【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン&ミッション】に導く教訓①

◇◇【神の愛=主イエス】と共に生きるための≪二大教訓≫◇◇<改訂版・再掲載>
【2003年3月8日に作成した<第293回>に加筆】 
★★内村鑑三の著作より思うこと★★

●もし我(主)に従わんと欲う者は、己を棄て、その十字架を負い我に従え(マタイ伝6‐24)
●先ず神の国と神の義を求めよ(マタイ伝6‐33)
●何事も思い煩うことなく、ただ毎事に祈祷をし、懇求(ネガイ)をし、かつ感謝して己れが求めるところを神に告げよ(ピリピ書4‐6)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

内村鑑三は【主イエス】の【二大教訓】として次の二つを挙げています。

<1>【無抵抗主義】 ⇔ 十字架=恥辱・圧服・虐遇の表彰(しるし)
 十字架を負うとは負けることである。全然敵に譲り、敵の善を思うこと、彼に愚弄されること、そして神によって勝利を得る!

<2>【無心配主義(無頓着主義)】
 生活問題に関しては一切の心配ご無用!

この【二大教訓】は【ミッション:使命・天職】を目指す上においても必要不可欠な<心得>だと実感できます。
各自が背負うべき【十字架】には【ビジョン:理想・夢・志】と【ミッション:使命・天職】も含まれると思うからです。

【ビジョン:理想・夢・志】と【ミッション:使命・天職】を目指すことは<自力本願>で実現不可能な困難な道であり、世間だけでなく、家族からさえも、無理解の扱いを受ける事をも覚悟することだと思います。

●キリスト・イエスにあって信心深く生きようとする者は、みな迫害を受ける (テモテ後書2‐13)

無謀で愚かだと思われるような青年時代の熱き心に抱き、生涯忘れがたい、最愛の【ビジョン:理想・夢・志】への挑戦には<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】の心意気に導いてくれる【神助】と【神愛の祝福】による勇気と励ましと希望と慰めがあることを体感しましょう!

●まっさきに人間に慰めを求めないで、神にそれを求めなければならない(ヒルティ)
●神に頼るべき者が人に頼る時に恥辱あり、神の頼るべき者は神の他に何事にも頼るべからざるなり(内鑑三)
●人を相手にせず、天を相手にせよ、天を相手にして己を尽くし人をとがめず我が誠の足らざるを尋ぬべし(西郷隆盛)
●沈黙せよ、苦しめ、耐えよ、おまえの苦しみは誰にも訴えるな、決して神に絶望するな、おまえの助けは日毎に来るのだ(ルター)

失敗と恥辱の失意を積み重ねても、そのたびに【神の愛=主イエス】をより身近に感じられ、【神の愛】を受け入れることで【神の愛の奇蹟】によって【ビジョン:理想・夢・志】も【ミッション:使命・天職】も大勝利することを楽しみに待ち望みましょう!

●神を知って万事ことごとく可なり、知らずしてことごとく非なり。⇔主を知るは知恵の初めである(内村鑑三)
●不義は勝ちて滅び、正義は敗けて興る(内村鑑三)
●一切の仕事は神を離れては困難であり、神と共にあれば一切が可能である (ヒルティ)
●真理に逆らっては能力(チカラ)なく、真理に従えば能力あり(コリント後書13‐8)
●私の力は私の弱き時に完成(マットウ)せらる(コリント後書12‐9)

多くの人は【無抵抗主義】といえば「右の頬を打たれれば、左の頬を向ける」という【聖書】の有名な聖句を思い浮かべます。
≪敵≫に無条件に降参・屈服する《愚かさの象徴》として都合よく解釈して、軽蔑することもあるのではないでしょうか。

●わたしは言っておく。悪人に手向かってはならない。だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい(マタイ伝5-39)

果たして《右の頬》を打たれて、《左の頬》を向けるのは無条件に相手の言いなりになって、屈する態度を示すのでしょうか?
【主イエス】自身が命じたこの【聖句】は、不義不正にも従属すべしという意味どころか、正反対であると私は理解します。

