【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

起きよ!光を放てよ!

◇◇ローマ法王の昇天が示すこと:起きよ!光を放てよ!◇◇
【2005年4月3日に作成した<第369回>に加筆】 

●起きよ、光を放てよ、汝の光来たり、エホバの栄光汝の上に照出たり。視よ暗きは全地をおおい、
 闇は諸の民をおおわん。されど汝の上にはエホバ照出たまいて、その栄光汝の上に顕わるべし
 (イザヤ書60-1~2)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは。ご愛読に感謝します!

今日現在、様々な【苦難】にあっても、【再起・復活】のために、【神の愛】が慰め励ましてくれます!
明日こそ、【ビジョン:理想・夢・志】の実現を目指すために【神の愛】が勇気と希望を与えてくれます!
皆様の心に【神の愛】が宿り、存在を実感できますように【主イエス】の御名によって祈ります!アーメン

ローマ・カトリック法王ヨハネ・パウロ鏡い危篤状態になってから、皆さんもご存知のようにCNNやBBC放送はまるで自国の重大問題のようにローマ法王の話題一色となり一日中が緊急特別番組でした。

欧米のメディアは誰のために熱心に報道しているのでしょうか?私は気づきました。「そうだ!私自身のためだ!」
世界中の【キリストの福音】を知らぬ者、誤解し拒絶する者、教会未信者、異邦人・異教徒に向けて放送され【神の愛=主イエス】を実感でき、出会える【絶好のチャンス】となっていることを実感できたのです!ハレルヤ!

●人の心をお見通しになる神は、私たちに与えてくださったように異邦人にも聖霊を与えて、彼らをも受け入れられたことを
 証明なさったのです (使徒行伝15-8)
【◆福音はユダヤ人と異邦人のためにある】
●だから、神の栄光のためにキリストがあなたがたを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに相手を受け入れなさい。
  私は言う。キリストは神の真実を現すために、割礼ある者たちに仕える者となられたのです。それは、先祖たちに対する
  約束を確証されるためであり、 異邦人が神をその憐れみのゆえにたたえるようになるためです。
  「そのため、わたしは異邦人の中であなたをたたえ、あなたの名をほめ歌おう(サムエル後書22-50、詩篇18-49)」
 と書いてあるとおりです。 また、
  「異邦人よ、主の民と共に喜べ(申命記32-43)」と言われ、
 更に、
  「すべての異邦人よ、主をたたえよ。すべての民は主を賛美せよ(詩篇117-1)」と言われています。
 また、イザヤはこう言っています。
  「エッサイの根から芽が現れ、異邦人を治めるために立ち上がる。異邦人は彼に望みをかける(イザヤ書11-10)」
希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に 満ちあふれさせてくださるように(ロマ書15-8~13)

ヨハネ・パウロ鏡い27年間を通して世界の和解と自由のために戦い続けました。彼自身の青年時代に目の前で行われたホロコーストから多くの友人を助けられなかった経験から、弱き小さき迫害者を助ける!という【ビジョン:理想・夢・志】を抱き【十字架:ミッション】として背負ったからこそ、自分の肉体を病もうとも、最後には声まで奪われても、戦い続けられたのです!

【◆パウロに与えられた務め】
●今や私は、あなたがたのために苦難を喜んで受けており、キリストの体である教会のために、キリストの苦しみのなお足りないところを私の肉体をもって補って満たしている。私は、神の御言葉を告げ広める務めを、あなた方のために神から与えられているが、この務めのために、私は教会に奉仕する者となっているのである。 世の初めから代々にわたって隠されていた、神の御言葉の奥義、秘められた計画が、今や、神の聖徒たちに明らかにされたのである。
 異邦人の受くべき、この奥義、秘められた計画が、異邦人にとってどれほど栄光に富み満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされたのである。この奥義、計画とは、あなた方の内にいるキリストであり、栄光の希望です。
: 私たちは、このキリストを宣べ伝えて、全ての人がキリストに結ばれて完全な者として立つように、知恵を尽くして全ての人を訓戒し諭し、教えているのである。このために、わたしは労苦しており、わたしの内に力強く働く、キリストの力によって闘っている(コロサイ書1-24~29)

これほどに異教徒にも世界の自由と平和にとって【大きな存在】であったのは、ローマ・カトリックの教会権威でも名声でもなく彼自身の心に抱いた【ビジョン:理想・夢・志】にこそあったことは、彼の前にも後にも、同じような法王は出現しないことにより証明されると私は感じています。

●神がひとたび人間の意志を所有されるならば、神はその人の中でみずから全てのことを行ない、彼を完全へと導き給う(聖女カタリナ)

しかし、たとえこれからのローマ・カトリック教会が無力になっても、心配御無用です!ヨハネ・パウロ鏡い里かげで、今度こそ、いよいよ私たち異邦人・異教徒にとって【霊的】に世界中で活躍できる【絶好のチャンス】が到来しているからです!

