【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【ビジョン:理想・夢念・大志】で<献身>!


●新聖歌102番

 主は命を 与えませり
 主は血潮を 流しませり
 その死によりてぞ われは生きぬ
 われ何をなして 主に報いし

 主は御父の 許を離れ
 わびしき世に 住み給えり
 かくもわがために 栄を捨つ
 われは主のために 何を捨てし

 主は赦しと 慈しみと
 救いをもて 降りませり
 豊けき賜物 みにぞ余る
 ただ身と魂(たま)とを ささげまつらん

●そこでピラトは、十字架につけさせるために、イェスを彼らに引き渡した。
 彼らはイェスを引き取った。イェスはみずから背負って、
 されこうべ(ヘブル語ではゴルゴダ)という場所に出て行かれた。
 彼らはそこで、イェスを十字架につけた。イェスをまん中にして、
 ほかの二人の者を両側に、イェスと一緒に十字架につけた。
 ピラトは罪状書きを書いて十字架の上にかけさせた。
 それには「ユダヤ人の王、ナザレのイェス」と書いてあった。
 イェスが十字架につけられた場所は都に近かったので、
 多くのユダヤ人がこの罪状書きを読んだ。
 それはヘブル、ローマ、ギリシャの国語で書いてあった。
 ユダヤ人の祭司長たちがピラトに言った、
 「『ユダヤ人の王』と書かずに、『この人はユダヤ人の王と自称していた』
 と書いてほしい。ピラトは答えた、
 「わたしが書いたことは、書いたままにしておけ」。
(ヨハネ伝19-16~22)

この世の万事万物のために、無一物な私を救霊するために、【神の愛=主イエス】が降誕してくれた事への報恩感謝として、私たちが<歓喜!感動!感謝!>でできることは、【大希望:聖望!聖願!聖欲!】の心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>とする【ミッション:使命・天職】に生きる事であることを体感できます!

皆さんが【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれて、心に抱く【ビジョン:理想・夢念・大志】を<旗印>に高く掲げて勇進する【愛と自由の戦士:神の僕・忠義の愛子・光の子】として活躍される事を心より応援しています!

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!