【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛=隣人愛】は勇気の基底!

◇◇ 愛は勇気の基底 ◇◇【2001年6月22日に作成した<第152回>より】 

●愛は勇気の基底なり。人の善を念(オモ)うて後にわれらはその人に対して大胆に何事もなしうるなり(内村鑑三

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

【愛】さえ失わなければ、時にかなって必ず喜びと幸福の道に通じる事を私は信じています。

ずっと以前にテレビ番組で紹介された感動的な話を思い出します。それは、阪神大震災の時に起こった愛と勇気の奇蹟です。

主人公はダンプを運転する女性です。彼女は当時二歳の息子を抱えて彼女がダンプの運転で生計を立てる母子家庭でした。深夜運転の時にはいつも息子を助手席に連れての仕事でした。そして、あの地震の大惨事の早朝も同じように親子一緒にダンプにいたのです。

彼女は地震発生の直前に息子の様子を見ようとして路肩に車を止めたそうです。その直後に恐ろしい光景を目にします。彼女が運転していた道路は上を走っていた高速道路の下敷きになっていたのです。

彼女親子は間一髪で命を救われたのです。しかし、助手席で眠っていた息子には、頭部へのダメージがあって明らかに具合が悪い状態でした。彼女は息子を直ぐに病院に連れて行かなくてはなりません。しかし、現場は悲惨でした。たちまち多くの人々がダンプに駆け寄ってきて助けを求めてきました。

彼女は彼等の為にダンプを使って物資や人々を運ぶ手伝いをすることになります。最愛なる息子を病院に連れて行くことよりも、先ずは目の前で苦しむ彼等を見殺しにはできなかったからです。

そんな彼女の決断を神様は絶対に見捨てるはずはありません。この究極の選択である【試練:神の導き】こそが彼女のそれまでのダンプ運転手の人生と決別して、新たな【ミッション:使命・天職】に導かれた決定的瞬間だったのです。彼女の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の圧倒的勝利でした!

●いたずらにあなたを苦しめるために苦難が与えられるのではない。信じなさい。まことの生命は悲しみの日に植えられていることを(ヒルティ)
●人は表面のことを見るが、神は心中を見られる。人は行いを考察するが、神は意図をおもんばかられる(内村鑑三
●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは我々を普通の卑近な意味で幸福にすることではない。むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行いをすすんでしようとする人、一言でいえば、英雄的な人にするためである(ヒルティ)

彼女はダンプを使って被災地を巡りながら救援活動に懸命に努めます。もはや息子の心配など忘れてしまうほどに、悲惨と恐怖に逃げ惑う人々を彼女は励まし続けます。

彼女はようやく少しだけ落ち着いた時に、初めて息子の様態が悪かった事を思い出します。息子の頭部は腫れ上がり顔は青ざめていました。

彼女は人の世話に懸命すぎて最愛の息子を置き去りにしていたのです。彼女はじっと我慢し続けていた息子に申し訳なく思います。直ぐに新鮮な水を手に入れて息子に飲ましてあげたいと心から願います。しかし、震災直後の現場で新鮮な水など簡単に手に入れることは不可能に近いことです。

そんな途方に暮れている彼女のところに、静かに一人の女性が近づいて来て、新鮮な水を提供してくれたのです!
彼女が懸命になって人助けをしている姿を見ていたのでしょうか、それとも本当は<神の使い>かもしれませんね。

息子は水を飲むと少し元気を取り戻したようです。彼女には希望が持てました。すぐに病院に息子を連れて行ったところ、息子の様態は幸い打撲だけで助かったのです。

彼女はテレビ番組の中で語ってくれました。

 「あの時、私に水を提供してくれた見知らぬ女性の親切を忘れる事が出来ません。」

この日の行動だけでも十分素晴らしい【隣人愛】の実践でほめたたえるべき事ですが、彼女のチャレンジはまだ始まったばかりでした。

彼女は幸い被害を免れた自宅で、被災地を報道するテレビを見ていて、そこで苦しみ嘆き悲しみ途方に暮れている人々を目にします。彼女は自分だけが安全な自宅で、じっとしていられませんでした。

 「私も彼等のために救援に行こう!」と彼女は決心するのです。

再びダンプを使って被災地に物資を提供するボランティア活動をたった一人ではじめるのでした。

何と勇気ある行動でしょう。彼女には間一髪で救われた自己体験と自分自身も一人の女性に救われたことへの【報恩感謝】の気持ちからの自発的行動でした。まさに【神の愛=主イエス】が喜ぶ<愛と自由の戦士>です!

