【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

挑戦の秘訣⇔<応援の祈り>!

◇◇ ≪一日一生≫可能性にチャレンジ!⇔<応援の祈り>でパワーアップ! ◇◇
【2001年4月17日に作成した<第105回>に加筆】

●一日一生(内村鑑三

皆さんこんにちは。そしてご愛読に感謝します。

最近、大リーグで活躍する新庄氏が話題です。日本野球界での実績や評論家の多くの予想とはかけ離れた
好成績だからです。

彼のチャレンジを無謀と評したり、金銭よりも夢を追いかけたことへの「ねたみ」にも近い否定的で懐疑的意見が多くありました。

彼にとっては、今後の【ミッション:使命・天職】に通じるチャレンジへの【試練】と言えます。前回お話したように、チャレンジを決断した時には;

◆家族・身内の犠牲があること
◆世間的評価(富・名声)が期待できないこと
◆安全な道には見えないこと

でありました。しかし、それは<一時的試練>でしかなく、今では彼だけでなく日米のチャレンジを望んでいる全ての人々へ勇気と希望を与えてくれる<ヒーロー>であり【福音】となるほどに高い評価と賛同を得ています。

ここで学ぶべき事は、誰でも過去の実績や周囲の否定的評価に惑わされて、未知の可能性を信じたチャレンジをあきらめてはいけないということです。

さらに重要な事は、もし、周囲でチャレンジをしようとする人がいたら、決して否定的にならずに、独りだけでも応援し支援してあげることです。

「You can do it!君ならできる!やればできる!」「I trust you!大丈夫!君を信じているよ!」

●<誠実の奨励>(内村鑑三
すべてのまじめなる企図を助けよ。
その策の拙なるがためにこれをあざけるなかれ。これを導くに奨励の言をもってせよ。
単に危惧の注意を与えて、その熱心を阻むなかれ。もし慰癒の提すべきなくば、
口をつぐんで語るなかれ。
今や批評家と称する、勇心、善行の冷却者多し。吾人は彼らの群れを避けて、
厳格にして慈悲深き奨励者たらんことを努むべきなり

ハマコーで有名な元国会議員の浜田幸一氏は語っています。

  「日本人には過去の失敗からのやり直しを認めてくれない気質がある」

彼は若かりし頃は不良青年でヤクザ的人生を歩んでいたそうですが、母親の愛情と熱意によって「生まれ変わる」事を決意して地元県会議員に立候補するチャレンジをして、見事に当選してそこから、苦労しながら42歳で国会議員になり、30年間務めたそうです。

当初は彼の信用ではなく、母親の献身的犠牲の上の信用であったそうです。国会議員時代でも、彼は常に陰で元ヤクザということをささやかれ続けたそうです。

人生をやり直したいとか、生まれ変わりたいという願望は、とりもなおさず自己や【隣人・社会】未知なる未実現の可能性にチャレンジすることと言えます。従って、その意欲や願望は【神の愛=主イエス】も望み喜ばれる道です!

●魂の喜びにまさる喜びなし。これによりて枯骨もなお芽をふく。この喜びを我が主は常に我らのために増したもう(ヒルティ)

マザー・テレサは世界中を訪問する際に出会う人々に常に語っていたことを思い出します。
マザーに出会うの人の中には恐縮して次のように問いかけます。

「私はマザーのために何をしたら良いでしょうか?」

するとマザーはどんな人にも同じように答えるそうです。

「私のために祈っていて下さい」

私自身の体験からも、そして可能性や生まれ変わりへのチャレンジに成功した多くの人々に共通している事は、常に彼ら挑戦者のために心から成功を祈る【隣人・社会】が存在していると言う事です。

新庄氏には熱狂的な応援団・支援者が存在します。彼ら応援支援する人々は、常にどんな時でも新庄氏の
可能性を信じ、彼の熱意を信頼していました。成功を自分自身のように心から祈願していたはずです。
だからこそ、新庄氏もチャレンジへの勇気と希望を抱き続ける事ができたのだと思います。

元ヤクザの教会牧師・伝道者集団の【ミッション・バラバ】においても同じです。今度、彼らの実話が映画化されて「カンヌ映画祭」でも上映されるようですが、彼らが人生をやり直して生まれ変われたのは、彼ら自身の努力だけではなかったと彼らは告白しています。

彼らを救ったのは、彼らの妻の信仰と祈りであったからです。家族が献身的に祈り願ったからこそ、時にかなって、あの見事な【【ミッション・バラバ】という【神の愛の奇蹟】による【福音】が日本に生まれたのです。

アメリカはどんなに荒廃して腐敗堕落しても、やり直して再生できる可能性があると私は信じます。そして、アメリカの魅力はそこにあるとも言えます。

何故、アメリカは夢にチャレンジしやすく、再生復興の精神に満ちているのでしょうか。
それは、常に平和・自由・正義・愛を祈っている人がたくさん存在するからだと思います。

プロスポーツ選手は試合中に神に祈ります。政治家も芸能人も社会の表舞台に立つ人々は【隣人・社会】のために、《あいさつ》のように自然に祈ってくれます。

 「God Bless you!:あなたに神のご加護(祝福)がありますように!」

何気ない一人ひとりの日常の小さく思える、この<祈りの習慣>が、国民全体が行っていれば、計り知れぬ驚くべき【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と【バイタリティ:生活力=生命力+活力】を与え続けていることを私は信じます!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●主を喜ぶことはあなた方の力である(ネヘミヤ記8-10)
●神の愛は無限なり、かれの時もまた、無限なり。無限の愛を行うに無限の時をもってす(内村鑑三
●私たちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた(ヨハネ伝1-16)

日本にも、とても素晴らしい言葉をかけ合う習慣が存在します。この言葉はザビエルが来日した時に「神があなたを愛しています!」に見合う言葉として使ったそうです。

 それは 「お大事に!お大切に!」です。

誰かのために祈りを捧げている習慣があるところには、常に【神の愛=隣人愛】の思いやりと【感謝の心】もまた満ちているといえるでしょう。

アメリカでは常に至る場所で、見知らぬ人同士でも気軽に声を掛け合えます。誰にとっても一日一生の素晴らしい人生を過ごせるように励まし祈りあう習慣を身に着けると、自分も【隣人・社会】も<パワー・アップ>されます!

 「Have a nice day!(素晴らしい一日を過ごせますように!)」「 You,too!(君もね!)」

●何でも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう(マルコ11-24)

誰かに励まされながら、皆さんが日々新たに人生をやり直したり、生まれ変わったり、可能性にチャレンジする時には、同時に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】によって【隣人・社会】を励ますことで活躍されることを心より応援しています!

●神は、キリスト・イエスにおいて私たちが賜わった慈愛による、限りなく優れた豊かな、神の御恵みの絶大なる富を、来るべき世々に現そうとされた。事実、あなた方は、恵みにより、信仰によって救われた。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物である(エペソ書2-7~8)

それでは、皆さんもお大事に!そしてご愛読に感謝します!素晴らしい人生をお過ごし下さい!

ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン