【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神愛】は<落ちこぼれ>を愛す!①

◇◇【神の愛=主イエス】は<落ちこぼれ>を愛す!(その1)◇◇
【2007年12月30日に作成した<第445回>より】

◆羊飼いと天使(ルカ伝2-8~21)
2:8 その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
2:9 すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
2:10 天使は言った。「恐れるな。私は、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
2:11 今日ダビデの町で、あなた方のために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。
2:12 あなた方は、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。
  これがあなた方へのしるしである。」
2:15 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。
   主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
2:16 そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
2:17 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。
2:18 聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
2:20 羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、
   賛美しながら帰って行った。

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

今年一年も皆様の暖かい親切心のおかげで継続することができました。心より感謝申し上げます!

【主イエス】の<降誕>という<史上最大のイベント>に招待されたのは【羊飼い】でした。
その当時、【羊飼い】という職業は、人口調査の対象にもならないような世間的には無に等しい
アウトサイダー」の存在であったそうです。

にもかかわらず、【神の愛】が選ばれ、招待してくれた事実は、現代に生きる「落ちこぼれ」で
世間的に無に等しい私自身にとっては、<ビッグ・チャンス>がある!希望で感謝感激です!

ご存知のように【主イエス】の降誕は、人類の歴史に降誕前と異なる<新時代>を確立しました。
何事も<新時代>の証言者・預言者や先駆者・先導者は旧時代の「アウトサイダー・落ちこぼれ」だと
いえるのではないでしょうか。

そうです!世間とずれている者こそ、【神の愛=主イエス】が喜んで選ばれる<特権>にあって、
<新時代・新たな道>の大切な【コーナー・ストーン】です!ハレルヤ!

●家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。これは主のなされたことで、私たちの目には
 不思議に見える 
 (詩篇118‐22、マタイ伝21‐42、マルコ伝12‐10、ルカ伝20‐17、使徒行伝4‐11、
 エペソ書2‐20、ペテロ第1書2‐7)
●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、なおも大望を抱いて、
 その一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三
●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
 人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
 人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
 人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
 神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)
●太鼓の音に足の合わぬ者を咎めるな。その人は別の太鼓に聞き入っているのかもしれない
 (ソロー)
●雑草とは、まだ美点が発見されていない、草である(エマーソン)

人類史上で最初の、奴隷根性からの自由独立解放の先駆者であった【預言者モーゼ】にしても、
先ず、モーゼ自身がエジプトで身に着けた【この世の勢力:富・権威・名声】から、精神的に
自由解放されるためには、何と40年間もの放浪生活が必要でした。

そして、当時の大国エジプト(世間)から見れば、もう名も無き<無一物>の身分になった時に、
【神の愛】はモーゼを<新時代>の【預言者・先導者】として選ばれたのだと私は理解します。
【神の愛=主イエス】が為されることは、全てにおいて時と場所にかなっていますね。

●天の下では、何事にも定まった時期あり、すべての営みには時がある。
 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
 植えるのに時があり、植えたものを抜くのに時がある。
 殺すのに時があり、癒すのに時がある。
 崩すのに時があり、建てるのに時がある。
 泣くのに時があり、微笑むのに時がある。
 嘆くのに時があり、躍るのに時がある。(伝道の書3-1~5)
●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3-11)

さて、現代の日本はどうでしょうか?いよいよ<新時代>の幕開けが近いとは思いませんか?

現在日本の中心にある【この世の勢力:富・権威・名声】に何とかすがりつこうとするよりも、
【神の愛=主イエス】と共に日本の<新時代・新たな道>で活躍できるように準備しましょう!

