【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<オンリー・ワン>に導く【神の愛】

◇◇<神の愛の導き:オンリー・ワン>と<出世主義:ナンバー・ワン>◇◇
【2001年4月29日に作成した<第115回>に加筆】

●導きの正反対は出世主義である(ヒルティ)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

私の人生で、どんな分野・状況であっても【ナンバー・ワン】を目指すことは決して容易ではありません。さらに、その地位を守り抜くためには、さらに困難を要することは充分に想像できます。

その過酷な椅子取りゲームのような弱肉強食の生存競争に生き残れれば、幸福かもしれませんが、
その競争に勝てず、敗北し失敗し挫折して、<その他多勢>になってしまうのは、私は望みません。

従って、なるべくならば、成功しやすく失敗しないように条件・機会を選ぶ消極的で保守・保身的な
<安全路線>を選ぼうとするようになるかもしれません。

そして知らず知らずのうちに、才能や個性や可能性をも出し惜しみする<ケチな人生>を歩んでしまう
悪循環の危険すらあります。

●なすべきことを欲しはするが、それを成し得ない
 なすべきことを成し得るが、それを欲しない
 欲しかつ為し得るが、何を為すべきかを知らない(ゲーテ
●人の生活はすべて次の二つから成り立っている
 したいけれど、できない。できるけれど、したくない(ゲーテ

私は「自分が一番大好き!」で、<目立ちたがり屋>の<お調子者>で≪エゴ(自己愛)の権化≫です!
一度の貴重な<私の人生>を華々しく輝かせたい!と考える私にとって、<出世主義:オンリー・ワン>を目指すのはどうやら無理のようです。そこで14年前に、私は世間的な<組織社会>から脱出したのです!

私に<別の道>を目指せば善いことを気づかせてくれたのが【聖書】を通じて学んだ【キリスト精神】です。それは、【神の愛の導き】に従った<オンリー・ワン>を目指す道です。

<オンリー・ワン>を目指すならば、他人や社会との激しい生存競争は一切無用です。
外の誰かではなく、自分自身との戦いと言えるでしょう。生涯の宿敵は<過去の自分>となります。
昨日の自分よりも今日の自分を、今日の自分よりも明日の自分をどれだけ成長させるかが勝負です。

<オンリー・ワン>は世界で唯一の自己に託された【タレント:個性・才能・可能性】をどれだけ発揮できるかが<人生目標>となります。自己実現は、私たちの自発性であり、生まれれつきの衝動であることが解ります。

●あらゆる存在は、その特性にしたがって自己を発展させ、自己を実現する生まれつきの衝動を自分のうちにもっている(ヒルティ)
●各自は惜しむ心からではなく、また強いられてでもなく、自ら心で決めた 通りにすべきである。神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)

そして、隣人・社会に向けて<オンリー・ワン>の自己を具体的に活用できるようにと、【神の愛=主イエス】は私たち全員の心に届けてくれる素敵な<贈り物>が【ビジョン:理想・夢・志】と【ミッション:使命・天職】であると私は実感するのです。

●神は御意(ミココロ)を成さんために、汝等の内にはたらき、汝等をして志望(ココロザシ)を立て、業を行わしめ給えばなり(ピリピ書2-13)
●我等は神に造られたる者にして、神のあらかじめ備え給いし善き業に歩むべくキリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである(ヒルティ)

自分大好き!の私でも、<自己>を完全に信頼し愛することはできません。そんな、不完全さを補強してくれてこんな私でも、こよなく信頼して愛してくれて、成長させるために励まして、常に私にとって<最善の道>へと導いてくれる存在が【神の愛=主イエス】であると聞けば、私は馬鹿犬のように、喜んで尾っぽを振ってついていきます!

そして、私の【エゴ(自己愛)】を満足させる<自己実現>は、同時に【隣人愛】をも満たす<神の愛実現>と一致させてくれるのです!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に、超越して最も多く他を利して、最も多く己を利するの道を我に教えたり(内村鑑三
●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、人を励まし、いつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。愛は常に向上を欲して、いかなる、いと低い事物によっても引き停められることを望まない(トマス・ア・ケンピス)

<オンリー・ワン>を目指すことは【イエスの生涯と教え・聖書】が手本であり<具体的行動規範>とすればよいことになります。

●何をするにも人に対してでなく、主に対してするように心から働きなさい(コロサイ書3-25)
●W.W.J.D.(What Would Jesus Do?)(こんな時、【主イエス】ならばどうするだろうか?)

