【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【福音の勢力】で導く【神の愛】!

◇◇ 【福音の勢力】で<パワー・アップ>! ◇◇<改訂版・再掲載>
【2002年月12日に作成した<第238回>に加筆】 
2002年4月12日(木)深夜0:00NHK・BS「ノーベル賞の発想」を観て

●【福音の勢力】(内村鑑三
 福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
 福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
 福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
 福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
 福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において
 活かすゆえに活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
 この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ。

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

【聖書】の【御言葉】や私たちの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を最善発揮させる
【ビジョン:理想・夢・志】は【神の愛=隣人愛】に満ち溢れた【福音の勢力】です。

【福音の勢力】は無限大の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と
日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で<パワー・アップ>してくれます。

【福音の勢力】は【聖霊=神の愛】の導きの【インスピレーション・霊感】も与えてくれて
突然心にひらめかせたり、世間的に失敗や非常識からでも<解決策>を発見・発明させたり、
無から有を創造させたり、<闇・マイナス・悪>から<光・プラス・善>に善循環させてくれます。

●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、
 それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。
 クリスチャンは聖霊の人である。
 聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三
●失敗は方針を転ぜよとの神の命令である。
 我等は失敗を重ねて神の定め給いにし天職につくのである(内村鑑三)

天才建築家と言われたガウディは、後半生は信仰に導かれた人生を送ります。
彼は後世んの私たちのために書き残してくれました。

 「独創とは起源に帰ることである。
  神は人間を通して創造し続ける。
  創造は神のものであり、人間はコピーしているにすぎない。
  人間は創造しない、神の創造した自然界から発見するのである。」

同じように、ノーベル物理学賞を多く輩出してきた京都大学工学部の学者も発想や発見には、
≪ひらめき≫に頼ることが多いと説明していました。

ノーベル受賞者の福井博士は少年時代にファーブル昆虫記に感銘を受けて<自然>に対する
愛好精神や探求心を育てます。

物理学者になってからも、京都の自然に親しみ観察し、発見した事は克明にメモしながら、
毎朝7キロの散歩を習慣としていたそうです。

自然観察で蓄積した知識によって、<眠り>にある早朝4時頃に突然ひらめくそうです。
彼はいつもベッドの脇にメモを置いていて即座にメモに記していましたが、朝起きてから
内容が理解できるものは廃棄し、理解できないものを残して研究の成果に役立てていたと
番組では紹介しています。

彼の生涯の研究成果は自己努力よりも、≪ひらめき≫によって支えられていたといっても
過言ではありません。

福井博士自身の表現では「闇の中に一筋の光が射し込むような感覚」であったそうです。
【神の愛=主イエス】は、彼の<自然>への敬愛心と<自然の摂理>の解明に向けての
日々探求し続ける<献身努力>を祝福していたのだと私は信じます。ハレルヤ!

●天は自ら助ける者を助く(スマイルズ
●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給うのであって、ただそれを
 所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)
●汝の能力(チカラ)は汝が日々需(モト)むるところに従わん(申命記33‐25)

福井博士の愛好精神と探求精神を受け継いできた、現在活躍している学者の多くもまた、
≪ひらめき≫によって発見や創造を与えられていることを語っていました。

彼らのある学者は一つの実験を終えて、実験器具を几帳面に無心に洗っている時に限って、
突然、次の実験アイデアが浮かぶのだそうです。

眠っている時や<無心>になって何かに集中している時は【オープン・マインド】なので、
【神の愛=聖霊】の<プレゼント>に気づく【霊感】が働きやすいのだと実感できます。

高名な科学者だけでなく、私たち各自にも、【神の愛=聖霊】や【福音の勢力】によって
進むべき道を発見したり、新たな発想や創造を見出せる事が可能であると確信しています。

【聖書】の【御言葉】や【ビジョン:理想・夢・志】など【福音の勢力】が与えてくれる
<プレゼント>に気づく【霊感:ひらめき】を高めるために有効な<習慣>があります。
皆さんもよく御存知の【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】です!

●祈ろうとする時は、まず私たちが持っているものに対する感謝をもって始めねばならない
 (ヒルティ)
●【常時歓喜!不断祈念!万事感謝!】
 いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
 これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
 (テサロニケ前書5‐16~18)
●熱心でうむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みを抱いて喜び、患難に耐え、
 常に祈りなさい(ロマ書12‐11~12)
●何事も思いわずらってはならない。ただ事々に感謝と祈りと願いとをささげ、
 あなた方の求めるところを神に申し上げるがよい(ピリピ書4‐6)

【神への祈り】や<瞑想>などをしている時には普通の脳活動とは異なって右脳と左脳を
同時に働かせている<フル稼働状態>である事は既に科学的にも証明されています。

【礼拝:★讃美★祈り★感謝】が<思索>を高めて【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
最善発揮することは、歴史上の偉人・思想家・科学者の多くが【信仰精神】に満ち溢れて
いたことからも納得できますね。

