【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

一人得しないが一人損もしない制度

◇◇ 一人得はしないが一人損もしない制度 ◇◇
【2001年3月18日に作成した<第84回>に加筆】
記者クラブ制度によるマスコミ報道に見る日本的風土

皆さんこんにちは。そしてご愛読に感謝します。

現在、マスコミに対する政治的規制が法案化されようとしていて、マスコミ界でも様々な議論が盛んとなっているようです。

中でも、記者クラブ制度はマスコミの横並び報道の要因となっているために、今後のマスコミ自己改革の目玉であるようです。

新聞の記事の70パーセントは行政・官僚からの情報で作られていると聞きます。
その情報は全て、各種の記者クラブ経由で知らされているそうです。記者クラブに加入していないマスメディアは一切の情報を得る事はできないような慣習がマスコミ界には定着しているそうです。

それは、各社の経営においても好都合のようです。どこか一社だけがスクープによって得をしないために、または独り勝ちを許さないために共同記者会見にして情報を共有して、自社だけが独り損だけはしない仕組みだからです。

従って、どの新聞を読んでも、TVチャンネルを回しても、一切が同じような<横並び報道>となっています。

この事は、あくまでも日本的であって、世界の常識ではないようです。

例えば、興味深い話があります。「噂の真相」というアングラ的雑誌で森首相の過去の犯罪歴についてのスキャンダルを暴露して、現在では訴訟問題にまでなった独占記事があります。

日本のマスコミ報道は、その記事をそのままコピーして、横並び的な報道をしました。各紙とも独自の判断による取材はなかったようです。

しかし、米国の新聞は扱いが異なったそうです。

ワシントン・ポストの記者が先ず「噂の真相」に直接インタビューしてきたそうです。その後に、ウォール・ストリート・ジャーナルの記者も来たのですが、ワシントン・ポストの記者が来た事を話したところ、何を取材したかをしつこく聞いたそうです。

それは、ウォール・ストリート・ジャーナルの威信をかけて、他紙と同じ内容の記事は載せないためだと教えてくれたそうです。

さて、このような違いがあるのには、何のために他者と競争するかと言う事ではないでしょうか。

欧米では、他者とは異なることを目指して、<独自性・個性>を尊重する事が生き残りをかけた競争原理であると言う事です。

似たりよったりの内容では存在自体が顧客・利用者・受益者から否定されるからと言えるでしょう。

ご存知のように、米国では各紙・各テレビ局は各自の意見・支持政党などを明確にしています。番組内容についてもテレビ局自体が<成人向け番組>などの評価基準を明示しています。

日本のあいまいで仲間意識が強く、事前調整・談合的な報道姿勢では、これからの情報公開と多様化と寛容の【多チャンネル化社会】を目指したければ、閉鎖的記者クラブ制度などは、到底対応できないために、やがては解散するしかないでしょう。

記者クラブ制度は単にマスコミ界だけの常識ではなく、他のあらゆる分野でも見られる日本的慣習であるといえるでしょう。

【神の愛】が喜ばれる<個性・独自性>をお互いに目指す競争社会が来れば、私たちはもっと楽しく、活き活きとのびのびと人生を送る事が出来るようになるはずです。

●神が私たちに求め給うのは、私たちと共にいますこと、神に心を寄せる者を見出して、その心を神みずからの霊によってさらに育て、かつ、生き生きとさせること、これ以外の何ものでもない(ヒルティ)
●われわれの力がどんなに小さくとも、また、われわれが世界のどの一隅に属していようと、われわれ個人は全人類を理解する意識の力を増大させるよう自分自身に要求する(タゴール

それこそが、IT革命の効用であり、メディアの<多チャンネル化>の目的であるべきだと私は考えます。

●みんな違ってみんないい(金子みすず
●霊の賜物は種々あるが、御霊は同じである。
 務めは種々あるが、主は同じである
 働きは種々あるが、すべてのものの中に働いてすべてのことを
 なさる神は、同じである (コリント前書13-4~6)

ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★