【神の愛=主イエス】を現している【聖書】もまた<相思相愛>の<人格的存在>であることを実感できます。
【聖書】を<愛する対象>とすれば、生命のある【聖書】もまた喜んで私たちを愛してくれて、導いてくれます!
【聖書】は私たちの悩み苦しみに応じて、最適な<御言葉>に出会えるようにページを開いて見せてくれます。

【聖書】は天然世界の森林やフルーツのように、無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】といつも新鮮な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で満ち溢れていて、私たちを日々新たに成長させて、【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】の<不屈の楽天主義>を育て導いてくれます!

【有名人の聖書観】
●私の生涯に最も深い影響を与えた書物は聖書である(ガンジー
●私が獄につながれ、ただ一冊の本を持ち込むことを許されるとしたら、私は聖書を選ぶ(ゲーテ
●聖書の存在は、人間がかつて経験したうちで最も大きい恵みである(カント)
●聖書を教えない単なる教育は、無責任な人に鉄砲を渡すようなものである(T.ルーズベルト
●いかなる世界の歴史におけるよりも、聖書の中には、より確かな真理が存在する(ニュートン
●聖書は単なる書物ではない。それに反対する全てのものを征服する力をもつ生き物である(ナポレオン)
●聖書は古いものでもなければ、新しいものでもない。聖書は永遠のものである(ルター)
●聖書はかつてこの世に存在した、あるいは存在するであろう書物の中で最高のものである(ディケンズ
●私は95人の現代の世界的偉人を知っているが、そのうちの87名は聖書を奉ずる者である(グラッドストーン
●聖書は、神が人間に賜った最も素晴らしい賜物である。人間にとって望ましいものは全て聖書に含まれている(リンカーン)

災害ボランティアにかけつける人々や誰も見ていないところでも喜んで力を提供できる者は既に<オンリー・ワン>を目指している人々と言えるでしょう。

「私がやらなくて、こんなこと誰がやれる!?」「私しかいない!こんな事ができるのは」「私だからこそできる!」

海外ニュースで感動的な話が報道されていました。産卵期を迎えたカエルが、どうしても車道を横断しなくてはなりません。しかし、横断途中で車にひかれてしまうカエルが続出している悲劇を知って、カエルを助け出そうとするボランティアが登場したという心温まる話です。おかげでカエルは無事に産卵できそうです。

この話に登場する人の名前も素顔も知りませんが、世界中に報道された事は確かです。
彼等は【この世の勢力:富・権威・名声】を得るために<ナンバー・ワン>を目指した訳ではなかったはずです。

ただ目の前の悲惨を見かねて、見返りなど求めず<オンリー・ワン>の自分を喜んで提供した行為と言えます。
そして、私を含めて世界中の人々に感動と勇気と希望をたっぷり詰め込んだ<贈り物>を与えてくれました。

●受けるよりも与える方が幸いである(使徒行伝20-35)
●何を与えるかということよりも、大切なのはどう与えるかということだ(ゲーテ
●愛に生きる者には翼がある。喜びに溢れて走り回り、自由で、どこにあっても束縛を知らない。
 自分に与えられる贈り物には目を留めず、すべての賜物を越えて、それを与えてくださる方に目を向ける(トマス・ア・ケンピス)

その時には世界で最も大切な<ナンバー・ワン>の喜びを手に入れたことでしょう!

●人に与えると言う事も多くの偉大な事柄と同じように、ただ実地の練習を通じて学ぶものである。しかし、一旦学んでしまえば、それは人生の最も大切な喜びの一つとなる(ヒルティ)

どんなに巨額の資金と大物スターと優秀なスタッフを使ったハリウッド超大作であっても、この感動的ストーリーをしのぐことはそう簡単には出来ないでしょう。

●Beautiful is that beautiful does.(美を為す者、すなわち美なり)(内村鑑三の紹介)
●大切なのはどれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです(マザー・テレサ

皆さんが【神の愛=主イエス】と【聖書】に育てられ導かれ、世界を舞台に<オンリー・ワン>の活躍をされることを心より応援しています!

●摂理と確かな知恵とは、私にある。私は分別であって、私には威力がある。  私によって、王たる者は世を治め、君主たちは正しい掟を定める。 君侯、自由人、正しい裁きを行う人は皆、私によって治める。私を愛する者を、私は愛する。私を熱心に捜す者は、私を見つける(箴言8-14~17)
●魂の喜びにまさる喜びなし。これによりて枯骨もなお芽をふく。この喜びを我が主は常に我らのために増したもう(ヒルティ)
●我々は何をなすべきか、またそれをいかに為すかについて決して無頓着であってはならない。
 いやむしろ我々は全ての勤勉と才能を真剣に活用しなくてはならない。
 ただし、野心や所有欲からではなくて義務感と神への愛から、それをしなければならない。
 そして、事の成否は神に委ねるべきである(ヒルティ)

ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)