【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

最愛の【ビジョン】は未来を拓く!②

【2002年6月20日に作成した<第255回>に加筆】 
◇◇最愛の【ビジョン:理想・夢・志】は<未来>を拓く!(その2)◇◇ <改訂版・再掲載>
2002年6月19日(火)テレビ朝日13:20「徹子の部屋:新垣 勉」を観て

★★【その1】のつづき★★

新垣さんは見事に副牧師の資格を取得して、その後に、武蔵野音楽大学に進み
大学院まで卒業して【ビジョン:理想・夢・志】を実現したのです。

●あなたに委ねられている尊いものを私たちの内に宿っている聖霊によって守りなさい
 (テモテ後書1‐14)

新垣さんは「人との出会いの大切さ」を力説します。そして、何よりも勇気を
与えてくれる<愛のパワー>とは「励ましの言葉」であることを確信しています。

●悪い言葉をいっさい、あなた方の口から出してはならない。
 必要があれば、人の徳を高めるのに役立つような言葉を語って
 聞いている者の益になるようにしなさい(エペソ書4‐29)
●多くの人々に幸せを与えること以上に、崇高で素晴らしいものはない(ベートーヴェン
●あなたに出会った人が誰でも前よりもっと気持ちよく、明るくなって
 帰るようにしなさい(マザー・テレサ
●やさしい言葉は、たとえ簡単な言葉でもずっとずっと心にこだまする(マザー・テレサ
●ほめ言葉をもらえれば、それだけで二カ月間幸せに生きられる(マーク・トゥエイン

新垣さんにとっての【試練】とは憎しみとコンプレックスの克服でした。
事の大小はあっても、私たちにも共通する問題であるともいえるでしょう。

新垣さんは大学院を卒業してから、さらに狭心症で病院に入院したおかげで、
ようやく自分自身を取戻せたそうです。あるがままに生きることを自覚して
人生再出発を迎えられたのです。

いろんな病気や苦しみを乗り越えて、新たに生まれ変わった今の新垣さんは
母親や新しい兄弟とも交流するようになり、見知らぬ父親にも感謝の気持で
一杯だそうです。父親のラテンの血が流れているからこそ【天賦の歌声】に
なったと思えるようになったからです。

●悪の克服、その後の罪のつぐない、悪からの脱出、新生、これが表現の
 天分を解放するのである(ヒルティ)

新垣さんの歌う音楽CDは多くの人々に感動と勇気を与え続けています。
新垣さんは、父親が生存しているなら、「父の前で歌って聞かせたい!」という
新たな【ビジョン:理想・夢・志】を抱いています。

「あなたの息子は歌声で一人でも多くの人に勇気を与えようとしています」

と報告したいからだそうです。

新垣さんは少年院や学校や様々な所に出かけて、歌声とユーモアたっぷりの語りで
全国を飛び回り【福音伝道】しています。

彼の感謝と喜びと愛に満ちた【ミッション:使命・天職】への道は彼一人では
決して発見する事はできなかったと思います。

新垣さんは厳しい【神の愛の特訓:オーディション!リハーサル!】にも耐え忍び
【ビジョン:理想・夢・志】を見失わず放棄しなかったからこそ、神様から選ばれて、
本当の自分らしい<生き方>を発見できたのだと私は信じます。

●沈黙せよ、苦しめ、耐えよ、おまえの苦しみは誰にも訴えるな。
 決して神に絶望するな。おまえの助けは日毎に来るのだ (ルター)
●最後まで耐え忍ぶ者は救われる (マタイ伝24‐13)
●あなたが選んだのではない。私(主)があなたを選んだのである(ヨハネ伝15‐16)

私たちの人生にも、公平に【神の愛の特訓】としての<患難辛苦>が待ち受けています。
それは、私たちが【神の愛=主イエス】と兄弟であり、【神の愛子】である証明です!

●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが
 魂の父は、私たちの益のために、そのきよさに預からせるために
 そうされるのである (ヘブル書12‐10)
●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと
 思われる。しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に平安な義の
 実を結ばせるようになる(ヘブル書12‐11)
●我が子よ、
 主の訓練を軽んじてはならない
 主の叱責をいとうな
 父がかわいがる子をしかるように
 主は愛する者を戒める(箴言3‐11~12、ヘブル書12‐5~6)
●あなた方は訓練として耐え忍びなさい。
 神はあなた方を、子として扱っておられるのである。
 いったい父に訓練されない子があろうか(ヘブル書12‐7)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、
 他のいかなる道でも達せられないほど、神に近づく事ができる(ヒルティ)

どん底:不信・絶望・憎悪>に思える時でも【神の愛=主イエス】はよくご存知で、
見守り続けている事を信じましょう!

そうすれば、私たちにも、新垣さんのように<最善な方法>で道が拓ける事を待ち望み
【神の愛=隣人愛】に光輝く【ビジョン:理想・夢・志】を<旗印>に高く掲げながら
歓喜!感動!感謝!>の心意気で【神の愛=主イエス】に導いてもらいましょう!

●神の無限の力に頼りて我等は我等の信ずるがごとくに全ての事をなすを得るなり
 (内村鑑三:ピリピ書4‐13)
●私はあなた(主)の御霊から離れてどこへ行けましょう。
 私はあなたの御霊を離れてどこへ逃れましょう
 たとい、私が天に昇っても、そこにあなたはおられ
 私が黄泉(ヨミ)に床を設けても、そこにあなたはおられます(詩篇139‐7~8)
●我は逃れんと欲して、我が神の恩恵の手より逃るるあたわず。
 彼は奈落の底まで、彼の手を拡げて我を支え、我を救い給う(内村鑑三

【信じる心・望む心・愛する心】を最善発揮できる【ビジョン:理想・夢・志】を抱き
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に燃えて
【神の愛=隣人愛】に光輝く<未来>を切り拓く皆さんの挑戦を心より応援しています!

悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意志のものである(アラン) 
楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー
●気高い夢を見ることだ。あなたは、あなたが夢見たものになるだろう。
 あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である(ジェームズ・アレン)
●決して自分の夢を人に奪われてはならない。心に描いたものが何であれ自分の心に
 素直に従って生きてほしい(ジャック・キャンフィールド)
●自分の心に描く夢の現実に向かって努力する時、ふだんなら思いもよらぬ、
 成功が得られる。空中に楼閣を建てても無駄骨には終わらない。
 楼閣は空中に建てるものだ。さあ、その下に土台を建てよう(ソロー)
●未来にむかって大いなる展望を与えてくれるような
 高所に立てば、時折、風が激しく吹きぬけても、
 一向(いっこう)に気にならないものなのだ(ワーズワース
●未来は外からくるものではありますまい、未来は諸君らの裡(うち)にある(アンドレ・ジイド)
●未来!この未来を創造するものは諸君をおいて他にはないのです(ジイド)
●よき時代は天から降ってくるものではなくて、わたしたちが自分でつくり出すものです。
 それはわたしたちの心の中にあるものなのですよ(ドストエフスキー
●未来は、“今、我々が何を為すか”にかかっている(マハトマ・ガンジー
●世界はきみたちに大きく開かれている。どしどし遠慮なく進むがいい。
 大地は広々とつづき、空は広大無辺にひろがっている(ゲーテ
●今日(こんにち)の人々よ、若い人々よ、今度は君たちの番が来ている!
 われわれを踏み越えて行きたまえ。そして前進したまえ。
 われわれよりもいっそう偉大で、いっそう幸福でありたまえ(ロマン・ロラン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)