【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

肉体&霊魂を数える【神の愛】!②

◇◇【肉体:生命】と【心:霊魂】を救えるのは誰か?(その2)◇◇
【2003年7月13日に作成した<第309回>に加筆】<改訂版・再掲載>

★★【その1】のつづき★★

「進化論」は【現実的不可能】な【ビジョン:理想・夢・志】直視であり、たとえ現時点では弱者・少数派で敗北の状況でも、常に【ネバー・ギブ・アップ】精神で未来を信じ望み、【ビジョン:理想・夢・志】実現だけを【祈り願う】ことが【生きる証明】だと主張しているように感じます。

●天は自ら助ける者を助く(スマイルズ

しかも単なる【目先の願い事】などではありません。もし本当にサルが人間を目指すとすれば、自然界では不可能で無謀で愚かと思われるでしょう。

しかし、崇高な【ビジョン:理想・夢・志】を抱く【ノーブル(高気の品性)】であり、壮大な未知なる可能性へのチャレンジならば【神の愛=主イエス】は喜ばれ祝福されるに違いありません。

●神その童子の声をききたまう(創世記21-17)
●魂の喜びにまさる喜びなし。これによりて枯骨もなお芽をふく。この喜びを我が主は常に我らのために増したもう(ヒルティ)

「進化論」では偶然とか突然変異で進化してきたと述べられていますが、当然です。
何故なら、私たちは誰も【神の愛の存在】を科学的に証明する事はできないからです。

●神を見た者は、まだ独りもいない(ヨハネ第一書4‐12)

天然現象の科学的考察では偶然とか突然変異としか説明できなくても、心霊界の出来事としては、まさに【神の愛】の導きによる【神愛の奇蹟】といえるでしょう。

●愛は神の霊としてこの世に満ちみちている(ヒルティ)
●【ロマ書11‐36】
 ◆万物は、神より出で、神によって成り、神に帰する。栄光がとこしえに神にあるように、アーメン。
 ◆すべては、神から、神によって、神のために存在する。神に世々に光栄があるように、アーメン。
 ◆すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっている。栄光が永遠に神にありますように、アーメン。

【聖書・イエスの生涯と教え】には興味深い「裁判官のたとえ話(ルカ伝18‐1~8)」があります。どんなに傷つき心病んで気を落としていても、「いつも祈り願いなさい」という「進化論」にも通じる【心構え】を伝えてくれたのです。

ある町に神をも恐れず、人を人とも思わないような厳しい裁判官がいました。
同じ町には、毎日毎日【直訴】し続ける一人のやもめの婦人がいたのです。
愛も正義も無い裁判官でも、毎日毎日【懇願】され続けるのでうんざりします。
これ以上関わらず悩まされないために、仕方なく聞き入れ裁判を行なうのです。

無信仰で非人道的な愛の無い裁判官でも、祈り願い訴え続ければ聞き入れるのです。

まして、【天の父】の【神の愛】は、どんな【祈り願い】でも聞き入れられるという【主イエス】自身の明快な証言です。

●この不義な裁判官の言っていることを聞いたか。まして、神は、日々叫び求める選民のために、正しい裁きをしてくださらずに、長い間そのままにしておかれることがあろうか。あなた方に言っておく。神はすみやかにさばいてくださるであろう(ルカ伝18‐6~8)

現在、世間で起きている悲劇を観るならば、医者を責めたり、警察を疑ったり、社会の悪徳腐敗を恨み失望して怒り嘆くことばかりでしょう。

しかし、【愛の冷却】にある今だからこそ、【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を忘れないで行ないましょう!
必ずや【神の愛=主イエス】に聞き届けられていることを信じましょう!

●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。そうすれば、そのとおりになるであろう(マルコ伝11‐24)
●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦
●真の祈りはただの祈りではない。一種の預言である。即ち必ず成就すべき事を前もって語に表することである(内村鑑三

絶望や不信や怒りや憎悪に満ちていても、【主の祈り】を独り静かに唱えれば、【神の愛=主イエス】は喜ばれて無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で私たちの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワー・アップ>させてくれることを実感できます!

