【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

ALL for ONE, ONE for ALL

◇◇ ALL for ONE, ONE for ALL ◇◇
【2000年11月21日に作成した<第18回>に加筆】
2000年11月21日(火)21:15 NHK放映の「プロジェクトX」を観て

皆さんこんにちは!ご愛読に感謝します!

京都伏見工業のラグビー部の伝説をご存知でしょうか?
私は今日はじめてその感動的ドラマに涙しました。

それは、不信に満ちて荒廃しきったツッパリ高校に【善意・良心】を信じ望み愛する独りの<心の教師>が登場したことから、伝説は始まりました。

彼はラグビーで全日本代表選手にまでなった栄光に輝く実績をもつ教師でありながら、この場違いな環境のラグビー部の指導に派遣されてきたのです。

しかし、ここにも【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】の<計画>が示されていることが理解できます。

彼自身、幼い頃に母親を亡くして継母との関係にも苦しみ孤独を経験しまた、大学時代のラグビー部では
<新入生いじめ>に苦しみ中退します。それでも彼は全日本代表選手に見事に選ばれたのです。

彼の苦しみの経験は【ミッション:使命・天職】に通じる【試練:神の導き】であったと私には実感できます。
彼の経験は自分自身の成功だけのためではなかったからです!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

当時の京都伏見工業のラグビー部選手もまた家庭環境などにより、外見は<ツッパリ>でも、誰からも
期待も信頼もされていなかった結果の姿に過ぎませんでした。

彼等自身が本来の自己に目覚めるためには罰則・監視・強制的指導ではありませんでした。

たった独りの教師が、彼等の心の内に在る【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を信頼し望み、家族の一員のように受け入れて、大切に信頼して愛したことで救う事ができたのです!愛こそが最も貴き、最大の能力です!

●【最も貴きもの】
 富と糧とに優って貴きものは知識なり
 知識に優って貴きものは道徳なり
 道徳に優って貴きものは信仰なり
 信仰に優って貴きものは愛心なり(内村鑑三
●【最大の能力(内村鑑三)】
 確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
 これが世界を動かした力である。
 先ず我の無能を覚って、しかる後に神の大能に頼る、かくて自己は死して
 神、我にありて生きるに及んで、我は真個の勇者となる。
●【世界最大の者(内村鑑三)】
 知識をもって腕力に克つべし
 信仰をもって知識に克つべし
 愛をもって信仰に克つべし
 愛は進化の終局なり、最大の能力なり。
 愛に達して我らは世界最大の者となるなり。

彼等は自分を取り戻して、自分のためだけでなく、【チーム・スピリット&チーム・ワーク】として<for the TEAM>を目指せる<ALL for ONE, ONE for ALL>の【神の愛=隣人愛】を抱けるようになれたのです!

●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
●人間のうちに善をのばしてやり、彼らの心に善に対する愛好心を注ぎ込むことが必要である(ヒルティ)
●キリストの名によって、あなた方勧める。みな語ることを一つにし、お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい (コリント第1書1-10)
●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)

【神の愛=隣人愛】に再結集できた彼等は、自己に目覚めてから、わずか一年後には全国大会で優勝するまでの見事なチームになりました!たった独りからでも【神の愛=隣人愛】は必ず勝つ!素晴らしい証明ですね。

●善を行うに臆するなかれ。何故ならもしうむことなければ、我等時に至りて収穫できるから(ガラテヤ書6-9)

彼らは<ALL for ONE, ONE for ALL>の精神にあるラグビー競技を通じて「フェア・プレー」と【チーム・スピリット&チーム・ワーク】による素晴らしい勝利の栄冠を獲得しますが、それはまさに<競技の規定>であり、人生における<勝利の道>である【愛の十戒】を実践してみせたのだと私は実感します。

●競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ栄光は得られない(テモテ後書2-5)
●【愛の十戒(ロマ書12章9~21節)】
 ◆愛は偽りがあってはならない。悪を憎み退け、善には親しみ結び、兄弟の愛を持って互いにいつくしみ、進んで互いに尊敬し合いなさい。
 ◆熱心でうむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みを抱いて喜び、患難に耐え、常に祈りなさい。
 ◆貧しい聖徒を助け、努めて旅人をもてなしなさい。
 ◆あなた方を迫害する者を祝福しなさい。祝福して呪ってはいけない。
 ◆喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。
 ◆互いに思うことを一つにし、高ぶった思いを抱かず、かえって低い者たちと交わるがよい。自分が知者だと思いあがってはならない。
 ◆誰に対しても悪をもって悪に報いず、全ての人に対して善を図りなさい。
 ◆あなた方はできる限り全ての人と平和に過ごしなさい。
 ◆愛する者たちよ、自分で復讐しないで、むしろ神の怒りに任せなさい。何故なら、「主が言われる;復讐するは我にあり。私自身が報復する」と書いてあるからである。むしろ「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃え盛る炭を積む事になるのである」
◆悪に負けてはいけない。かえって善をもって悪に勝ちなさい。

卒業後、チームのある者は海外で大活躍して、またある者は教師となります。
【神の愛=隣人愛】はさらに成長し続けて、闇を光に変える<善循環>は世界へと広がり続けて行くのです!

●だから、あなた方は、力の限りを尽くして、信仰には徳を加え、徳には知識を、知識には節制を、節制には忍耐を、忍耐には敬神を、敬神には兄弟愛を、兄弟愛には博愛を加えなさい(ペテロ後書1-5~7)
●【愛の波動】(内村鑑三
 愛は波及す。延びて地の極みに達し世の終わりに至る。我も直ちに神に接し、その愛を我が心に受けて、地に愛の波動を起こさんかな。

皆さんも帰属する集団組織の中で<ALL for ONE, ONE for ALL><for the TEAM>の精神を啓蒙して、
【チーム・スピリット&チーム・ワーク】の勝利の栄冠を勝ち取ることで、勝利の規定である【愛の十戒】を体現して活躍されることを心より応援しています!

神の国はあなた方の内(間)にある(ルカ伝17‐21)⇔天国とはどこのことでもない、人が人を愛するところである(内村鑑三)
●弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。共に行って、あなた方のために、あなた方の敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなた方の神、主である(申命記20-3~4)
●私たちは、キリストによってこのような確信を神の前で抱いている。
 もちろん、独りで事を定める力や何かできるなどと思う資格が、自分にあるということではない。
 私たちの資格は神から与えられたものである。
 神は私たちに力を与えて、新しい契約に仕える者とされた。
 そして、文字【十戒】ではなく霊【聖霊】に仕える資格を与えてくださった。
 文字【十戒】は殺すが、霊【聖霊】は生かす(コリント後書3-4~6)

ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★