【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】⇔≪物華天宝≫!①

◇◇≪物華天宝≫:豊富な物産は【天の恵み】である!(その1)◇◇
【2004年3月24日に作成した<第328回>に加筆】
 自分の描く【ビジョン:理想・夢・志】に【ミッション:使命・天職】を見出そう!

●自分の仕事を知り、それを為せ。
 我々の大事な務めは遠くのほうにおぼろげにあるものを眺めている事ではなくて
 手元にあってはっきりしている事を行なうことである(カーライル)
●【天職】を発見するの法は今日目前の義務を忠実に守ることであります。
 さすれば、神は段々と我等各自を神の定め給いし【天職】に導き給います。
 要するに【天職】はこれに従事するまでは発見することのできるものではありません。(内村鑑三

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは。ご愛読に感謝します。

先日のTV番組で≪物華天宝≫という言葉が紹介されていました。人間や自然界が生み出した豊かな産物には【天の恵み】があるという意味であるようです。

私も共感します。これまで人間が発明・発見・創造した全ての事柄も天然の産物も万事万物は【神の愛】により生み出されたものであると実感するからです。

●独創とは起源に帰ることである。
 神は人間を通して創造し続ける。
 創造は神のものであり、人間はコピーしているにすぎない。
 人間は創造しない、神の創造した自然界から発見するのである(ガウディ)
● 万物は、神より出で、神によって成り、神に帰する
 <別訳>すべては、神から、神によって、神のために存在する
 <別訳>すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっている
 栄光がとこしえに神にあるように。アーメン(ロマ書11-36)
●今の私があるのは、ただひとえに、あふれるほどに注がれた神様の恵みと、あわれみとのおかげです。
 実際に働いたのは私ではありません。 神が私の内部で働き、祝福してくださったのです(コリント前書15-10)
●【聖意・聖旨】⇔★万事万物の本源を握る者は神の御手★地に起こる全ての出来事は源を天に置く(内村鑑三
●全ての事は、神の御旨によりて招かれたる神を愛する者のために、ことごとく益をなすを我等は知れり(ロマ書8-28)
●キリストは人類、特に信者の万事万物である。
 キリストを有して我らは万物を有する。
 我らは主を信じて単に我らの霊魂を救われるのではない。主によりて父なる神より万物を賜わる資格を得る(内村鑑三
●キリストは万物をもって万物を満たしむる者なり(エペソ書1-23)
●主は万物の上にあり、万物の中に在る(コロサイ書3-11)

テレビ番組のタイトルは「地球(自然)は天才発明家だ!」と表現されていましたが、私ならば【神の愛】こそ天才発明家!と讃美したいものです。ハレルヤ!栄光を主に帰します!

現在の私たちが恩恵に預かっている科学技術の成果には、いつも【天然の摂理】がコピーされている事がよくわかる番組であり感動しました。

科学者やエンジニアが発想するのに悩み苦しみ、疲れ果てた後に、心を解き放って趣味や散歩など【天然=神の愛=第2の聖書】と交流した時に、突然ひらめいた!という証言が多いのは、まさに【インスピレーション:霊感・神の息吹】の存在が証明されたことだと私は確信します。

●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。クリスチャンは聖霊の人である。聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三
●本物の謙遜は自分のものでない力が与えられているという不思議な気持である(ヒルティ)

私たち個人個人も有名な科学者や発明家のように、自分の【青年の心】に描く【ビジョン:理想・夢・志】に示されている【ミッション:使命・天職】を発見する瞬間も【神の愛=主イエス】が私に託されたのだ!という事実を科学的に考察する必要があると私は実感します。

●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。つまり、人の使命も、最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)
●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
●神の御心にかなうことを求め行なう以上に快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)

私たち各自は【神の愛=主イエス】から見れば【V..I..P..】の大切で貴重な存在であります。

●私に目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
「Very Important Person in God' Eye」(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないようなことがあろうか。たとい彼等が忘れるようなことがあっても、私(主)はあなたを忘れることはない(イザヤ書49‐15)
●これらの小さい者の一人が滅びることは、天に在ますあなた方の父の御心ではない(マタイ伝18‐14)

私たちの【存在価値】や【生きる目的】は【神の道具・器】としての私たちには【善き業】や【測り知れない力】と共に既に自分自身の中に与えられている事を信じましょう!

●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって 私たちから出たものでないことが、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
●神はあなた方のうちに働きかけて、その願いを起こさせ、かつ実現に至らせるのは神であって、それは神の善しとされるところだからである(ピリピ書2-13)
●我等は神に造られたる者にして、神にあらかじめ備え給いし善き業び歩むべく、キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な真実の力は神のものであって、人間のものではないからである(ヒルティ)
●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え新しくされる。主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)

★★【その2】につづく★★