【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】は【超一流】!【2】

◇◇【一流】であること⇔【忘己利他】&【無我夢中】の境地(その2)◇◇
【2003年10月16日に作成した<第320回>に加筆】 

★★【その1】のつづき★★


アフター・ケアやCS(顧客満足)を重視するのも【一流】の企業・組織である証拠です。

日本はいよいよ総選挙が始まろうとしています。野党合流した第一党の民主党の大きな悩みは「女性の支持が少ない」ことだと聞きます。

民主党は党首の奥さんをメディアに登場させるなどして、メディア対策にも懸命のようです。

私は従来から民主党議員にも直接提案してきたことがあります。それは党の顔である党本部の《電話対応の改善》でした。

私は各党本部に電話して比較したことがありますが、残念な事に自民党本部に優る電話応対はありません。民主党を含め多くの
大企業であっても、電話受付が交換手的対応をしがちです。あくまでも電話番であって受付以外の内容に応える権限も知識もない者が
対応しているからです。

ところが、自民党本部は違います。年配の女性が電話口に登場すると、支持者でもない無名の私からの要望であっても、しっかりと聞き
内容を理解し対応してくれます。

たとえば、森政権時代の野党の審議拒否による国会空転の時期に実態を知りたくて電話すると軽くあしらうことなく、私の質問に
返答できる党本部の責任者に電話をつないでくれました。おかげで報道されていない実情や自民党の問題点などを含めて1時間近く
説明してくれたのです。

「タマちゃん」騒動の時も、救出対策のために電話すると窓口の人々は「ワイド・ショー」をいつでもモニターしているらしく、私と同じように
庶民の立場や主婦感覚で共感できるのです。早速、扇大臣の秘書連絡先を教えてくれたり、党本部への要望として受けつけるなどの、
迅速な対応を電話窓口の女性独りで行なえる見事な受付体制が完備しているのは、残念なことに未だに自民党本部だけです。

私個人は自民党支持者ではありませんが、無名の組織票にも無縁の個人からの一回の電話をも大切に扱える「誰にもやさしい対応」こそが、
女性の支持を得ている証明だと私は理解します。市民の立場にある証明は【小さな声】にも耳を傾けてくれる誠実な態度から始まると思います。

●私(主イエス)の兄弟であるこれらの最も小さい者の一人にしたのは、すなわち、私にしたのである(マタイ伝25‐40)
●あなた方はこれらの小さい者の一人をも軽んじないように気をつけなさい(マタイ伝18‐10)

電話窓口に抜擢されている女性は単なる窓口ではなく、政党本部を代表する顔としての誇りを持っている【自主独立】と【隣人愛】に富む
【ライト・スタッフ(適任者)】といえるでしょう。それは【説明責任】と【結果責任】を与えられているからこそできることでもあると思います。

民主党や多くの大企業組織でもカスタマー・サービスの窓口がありますが、自民党本部ほどに満足させてくれる窓口は、日本ではまだまだ
少ないと感じます。

その最大の原因はアフター・ケアやカスタマー・サービスとは「苦情受付・クレーム処理」が中心で利益を生み出さない「コスト・センター
(経費部門)」とみなしているからだと思います。

多くの日本企業では未だに、組織内では日陰部門やお荷物組織とみられがちで、配置された担当者も誇りも自信すら抱きにくい
境遇になっているように感じます。

一方、欧米の【一流】の企業・組織の《カスタマ・ーサービス》は「プロフィット・センター(収益部門)」に扱う立派な「企業・組織の顔」であり
「営業・企画の最前線」といえるでしょう。

実際にマーケティング研究では、《カスタマー・サービス》の電話受付の善し悪しが、企業の社会的地位や将来をも決定付けるほどに
重要であると発表されているほどです。

自民党がこれまで国民感情を掌握し国民世論の人気が保たれたてきた背景には党本部の電話窓口の適切な応対や情報収集能力の
貢献があったと私は確信できます。

NYのメトロポリタン劇場は世界を代表する【一流】のオペラ・音楽劇場といわれます。私が先ず感動したことは、入り口ホールの壁一面に
献金者のリストが個人から企業まで彫られていることでした。そして、以前にも紹介したように、当日のチケット販売には「ドネーション(寄付)
・シート」の制度があることでした。

NYにはオペラやクラシックや演劇など芸術がとっても身近です。何故なら、チケットが当日でも安く購入できるからです。日本は数ヶ月前から
予約しなくては購入できませんし、定価は数万円もするし、当日のダフ屋ではさらに高額で驚くべき状況です。

1時間位早めに行って列に並べば(それもまた楽しいひと時です)ドネーションと言う形で、当日観られずキャンセルされた年間指定席が
実際の値段よりはるかに安い20ドル~40ドルで一般に販売されるのです。

