【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】の【同労者・畑・建物】①

◇◇神の同労者、神の畑、神の建物(その1)◇◇
【2002年6月11日に作成した<第253回>に加筆】<改訂版・再掲載>
2002年3月30日(土)22:00TV東京「美の巨人たちマティス
     6月9日(日)14:00NHK教育「心の時代:いのちの不思議」を観て

●私たちは神の同労者である。あなた方は神の畑であり、神の建物である(コリント前書3-9)

【聖書の御言葉】には素晴らしい【福音】があります。私たちは【神の愛=隣人愛】を強め広めることにおいては、【神の愛=主イエス】と協働の【【同労者:創造者】となることができ、自らの精神で産み出せる【畑:知恵と能力】を与えられ、我が心身は【神の愛=隣人愛】を【光】として放つことのできる【建物:教会】でもあるということです。

●光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせる(エペソ書5‐9)

そして、この【神の愛=隣人愛】を創造して、産み育て、世に放つという、素晴らしい【賜物:無償ギフト・神恵】を最善発揮できることが、【キリスト者】における【自主独立:自由・独立】であると思います。

●キリストによりてのみ真正の自由と独立とあり。そは彼は霊魂の自由を与える者なればなり(内村鑑三
●独立とは必ずしも他の援助を絶つということではなく、自己の有する全ての実力を活用する事をいうのである(内村鑑三

【神の愛=隣人愛】の【種】である私たちの【ビジョン:理想・夢・志】は、無から有を産み出せる【我が畑】で育てて、【我が心の教会】を最善発揮する【世の光・光の子】になって、【隣人・社会】を【神の愛=主イエス】で輝かせて明るく元気にさせしましょう!

●正しい者の道は夜明けの光のようだ。いよいよ輝きを増して真昼となる(箴言4‐18)
●あなた方は以前は闇であったが、今は主にあって光となっている。光の子らしく歩きなさい(エペソ書5-8)
●光の子らしく歩きなさい。光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである(エペソ書5‐8~9)
●あなた方が私から学んだこと、受けたこと、聞いたこと、見たことは、これを実行しなさい。そうすれば、平和の神があなた方と共にいて下さる(ピリピ書4-9)

私たち各自には、特有の【畑】と【建物(教会)】にピッタリ合った【神の愛=隣人愛】の【結晶】を産出し育てるために最適な【ビジョン:理想・夢・志】が与えられて、実現させるために必要な【タレント:個性・才能・可能性】も備えられ人生目的・存在意義である【ミッション:使命・天職】として、【神の愛=主イエス】から託されていることに感謝します!

●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な真実の力は神のものであtって、人間のものではないからである(ヒルティ)
●我等は神に造られたる者にして、神のあらかじめ備え給いし善き業に歩むべくキリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、私たちから出たものでないことが、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
●主は人の一歩一歩を定め、主は御旨にかなう道を備え、その行く道を喜ばれる。
 人は倒れても、まっさかさまに倒されはしない。全く打ち捨てられることもない。主がその手を助け支えられるからである。若いときにも老いた今も、わたしは見ていない。主に従う人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請い歩くのを見たことがない。(詩篇37-23~25)

そして、私たち各自を【ミッション:使命・天職】に導き自覚させ従事できるためにと、【天の父】は私たちに時には厳しい【試練】を【神愛の特訓:オーディション&リハーサル】として与えてくれるのだと思います。

●我が子よ、
 主の訓練を軽んじてはならない
 主の叱責をいとうな
 父がかわいがる子をしかるように
 主は愛する者をしかる(箴言3‐11~12、ヘブル書12‐5~6)
●あなた方は訓練として耐え忍びなさい。神はあなた方を、子として扱っておられるのである。いったい父に訓練されない
 子があろうか(ヘブル書12‐7)

この場で紹介してきた人々の多くもまた、【神の愛=主イエス】の厳しい【神愛の特訓:オーディション&リハーサル】を試練として乗り越えて、見事に召命されて【ミッション:使命・天職】に活躍できたのだと思います。