●祈りと思索とは決して対立するものではない。
 この2つともが真理を完全に把握するのに必要なものである。 
 思索は自ら真理を探求するために、そして祈りは神の啓示にあずかるために(ヒルティ)
●あなたらしく生きる、そのための道は、後にも先にも二つだけです。
 一つは、奇跡などありえない、とする道。もう一つは、すべてが奇跡である、とする道
アインシュタイン
●信仰と哲学は矛盾しない(ライプニッツ

【真理=神の愛】【御言葉】【ビジョン:理想・夢・志】などの<見えざる存在>である
【福音の勢力】に信愛して<神聖な好奇心>を抱いて【礼拝:★讃美★祈り★感謝】する
【信仰精神】が心に根ざす事は、弱き私には【神の愛の恵み】で【神の愛の奇蹟】です!

●彼らは弱かったのに、信仰によって強い者とされる!(ヘブル書11-34)
<彼ら=士師;デボラ、ギデオン、エフタ(イプタ)、サムソン、ダビデ、サムエル>
●真の祈りは、ただの祈りではない、一種の預言である。即ち必ず成就すべきことを
 前もって語に表することである(内村鑑三
●何でも祈り求めることは、すでにかなえられたと信じなさい。
 そうすればその通りになるであろう(マルコ伝11‐24)
●我等に必要なものは必ず与えられるべし、しかも前もって与えられず必要の時に
 与えられるべし。ゆえに我等は要なき物を要なき時に祈り求めて主たる我等の神を
 試むべからず(内村鑑三
●信仰による祈りは病んでいる人を救い、そして主はその人を立ち上がらせて下さる。
 かつ、その人が罪を犯していたなら、それもゆるされる(ヤコブ書5-15)
●今しばらくの間、祈りと心の目覚めをもって耐え忍ぶがよい、あなたの家族や親しい
 人々のためにも。そうすれば、きっとあなたの最良の時が来る
ヒルティ:詩篇119-166、97-11)
●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦
●我が祈祷が聞かれないという時に、祈祷以上が聞かれるのである。
 祈祷が聞かれないのではない。我等が祈求むるところ、
 思うところよりもいたく過(マサ)りて聞かるるのである(内村鑑三
●聖なる好奇心をもちたまえ。人生を生きる価値のあるものにするために
 (アインシュタイン

【福音の勢力】に<パワー・アップ>される【礼拝:★讃美★祈り★感謝】について
本人自身が≪祈りの人≫であった賀川豊彦氏は次のように明確に紹介しています。

●【祈りの訓練】(賀川豊彦
 ★祈りは端的に神への接近であれ
 ★機械的でなく繰返しをいわず
 ★見栄坊でなく
 ★神に説教せず
 ★自己反省が必要であり、神の前に恨みごとを持っていかず
 ★祈るときには熱情を注ぎ
 ★信仰をもって祈れ

皆さんが【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を日常習慣として
【福音の勢力】で無限大の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と
日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で<パワー・アップ>されて
聖霊=神の愛】の働きによる【霊感:ひらめき・インスピレーション】が高められ
常に【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な発想・発見・創造に
導かれて、皆さんの心に【神の愛=隣人愛】で光輝く【ビジョン:理想・夢・志】を
<旗印>として高く掲げる【愛と自由の戦士・神の僕】となって、世界を舞台にして
活躍されることを心より応援しています!

●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
 福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
 福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三
●【キリスト教の真意(内村鑑三)】
 活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
 これキリスト教の真実となす。
 -天体に神の栄光を探る
 -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
 -詩歌に神の無限の愛をたたえる
 -美術に神の美妙の理想を現わす
 -農は神と共に神の地を耕すこと
 -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
 -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
●世に惨事多きや、福音を説くべし
 世に罪悪多きや、福音を説くべし
 国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
 社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
 福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三
●【勝利の秘訣(内村鑑三)】
 我に力なし、しかれども我が全能の神は我が為に活動(ハタラ)き給う。我に知恵なし、
 しかれども我が全智の神は我が為に計策(ハカ)り給う。我が神、我と共にいまして
 懦弱(ヨワ)き拙劣(ツタナ)き我もこの世に勝ち得て余りあり。我は永久(トコシエ)に
 エホバの聖名(ミナ)に頼らん。
●私はあなた方に悟りを与え、行くべき道を教えよう。私はあなた方に目を留めて
 助言を与えよう(詩篇32‐8)
●我に糧あり、聖書なり。我に力あり、祈祷に存在す。
 我は単独にして世界を相手に戦いを得るなり(内村鑑三
●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
 主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え新しくされる。
 主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)

今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit