【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

無限の<希望>で導く【神の愛】!①

◇◇<希望>と【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で導く【神の愛】!(その1)◇◇
【2007年9月22日に作成した<第440回>に加筆】<改訂版・再掲載>

●希望(ヒルティ)
十字架は重いが、ふしぎなことに
おまえがそれを担うやいなや。それがおまえを担ってくれる
初めは闇夜だが、行く手は真昼の明るさ
その道を進む者は「勇者」と呼ばれる
おまえの力は小さくとも
おまえが帰依した主の力は偉大だ
おまえの星は暗い夜空に輝きわたり
今日は死に、明日はいのちによみがえる

私たちが<【神の愛】実現&自己実現>で感謝感激の<素晴らしき生涯>を達成するには
【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】が不可欠だと実感できます。

●いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
 このうち最も大いなるものは、愛である(コリント前書13‐13)

素晴らしい<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢・志】を心に抱き、
自分だからできる!と確信できる【ミッション:使命・天職】を自覚できたとしても、
【希望:望み願う心】によって絶えず励まし<熱き思い燃える心>に導いてくれるような
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】が必要です。

【神の愛=主イエス】は私たちを熱烈夢中の<相思相愛の関係>で導いてくれるために
【神の愛=隣人愛】に光輝く【ビジョン:理想・夢・志】を守り育てる<愛する力>と
【ミッション:使命・天職】と<使命感・忠誠心>を体得できる<信じる力>に加えて、
前進し続ける【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に燃える<望む力>までも
惜しみなく無限大!に提供してくれることは<歓喜!感動!感謝!>です!

●希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とであなたがたを
 満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように(ロマ書15-13)
●かつて書かれた事柄は、すべて私たちを教え導くためのものです。それで私たちは、
 聖書から忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けることができるのです(ロマ書15-4)

皆さんも御存知のように旧約時代から【聖書】の登場人物の誰もが<祈りの人>であり、
【三位一体:父・子・聖霊】に【礼拝:★讃美★祈り★感謝】する事によって得られる
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】によって
【フロンティア精神:★チャレンジ精神★ポジティブ/プラス思考★オープン・マインド】に
満ち溢れました。

私たちも見習って、【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈り★感謝】によって
【神の愛=聖霊】が注いでくれる無限大の<希望>と<不屈の楽天主義・楽観論>の
【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で<熱き思い燃える心>になりましょう!

●失望は不信なり、信仰は無限の希望を意味す(内村鑑三
●信仰と希望(内村鑑三:ヘブル書11-1)

 既に見るところのものは、これを望むの要なし
 解し得ることを信ずるは知識にして信仰にあらず

 信仰の貴きは解し得ざることを信じ、
 理由なくしてでなく愛のゆえに信ずること
 愛の示すところの事を解し得ざる事にこれを信ずる

 有限の我等が無限の神に対して幼心を抱くにいたって救われる
 すなわち、幼子となりて救われる
●物事を成し遂げさせるのは希望と自信です。
神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。
 このようにしてキリストに仕える人は、神に喜ばれ、人々に信頼されます。だから、
 平和や互いの徳を高め、霊的成長に役立つことを、追い求めようではありませんか
(ロマ書14-17~19)
●望まなければ(希望がなければ)何事も成就しません。希望[楽天]は人を成功に導く
 信仰です(ヘレン・ケラー
●この世を動かす力は希望である。やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、
 農夫は畑に種をまかない(ルター)
●全てのことは願うことから始まる(ルター)
●希望ある未来は、国家にも組織にも存在しない。運命が決めるものでもない。
 人の良心の中だけにある(シュバイツアー)

私たちを取り巻く<TV報道>だけを見続けていると【神の愛=主イエス】は不要であり、
【神の愛=主イエス】は無力で、たとえ存在しても、日本には不在に映るかもしれません。

しかし、どんなに腐敗した闇の社会を描くつもりでも【神の愛=主イエス】の<希望>に
満ち溢れて【神の愛=隣人愛】に光輝く【福音】が伝えられていることを発見できます。

例えば「酒酔い運転」で愛する我が子を目の前で救えず、失ってしまった夫婦の報道は、
皆さんもよくご存知だと思います。

数年前に<火の中>で2人の我が子を失う家族があり、また昨年には<水の中>で3人の
我が子を失った家族が紹介されました。

登校中に自動車にはねられるのも含めて子供たちを襲う<受難>は、私たち日本民族
【神の愛=主イエス】に立ち帰らせるための【試練:神の愛の導き】だと確信します!

