【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【弱さ】を強味に導く【神の愛】!①

【2006年4月25日に作成した<第403回>に加筆】<改訂版・再掲載> 
◇◇【弱さ】を【強み】<誇り>に導く【神の愛=主イエス】!(その1)◇◇

●主は言われた『私の恵みはあなたに対して十分である。私の力は弱いところに完全に
 あらわれる。』それだからキリストの力が私に宿るように、むしろ喜んで自分の弱さを
 誇ろう(コリント後書12-9)
●主は恵みと憐れみ深く、正義を行われる。まことに私たちの神は情け深い。
 主は無学な哀れでわきまえのない者を守られる。私が低くされ、おとしめられ、
 弱り果てた時、主は私を救われた。我が魂よ、再び安らうがよい。
 主はお前に善くして豊かに報いてくださったからである。あなたは私の魂を死から、
 私の目を涙から、私の足をつまずきから、助け出し救ってくださった
詩篇116-5~8)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

現実で様々な<患難辛苦>に直面しても勇進し続けてようとする皆さんの【心意気】を
心より応援しています!私自身も自分の無知無能な結果として追い込まれていますが、
いつも【神の愛=主イエス】に助けられています!

<患難辛苦>の突破として、実体験から皆さんに絶賛推奨できる<最善最強の方法>は、
【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】による<相思相愛の主従関係>に
結ばれた【礼拝:★讃美★祈求★感謝】です!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

私の生涯にわたる<最大の宿敵>とは、私自身の【闇:不義・不正・不実】から生まれる
<弱さ:欠点・短所>であるといつでも、どこででも痛感しています。皆さんは自分の
【弱さ】とうまく付き合えていますか?

自分だけでなく世間的にも嫌悪される<弱さ:欠点・短所>が強大である私にとっては、
もし【神の愛=主イエス】を知らなかったならば恥辱に耐えられず、自己否定・不信・
嫌悪に押しつぶされていて、今頃は皆さんとも交流できなかったと確信できます。

私自身の【弱さ:欠点・短所】は強大過ぎて、おぞましくて、世間一般で通じるような
少々の慰めや励ましでは到底解決できるものではありません。

たとえば、私よりも不幸であったり、肉体的・精神的に苦労しながらも挑戦し続けている
【勇気ある人々】を見聞きすることで「俺はまだましだ!がんばるぞ!」「俺の悩みは
何て贅沢なんだろう…サボらずに一生懸命やるぞ!」とはなりません。

謙虚で素直な人なら、自分より悪条件で挑戦している人を見聞きするだけでも、励まされ
慰められるかもしれませんが、私は天下一のひねくれ者であり、嫉妬深く、意地っ張りで、
傲慢で、自分勝手なので、その程度では感動しません。

ならば「偉人伝」はどうでしょうか?天才偉人には私には無い【強み】があったからだと、
直ぐに失望するだけです。

つまり、私のような最悪な【弱さ:欠点・短所・弱点】だらけで、無知無能なくせに、
傲慢で自己中心の【エゴの塊】には、ひとたび堕落腐敗したら、再起・再出発できる
【チャンス】や<救い>は無いのでしょうか?ところが、こんな私にもあったのです!

それこそが【聖書:イエスの生涯と教え】そのものです!【聖書】はいつも心優しくて
力強く大胆に、いつでもどこでも何度でも、私のためだけに≪マン・ツー・マン指導≫で
適切に慰めてくれ励まし希望と勇気を与えてくれる【最善・最強の味方】です!

【聖書・御言葉】は単なる書物ではなく、信愛できる<人格的存在>【霊的生命】であり、
私の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に直接語りかけてくれます。

どんなに薄汚くても、意気地なしでも、永遠不滅の【ビジョン:理想・夢念・大志】が
私のために与えられていることを思い出させてくれます。

「そうだ!私が生かされているのは【ビジョン:理想・夢念・大志】を過去から未来へと
 手渡すことだ!」

世間と比較することなく、私の<最高!最善!最美!>である【存在意義・人生目的】は
私の【ビジョン:理想・夢念・大志】実現であり、【神の愛=主イエス】と一体感となる
【ビジョン:理想・夢念・大志】こそが私には慰め励ましであり、希望と勇気の源です!

【ビジョン:理想・夢念・大志】は【神の愛=主イエス】が私たちが最善発揮するために
与えてくれる【万物】そのものです!