私たちは【神の愛=主イエス】が愛され喜ばれる【福音の勢力】に属そうではありませんか!
【福音の勢力】は光ある無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と
日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】に満ち溢れています。

【神の愛=主イエス】が喜ぶ【福音の勢力】に属する状態について具体的に考えてみましょう。

★<多数派>よりも<少数派>が大好き!
●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三
●大いなる事業が完成されるためには、ひとつの精神があれば足りる。千の手を動かすために(ゲーテ
●すべて偉大なことは、小規模に少人数から始まるものだ。あなたはそれを覚悟しなければならない。
 そして、子供たちを教育するにも彼等が少数派に属することを平気なように導かねばならない(ヒルティ)
●人数が少ないからといって世界を変える力はないと侮るなかれ。
  世界を変えてきたのはまさしく少数の力なのである(マーガレット・ミード)

★<この世の子:大人心>よりも<光の子:幼な心>が大切!
 ⇔探究心・好奇心・愛好精神・素人根性は【有名無力・無名有力】
●この世の子らは、己が時代の事には、光の子らより巧みで利口である(ルカ伝16-8)
●知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子のような者にあらわした(マタイ伝11-25、ルカ伝10-21)
●私たちは幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、幼な子らしく考えていた。
 しかし、おとなになった今は、幼な子らしい事を捨て去った(コリント前書13-11)

●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
 本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです(アインシュタイン
●人間のうちに善をのばしてやり、彼らの心に善に対する愛好心を注ぎ込むことが必要である(ヒルティ)

★老いて益々若々しく<熱き思い燃える心>の<青年(青春)>まっしぐら!
 ⇔【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】
●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためでなく、
 本心からそれをなしなさい(ペテロ第1書5-2)
●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、自ら心で決めたとおりにすべきである。
  神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
●青年、壮者とは;
         常に不可能を計画する人
         常に大改革を望む人
         常に詩人的にして夢想する人
         常に利害にうとき人
         常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三

★<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に満ち溢れる!
 ⇔【常時歓喜!不断祈念!万事感謝!】
楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー
楽天は人を成功に導く信仰なり。希望なくして何事も成ることなし(ヘレン・ケラー
●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった(ヘレン・ケラー
楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、明日を今日より美しいものにするための
 努力を重ねる生き方なのである(ヘレン・ケラー

私たちが【福音の勢力】と共に生きる事は、自分の人生理想とすることも必要ですが、それと同時に
【隣人・社会】で孤立無援でも勇猛果敢に活躍し続けている【福音の勢力】の【同労者・同志】には
【神の愛】からの【賜物:無償ギフト・神恵】である自己の【タレント:個性・才能・可能性】を
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・ワーク&チーム・スピリット】で結集させて、支援することも
私たち各自の人生目標であると思います。

●【7つの賜物:ロマ書12-6~8)】
【預言】であれば信仰の程度に応じて預言をし
【奉仕】であれば奉仕し
【教える】ものであれば教え
【勧める】ものであれば勧めさとし
【寄附する】ものは惜しみなく寄附し施し
【指導し治める】ものは熱心に心をつくし指導し治め
【あわれみ慈善をする】もの喜び快くあわれみ慈善をすべし

●いつどこでも愛をもって真理の味方をすること、これがまことに我々の日常の活動的生活の課題である
 (ヒルティ)
●私たちは神の同労者である。あなた方は神の畑であり、神の建物である(コリント前書3-9)
●私たちは真理のための同労者となるように、こういう人々を助けなければならない(ヨハネ第3書8)

世間・常識に反しても、【神の愛=隣人愛】と【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の【精神的自由】に
従って【福音の勢力】と共に活躍する人々を、世界は待っています!求めています!

●誠実、心の真のありのまま、これ常にいかに貴いかな。実際に自己の心の中に存することを語る者は、
 その方法のいかに拙劣なるも、必ず彼に聴かんと欲する人あるべし(カーライル)
●自らの意志の主人となり自らの良心の奴隷となれ(リーブ・ラズロー)
●私達が最善を尽くす時、どんな奇跡が私達の人生、もしくは他の人の人生に起こるかはわからない
 (ヘレン・ケラー
●世界に苦痛は満ちあふれていますが、それに打ち勝つための力もまた、満ちあふれているものなのです
ヘレン・ケラー
●一番大事なことは、どんな環境が必要かということではなく、どんな考えで毎日生活しているか、
 どんな理想を追い求めているか、ということなのです(ヘレン・ケラー

★★【その2】につづく★★