先日テレビで紹介されていた画家マティスの場合も【神愛の特訓:オーディション&リハーサル】があったからだと私には感じます。

マティスの親は息子マティスが堅実な生活を望んでいました。そこで親の望みにかなうためにと法律事務所に勤務しますが、21歳の時に長期入院してしまいます。

そこで、母親が病床にあるマティスを慰めるために、絵の具道具を与えたことが【ミッション:使命・天職】に導かれるきっかけとなったそうです。

身動きが取れない不自由な病床という<人生のどん底><最悪の状況>で、本当の自分の望みである<最善の道>の【ミッション:画家の道】を発見できた事は感動的であり、私たちにも励ましと勇気と希望が与えられます。

●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが、魂の父は、私たちの益のために、そのきよさに預からせるためにそうされるのである (ヘブル書12‐10)
●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に平安な義の実を結ばせるようになる(ヘブル書12‐11)

まさしく、【神愛の特訓:オーディション&リハーサル】とは<アメージング・グレイス(驚くばかりの余りある恵み)>です!ハレルヤ!

●試練と祝福は密接に関連している(ヒルティ) 
●患難のための恩恵にあらず、恩恵のための患難なり。患難は手段にして恩恵は目的なり(内村鑑三
●あなた方は耐え忍ぶことによって、自分の魂を勝ち取りなさい(ルカ伝21‐19)
●患難はすべて身の患難にして霊の幸福である(内村鑑三

マティスは独自のスタイルを見出すまでに紆余曲折がありました。それは、彼でなければ他の誰も替わりのできない色彩に対する好奇心と探求心ゆえの苦難でありました。

病院生活のおかげで絵画に目覚めたマティスは、先ずパリ留学を目指します。古典的画風を学ぶために入学希望しますが、推薦状のない彼は拒否されます。学校の前で訴え続けた彼の熱意は有名画家であるモロー教授に見出されます。

マティスはとても生真面目で「ドイツ人の教授」とあだ名されるほどでした。古典絵画を模写するマティスの画風に「君は絵を単純化する才能がある」とモロー教授に見出されたことから、彼のもとで五年間学びます。

その後、マティス自身が「最も影響を受けた画家」と評する印象派セザンヌの<キャンパスに本質的なものを描く精神>に憧れ傾倒するようになります。

「絵画とは何か?」について無名のマティスが探求し始めるきっかけとなります。

さらに、点描画で有名な新印象主義のスーラに出会い、光を科学的に分析して色を混ぜ合わせない絵画手法を知ったことで、マティスは再び悩みます。

そして、ゴーギャンの画風に出会い、「フォービズム(野獣的)」の冒険である、自由に色を選び輪郭にとらわれない実験にも3年間取り組みます。

彼は常に満足せず、世間的にはきわめて苦痛に満ちた探求生活であったようです。
しかし、彼自身は常に「始まりの始まり」として勇敢にチャレンジし続けます。それこそが、後世の絵画に影響を与えるほどの彼の【ミッション:使命・天職】そのものであったからです。

●汝の道を進め、人々をしてその言うにまかせよ(ダンテ)
●あらゆる存在は、その特性に従って自己を発展させ自己を実現する生まれつきの衝動を自分のうちに持っている(ヒルティ)

マティスは出し惜しみせずに、存分に自己の【畑】を耕して、多くの作物を産み、様々な【建物】を創り続けることを目指したので【神の愛=主イエス】に喜ばれ祝福された人だと感じます。

●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをしなさい(ペテロ前書5-2)
●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
●主は、すべての人々に分に応じて知恵を与え、主を愛する者には惜しみなくそれを与えられた。〔主を愛することこそ、輝かしい知恵。主は、御自分を示すために、知恵を分け与え、こうして彼らは主を見るようになる。〕(シラ書〔集会の書〕1-10)


★★【その2】につづく★★