■【主の祈り】(マタイ伝6-9~13、ルカ伝11-2~4)
 天に在(マ)します我等の父よ
 願わくは聖名(ミナ)を崇(アガ)めさせ給(タマ)え
 聖国(ミクニ)を臨(キタ)らせ給え
 聖旨(ミココロ)の天に成るごとく地にも成させ給え
 我等の日用の糧を今日も与え給え
 我等に負債(オイメ)ある者を我等が赦(ユル)すごとく我等の負債をも赦し給え
 我等を試探(ココロミ)に遭(ア)わせ給うなかれ
 悪より救い出し給え
 国と権(チカラ)と栄えとは窮(カギリ)なく汝の有(モノ)なればなり
 アーメン
●命は恩寵のうちにある、夕暮れに涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある(詩篇30‐5)
●主は人の行ないを喜ぶ時、その人の敵をもその人と和らがせる。
 正義によって得たるわずかのものは不義によって得た多くの収穫にまさる (箴言16-7~8)
●私は平安をあなた方に残して行く。私の平安をあなた方に与える。
 私が与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。あなた方は心を騒がせるな、また、おじけるな(ヨハネ14-27)
●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)

「我」でなく「我ら:この世の全て」の代表者として、現在嘆き悲しみ声を出せずに苦難にある人々や動植物や自然の為に、【神の愛=主イエス】を知らぬままにいる人々の為に、私たちが彼らの替わりになって【礼拝:★讃美★祈り★感謝】をしようではありませんか!

「進化論」で多くの生命が同胞のために不可能を願い「進化」してきたとするなら、私たちもまた【礼拝】によって【主イエス】に祈り「進化」しましょう!

●進化(evolution)とは開発、中に隠れたる者が外に顕れること(内村鑑三
●内に誠あれば、必ず外に顕るる(二宮尊徳

夢実現・自己実現で活躍することや、ボランティア活動で活躍することと同じように【礼拝】によって【神の愛】と共に活躍しましょう!

●一切の仕事が、神をはなれては困難であり、神とともにあれば一切が可能である(ヒルティ)
●私はあなた方に悟りを与え行くべき道を教えよう。私はあなた方に目を留めて、助言を与えよう(詩篇32‐8)
●人が信仰によって救われるというのは信仰の結果によって救われるというのではない。信仰そのものが既に彼の完全なる救済であるというのである(内村鑑三
●それでもひたすら神に信頼し続けよ。そうすれば、まもなく、また光と力を見るだろう。おまえが信じたものを、まのあたりに見て、信じたとおりに成るであろう(バンヤン
●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から私たちを引き離すことはできないのである(ロマ書8‐38~39)
●神はあなた方をかえりみて下さるのであるから、自分の思い煩いをいっさい神にゆだねるがよい(ペテロ前書5‐7)
●もしもあなたがあらゆるものにイエスを求めるならば、必ず(そこに)イエスを見出し得よう(トマス・ア・ケンピス)

皆さんが喜びにあっても悲しみにあっても、常にこの世で「進化」を目指して、【主の祈り】を独り静かに熱く唱え続ける【礼拝:★讃美★祈り★感謝】の活躍を心より応援しています。

●【常時歓喜!不断祈念!万事感謝!】
いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである(テサロニケ前書5‐16~18)
●彼等は涙の谷を過ぐれども、そこを多くの泉あるところとなす。
 また初めの雨は、もろもろの恵みをもって、これを覆えり(詩篇84‐6)

【神の愛=主イエス】を愛する皆さんが、「【肉体:生命】と【心:霊魂】を見守り続け救ってくださるのは誰か?」という質問に喜び高らかに「【神の愛=主イエス】!」と応えられる【証言者】となって活躍されることを心より応援しています!

●見よ、私が選んだ僕
 私の心にかなう愛する者よ
 私は彼に私の霊を授け
 そして、彼は正義を異邦人に宣べ伝えるであろう
 彼は争わず、叫ばず、またその声を大路で聞く者はない
 彼が正義に勝ちを得させる時まで
 いためられたアシを折ることがなく
 くすぶる燈心を消すこともない
 まことを持って公義をもたらす彼は衰えず、くじけない
 ついには地に公義を打ちたてる
 島々も異邦人も、その教えを待ち望み、彼の名に望みを置くだろう
 (イザヤ書42-1~4、マタイ伝12‐18~21)
●人を救うとは彼を彼の神なる在天の父に導くことなり。我に我が父を示す者、これわが師なリ、我が恩人なり(内村鑑三
●偽りを捨て、それぞれ隣人に対して真実を語れ(エペソ書4-25)
●聞く人に恵みが与えられ徳を高めるように、その人を造り上げるのに役立ち益になる言葉を必要に応じて語りなさい(エペソ書4-29)
●恐れるな、語りつづけよ、黙っているな。
 あなたには私が共にいるからだ。
 誰もあなたを襲って危害を加えるようなことはない。
 この町には私の民が大勢いるからだ(使徒行伝18-9~10)
●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。
 我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく
 人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。
 それであるから語るのである(内村鑑三)
●ただ自ら慎み注意して、あなたの魂をよく守りなさい。あなたが目で見たことを忘れず、生涯心から離すことのないようにしなさい。あなたはそれらを子や孫たちにも語り伝えなさい(申命記4-9)
●御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです(テモテ後書4-2)


ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)