【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】は世論に反す!②

◇◇神の声は常に世論に反対す〈内村鑑三)(その2)◇◇<改訂版・再掲載>
【2005年8月25日に作成した<第385回>に加筆】 

★★【その1】のつづき★★

たとえ私が性格が悪く、不器用で、人望も人徳もなくても、私自身の【確信】する【ビジョン:理想・夢・志】は崇高であり気高く、いつも成長し続けていることを私は知っています。何故なら、【ビジョン:理想・夢・志】は【福音:キリストの手紙・御言葉】だからです!

●神の言葉は生きていて、力があり、もろ刃の剣よりも鋭くて精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまで刺し通して、心の思いと志とを見分けることができる(ヘブル書4-12)
●あなた方は自分自身が、私たちから送られたキリストの手紙であって、墨ではなく生ける神の霊によって、石の板ではなく、人の心の板に書かれたものであることを、はっきりとあらわしている。このような確信を私たちはキリストにより神に対して抱いている(コリント後書3-3~4)
●あなたは自分が抱いている確信を、神の御前で心の内に持っていなさい。自分の決心にやましさを感じない人は幸いです(ロマ書14-22)
●兄弟たち、あなた方自身は善意に満ち、あらゆる知識で満たされ、互いに戒め合うことができると、この私は確信しています(ロマ書15-14)
●私たちは主キリストに結ばれており、キリストに対する信仰により、確信をもって、大胆に神に近づくことができる(エペソ書3-12)
●キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし確信と希望に満ちた誇りとを持ち続けるならば、わたしたちこそ神の家なのです(ヘブル書3-6)

【神の愛】から託された私たちの【ミッション:使命・天職】は心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】を先ずは死守することから始まるのです!
世論・世間的常識に反する【ビジョン:理想・夢・志】を愛し育て守り抜くことは自力だけでは困難だからこそ、【信仰精神】が有力で【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】が不可欠だと実感します。

●信仰は希望の基礎、見えざる所の物の証明(内村鑑三
●おのれの罪、他人の罪に曇った良心はあなたの言葉を激しすぎると思うだろう。
 しかし、あらゆる虚偽をすてて、見たままをのべるがよい・・・
 傷あとをかゆがるものには、かかせるがいい。
 あなたの声は初めは味わい苦くとも、のちに消化(コナ)されると、
 みなの命の営養(ヤシナイ)となる(神曲 天国篇 第17歌124行以下)
愛する人たち、こんなふうに話してはいても、私たちはあなた方について、もっと良いこと、救いにかかわることがあると確信しています(ヘブル書6-9)
●私たちのために祈ってほしい。私たちは、明らかな良心を持っていると確信しており、何事についても、立派にふるまいたいと思っている(ヘブル書13-18)
●私は確信しているが、神の語られる事はみな成就し、神の言葉は一つとして無駄になることはない(トピト記14-4)
●自分の見解には確信を抱き、発言には一貫性を持たせよ(シラ書〔集会の書〕5-10)

私たちが最愛の【ビジョン:理想・夢・志】を守り、絶体絶命のどん底の危険が想定されても、最後まで守り抜けば必ず道は拓けます!
【神の愛=主イエス】は私たちの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を成長させ最善発揮させるための【最善の時】を御存知だからです!

●天の下では、何事にも定まった時期あり、すべての営みには時がある。
 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
 植えるのに時があり、植えたものを抜くのに時がある。
 殺すのに時があり、癒すのに時がある。
 崩すのに時があり、建てるのに時がある。
 泣くのに時があり、微笑むのに時がある。
 嘆くのに時があり、躍るのに時がある。(伝道の書3-1~5)
●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3-11)
●我(主)が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)

私にとって【マグダラのマリア】は【神の愛=主イエス】により絶体絶命のどん底から救われた、勇気と励ましを与えてくれる【希望の星】です。

ご存知のようにマリアは【7つの霊】(マルコ伝16-9、ルカ伝8-2)にとりつかれたために【神の愛】から遠ざけられた「落伍者・罪人」です。
【神の愛=主イエス】に出会う〈再会)までのマリアはユダヤ教徒の世間から見れば、「破戒者・最悪者・迷惑者」であり、石打ちの死刑に値するほどに、見放されていました。

しかし、もはや絶体絶命のどん底において、【主イエス】自身が【神の愛の奇蹟】をもって、救い出してくれたのです!(ヨハネ伝8-1~11)

