【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【コーナー・ストーン】を目指せ!

◇◇新時代に向けて【コーナー・ストーン】精神を育てよう!◇◇【2006年8月13日に作成した<第412回>に加筆】 
●家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。これは主のなされたことで、私たちの目には不思議に見える(詩篇118‐22、マタイ伝21‐42、マルコ伝12‐10、ルカ伝20‐17、使徒行伝4‐11、エペソ書2‐20、ペテロ第1書2‐7)

最近のTV教育番組を観ていると、子供のうちに、なるべく具体的な社会経験させるプログラムが多いように思えます。大半は、現代の社会的価値観・常識に基づいた「職業観・職種」だけに注目しすぎているように感じるのは残念です。

私が子供時代の30年前には、現代では主流となっている「IT産業」は先生も大人も誰も想像できなかったはずです。つまり、未来を切り拓く若者たちには、現代の職業観・職種などに縛られることなく大胆に考えさせるべきだと思います。

特に欧米では従来の職業枠にあてはまらなければ、続々と新たな職種・職域が生まれているのには感動させられます。それらは「~したい!「~のために!」という明確な「動機」が先行しており、【ビジョン:理想・夢・志】が優先しています。彼らの「動機」には単なる信念・欲望だけでなく、【神の愛=隣人愛】からの<熱意>があることを実感できるはずです。

●最善の労働者とは最も多くの仕事をする者でなくして、最も貴重な動機をもって仕事をする者である
 (二宮尊徳内村鑑三の言葉より)
●【健全なる思念】
 事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。
 神の全能なるを思うべし、その恩恵の無限なるを念ずべし。
 さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん(内村鑑三

たとえば、病院内で長期療養の子供たちを励ましたい!と思う人たちが立ち上がり、実践してくれたから誕生したのが「クラウン(道化師)」「クリニ・クラウン」「音楽療法士」であり、新しい職業が社会的地位を確立するまでになりました。

患者本人や家族と担当医とのコミュニケーションを当事者だけに任せると、治療がうまく行かないことを気づいたことから患者・家族と担当医・医療機関との仲介の立場である「メディエイター(仲保者)」という職業が確立したことも感動です。おかげで、単純な医療ミスやカルテ隠蔽も防げるし、患者・家族・担当医・医療機関のコミュニケーションが密になって、病気を治す!という思いを一つ、心を一つにした【チーム・スピリット&チーム・ワーク】の治療が実現することになります。

英国では盛んなガーデニングで人を癒したいという動機から、ガーデニング手法による心理療法士が誕生したそうです。

このように現状の価値観や世間的常識では誕生できなかった新しい価値観・職業・職域・思想などを築くためには、彼等が目指してくれた【動機】が不可欠だと思います。それは【コーナーストーン】精神だと私は理解しています。

●新思想とは;
  ★新鮮なる思想★人に新希望を供する思想★人に新生命を供する思想
  ★人に新計画を供する思想★羽翼を張りて中天に翔(アガ}らんとする意欲を興す思想(内村鑑三

ご存知のように【聖書】の【コーナー・ストーン】とは【主イエス】を示しており、同時に【神の愛=隣人愛】であるといえます。「家造り」においてプロ中のプロの専門家ほどに、基礎の基礎が重要であることを忘れてしまうことを示してくれています。最近の建築業界で起きた耐震偽装の不祥事でも、生活とノルマに忙殺されて【神の愛=隣人愛】を捨て去ったゆえに起きてしまったことであり、他人事では済まされない警告だと感じます。

こんな時代だからこそ、あらゆる分野で、専門家やプロからは捨て去られる【コーナー・ストーン】に活躍のチャンスです!

●人に捨てらるるは神に拾わるるなりき、人に憎まるるは神に愛せらるるなりき、
 人に絶たるるは神に結ばるるなりき(内村鑑三

安岡正篤氏が戦後に著書で唱えていた【有名無力・無名有力】を思い出します。世間や国家が認める資格取得者や研究・専門家よりも、【神の愛=隣人愛】に導かれて、たとえ誰に勧められなくても、たった独りからでも立上がるような【愛好精神:dilettante】に満ちた【レイ・エキスパート(Lay Expert)】こそ、つまり、【非専門家の熟練者】が活躍する時代がやって来ました!

●知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子のような者にあらわした(マタイ伝11-25、ルカ伝10-21)
●【神の力、神の知恵であるキリスト(コリント前書1‐26~31)】
 ◆兄弟たちよ、あなた方が召された時のことを考えてみるがよい。
  人間的には知恵のある者が多くはなく、権力のある者も多くはなく、身分の高い者も多くはいない。
 ◆それだのに神は、知者をはずかしめるために、この世の愚かな者を選び、
  強い者をはずかしめるために、この世の弱い者を選び、
 ◆有力な者を無力な者にするために、この世で身分の低い者や
  軽んじられている者、すなわち無に等しい者を、あえて選ばれたのである。
 ◆それは、どんな人間でも神の御前に誇ることがないためである。
 ◆あなた方がキリスト・イエスにあるのは、神によるのである。キリストは神に
  立てられて、私たちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。
 ◆それは「誇る者は主を誇れ」と書いてあるとおりである

混迷し堕落する現代社会にあって、世間的に目立たず取るに足らぬと思われるほど価値があり重要です。

●もし、人が何か役に立つことを知り、かつ学びたいと願うならば、他の人から知られずにおり、
 人から何ものでもないと思われることを愛さなければならない(トマス・ア・ケンピス)
●もし、あなたが何事かの知識や学問を役立つように修得したいと欲する ならば自分が世に知られず、
 つまらぬ者と評されるのを喜びなさい(トマス・ア・ケンピス)

そして、世間から見捨てられたと思われたときこそ、【神の愛=主イエス】と共にある絶好のチャンスであり前進できるのです!【コーナー・ストーン】として歩む時には、【神の愛=主イエス】の導きに支えられて<神の愛の計画>は勝利の道に在ります!

