【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

《幼な心》の【自由】を目指せ!②

◇◇ 全ては独りの【自由の精神】から始まる!(その2) ◇◇
【2002年1月25日に作成した<第213回。に加筆】 
2002年1月24日(木)14:00NHK教育「ワールド・ドキュメント:二つの民族一つの教室」を観て

★★【その1】のつづき★★

平和教育として自国の美点や自国の誇るべき歴史だけを国家が教え込もうとすると、かえって隣国との不和を生じさせてきました。それは組織・家族・個人においても、同じ事だと言えます。本当の平和とは相手の立場を理解できる【自由な精神】であり、<真・善・美>を愛する<幼な心>から生まれることを改めて教えられたと思います。

●本当の自由な心とは「認める」ということである(ゲーテ
●自由のあるところにのみ道徳は行われる(内村鑑三

そして、どんな国家・民族・組織・社会・家族でも、初めはたった独りが、<真・善・美>を愛する<幼な心>を取り戻して、【自由な精神】に目覚めれば、独りから全ての和解や平和や相互理解が始まる事を改めて確信できました!

●大いなる事業が完成されるためには、ひとつの精神があれば足りる、千の手を動かすために(ゲーテ)

私たちが<真・善・美>を愛する<幼な心>を取り戻して【自由な精神】を育てるのに【神の愛=主イエス】を信愛することが大いに役立ちます!【神の愛=主イエス】が【自由】そのものであり、【自由の精神】を与えてくれるからです!

●真理はあなた方を自由にさせる(ヨハネ伝8‐32)
●主は霊である、主の霊のあるところに自由がある(コリント後書3‐17)
●自由を得させるためにキリストは私たちを解放して下さったのである(ガラテヤ書5-1)
●キリストによりてのみ真正の自由と独立とあり。そは彼は霊魂の自由を与える者なればなり(内村鑑三
●あなた方が召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい(ガラテヤ書5‐13)

【神の愛=主イエス】が与えてくれる【自由】とは状態・境遇ではなく、<実践能力>であることを知るでしょう。
何者かにとらわれていない、奴隷関係でない状態である「自由」というよりも、より挑戦的・革新的・実践的な【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】を常に喚起させる積極的状態が【聖書】で学び体得できる【自由の精神】だと私は実感しています!ハレルヤ!主に栄光を帰します!

●【真の自由(内村鑑三)】
  ◆真の自由は発意である    ⇔ Unconditional(無境遇)
  ◆真の自由は正しき選択である ⇔ 霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
  ◆真の自由は善き意志を行う能力である 
●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
  何事をも為しうる状態又能力でなく,ある事を為さずしてある他のことを為す能力
  ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力  
●自由とは理想にあらず、境遇にあらず、能力である
●Ican do that which is right.(我は正しき事を為し能う)

興味深いことは、【神の愛】が造られ、【神の愛】に満ち溢れた、【第二の聖書】である【天然の世界】においても、【真の自由】を最善発揮して、私たちに感動を与えてくれる動物たちが発見され、世界中に報道されています。

例えば、野生の母ライオンが、我が子を産んで直ぐに亡くしてしまいショックから立ち直るために、オリックス(牛の一種)の孤児を育てていることが紹介されていました。一頭目は他のライオンに襲われ食べられてしまいますが、そんなことで母親は屈服しません。今度は襲われないようにと死守しながら、二頭目を育て始めたそうです。

本来なら<食べる側>と<食べられる側>という《敵対関係》にあるはずのライオンとオリックスにおいても、たった一頭の母ライオンが<母性愛>に動かされて<真・善・美>に起ち上がったのです!ハレルヤ!

【神の愛=主イエス】から世界中の私たちに贈られた素晴らしい平和実現の<神の愛のメッセージ>です!

