【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

患難辛苦を大勝利に導く【神の愛】!

 慰めは苦しみのすぐかたわらにある。

 これは、神が、ほかのだれよりも、

 このようなみずから進んで苦しみを堪え忍ぶ人々の

 そば近くにいられるということである。

 そこで、彼らには苦難そのものが常に甘美な、

 堪えやすいものとなるばかりでなく、

 すべてのことがよい結末を得るのである。

 このような慰めがなければ、

 だれもあの「狭い道」を歩みえないであろう。

 すでに多くの人が大きな苦しみのなかにありながら、

 この慰めを得て幸福であった。

                [『眠られぬ夜のために:<1月9日>(ヒルティ)』より]

★★★

●我が子よ、
 主の訓練を軽んじてはならない
 主の叱責をいとうな
 父がかわいがる子をしかるように
 主は愛する者をしかる(箴言3‐11~12、ヘブル書12‐5~6)
●あなたは私を
 多くの苦しみ災いと重い悩みとに遭わせ、
 私に思い知らせましたが
 私を再び生き返らせ、
 地の深みから、再び私を引き上げてくださいます(詩篇71-20)
●わが身とわが心とは衰え朽ち果てましょう。
 しかし神はとこしえにわが心の岩<力>、わが嗣業(与えられた分<土地>)である
詩篇73-26)
●主を愛する者たちよ、悪を憎め。
 主は聖徒たちの魂を守り、神に逆らう者の手から救い出だされる。
 光は、神に従う人のために、種のように蒔かれている。
 喜びは、心のまっすぐな人のために蒔かれる。
 神に従う人よ、主にあって喜び祝え。聖なる御名に感謝をささげよ。
詩篇97-10~12)

私たちの人生で直面する、肉体的・精神的・経済的・社会的な行き詰まり、挫折などの【患難辛苦】は、【神の愛=主イエス】の【試練:特訓・オーディション&リハーサル】であって、私たちが心から信じ望み愛する
【ビジョン:理想・夢念・大志】に立ち帰って、【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に
高く掲げて、再起・再出発する<チャンス><神助:祝福・恩恵>であることを体感しましょう!

●失敗は方針を転ぜよとの神の命令である。我等は失敗を重ねて神の定め給いにし天職につくのである。
 (内村鑑三
●患難は我らを神の懐に駆(オ)い追(ヤ)るための彼のムチである
 我らは患難に遭うて神の我らのために設け給いし休息(イコイ)の牧場に入るのである(内村鑑三
●<患難の解釈>(内村鑑三
 患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
 これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
 神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
 恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
 麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
●<恩恵としての患難>(内村鑑三
 神は無益に患難を下し給わず、これを自己かまたは他人を救うために下し給う。
 患難はたしかに神の恩恵なり、これなくしてわれも人も罪悪を去りて正義の神に帰るあたわず。
●試練と祝福は密接に関連している(ヒルティ) 
●患難のための恩恵にあらず、恩恵のための患難なり。患難は手段にして恩恵は目的なり(内村鑑三

【神の愛=主イエス】に対する【信仰:信愛・信頼・信従】と【礼拝:★讃美★祈求★感謝】で
<相思相愛の主従関係>で結ばれるならば、私の心に光り輝く【ビジョン:理想・夢念・大志】が
<最愛の我が子・我が分身>となってくれて、たとえ連戦連敗で<ノック・ダウン>をしようとも、
<ノック・アウト>することなく、何度でも立ち上がれる【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に導いて、
軟弱で貧相な私の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワー・アップ>してくれます!

●失敗は、より賢くやり直す機会に過ぎない(フォード)
●間違いをおかしても、深刻なものであっても、やり直す機会は必ずある。
 失敗とは転ぶことではなく、そのまま起きあがらないことなのです(メアリー・ピックフォード
●夜のあとには  朝が来る。
 冬のあとには  春が来る。 
 嵐のあとには  日光にあふれた世界が来る。
 敗北のあとには チャンスが来る(ロバート・シュラー)
●彼が、私を呼び求めれば、私は、彼に答えよう。
 私は、苦しみのときに彼と共にいて、彼を救い彼に誉れを与えよう。
 私は、彼を長いいのちで満ち足らせ、私の救いを彼に見せよう(詩篇91-15)
●恐れてはいけない。しっかり立って、
 きょう、あなた方のために行なわれる主の救いを見なさい(出エジプト記14-13)
●主は倒れる者をみな支え、かがんでいる者をみな起こされます(詩篇145-14)

皆さんが【神の愛=主イエス】と<熱き思い燃える心>の【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれて、
<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて、
現実生活の<患難辛苦>を突破できる<神助:祝福・恩恵>と【神の愛の奇蹟】に助けられ導かれて、
【神の愛=主イエス】と共に生きる<歓喜!感動!感謝!>の<圧倒的大勝利!>を体感できるまで、
<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】で勇進し続けることを
心より応援しています!

●人間はすべて夢想家だ。 
 春の日の柔らかな霞、長い冬の晩の赤い炎を見ながら夢想する。
 このとき偉大な夢を忘れてしまう者もいるが、
 太陽の光のもとにでる日を待ち望み、
 逆境にあっても、
 夢を大事に育み大きくする者もいる。
 夢は必ず叶うと心から信じていれば、その日は必ず来る(ウィルソン)
●私が学んだことは、変化を起こすには、
 恐れずに、最初の一歩を踏み出すということです。
 そうでなければ、変化を起こすことは、できません。
 思うに、ただ一つの失敗というのは、挑戦してみようとしないことです(ローザ・パークス
●できるかどうか分からないような試みを成功させるただ1つのものは、
 まずそれができる、と信じることである(ウィリアム・ジェームズ)
●奇跡は、それを信じるものに起こる(バーナード・ベレンソン)
●主は、いつまでも見放してはおられない。
 たとい悩みを受けても、主は、その豊かな恵みによって、あわれんでくださる。
 主は人の子らを、ただ苦しめ悩まそうとは、思っておられない。(哀歌3-31)
●苦しみを抜けて歓喜に至れ!(ヴェートーベン)
●あなた方には この世で患難辛苦がある。しかし、勇気を出しなさい。私は既に世に勝っている。
 (ヨハネ伝16-33)
●だれが、キリストの愛から私たちを引き離すことができるというのか。
 患難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危難か。剣か。
 私たちは、これら全ての事において、
 私たちを愛して下さる方によって輝かしい圧倒的勝利者となる(ロマ書8-35~37)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!