【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

≪多発勝負≫を喜ぶ【神の愛】!①

◇◇一発勝負でない【多発勝負】を目指そう!(その2)◇◇【2003年12月20日に作成した<第323回>に加筆】  ☆☆【神の力⇔チャンス】に導かれる生き方を考える ☆☆

★★【その1】のつづき★★

私たちは<自分の所有するもの>だけではなかなか満足できません。他人や世間と比較して劣っているものや不足しているものに注目して、本来の光り輝く【自分らしさ・オリジナリティ】を見失いがちです。

●人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない(吉田松陰) 
●君自身であれ!そうすれば世界は豊かで美しい!(ヘッセ)

動物の哺乳類の中で自由に空を飛べるのは唯一コウモリだけだというのは興味深い事実です。
【神の愛】から観るならば、自由に空を飛べるという他の哺乳類ににない素晴らしい【才能・恵み】を与えたからこそ、生活面では昼は活動できないという、他の動物よりも【不自由・不便】にして公平を保っているのかもしれませんね。

万事万物が完全無欠でないことこそ、<この世>が【自己愛】優先でなく、助け合って補いあって生きる【隣人愛】を優先して造られた【天然の摂理】だと思います。

●山家に住して漁業をうらやむなど最も愚なり。
 海には海の利あり、山には山の利あり。
 天命に安んじてその他を願うことなかれ(二宮尊徳

それと同時に、私たちに<自分の有するもの>である【タレント:個性・才能・可能性】を出し惜しみせず、失敗を恐れずに、最善発揮するよう挑戦しなさいという【神の啓示】にも受けとめられます。

世間や他人と比較して、自分の本当に優れた【タレント:個性・才能・可能性】に気づかず、目覚めずにいるということは、コウモリのように、洞窟の中や夜中の闇の世界だけで生きる【隠れた存在】となって、本来の素晴らしい可能性を最善発揮できない状態にあるのではないでしょうか。

●金銭を愛することをしないで、自分の持っているもので満足しなさい。
 主は『私は決してあなたを離れず、あなたを捨てない』と言われた(ヘブル書13-5)

【キリスト精神】はまさに「ハルウララ」のように世間的に「連戦連敗」する弱き者でも、自分が本当に勝負すべき【道:使命・天職】が必ずある!という【新思想】を与えてくれます。

●新思想とは;
  ★新鮮なる思想
  ★人に新希望を供する思想
  ★人に新生命を供する思想
  ★人に新計画を供する思想
  ★羽翼を張りて中天に翔(アガ}らんとする意欲を興す思想(内村鑑三

私たちは現実生活の様々な問題に直面して減滅したり、落ち込んで、最後には明日への勇気や希望を抱く気力すら失いかねません。そんな【どん底】にある時にこそ、【神の愛=主イエス】のことを是非とも思い出してください!

たとえ、昨日まで、どんなに連戦連敗であっても、今日も明日も≪多発勝負≫し続ければ、【神の愛=主イエス】は「恐れるな!」と私たちを励まし慰め助け導くことを私は確信しています!

●恐れてはならない、私はあなたと共にいる
 驚いてはならない、私はあなたの神である
 私はあなたを強くし、あなたを助け
 我が勝利の右の手をもって、あなたを支える(イザヤ書41‐10~14)
●世界の大偉業の大半は、「もはやこれで絶望か」と思われた時にも、
 なお仕事をやり続けた人々の手によって成し遂げられた(思想家カーネギー
●我々は、希望がひとかけらでも残っている限り、
 繰り返し、繰り返し挑戦して、絶対に、へこたれない(フィリピン独立の英雄ホセ・リサール)
●もしこの世の中で不可能な事を目指して粘り強くアタックしないようでは、およそ可能なことの達成も
 覚束(おぼつか)ないというのは、まったく正しく、あらゆる歴史上の経験がこれを証明している(マックス・ウェーバー

日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】や無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】の<源泉>は私たち自身にあるのではなく、【神の愛:神の力・神の生命】にある事を覚えておきましょう!

◆霊魂を復活させ、愚かなる者を智からしむる能力ある事実(詩篇19)
◆すべて信じる者を救わんとする神の大なる能力(ロマ書1-16)
神の国は言葉にあらず、能力に在り(コリント前書4-20)
◆大能をもって我が内に働くもの(コロサイ書1-29)
◆【神の生命】は心の内に【光】となって
 【新生命力】と【新活力】を加える【生活力(バイタリティ)】を提供する!
◆信仰により救われるのは、信仰により【この能力=生活力】を我らの能力と
 することができるからであり、死は【生活力】が欠乏してやって来る。
◆【キリスト教(キリスト精神)】は【神の大なる能力=神の生命=生活力】を豊かに供給して人を永遠にまで救わんとする、キリストなる【神の生命】をもって【不朽の生命】を与えんとするものである!