●人に知られていないようで 認められ
 死にかかっているようで  生きており
 こらしめられているようで 殺されず
 悲しんでいるようで    常に喜んでおり
 貧しいようであるが    多くの人を富ませ
 何も持たざるようで    全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10)
●四方から患難にあっても、窮しない
 途方にくれても、行き詰まらない
 迫害にあっても、見捨てられない
 倒されても、滅びない    (コリント前書4-8~9)
●賢さで人生を乗りきるのは困難だが、導きによって生きるのは容易である(ヒルティ)
●一体に計画を立てるということは、何の役にも立たないことが多いものだ。待つこと、そして神のさずけ給う機会に注意を怠らず与えられたその機会をすばやく、すすんで十分の心構えをもってつかむ事、これが成功をおさめる道である(ヒルティ)

幕末の混迷期に無位無冠の在野の志ある一般庶民が政治参加して社会貢献する「草莽崛起(ソウモウクッキ)」奨励した吉田松陰にしても、彼自身は目先の利欲・名声にとらわれることなく、【自主独立:自由・独立】に生きた人物だと感じます。

彼の遺書である「留魂録」の内容を紹介します。(NHKホームページより)

「私は30歳。四季はすでに備われており、花を咲かせ、実をつけているはずである。
 それが単なるもみ殻なのか、成熟した粟の実であるのかは、私の知るところではない。
 もし同志の諸君の中に私のささやかな真心を憐れみ受け継いでやろうという人がいるなら、
 それはまかれた種が絶えずに、穀物が年々実っていくのと同じである」

●<吉田松陰が亡くなる一年前に弟子に送った漢詩
 「志を立てるためには人と異なることを畏れてはならない
  世俗の意見に惑わされてもいけない
  死んだ後の業苦を思いわずらうな
  また目前の安楽は一時しのぎと知れ
  百年の時は一瞬にすぎない
  君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように」
  (NHK「その時歴史が動いた」より)

そうです!古今東西を問わず、【コーナー・ストーン】精神は<成果・果実>を手にすることが主要目的ではありません。先ずは自分のできる「種まき」こそが目的であり、先人からの【遺志】を受け継ぎ、後世へ継承することが目的と言えます。

●誠に実に汝等に告げん、一粒の麦も地に落ちて死なずば、ただ一つにて残らん。もし死なば多くの実を結ぶべし(ヨハネ伝12-24)
●この動揺する時代に自分までぐらつくのはわだ災いを増すばかり、おのれの志を守ってゆずらぬ者だけが世の中をつくりあげて行くのだ(ゲーテ
●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け 自由の大道を自在なる英知もて進め。
 その尊き偉業の報いを欲せず 自らが愛する思想の実をば結びゆけ(プーシキン

【コーナーストーン】精神は<連戦連敗>も覚悟の上です。そして最後の勝利だけは【神の愛の奇蹟】に任せましょう!

●負けて勝ち、踏みつけられて立ち、殺されて活くるのがキリスト信者の生涯である(内村鑑三
●人の計画は成りて敗れ、神の計画は敗れて成る(内村鑑三)
●正義は負けて興り、不義は勝ちて滅ぶ(内村鑑三

【コーナー・ストーン】精神でみるならば、日本は新時代に向けた精神土台再建のために、いくらでも職業も職域もあり、人手不足です。まさにフリーター、ニート、閉じこもりなどとレッテルを貼られている人々も、世間的に役に立たない私自身にも、【絶好のチャンス】ではありませんか!【神の愛=主イエス】と共に働きましょう!

●群衆が飼い主のいない羊のように弱り果て、打ちひしがれているのを見て、深く憐れまれた。
 そこで、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。 だから、収穫のために働き手を送ってくださるように、収穫の主に願いなさい。」(マタイ伝9-36~38、ルカ伝10-2)
●我々は何をなすべきか、またそれをいかに為すかについて決して無頓着であってはならない。
 いやむしろ我々は全ての勤勉と才能を真剣に活用しなくてはならない。
 ただし、野心や所有欲からではなくて義務感と神への愛から、それをしなければならない。
 そして、事の成否は神に委ねるべきである(ヒルティ)
●なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、 神がキリスト・イエスによって上へ召してお与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることである((ピリピ書3-13~14)

皆さんが、時流に乗らず、目先の利得権益と無縁な、来たるべき新時代の基礎を築かんとする【コーナー・ストーン】精神で、日本だけでなく、世界を舞台にして、【神の愛=主イエス】と共に大活躍されることを心より応援しています!

●私(主)は目の見えない人たちを導き、彼らがまだ知らない大路に行かせ、通ったことのない道を歩ませる。彼らの前で、行く手の闇を光に変え、でこぼこの曲がった道を平らにまっすぐにする。私はこれらのことを成就させ見捨てることはない。(イザヤ書42-16)
●【奨励の声】
 汝は永遠の存在者とともに立てり。世はことごとく失するとも汝の事業は滅びざるべし。
 ただ、心を強くし勇み励め (内村鑑三
●君の呼びかけに、だれも答えないならば、君よ、我が道を一人征(ゆ)け
 皆が恐れを抱いて沈黙するならば、君よ、開いた心と恐れなき声をもって、ただ真実のみを語れ(タゴール