●キリストは我が万事(すべて)であるということである。キリストは我が義である、
 我が潔めである、我が救いである。我れキリストを信じて我が為すべき万事を
 なしたのである。
 「そは神の充足(みちた)れる徳は、ことごとく形体(かたち)をなしてキリストに住めり
 (コロサイ書2-9)」
 神はキリストにありて万物を人に与え給うのである。しかして人はキリストにありて
 万物を神より受くるのである(内村鑑三

これほど【神の愛=主イエス】に助けられている<歓喜!感動!感謝!>の我が人生でも
万策尽きて途方に暮れる連続です。【神の愛=主イエス】と生きる事を熱望しているのに、
【患難辛苦】に出遭うと、たちまち忘恩・背信的な【弱さ】に負けてしまいます。

私にとって《この場》で皆さんに語り伝えている【福音伝道】こそが私自身に与えられた
【ミッション:使命・天職】である!と確信しています。それなのに【福音伝道事業】の
継続に障害となる現実問題に直面すると、すぐに原因・言い訳を探します。

私は教会組織に帰属しておらず、神学校とも無縁です。洗礼を受けたクリスチャンでなく、
牧師の資格も無く、世間的には《もぐりの医者・詐欺師》のような存在です。

「だから、私の伝道活動は思い通りに花開かず、【パワー】もないのかもしれない…」と
弱音を吐いてしまう事が何度もありました。そうだ!誰かに【洗礼】さえしてもらえれば、
事態は改善して、【洗礼】を受ければ【弱さ】までも克服できるはずだと考えました。

そこで約束無く立ち寄ったカトリック教会で初対面の神父に【洗礼】をお願いしました。
以前観た外国映画で、カトリックは思い立った者には、直ぐ【洗礼】してくれるという
会話シーンを思い出したからです。プロテスタント教会は特定の教会に通い習得しないと
簡単に【洗礼】をしてもらえないと聞いた事があったので、とりあえずカトリック教会を
訪問したのです。

ところが、突然訪問したこともあったのでしょう、不審な私の身勝手な都合と立場では、
残念ながらそ【洗礼】をしてくれませんでした。

また、テレビ伝道の有名牧師の関係者を通じて、洗礼を頼んでみたこともありましたが、
当然ながら、いつになっても連絡がありませんでした。

しかし今日現在の私にとっては、誰からも【洗礼】を受けいていないという境遇こそを
心から感謝しています!【洗礼】を授けてくれるのは【神の愛=主イエス】であって、
教会制度や人間を介さずとも、【神の愛=主イエス聖霊】は直接に私たちの<心>に
来てくれる証明です!

●真理は教会より大なり(内村鑑三
●神は何らかの教会制度や、さらにある一定の学問の中に限られてはいない。
 そのようなものがなくとも、神は自らを知らしめ給う(ヒルティ)
●教理を知らないでもクリスチャンである者が少なくない。キリスト教は証明せらるべき
 教義ではなくて、生活さるべき一つの生命である(ヘンリー・ドラモンド)
●キリストは教会の救い主にあらずして、世界の救い主なり。彼は今や狭き教会を去って
 広き世界に偏在したまう。キリストの教会は世界にして会員は人類なり(内村鑑三

【洗礼】も受けた「クリスチャン」でなく、神学に無縁で教会や特定宗派にも属さない
【自主独立:自由・独立】の私だからこそ、教会組織・神学権威・宣教組織と異なった
【福音伝道】が実現できることを私は感謝します!ハレルヤ!

●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け 自由の大道を自在なる英知もて進め。
 その尊き偉業の報いを欲せず自らが愛する思想の実をば結びゆけ(プーシキン
●【タゴールの名言・格言】
★君の呼びかけに、だれも答えないならば
 君よ、我が道を一人征(ゆ)け
 皆が恐れを抱いて沈黙するならば
 君よ、開いた心と恐れなき声をもって、ただ真実のみを語れ
★暗い嵐の夜に
 だれも松明(たいまつ)に火をつける者がなく
 扉をたたく君に
 だれ一人として応じる者がいなくとも
 君よ、失望してはならない
 雷(いかずち)が激しくとどろくなかで
 我が心の松明に火をつけ
 一人、暗闇(くらやみ)のなかで火を燃やせ
★われわれの力がどんなに小さくとも、また、我々が世界のどの一隅に属していようと、
 われわれ個人は全人類を理解する意識の力を増大させるよう自分自身に要求する。

私は独りゆえの【弱さ】で連戦連敗ですが、一方で自分独りだからこそ、組織の論理や
先例に遠慮することなく、自分勝手に大胆に自由自在の【福音伝道】ができることは
至上の喜びであります!【弱さ】ゆえに与えられた満足感です!

●人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見出せるようにして下さった。
 事実、神は我々一人一人から遠く離れておいでになるのではない。
 我々は神の内に生き、働き、存在しているからである(使徒行伝17‐27~28)
●神はあなた方にあらゆる恵みを豊かに与え、あなた方を常にすべての事に満ち足らせ、
 すべての善いわざに富ませる力のある方である(コリント後書9‐8)
●【最大の能力(内村鑑三)】
 確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
 これが世界を動かした力である。
 先ず我の無能を覚って、しかる後に神の大能に頼る、かくて自己は死して
 神、我にありて生きるに及んで、我は真個の勇者となる。
●嘆くのはやめて旅をし続けるがよい。すでに与えられたものをしっかり守れ。
 この午後をなお歩み続けるならば、夕べには平和がさし招くであろう(ヒルティ) 

★★【その2】につづく★★