その瞬間はエキサイティングです。チケット売り場の窓口に年間指定席を所有する恐らく大富豪や有名人側からの電話がかかって来ます。
電話がかかってくるたびに、受付窓口の担当者が窓口に並ぶ最前列の人に聞きます。

「今ドネーションで、~席だけ空きました。場所は~で、値段は~です。どうしますか?」

最前列の人が希望に合わなければ、次に並ぶ人が選択できるのです。そうやって自分の順番が回ってくるまで、みんなは次はどんな
席がキャンセルされるのかを楽しみにしながら期待して、わくわくしながら待つのです。

そして、誰かが特等席を手に入れたときには、列に並んでいる皆が祝福するのです。まるで一億円の宝くじにでも当たったかのように
自分の事のように一緒に喜んで拍手してくれます。

せっかく一時間も前から列に並ぶほとんどの人たちはドネーション座席を手に入れる事は出来ませんが、皆の表情はさっぱりしています。
その素晴らしい【チャンス】はいつでも誰にでも平等に選択できる【自由】であり、年間指定席の所有者の【良心】に従って見知らぬ皆に
喜んで提供してくれるという暖かい心意気にNY市民は満足しているのです。

私自身もNYフィルのコンサートを通常ならば観る事のできないような年間指定の特等席で観ることが出来ました。私の席には個人名が
印字されていましたが、彼と私は縁もゆかりもない、恐らく生涯一度も出会う事は無いかもしれませんね。

しかし、私はその見知らぬ人が選択した【自由】と【良心】で恩恵を得る事ができたのです。

●他のいかなる自由よりも、先ず第一に良心に従って知り、考え、信じ、かつ言う事のできる自由を我にあたえたまえ(ミルトン)

【一流】の人々が支持しいているから【一流】の演奏も実現できるのだといえるでしょう。本来ならば空席になった場所が喜びで満たすことが
出来るならば、私も彼も主催者も劇場も演奏者までも皆がハッピーなのです。可能性を最大発揮させる【一流】のチャレンジだとは
思いませんか?

●我々は何をなすべきか、またそれをいかに為すかについて、決して無頓着であってはならない。いやむしろ、
 我々は全ての勤勉と才能を真剣に活用しなくてはならない。ただし、野心や所有欲からではなくて義務感や神への愛から、
 それをしなければならない。そして、事の成否は神に委ねるべきである(ヒルティ)
●我々が人生で召されたのは、それは興味がなくなったら、勝手にこの人生から出て行ってよいうためではなく、
 むしろ神が適当な時に我々を呼び戻すまで自分や他人にとって有益な生活を営むためである(ヒルティ)

私たち各自も【一流】を目指したければ、先ず自分の【タレント:個性・才能・可能性】を最大発揮できる【自主独立】の道である
【ミッション:使命・天職】を見出して実現にチャレンジすれば善いのだと私は実感しています。

私たち各自に託された【ミッション:使命・天職】は私たちの心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】に示されていると【聖書】に記されていることを
認めるならば、先ずは【神の愛】である【聖霊=主イエス】を心に受け入れて【主イエス】と共に前進しようではありませんか!

●神は御意(ミココロ)を成さんために、汝等の内にはたらき、汝等をして志望(ココロザシ)を立て、業を行わしめ給えばなり(ピリピ書2-13)
●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも
 一致することが多い。つまり、人の使命も、最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)
●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、それを書き写すのみ、我が内より創るものはない
 (神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。
 クリスチャンは聖霊の人である。聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三

【エゴ:自己愛】の固まりである私は、仏教的求道者のように自己抑制だけで【忘己利他】となり【無我夢中】の境地なることは不可能です。
しかし、【神の愛=主イエス】に依り頼む生き方ならば、こんな私でも【使命・天職】に生きる【一流】を目指すことは可能だと信じます!
 
●神への愛だけが我々を徹底的にエゴイズムから解放する事ができまたすべての本当の自己改革の始まりである(ヒルティ)
●いわゆる人間愛は、すべて神に対する強い愛という根底がなければ単なる幻想である(ヒルティ)
●神が喜ばれるのは、おそらく神へのひたすらな憧れと、神に向かって手をさしのべることだけであろう(ヒルティ)
●神の無限の力に頼りて我等は我等の信じるがごとくに全ての事をなすを得るなり(ピリピ書4‐13)
●まちがいなく最も手近な義務だと認められることを常に行ない、それから先のことは静かに待っていること、そのような人に宿っている
 真理な霊は必要に応じて何でもその人に思い起こさせてくれる。だから、その人は前もっていろいろのことを熟考したり、
 心にとめておくことはいらない(ヒルティ)

皆さんが【神の愛=主イエス】と共に【超一流】の人生で活躍されることを心より応援しています。

●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な真実の力は神のものであって、
 人間のものではないからである(ヒルティ)
●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
 主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え
 新しくされる。主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

★★メリー・クリスマス!善き年をお迎え下さい!★★ 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)