●主のもとに集って来た異邦人が主に仕え、主の名を愛し、その僕となり、安息日を守り、それを汚すことなく、私の契約を固く守るなら、私は彼らを聖なる私の山に導き、私の祈りの家の喜びの祝いに連なることを許す(イザヤ書56-7)
【万人祭司・万人伝道者】
●あなた方も、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となってイエス・キリストにより、神に喜ばれる霊のいけにえを、献げなさい(ペテロ前書2-5)
●あなた方は選ばれた種族、祭司の国、聖なる国民、神につける民である。それによって暗闇から驚くべき御光へと招き入れてくださった方の力ある御業を、あなた方が広く語り伝えるためである(ペテロ前書2-9)
●あなたがたも、何を食べようか、何を飲もうかと、あくせくするな。また、気を使い思い悩むな。 それはみな、この世の異邦人が切に求めているものである。あなた方の父は、これらのものがあなた方に必要なことをご存じである。 ただ、神の国を求めなさい。
 そうすれば、これらのものは添えて与えられるであろう。 小さな群れよ、恐れるな。神の国を下さる事はあなた方の父の喜びであり御心なのである。(ルカ伝12-29~32)

天に召されたヨハネ・パウロ鏡い蓮彼の【ビジョン:理想・夢・志】の通りに、私たち神から遠ざかっている異教徒・異邦人のために【神の愛】を求め信愛する者たちと共に、孤独と迫害と無力に耐え忍ぶ者と、いつも身近に一緒にいてくれることを信じましょう!

●彼は死んだが、信仰によって今もなお語っている(ヘブル書11‐4)
●【聖フランチェスコの平和の祈り】
神よ、私を
あなたの平和を実らせるために用いてください。
私が【憎しみ】あるところに、【愛】をもたらすことができるように
また、【争い】のあるところに、【和解】を
【分裂】のあるところに、【一致】を
【疑い(あやまり)】のあるところに、【真実(信仰・真理)】を
【絶望】のあるところに、【希望】を
【悲しみ】があるところに、【よろこび】を
【暗闇】があるところに、【光】をもたらすことができるように
助け導いて下さい

神よ、私に
慰められることよりも、慰めることを
理解されることいりも、理解することを
愛されることよりも、愛することを
望ませて下さい

わたしたちは
自分を与えることによって、与えられ
すすんでゆるすことによって、ゆるされ
人のために死ぬことによって、永遠に生きることができるからです

【神の愛=主イエス】から遠く感じる私たち異教徒・異邦人の為に、声も奪われ肉体がボロボロになっても生涯の最後の最後まで、和解と自由のために祈り戦い続けてくれた【フリーダム・ファイター:自由の戦士】の【遺志】を引き継いで共に起ち上がりましょう!

●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。
 イエスが神の子であると信じる者ではありませんか(ヨハネ第1書5-4~5)
●父母はわたしを見捨てようとも、主は必ず、わたしを取り上げ引き寄せてくださいます(詩篇27-10)
●我が魂よ、主をほめたたえよ。善くして下さった主の御計らいを何ひとつ忘れてはならない(詩篇103-2)

皆さんが世界の自由と平和のために、【神の愛】から私たち各自に託された【ビジョン:理想・夢・志】を大切に守り育て実現を目指し【神の愛】に信頼して【神の愛】と共に【神の僕】である【フリーダム・ファイター】となって活躍されることを心より応援しています。

● イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。あなたがたも信仰を持ち、疑わないならば、いちじくの木に起こったようなことができるばかりでなく、この山に向かい、『立ち上がって、海に飛び込め』と言っても、そのとおりになる。 信じて祈るならば、求めるものは何でも得られる。」(マタイ伝21-21~22、マルコ伝11-12~14、20~24)
●あなたはこの人生において、一人の善き人間になるべきである。常に善き霊の励ましに従い、その他の全てを拒むような一人の人間になりなさい(ヒルティ)
●人の生涯は、いつか突然、単純な信仰の境地が訪れて、神への愛がなければ、どんな信仰も、また神の意志についてのどんな歴史的な、あるいは教養的な知識も、魂の向上に役立たないことがわかり、反対に、心のなかに神への愛があれば、一切が明らかになり、やさしく、簡単になる、ということを示される。我々はこのような境地に達しなければならない。そうなれば、我々は全ての哲学書や神学書を閉じてよろしいし、またそうしたくなる(ヒルティ)
●ただ偉大な理念の召使と考えるようになったら、その人はすでに確実な頂きに達したといえる。聖書は、これを「神のしもべ」と呼んでいる(ヒルティ)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

★★メリー・クリスマス!善き年をお迎え下さい!★★
それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)
★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/