救われたマリアは【本来の人生】に立ち帰ることができました。それは彼女本来の【ビジョン:理想・夢・志】に立ち返ったのだと私は理解します。

マリアが最悪と思われるような【7つの霊】にとりつかれたのは、それだけ彼女の抱いた【ビジョン:理想・夢・志】が崇高で気高かった証明です。
当時は差別されていた女性の境遇で【この世の勢力:富・権威・名声】と無縁のマリアの心から、【ビジョン:理想・夢・志】を奪いとろうとして【7つの霊】が送られたのでしょう。おかげでマリアも【霊的聖戦】に疲れ果てて、現実に流されて、自暴自棄の生活を送っていたのでしょう。

しかし、世間的にどんなに悪党でも極悪人であっても、誰の心にも必ず存在する【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が存在していることを、私たちに証明してくれた実例こそが【マグダラのマリア】を救霊してくれた【主イエス】の奇蹟です!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、現在のものも将来のものも、力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から私たちを引き離すことはできないのである(ロマ書8‐38~39)

たとえ昨日までは世間的には最悪のどん底生活であっても、多くを救われた者には、【名誉ある特権】が与えられたことは、さらに驚きです!
マリアの心には【報恩感謝】の喜びから、【主イエス】を単なる<信じる対象>ではなく、<愛する対象>として受け止めたからだと思います。

マリアは【ビジョン:理想・夢・志】に従って、この世で最も愛すべき【主イエス】を見出し、【十字架の処刑】の時には、多くの弟子たちが逃げても最後の最後まで見守り、【栄光の復活】の時には、人類史上最高の名誉である【最初の目撃者】に選ばれたことは勇気と励ましになります!

●だから、言っておく。この人が多くの罪を赦されたことは、わたしに示した愛の大きさで分かる。赦されることの少ない者は、愛することも少ない。」(ルカ伝7-47)
●あなた方の中で善い業を始められた方が、キリスト・イエスの日までに、その業を成し遂げてくださると、私は確信している(ピリピ書1-6)

私自身の人生も堕落し、多くの妥協を重ね、【マグダラのマリア】に匹敵する生き方といえるでしょう。しかし、マリアが【主イエス】に救われたのは単に堕落して最悪であったからではなく、心の奥底には、【真の勇者・愛と自由の戦士】になりたい!という【ビジョン:理想・夢・志】があったと私は信じています。だからこそ、マリアは【主イエス】の前で見事に実践して見せました。時にかなった大活躍です!

●私たちの福音があなた方に伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信とによったからです。私たちがあなた方のところで、どのようにあなた方のために働いたかは、御承知のとおりです(テサロニケ前書1-5)
●あなたは、自分が学んで確信したことから離れてはなりません。あなたは、それをだれから学んだかを知っており、また、自分が幼い日から聖書に親しんできたことをも知っているからです。この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いに導く知恵を、あなたに与えることができます(テモテ後書3-14~15)
●子たちよ、御子キリストの内にいつもとどまりなさい。そうすれば、御子の現れるとき、確信を持つことができ、御子が来られるとき、御前で恥じ入るようなことがありません(ヨハネ第1書2-28)

マグダラのマリア】のように、私たちの人生においても、最初から【ビジョン:理想・夢・志】の通りには行かないことを、あらかじめ覚悟しましょう。
そして、たとえどんな境遇に追い込まれても、世論に反しても、今日現在【確信】している【ビジョン:理想・夢・志】だけは守り抜きましょう!

●どんな善いことも、最初に一番善い顔を見せはしない(ヒルティ)
●幸福は『行く手の道に横たわる獅子』である(ヒルティ)
●悩みを突き抜けて歓喜にいたれ!(ベートーベン)
●目標に近づくほど困難は増大する(ゲーテ
●見ないで信じる者は幸いなり(ヨハネ伝20-29)
●先ず最初に一切を理解して、その後にそれに従って初めて実行しようという人は、結局、始めないことになる(ヒルティ)
●光明的面に着眼する者、これ信者なり。暗黒的半面に注目する者、これ不信者なり(内村鑑三

世論に反しても、皆さんの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】にかなう【ビジョン:理想・夢・志】に【神の声・神の愛】を実感し再発見して、貴方の【ビジョン:理想・夢・志】実現を目指して活躍をされることを心より応援しています!

●私は初めから、以上のことを確信し、思い巡らした後、こう書き残した。
 「主の御業はすべて良く、時が来れば、主は必要なことをすべて満たされる。」
 「これはあれよりも悪い」と言ってはならない。どんなものも時が来ればその良さが証明される。
 さあ、心から、声高らかに賛美の歌をうたえ。主の御名をほめたたえよ(シラ書〔集会の書〕39-32~35)
●何事でも神の御心に適うことを私たちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対する私たちの確信である(ヨハネ第1書5-14)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)