【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン】で育成に導く【神の愛】

【2009年2月6日に作成した<第487回>に加筆】
◇◇人が【ビジョン:理想・夢想・大志】をつくるのではなく、【ビジョン:理想・夢想・大志】が人をつくる!◇◇

世界の【先人・偉人の教え:名言・格言】は、私にとっては、<心の起爆剤>であり、
単なる<言葉>と言うよりも、【ビジョン:理想・夢想・大志】を実現させるための
【同労者・同志】【真の友】であり、信愛できる活きた<人格的存在>です!

そんな愛すべき【先人・偉人の教え:名言・格言】から教えられ、学ばされる事とは
遠大崇高な【ビジョン:理想・夢想・大志】を抱く事が<最善の道>だと言う事です。

【神の愛=主イエス】を体感できなかった<過去の私>は、偉大な人間だからこそ
偉大な【ビジョン:理想・夢想・大志】を抱けるのだと思い込んでいました。

しかし、【神の愛=主イエス】に出遭ってから、【先人・偉人の教え:名言・格言】の
<真意>が素直に理解できるようになったのです。

そうです!偉大な人間でなくても、偉大な【ビジョン:理想・夢想・大志】は抱けるし、
崇高遠大な【ビジョン:理想・夢想・大志】は私のような貧弱な<無一物>な人間でも、
偉大な人間へと導いてくれる!という【神の愛の方程式・摂理】を発見できたのです。

●青年よ大志を抱け!(クラーク)
●汝の車を星につなげ!(エマーソン)
●失敗は罪ではない、目的が低いことが罪である(内村鑑三
●気高い夢を見ることだ。あなたは、あなたが夢見たものになるだろう。
 あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である(ジェームズ・アレン)
●美しいビジョン、気高い理想を抱き続けている者は、
 いつの日にか、それを現実にするものとする。
 コロンブスは、未知の世界のビジョンを抱きつづけ、それを発見した。
 コペルニクスは他の無数の世界とより広い宇宙のビジョンを抱き続けそれを証明した。
 ビジョンを持つことだ。理想を描くことだ。
 あなたの心をこよなく鼓舞するもの、あなたの心に美しく響くもの、
 あなたが純粋な心で愛することのできるものをしっかりと胸に抱くことだ。
 その中から、あらゆる喜びに満ちた状況、あらゆる天国のよな環境が成長する。
 もしあなたがそれを抱きつづけたならば、あなたの世界はやがて、
 それに基づいて築かれることになる(ジェームズ・アレン)
●迷い、夢見ることをはばかるな。高い志向はしばしば子供じみた遊びの中にあるのだ
(シラー)
●君がどんなに遠い夢を見ても君自身が可能性を信じる限り、それは手の届く所にある
 (ヘッセ)
●どんな偉大な事業も、初めは、すべて「夢」にすぎなかったのです(キッシンジャー
●それを夢見ることができるならば、あなたはそれを実現できる(ディズニー)
●やれるかも知れない、と思った時、自分でも気づかなかった力が出てくるものなのだ。
 初めから、できないと言えば、出来ずに終わる(三浦綾子


【神の愛=主イエス】がこの世界の<万事万物>を<無>から<有>に創造する時にも、
「元始に御言<道>あり(ヨハネ伝1-1)」と【聖書】の【御言葉】が示しているように、
先ず<熱き思い燃える心>で崇高遠大な【ビジョン:理想・夢想・大志】を思い描く事が
【神の愛=主イエス】と共に歩む<最善の道>に導く【神の愛の方程式・摂理】であり、
<勝利の方程式><成功の秘訣>です!

●ビジョン(預言)がなければ民族は欲しいままに振るまい、我がままになり滅ぶ
 (箴言29-18)
●あなたに備えられているものをすべて生かし抜きなさい。
 神はあなたの、その善き意志を助けてくださるだろう(トマス・ア・ケンピス)
●勝利は、つねに、落ち着いて偉大な目的をいだいて働く者の手にあります。
 真理にみちた精神を持っている人には、世人の変わりやすい評判がつきまといますが、
 それは大西洋の波が、月の引力に引かれて高まるのに似ています(エマーソン)
●結局、勝利者とは、自分にはできるんだと考えている人達のことである
 (リチャード・バック
●あらゆる偉業は、燃える心の勝利によってなされる産物である(エマーソン)

私たちの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】とは【神の愛=主イエス】から託される
【御心:聖意・聖旨】である天来の【ビジョン:理想・夢想・大志】の受信器であり、
【神の愛=隣人愛】に輝く崇高遠大な【ビジョン:理想・夢想・大志】を喜び確信して
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に燃えて
勇進する事を<本領・本分>とする<神の器・神の道具>であると実感できます。

●信仰は聞くことから始まり、聞く事は、キリストについての御言葉から来るのである
 (ロマ書10-17)
●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。
何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
(ピリピ書2-13~14)
●あなた方はこの世に妥協してはならない。むしろ、心を新たにすることによって
 造りかえられ何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、
 かつ全きことであるか、わきまえ知るべきである(ロマ書12‐2)
●神に仕えるということは自分の生活のすべての瞬間に持っている全ての力と手段とを
 神の御心の成就のために、用いることを意味する(ヒルティ)
●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な
 真実の力は神のものであって、人間のものではないからである(ヒルティ)
●我等は神に造られたる者にして、神のあらかじめ備え給いし善き業に歩むべく
 キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)

従ってたとえ【神の愛=主イエス】や【聖書】を知らずとも、誤解して拒絶しようとも
誰の心にも存在する【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<内なる声>に従うならば、
【御心:聖意・聖旨】である天来の【ビジョン:理想・夢想・大志】を確信し勇進する
【愛と自由の戦士:神の僕・神の愛子・光の子】に<召命>され誰もが活躍できる事は
歓喜!感動!感謝!>です!