●ある人がイエスに近寄り、ひざまずいて、言った。
「主よ、息子を憐れんでください。てんかんでひどく苦しんでいます。
 度々火の中や水の中に倒れるのです」(マタイ伝17-14~15)
●悪霊は息子を殺そうとして、もう何度も火の中や水の中に投げ込みました。
 おできになるなら、私どもを憐れんでお助けください(マルコ伝9-22)

子供たちの<火の中・水の中>での<殉死>は私たち日本民族を【悪魔:この世の君】の
支配下から精神的に自由解放して<救霊>する【神の愛=主イエス】の【御心】であり、
平和と<希望>を与える大計画であり、【悪魔:この世の君】との【聖戦】であります!

●諸民族を、その間違った道から神の信仰へ連れ戻すために苦難の時代が
 やって来なければならない場合に、普通神は先ず幾人かの個人に苦難を
 なめさせ、その後でこれらの人達が、その他の人々に向かって自分達の
 経験に基づくゆえに、確信をもって教え説くことができるように導き給う。
 そうすれば、この先駆者たちは一般の人々の苦難の時にも勇気を失う事なく、
 なお救われる見込みのある者を励ますにちがいない(ヒルティ)
●私はあなた方のために立てている計画を知っているからだ。
 ‐主の御告げ‐それは災いではなくて平安を与える計画であり、
 あなた方に将来と希望を与えるためのものである(エレミヤ書29‐11)
●彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神の御もとに立ち帰らせ、
 こうして彼らが私(主)への信仰によって、罪の赦しを得、聖なる者とされた
 人々と共に恵みの分け前にあずかるようになるためである(使徒行伝26-18)

子供たちの【死】が大義の<殉教>で、【神の愛=主イエス】の【御心】である証拠は、
【神の愛=主イエス】は過酷な<試練>に耐えられる家族を選んでいることにあります。

●あなた方に会った試練で、世の常でないものはない。神は真実である。
 あなた方を耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、試練と同時に、
 それに耐えられるように、逃れる道も備えて下さる (コリント前書10‐13)

悲劇の二組の夫婦の<愛の絆>は堅くなり、強き信念で世論を動かし、政治を巻き込み、
ついには法律改正までもが成功しました。

そして何よりも感動させられたことは、悲劇の家族には<新しい子供>の誕生があって
私たちに【神の愛=主イエス】による<恩恵・祝福>が示されています!

●試練と祝福は密接に関連している(ヒルティ) 
●患難のための恩恵にあらず、恩恵のための患難なり。
 患難は手段にして恩恵は目的なり(内村鑑三
●私たちのお仕えする神はその燃え盛る炉や王様の手から私たちを救う事ができますし、
 必ず救ってくださいます(ダニエル書3-17)
●おまえの不幸に打ち負かされるな。神に頼れ、そうすれば勝つだろう。
 洪水が襲ってきても、おまえは上にあって、溺れないだろう。
 苦し過ぎる重荷を負わされたならば、主なる神が既にお前の願いを聞き給うたのだ
 (パウル・ゲルハルト)

子供たちの【死】を<不条理な悲劇>と片付けずに、私たちだけでも<殉教>として
受け止めて、【神の愛=主イエス】の<希望>を抱き、日本民族の<救霊>のために
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】によって
【神の愛=隣人愛】に光り輝く【ビジョン:理想・夢・志】に前進しましょう!

●<凋落の希望>(内村鑑三
 葉落ちて枝空し。しかれども知る。芽ならずして葉落ちざることを
 凋落は復活の兆しなり。世の日に日に朽ち行くは革新の準備すでに成りたるによる。
●ほむべきかな、私たちの主イエス・キリストの父なる神。
 神はその豊かなあわれみにより、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、
 それにより私たちを新たに生まれさせて生き生きとした希望を抱かせる
 (ペテロ第1書1‐3)
●希望は時々刻々この世に臨みつつあり、腐敗の累積はあえて恐るるに足らざるなり
 (内村鑑三)
●我らは希望の中に救われたり(内村鑑三
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば他のいかなる道でも
 達せられない程、神に近づく事ができる(ヒルティ)
●希望は、強い勇気であり、新たな意志である(ルター)
●全てのことは、願うことから始まる(ルター)
●この世を動かす力は、希望である(ルター)

★★【その2】につづく★★