世間では一発勝負がもてはやされ連戦連勝が尊重されようとも、いつも元気で強健な人が世間の理想であろうとも、人徳が重んじられ善行が尊敬されるなら、そして、【この世の権威・富・名声】を享受できる者が勝利者とするならば私自身は世間的には間違いなく【大失格者・超落伍者】といえるでしょう。

世間的に見捨てられ、忘れられたような惨めな私自身であっても、大切な人生に挑戦し続けて善いのだと教えてくれるのは【神の愛=神の力】です!

●人に知られていないようで、認められ
 死にかかっているようで、生きており
 こらしめられているようで、殺されず
 悲しんでいるようで、常に喜んでおり
 貧しいようであるが、多くの人を富ませ
 何も持たざるようで、全てを持っている(コリント後書6-9~10)
●四方から患難にあっても、窮しない
 途方にくれても、行き詰まらない
 迫害にあっても、見捨てられない
 倒されても、滅びない (コリント前書4-8~9)

いつまでも【マン・ツー・マン】の懇切丁寧な【チャンス】を何度も与え続けて、本当に目指すべき【道:使命・天職】を発見できるまで見守ってくれる存在が【神の愛=神の力】だと私は実感します。ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
●後のものを忘れ、前のものに向かって体を伸ばしつつ、目標を目指して走りキリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与(栄光)を得ようと努めている(ピリピ書3-13~14)
●罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三
●汝ら前に進まんのみ(内村鑑三出エジプト記14-15)
 前に進まんのみ、餓死を恐れず、単独を恐れず、失敗を恐れず、破滅を恐れず、前に進まんのみ
●私はあなた方の年老いるまで変わらず、白髪となるまであなた方を持ち運ぶ。私は造ったゆえ、必ず負い、持ち運び、かつ救う(イザヤ書46‐4)
●あなたが右に行き、あるいは左に行くとき、そのうしろで「これが道だ、これに歩め」という言葉を耳に聞く(イザヤ書30‐21)
●思案したり、心配したりせずに、祈りかつ働くことが、どんな困難な状況にあっても、正しいやり方である(ヒルティ)

私たちには万策尽きて、もはや解決不能な問題でも、全知全能の【神の愛】なら万全な【最善の策】に導いてくれる事を信じましょう!

●あなたの憂いをすべて主にゆだねよ。主はあなたに代わり配慮される。
 あなたの家族のための憂いを、われらの信ずる主にゆだねよ

 あなたはいたずらに策を案じ考えるだけだ。しかし、主には行く道と将来が開かれる
 主は心配を嫌うが、あなたが捧げる天に向かっての祈りは喜んで聞きたまう。
 あなたがやっと一つの策を立てる間に、主は千もの策を持っていられる。

 なにびとも勝手気ままに、あなたを害する事のないように、主はあなたへの恵みの為に
 みんなの心を小川のように導かれる。

 主の御手から苦しみも喜びも安んじて受け、ひるんではならない。
 主はあなたの運命をすぐにも変えられる。しかし、それを悪くするのは、あなたの嘆きだ。

 いたずらにあなたを苦しめるために、苦しみが与えられたのではない。
 信じなさい、まことの生命は、悲しみの日に植えられることを(ヒルティ)
●「すべてを神に」(ヒルティ)
ときおり勇気がくじけようとも
かたく、かたく神に頼れ、わが心よ
自分の勇気でなしとげたものは何一つない
おのが勇気をたのむな
そうすれば、おまえの一生の道は転じて
みめぐみが注ぎはじめる
そうすれば、主の力はいやまさり
もはや古きおまえではない
おまえの姿の中で、主がはたらかれ
闇と光
人間とキリストとが
ぶっつかり合うことはない 

混迷波乱の現代日本も世界もいよいよ【大転換期(マクロシフト)】を迎えようとしています。

【神の愛=主イエス】に信頼して、一発勝負でなく、私たちの【真価・真骨頂】を最善発揮できる【多発勝負】の【チャンス】が与えられて、皆さんが社会の各分野で光り輝き活躍される事を心より応援しています!

●自分の意志をまったく神にゆだねて、ひたすら神の道具でありたいと思う人は不思議に、どんな祈りも聞き届けられる。そういう人はただ願い求めればよいのだ。そうすると憂いも怖れもなく、至福の状態で、あらゆる困難を切り抜け、生涯の日々をすべての人々とまじって生きて行くことができる(タウラー)
●(キリストの声)信心を得るという聖い恵みを切に要(モト)め、願いに満ちて追求し、辛抱づよく信依しながら待望し、感謝して受け、つつましく保持し、つとめてこれによって働いて、天上の恵みの来る時と、その様相とは、それが来るまで神に委ねまつるべきである(トマス・ア・ケンピス)
●偏見に立ち向かう戦いがすみやかに成功できないのは当然のことなのだ。
 だが、われわれは、日常の生活の中のあらゆる機会をつかまえて真実を表現していくことで、
 ゆっくりとではあっても成功を勝ち取っていくことはできる(アインシュタイン

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with you.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)