●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをなしなさい(ペテロ第1書5-2)
●あなた方が召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい(ガラテヤ書5‐13)
●自由人にふさわしく行動しなさい。ただし、自由をば悪を行う口実として用いず神の僕にふさわしく行動しなさい(ペテロ第1書2‐16)

彼女たった独りの支援活動は段々エスカレートして行きました。行政や民間企業に頼っても直ぐに動いてくれないので、ヘリコプターを自ら手配するなどして、彼女は息子との生活のために、それまでダンプ運転の仕事で稼いで貯金していた800万円をすっかり投じてしまうのです。

さらに、母親にまでお金を貸してくれるように相談します。彼女の母親もまた立派な人でした。そんな娘の無謀とも思える願いを喜んで承諾したのです。

しかし、神様はそんな彼女の無謀とも思える自力に頼りすぎた努力にストップをかけてくれました。
彼女は毎日の荷物運びで疲れ果てていて遂に腰を痛めて入院する事になったのです。
私には、神様が「もう十分だから休みなさい」という<愛の導き>であったと信じます。

●失敗は方針を転ぜよとの神の命である。我等は失敗を重ねて神の定め給いにし天職につくのである(内村鑑三
●神はあなた方にあらゆる恵みを豊かに与え、あなた方を常にすべてのことに満ち足らせすべての良いわざに富ませる力ある方なのである(コリント後書9-8)

彼女は数ヶ月の入院生活で独力で頑張り尽くした救援活動から解放されます。

ところが、彼女の懸命な活躍がマスコミで報道されるようになると、やっかみ・嫉妬心・ねたみによる「偽善者・売名行為」と決めつける嫌がらせの手紙が病院に送られてくるようになるのです。せっかくの休息のひとときが、彼女にとっては苦難の日々となります。

●苦痛の極みは善をなさんと努めつつあるときに、人に悪しく思われることなり(内村鑑三

やがて、時が経過する内に、そんなつまらない手紙は次第に消え去り、それに代わって、感謝やお礼の手紙が続々と届くようになるのです。彼女に援助してもらった多くの人々からの心からの<愛のメッセージ>でした。

彼女は再び<愛と自由の戦士>として勇気と希望を取り戻します!

彼女のその後は、独り立ちあがって行政や民間組織よりもいち早く救援した功績が全国に知られ、その講演活動で生活できるようになるのです。

もう深夜息子を連れての過酷なダンプ運転生活をせずに済むようになったのです。そして、神戸では英語の教科書の教材に使われるほどになったそうです。

彼女自身の計画では、お金を稼いだら息子の為にもなるべく早い内に危険なダンプ運転の仕事を止めて別の生活を望んでいたのだと思います。

少なくともダンプ運転が【ミッション:使命・天職】でないと言う事だけは判っていたはずです。しかし、彼女にはどうすれば<新たな道>が開けるか、その手段も判らずに悩み続けていたのでしょう。神様はそんな彼女を時にかなって彼女の【ミッション:使命・天職】に導いたのだと私は確信します!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●私は自分が何を欲しないかを知っている。しかし、何を欲するかは、まだ知らない。
 それは、必要になったときにはじめて分かるだろう(クロムウエル)
●神様のなされることは皆その時にかなって美しい(伝道の書3-11)

自分のためでなく息子のためを思って、心から祈る願いは、【神の愛=主イエス】に聞き届けられたのだと私は信じます。
誰もが喜べて感動できる素晴らしい【神の愛=隣人愛】と勇気と希望の<成果>が生まれたことで証明されています!

●【真の霊の結ぶ果実:ガラテヤ書5-22)】
 仁愛・喜楽・平和・忍耐(寛容)・慈悲(仁慈)・善良・忠信・温柔・節制
●神があなたを遠ざける喜びよりもあなたを神(愛)へと駆り立てる苦難のほうを好むようになるならば、あなたは正しい道にいるのである(ヒルティ)

私たちにも【神の愛=主イエス】から突然に<出番>が与えられる時のために、常に<スタンバイOK>しておきましょう!
<出番>の準備の為に、【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従った【ビジョン:理想・夢・志】を大切に守り育てましょう!

●全ての守るべき物よりもまさりて、汝の心を守れ、そは生命の流れこれより出づればなり。力の限り見張って、あなたの心を見守れ。命の泉はこれから沸くから(箴言4‐23)
●神はその御心にかなうことを祈るように、自ら私たちを呼び覚まされます。しかし、このように神から賜った祈りと善き意志であるのに、それに対して神は私たちに限りない報いを授けられます(聖女ノルヴィッチのジュリアナ)
●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三

皆さんが【神の愛=隣人愛】を基底とした勇敢な<愛と自由の戦士>となって活躍されることを心より応援しています!

●【トマス・ア・ケンピスの名言・格言】
★愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる。
★不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、許されていると考えるからである。
★愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば、力尽きて倒れる場合にも多くの事を成し遂げ功を奏させる。
★イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。愛は常に向上を欲していかなる、いと低い事物によっても引き停められることを望まない。
●神に従う者のためには光を、心の直ぐな者のためには喜びを、種まいてくださる。
 神に従う人よ、主にあって喜び祝え。聖なる御名に感謝をささげよ(詩篇97ー11~12)
●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え新しくされる。主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)