●神は時おり、自然の出来事や自然の事物を通して、私たちに話しかけることもある(ヒルティ)
●世界が造られた天地創造の時から、目に見えない神の性質、すなわち神の永遠の力と神性とは、
 被造物に現われており、これを通して神を知ることができる(ロマ書1-20)
●神はキリスト(愛)を目的に、キリストに在りて、キリストをして、宇宙万物を造り給へり(内村鑑三
●神は愛なり、宇宙は愛の機関なり(内村鑑三
●愛は神の霊としてこの世界に満ち満ちている(ヒルティ)

そして、この出来事は、【聖書】に記されている<天国再建の預言>が未来に必ず実現する確信となりました!

●狼と子羊は共に草をはみ
 獅子は牛のように、わらを食べ、
 ヘビは塵をその食べ物とし、
 私の聖なる山のどこをおいても、そこなわれることなく、滅ぼされることもない。
 と主は仰せられる(イザヤ書65-25)
●狼は子羊と共に宿り、ヒョウは子山羊と共に臥し、子牛、若獅子
 肥えたる家畜共にありて小さき童子(ワラベ)に導かれん。
 雌牛と熊とが共に草を食べ、その子らが共に伏し、獅子も牛のようにわらを食う。
 乳飲み子はコブラの穴の上で戯(タワム)れ、
 乳離れした子はマムシの子に手を伸べる。
 私の聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えず、そこなわない。
 主を知ることが、海をおおう水のように、地を満たすからである(イザヤ書11-6)

動物界の<愛の奇蹟>よりも感動的な愛と自由による<平和の実現>で活躍することを心より応援しています!

●主は国々の争いを裁き、はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。彼等は剣をうち変えて鋤(スキ)となし、その槍をうち変えて鎌となし、国は国に向かいて剣を上げず、もはや戦闘のことを再び学ばない(イザヤ書2‐4、ミカ書4-3)
●その日には、私は彼らのために、野の獣、空の鳥、土を這うものと契約を結ぶ。弓も剣も戦いもこの地から絶ち、彼らを安らかに憩わせる。(ホセア書2-20)
● 私はエフライムから戦車を、エルサレムから軍馬を絶つ。戦いの弓は絶たれ、諸国の民に平和が告げられる。彼の支配は海から海へ、大河から地の果てにまで及ぶ(セカリヤ書9-10)
● あなたの地は再び不法を耳にすることなく、暴虐と破壊と崩壊は領土のうちから絶える。あなたの城壁は「救い」と城門は「栄誉」と呼ばれる(イザヤ書60-18)

皆さんが【聖書】と【神の愛=主イエス】を通じて<真・善・美>を愛する<幼な心>と【自由の精神】を体得して、たった独りからでも起ち上がり、対立・分裂・紛争・混乱の世に、《相互理解》の【仲保者】となって活躍されることを心より応援しています!

●「子供は大人の基」(ワーズワース
 空の虹を見ると、きまって
 私の胸はおどる
 少年の時がそうだったし
 大人の今もそうなのだ、
 とすれば老いのきた時も、
 そうあってほしいものだ。
 それが生きることなのだ!
 まこと、子供は大人の基なのだ
 だから、私は日々がこの
 素直な感動の心でつずられるのを願うのだ。
●日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。
 愛国心でもない。道徳でもないだろう。日本に欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを
 愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である(内村鑑三
●本当に必要なのは人間精神の革命です。そして君は、その先頭に立って進む者の一人でなければなりません(イプセン
●道がなければ、自ら、道を開かん!(ペルーのビヤレアル博士)
●未来!この未来を創造するものは諸君をおいて他にはないのです(ジイド)
●よき時代は天から降ってくるものではなくて、わたしたちが自分でつくり出すものです。それはわたしたちの心の中にあるものなのですよ(ドストエフスキー
●未来は、“今、我々が何を為すか”にかかっている(ガンジー
●世界はきみたちに大きく開かれている。どしどし遠慮なく進むがいい。大地は広々とつづき、空は広大無辺にひろがっている(ゲーテ
●今日(こんにち)の人々よ、若い人々よ、今度は君たちの番が来ている!
 われわれを踏み越えて行きたまえ。そして前進したまえ。
 われわれよりもいっそう偉大で、いっそう幸福でありたまえ(ロマン・ロラン

ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)