【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

TalkBig!ThinkBig!②

◇◇Talk Big!Think Big!(その2)◇◇<改訂版・再掲載>
【2005年11月17日に作成した<第391回>に加筆】

★★【その1】のつづき★★

【この世】での一度だけの貴重な人生です。だからこそ、【神の愛の意思と計画】に従った壮大なる【ビジョン:理想・夢・志】を心に抱こうではありませんか!

その最終目標は地球上から【肉食文化】が根絶された【御国・天国・エデンの園】の再建です!

●狼は子羊と共に宿り、ヒョウは子山羊と共に臥し、子牛、若獅子
 肥えたる家畜共にありて小さき童子(ワラベ)に導かれん。
 雌牛と熊とが共に草を食べ、その子らが共に伏し、獅子も牛のようにわらを食う。
 乳飲み子はコブラの穴の上で戯(タワム)れ、
 乳離れした子はマムシの子に手を伸べる。
 私の聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えず、そこなわない。
 主を知ることが、海をおおう水のように、地を満たすからである(イザヤ書11-6)
●創造の目的は人類から発する天界である(スウェデンボルグ)
●聖書の道徳は天国の法律である。ゆえにこれは天国の希望を抱かない者の守る事のできるものではない(内村鑑三

私自身は、日々【神の愛=主イエス】と【聖書・福音】に親しむうちに、【御国・天国・エデンの園】の再建は可能だと確信できるようになりました!

そして、私たち日本民族と日本国土に生まれた【伝統的文化】こそが【御国・エデンの園】に導く【ミッション:使命・天職】があるのだと確信できるのです。

先日のTV番組でも、「コンニャク&おから」による本物に匹敵する肉感食品を開発した主婦の活躍が紹介されていました。

世界でも希少価値のある水と緑に豊かな自然にある日本大地に育った私たちは、むやみやたらに「肉食」をすることなくて、菜食中心で生活できた【記憶・遺伝子】を食文明として持っていることを、世界が再認識する時代がやって来るでしょう。

世界に植物が再生復活させるための、【温暖化現象】は悪ではなく【神の愛の恵み】であると私は信じています。温暖化を阻止することは【神の愛の大事業】に抵抗していることのように思われて仕方ありません。

わずか400年前まで正当化されていた「天動説」が「地動説」に大転換したように、【温暖化】もまた見直される時代が到来することを望んでいます。

地球全体が温暖で水と緑豊かになるには、太古に存在した【天上の水(創世記1‐6~7)】も復活させる必要があります。

オゾン層が破戒された替わりに、天上の水源として氷水の膜が成層圏に造り上げる為にこそ、宇宙開発もステーションも有効活用されると時代が来ると信じます!

あの強大な恐竜の多くが肉食ではなく、植物を主食としてしていたとされるならば、いかに栄養豊かな多くの【フルーツ】があったかが理解できるはずです。遺伝子技術もバイオテクノロジーも、【太古の種】を再生復活させるためにこそあります!

世界の動物園も水族館も、動物たちに【新たな食文化(菜食・菌食)】を教え伝えるために大いに役立つことでしょう。

エデンの園】の多数の【フルーツ】が再生復活されれば、【この世】の悲惨の原因である肉食・飢餓は完全根絶されます!

この真の【平和実現】は、愚かな私個人の思い付きではなく、既に【聖書・福音】に【預言】として記述されているからです!

●神は仰せられた「見よ、私は全地の上にあって、種を持つ全ての草と、種を持って実を結ぶ全ての木をあなた方に与えた。それがあなた方の食物である。また、地の全ての獣、空の全ての鳥、地をはう全てのもので命の息のあるもののために、食物として、全ての緑の草を与える」すると、そのようになった(創世記1-29~30)
●神である主は、東の方エデンの園を設け、そこに主の形造った人を造られた。
 神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良い全ての木を
 生えさせた。園の中央に命の木と、それから善悪の知識の木とを生えさせた(創世記2-8~9)
●私(主)は全地のおもてにある種をもつ全ての草と種のある実を結ぶ全ての木とをあなた方に与える。これはあなた方の食物となるであろう(創世記1‐39)
●命ある者には、食物として全ての青草を与える(創世記1‐30)
●川のほとり、その両岸にはあらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、実も絶えることもなく、毎月、新しい実をつける。その水が聖所から流れ出ているからである。その実は植物となり、その葉は薬となる(エゼキエル書47‐12)
●野菜を食べて互いに愛するのは、超えた牛を食べて互いに憎むのにまさる(箴言15‐17)

生活苦に心を見失い、世間の悲惨な事件に心を傷つけようとも、快楽・肉欲に心を奪われようとも、ねたみ・嫉妬・怒りに満ち溢れた、最強最悪の【エゴイスト・自己愛者】であり、卑怯者・臆病者の、こんな【闇】に包まれた私自身であっても、これだけの【ビジョン:理想・夢・志】を抱けるのは、私自身から生まれたのではない証明であるとご理解くだされば幸いです。

【闇の底】にある私でも抱ける【ビジョン:理想・夢・志】とは、【神の愛】が輝ける【光・善・完全性】があることの証明です!

●私の敵よ、私のことで喜ぶな。たとえ倒れても、私は起き上がる。たとえ闇の中に座っていても、主こそ我が光なり(ミカ書7-8)
●主は、その憐れみを全ての被造物に示し、御自分の光を闇とともに、アダムに分け与えられた。(シラ書〔集会の書〕16-16)

現実の生活で【闇の底】で格闘しているようでも、優しき【神の愛】は私たちに大いなる【ビジョン:理想・夢・志】を抱かせてくれます!
世間の常識では荒唐無稽と思われる大いなる【ビジョン:理想・夢・志】であればあるほどに、これは自分のものでない確信が抱けて、【ビジョン:理想・夢・志】を通じて、見えざる【神の愛】の光輝きを見出せることを実感できるのです!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●主は素直な人たちのために、光を闇の中に輝かす。主は憐れみに富み、情け深く、正しくあられる(詩篇112-4)
●私は言う。「闇の中でも主は私を見ておられる。夜も光が私を照らし出す。」(詩篇139-11)
●私(主)は光を造り出し、闇を創造し、平和と繁栄をもたらし、災いを創造する。私は主、これら全てを造る者である(イザヤ書45-7)

皆さんも【Talk Big!Think Big!】な【ビジョン:理想・夢・志】を抱いて、自分や世界を包むどんな【暗闇・悪・不完全】であろうとも【光・善・完全性】に導いてくれる、【神の愛】の光り輝きで、心満たされることを応援しています!

●彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神の御もとに立ち帰らせ、こうして彼らが私(主)への信仰によって、罪の赦しを得、聖なる者とされた人々と共に恵みの分け前にあずかるようになるためである。(使徒行伝26-18)
●夜は更け、日は近づいた。それだから、闇の業(わざ)を脱ぎ捨てて、光の武具を身に着けようではないか(ロマ書13-12)
● 「闇から光が輝き出よ」と命じられた神は、イエス・キリストの御顔に輝く神の栄光を悟らそうとするために私たちの心の内を照らし輝かす光を与えて下さったのである(コリント後書4-6)
●御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、その愛する御子の支配下に移して下さった(コロサイ書1-13)
●私たちがイエスから既に聞いていて、あなた方に伝える知らせとは、神は光であり、神には少しの暗闇もないということである(ヨハネ第1書1-5)
●光と闇よ、主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ(ダニエル書補遺1-49)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★