●神が命じ人が神に応える所に【良心】がある。【良心】は人の神覚である、
 人を離れて人が独り神と相対して立つ時に【良心】がある。(内村鑑三
●道徳は人の道であり、【良心】は神の生命である。(内村鑑三
●正しい良心を持ちなさい。そうすればあなたはいつも喜びをもつことができよう。
 正しい良心はずい分たくさんな物事を忍ぶ力を具え、逆境にあっても、
 つねにずい分と大きな喜びを覚える(トマス・ア・ケンピス)
●希望ある未来は、国家にも組織にも存在しない。運命が決めるものでもない。
 人の良心の中だけにある(シュバイツアー)
●人知らずとも我が良心これを知る(新島襄

まさしく、私たち一人一人に固有に存在する【霊性:魂[勇気]・善意・良心】と
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が満足する【ビジョン:理想・夢想・大志】は
世界中の老若男女、誰でもが【神の愛=主イエス】と直接に<霊的交流>できる
【神の愛=主イエス】からの公平に託された【賜物・無償ギフト・神恵】ですね。

●【良心】とは人間の行いの善悪を判断し、善を命じ、悪を禁じ、善をほめ、
 悪を戒める神よりの心の声である。人間は心の中に刻まれた法を持っており、
 それに従うことが人間の尊厳であり、また、人間はそれによってさばかれる。
 【良心】は人間の最奥であり、聖所であって、そこでは、人間はただひとり
 神と共にあり、神の声が人間の深奥で響く(カトリック要理:ロマ書2-15~16)

【神の愛=主イエス】の<呼びかけ>に応答する【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
最善発揮して、【ビジョン:理想・夢想・大志】には【御心:聖意・聖旨】を確信して
【愛と自由の戦士:神の僕・神の愛子・光の子】として【ミッション:使命・天職】に
<召命>されて、【神の愛=主イエス】と共に一致団結して勇進しましょう!

●あなた方が知っているとおり、私たちは、父親がその子供に対するように、
 あなた方一人一人に呼びかけて、神の御心にそって歩むように励まし、慰め、
 強く勧めたのでした。御自身の国と栄光にあずからせようと、神はあなた方を招いて
 おられます(テサロニケ前書2-11~12)
●神はその恵みを私たちの上に増し加えあふれさせ、あらゆる知恵と悟りとを私たちに
 賜わり、御心の奥義を、自らあらかじめ定められた秘められた計画に従って、
 私たちに示して下さった。それは、時の満ちるに及んで、救いの業が完成される
 御計画にほかならない。それによって、神は天にあるもの地にあるものを、
 ことごとくキリストに帰させ、キリストのもとに一つにまとめられるのである
(エペソ書1-8~10))
●われらの意志は、そを汝(神)にささげんがために、われらに与えられしものなり
 (テニソン)
●自分の確信を捨ててはいけません。この確信には大きな報いがあります
 (ヘブル書10-35)
●私たちは、最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら、キリストに連なる者となるのです(ヘブル書3-14)
●人は自己を失わなければどんな生活を営んでもよい。自分の本領に留まるならば一切を失ってもかまわない(ゲーテ
●私は確信しているが、神の語られる事はみな成就し、神の言葉は一つとして無駄になることはない(トピト記14-4)

皆さんが【神の愛=隣人愛】に光輝く崇高遠大な【ビジョン:理想・夢想・大志】を
<最愛の我が子・我が分身>として守り育てて【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
最善発揮して【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に輝く【ミッション:使命・天職】を
体得し<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で
活躍される事を心より応援しています!

●自分の意志を全く神にゆだねて、ひたすら神の道具でありたいと思う人は不思議に、
 どんな祈りも聞き届けられる。そういう人はただ願い求めればよいのだ。
 そうすると憂いも怖れもなく、至福の状態で、あらゆる困難を切り抜け、
 生涯の日々をすべての人々とまじって生きて行くことができる(タウラー)
●主は人の一歩一歩を定め、主は御旨にかなう道を備え、その行く道を喜ばれる。
 人は倒れても、まっさかさまに倒されはしない。全く打ち捨てられることもない。
 主がその手を助け支えられるからである。若い時にも老いた今も、私は見ていない。
 主に従う人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請い歩くのを見たことがない。
詩篇37-23~25)
●あなたが人生に絶望しても、人生はあなたに絶望しない(フランクル
●<聖 望>(内村鑑三
 われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
 われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
 われはわが事業を永遠の上に築いて、短きわれのこの一生をして
 万世を益するものとならしめん。キリスト信者たる栄誉の一は、
 荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
 なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり
●<遠大の事業>(内村鑑三
 余輩は今の人のみ救わんと欲せず、また後の人をも救わんと欲す。
 余輩は日本人のみを救わんと欲せず、全人類を救わんと欲す。
 余輩の事業は小なりといえども永久的にしてまた宇宙的なり。
 余輩は今時をのみ目的として働くものにあらず。