想像してみてください。通常は右利きが多いので、顔を打たれるとしたら、先ず《左の頬》を打たれるのではないでしょうか?
先ず《右の頬》を打たれるという行為は、《手の甲》で軽くはたかれるような《侮蔑的行為》であることを理解するべきでしょう。
つまり、単なる暴力的で肉体的虐待だけでなく、もっと根深い陰湿な精神的虐待までも含まれているのだと思います。

そんなに過酷な立ち直れないような侮辱を受けても、頭を垂れることなく、背を向けて退散することなく、踏みとどまって、毅然と真っ直ぐ《前方》に顔を向ける態度こそが、「右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい!」だと私は確信します!

自分の信じる【ビジョン:理想・夢・志】に向かって前進する時、【霊性:魂〈勇気〉・善意・良心】に従って行動する時に、たとえ不条理で不当に妨害されても、後ろを向いて退散することなく、顔を真っ直ぐに前方《未来》に向けて前進するぞ!
という<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】の姿勢であり、【十字架】に向かった【主イエス】の姿そのものです!

●頭を垂れてはなりません。頭はいつも高く、そして世界を真っすぐに見るのです(ヘレン・ケラー
●私の心の奥底には、私に敵対する者をはね返す闘志がみなぎっている(バイロン
●私は少なくとも自分の体験により、このようなことを知った。
 自分の夢に向かって確信を抱いて前進し、思い描いた人生を生きるように努力するならば、普通では考えられないような成功を手にする(ソロー)

従って、【無抵抗主義】とはガンジーキング牧師に代表されるような社会的差別や横暴からの【自由】を目指す集団的デモや政治的活動だけでなく、自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従った最愛の【ビジョン:理想・夢・志】の実現をを目指す時も
周囲から反対されても、降伏・妥協せずに耐え忍び前進し続ける≪個人的≫な【霊的聖戦】にも必要不可欠だと思います。

●あなたに委ねられていることを守りなさい。そして、俗悪な無駄話と偽りの「知識」による反対論を避けなさい(テモテ前書6‐20)
●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
●目をまっすぐ前に注げ。あなたに対しているものに、まなざしを正しく向けよ。
 どう足を進めるかを計り、道筋に心を配るなら、あなたの道は常に確かなものとなろう。右にも左にも迷い出てはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ(箴言4-25~27)
●進め。どこまでも進め。前途を疑惧せずして進め。倒るるも退(ヒ)くなかれ。
 明日は今日よりも完全なれ。明年は今年よりもさらに一層勇壮にして、快活にして、謙遜にして、独立なれ。進化の宇宙に存在して、退く者は死する者なり。安全は退きて求むべきものにあらずして、進みて達すべきものなり。歓喜(ヨロコビ)と満足とは前にありて、後ろにあらず。臆病者に平和あるなし。進め、どこまでも進め(内村鑑三

世間的に無謀と思われる【ビジョン:理想・夢・志】でも、【神の愛=主イエス】と共にある【ミッション:使命・天職】の道ならば、安全であり、【神の愛=主イエス】と共に<愛と自由の勝利>を勝ち取れるのです!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●恐れてはならない、私はあなたと共にいる
 驚いてはならない、私はあなたの神である
 私はあなたを強くし、あなたを助け
 我が勝利の右の手をもって、あなたを支える(イザヤ書41‐10~14)
●苦しみ悩みのうちから、私の主を呼び求めた
 主は私に応えて、私を広いところに置かれた(Set me free)
 主は私の味方、私は恐れない
 人は私に何ができようか(詩篇118-5~6)
●彼が神への信頼を失わずに、その試練をきり抜けるならば、他のいかなる
 道でも達せられないほど、神に近づくことができる(ヒルティ)
●希望は失望に終わることはない。何故なら私たちに賜っている聖霊によって
 神の愛が私たちの心に注がれているからである(ロマ書5‐5)

★★【その2】につづく★★