくれたのは、一人のトレーナー
だったそうです。そのトレーナーは、上半身は筋肉を鍛え頑丈なのに、いつも車椅子に乗っている
ボブに腕を使ってグランドを一周するようにアドバイスしたのです。

トレーナーはTV番組に次のように答えています。
「ボブを観た時、突然心の声がささやいたのです。『腕で歩かせてみたら』と。」

神の意志は心の内なる良心にはたらいて、ボブを【神の計画】に導いてくれた瞬間だと私は信じます。

●神は御心を成さんために汝らの内にはたらき、汝らをして志望をたて、業を行わしたまえばなり
(ピリピ書2-13)

ボブは両腕だけで歩くという体験に、記録や勝利を目指す競争心とは異なる、充実感を得るのです。
彼は自分の中に神を実感できると後に語っています。腕で歩く時、神が勇気を与えてくれると。

●主が言われた『私の恵みはあなたに対して十分である。私の力は弱いところに完全にあらわれる』
 それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ喜んで私の弱さを誇ろう(コリント後書12~9)

彼は世界の貧しい子供たちを救済するためのチャリティを目的とした、腕で歩いてアメリカ大陸横断
5000kmのチャレンジを決行するのです。3年8ヵ月と6日をかけてロスからワシントンDCの
ベトナム戦没者の慰霊碑まで見事に成し遂げます。彼独りのチャレンジで31万ドルの寄付が集まり
世界中の恵まれない子供たちのために赤十字に寄付されます。20年前の彼が34歳の時のことです。

55歳になる現在も彼は現役のアスリートとしてトライアスロンにもチャレンジし続けています。
数年前にはニューヨーク・マラソンに参加します。トップがゴールしてから4日後に彼は見事に
完走するのです。ゴールにはマスコミや多くのNY市民が駆けつけての盛大な出迎えでした。

完走した彼の記録は約98時間でした。それは破られることが宿命の単なる完走の【記録】でなく、
彼のチャレンジを知った者なら誰のに心にも永遠に刻まれて残る感動の【記憶】といえるでしょう。

彼は私たちに語ってくれます。

「一歩一歩近づく事に神の力が僕の中に加わる事を感じるんだ。
 僕が勇気を与えるのでなくて、みんなが僕に挑戦する力を与えてくれるんだ。
 常に夢を追いかけて、自分が決めたフィニッシュ・ラインまであきらめないこと。
 One step at a time(一歩ずつあせらないで)。」

●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、これに対抗することはできるであろう。
 私は神のおかげで困難になれてきた。神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)

私たちはボブの信仰告白と経験に【神の導き】を感じます。そして、一時的には富や権威や名声を
失ったように見える中にも、【神の祝福】が示されていることを信じてみようではありませんか。

●人は自己を失わなければどんな生活を営んでもよい。
 自分の本領に留まるならば一切を失ってもかまわない(ゲーテ

今日現在に、とても辛い苦しみや憎悪や絶望にある人がいるならば、そんな【どん底】にあっても
神は常にあなたと共にいてくださることを信じてください。

●我等に必要なものは必ず与えらるべし。
 しかも前もって与えれられず、必要の時に与えらるべし。
 ゆえに我等は要なき物を要なき時に祈求(モト)めて
 主たる我等の神を試むべからず。
 (内村鑑三:マタイ伝4-7詩篇46-1)

そして、今日は元気も無く勇気も希望もなくても、あきらめずにやり直してチャレンジしましょう。
私は皆さんの可能性へのチャレンジを心から応援しています。


それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/