【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】直視の<革新的精神>!

【2001年1月17日に作成した<第59回>に加筆】
◇◇【神の愛=主イエス】が愛する【ビジョン:理想・夢・志】直視の革新的精神◇◇
 ★★2001年1月16日の朝日新聞朝刊37面のコラム記事より★★  

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

新聞紙面に二つのコラムが並んで掲載されていました。

◆一つは日本での「放送への介入制度化反対」の記事です。

自民党による「青少年社会環境対策基本法案」成立に反対する主要TV局の
テレビキャスター六名がそろって記者会見した内容で、テレビでも報道されました。

「公権力の放送番組への介入を制度化することにより、
 テレビに課せられた公権力を監視するという使命を危うくするから」

と言うのが報道の自由を守るための理由のようです。

しかし、法案自体は青少年の暴力的行為や不良行為を誘発する恐れがある
あらゆる商品やサービスを首相や知事が認定し、事業者を指導、勧告、
公表できる内容にすぎません。

放送局のホンネは番組スポナンサーの立場を擁護しているようにしか思えません。

放送の使命が公権力の監視であるならば、それよりも報道番組がバラエティ化して、
完全な横並び報道、官僚・行政中心の情報を提供しているだけの現状の番組作りの方が、
よほど危険であると思えます。

【キリスト精神】による【自由】の定義を内村鑑三は判りやすく示してくれます。

★真の自由とは何でも為し得る状態または能力ではなく、ある事を為さないで、
 ある他のことを為す能力である⇔ 善悪を判断して悪を避けて善を行う能力
★真の自由は理想にあらず、境遇にあらず、能力である
★I can do that which is right.(我は正しき事を為し能う)
●自由とは、あらゆる特権を有効に発揮させる特権である(カント)
●恐れなき冒険は自由の精神で、打ち負かされない力を生みなさい(ヘレン・ケラー
●真の自由とは、すべてのことを己の基準でなしうることである(モンテー二ュ)

◆二つ目はイスラエルで行われた【ウルフ賞の表彰】の記事です。

ウルフ賞>はウルフ財団ノーベル賞の先駆けの一つとして目される社会的立場で
表彰する賞である事を私は今日はじめて知りました。

そして、2001年の<ウルフ賞>の化学部門には、共同研究の一人として、
名古屋大学の野依教授が選ばれたそうです。ご存知のように同年にノーベル賞
受賞しました。

ここにも、ユダヤ民族精神の特性がよく示されています。
あの少数民族で、小さな国家が、世界の遺産や優秀なタレントの【光】を探し出し、
可能性を最大評価できる精神には敬服するばかりです。

例えば松下電器産業がハリウッドMCA(ユニバーサル映画)をバブル好景気の時代に
買収した事があります。しかし、バブル崩壊と共に売却してしまいます。

それを買収して再建させて、さらに成長させたのはシーグラム社でユダヤ資本でした。
シーグラム社は酒造メーカーでありながらも、フィリップス社の傘下に低迷していた
アナログなレコード・メーカーのポリグラムも買収して、貴重な音源維持存続のために
資本投入しているそうです。

私たち個人の人生のあり方においても、大きく<二つの道>があるのだと思います。

一つは既得権益や自己の権利を主張する<自己保身的な人生>です。

もう一つの道は、可能性を見出して、そこに新たな価値観や創造物を生み出して、
育成支援する道であり、本当に価値あるものを守るためには<温故知新>の立場で
【ビジョン:理想・夢・志】の復活・ルネサンスを目指す<革新的な人生>です。

●進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む(福沢諭吉
●神は行動しないものには決して手をさしのべない(ソフォクレス
●未来はいくつか名前を持っている。
 弱者にとっては『不可能』。
 臆病者にとっては『未知』。
 考え深く勇気のあるものにとっては『理想』(ユーゴ)

【神の愛=主イエス】が愛され喜ばれる<道>は原点回帰の<革新的な人生>であり、
現実の問題にとらわれず、【ビジョン:理想・夢・志】直視で前進し続ける道であり、
まさに21世紀の日本に必要不可欠な<精神>であると私は確信します!ハレルヤ!

●たえず偉大な思想に生き、ささいなことを顧みないように努めなさい(ヒルティ)
●一生の志を立てることが根本です。
 つまり自分の生涯を貫く志を打ち立てるということです(森信三)
●人間が生まれつき持っているところの良心の命令、道理上かくせねばならぬという
 当為当然の道、それはすべて実行するのである(吉田松陰
●末の世において道義を実践したならば、
 必ずその時の人々から、極端だといわれるであろう。
 もしまた、世人から極端だといわれるくらいでなければ、
 決して道義ではないのであって、
 すなわち世俗に同調し濁った世に迎合したものにすぎない(吉田松陰
●目をまっすぐ前に注げ。
 あなたに対しているものに、まなざしを正しく向けよ。
 どう足を進めるかを計り、道筋に心を配るなら、
 あなたの道は常に確かなものとなろう。
 右にも左にも迷い出てはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ
箴言4-25~27)
●進め。どこまでも進め。前途を疑惧せずして進め。倒るるも退(ヒ)くなかれ。
 明日は今日よりも完全なれ。明年は今年よりもさらに一層勇壮にして、
 快活にして、謙遜にして、独立なれ。
 進化の宇宙に存在して、退く者は死する者なり。
 安全は退きて求むべきものにあらずして、進みて達すべきものなり。
 歓喜(ヨロコビ)と満足とは前にありて、後ろにあらず。
 臆病者に平和あるなし。進め、どこまでも進め(内村鑑三

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)