【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

万事を神愛価値観に導く【神の愛】

【2019年4月1日に作成した<第711回>に加筆】
◇◇<万事・万物・万象>を<神愛価値観>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

小学校で2018年から本格的英語教育が始まり2020年には必修化されると
報道されています。日本国民が世界で活躍する為に大切な幼少期にこそ学ぶべきと
考えたのでしょうか?以前にも紹介した<ビッグ・ロック>の話を思い出します。

先生が教室で学生の前で空の壺に「ビッグ・ロック(大きな石)」を詰め込みます。
そして、先生は学生に尋ねます。
先生:「このツボは一杯か?」、生徒は口をそろえ「一杯です!」と答えます。
すると先生はバケツ一杯の砂利を持ち出して、そのツボの中に入れてみせました。
先生:「このツボは、もう一杯か?」 生徒は皆黙ってしまいます。
先生は答えます。「そうだ。まだ一杯ではない。」
今度は、バケツ一杯の砂を持ち出して、ツボの中に入れてしまいます。
先生:「このツボは、もう一杯か?」生徒は口をそろえ「いいえ!」と答えます。
先生は答えます「そうだ、まだ一杯ではない」
最後に水さし一杯の水を取り出して、壺の入口に溢れる程、入れてみせます。
先生:「これはどういう意味か?」
ある生徒が答えます。
「それは『どんなにスケジュールが詰まっていても、詰め込めば何とかなる』
 ということだと思います。」
「違う!」と先生は答えます。
先生:「頭の中には、最初に<一番大切な大きなこと>から入れて行かないで
    日常の<些細な小さなこと>を優先して詰め込んでしまったら、
    <一番大切な大きなこと>を簡単には頭の中に入れることはできない。
    先ずは大事なこと<ビッグ・ロック>から始めなさいということだ!」

60歳を迎える私の人生経験からは人生で大切な幼少期にこそ先ず学ぶべき事は
【神の愛=主イエス】【聖書】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】と断言します!

●あなたの若い日にあなたの創造者を覚えよ、災いの日が来ないうちに
 また、『何の喜びもない』という年月が近づく前に(伝道の書12-1)
●神を知って万事ことごとく可なり、知らずしてことごとく非なり。
 主を知るは智恵の初めである。神を知る知識なくして道徳も政治も殖産も無し
 (内村鑑三:ホセア書4‐3) 
●日本に欠乏しているものは何か。
 それは富ではない。知識ではない。
 才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。
 日本に欠けているのは「生きた確信」である。
 真理そのものを愛する「情熱」である。
 この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。
内村鑑三 一八九九年一月十五日『東京独立雑誌』十九号) 
●<文明の解>(内村鑑三
 文明は蒸気にあらず、電気にあらず、憲法にあらず、
 科学にあらず、哲学にあらず、文学にあらず、
 演劇にあらず、美術にあらず、人の心の状態なり。
 人を尊むか、真理を愛するか、主義に忠なるか、
 正義に勇なるか、責任を重んずるか、義務に服するか
 文明の秩序はこれらの諸問題によって決定せらる。
●主が家を建てるのでなければ、建つる者の働きはむなしい。
 主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい
 あなた方が早く起きるのも、遅く休むのも、
 辛苦の糧を食べるのもそれはむなしい。
 主は、その愛する者には、眠っている間にも、
 なくてはならないものを与え備えて下さる(詩篇127‐1~2)
  
【聖書】<神愛観:世界観・歴史観・人生観>はユダヤ・欧米民族の専有でなく
【神の愛=主イエス】がユダヤ民族を通じ世界全民族に約束した<神愛契約>で、
<未来の事実>を紹介した預言書であり単なる戒律宗教とは別物と理解できます。

●真理は教会より大なり(内村鑑三)
●キリストは教会の救い主にあらずして、世界の救い主なり。
 彼は今や狭き教会を去って広き世界に偏在したまう。
 キリストの教会は世界にして、会員は人類なり(内村鑑三
●神は何らかの教会制度や、さらにある一定の学問の中に限られてはいない。
 そのようなものがなくとも、神は自らを知らしめ給う(ヒルティ) 
●教理を知らないでもクリスチャンである者が少なくない。
 キリスト教は証明せらるべき教義ではなくて、
 生活さるべき一つの生命である(ヘンリー・ドラモンド) 
●あなた方はキリストの体であり、また、一人一人はその部分です
 (コリント前書12-27)
●<日本国とキリスト>(内村鑑三
 日本国はキリストを要す。
 彼によるにあらざれば、その家庭を潔むるあたわず。
 日本国はキリストを要す。
 彼によらずして、その愛国心は高尚なるあたわず。
 キリストによりてのみ、真正の自由と独立とあり。
 そは彼は霊魂に自由を与うる者なればなり。
 キリストによらずして、大美術と大文学とあるなし。
 そは彼は人類の理想なればなり。
 キリスト降世二千年後の今日、
 吾人は彼によらざる真正の文明なるものを思惟するあたわず。
 (1901年5月『聖書之研究』)

日本は英語教育など欧米精神を積極的に受け入れているのにキリスト教信者は
わずか1%レベルだと聞きます。私もクリスチャン<教会的信者>でありません。
100年前の内村鑑三が気づいていたように現在の日本のキリスト教会権威とは
欧米型のキリスト教で日本独自の【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】は
既成教会として存在しないからキリスト教までも人気も魅力も感じないのだと
実感します。

日本のキリスト教会は<ビッグ・ロック:神愛観:世界観・歴史観・人生観>を
紹介せず先ず自己愛の罪自覚と信じないと地獄行き!を紹介する「戒律宗教」に
感じます。もともと自己本位よりも世間体重視の他人本位志向の日本人にとって
道徳倫理や儒教仏教や哲学的価値観と大差ない「善悪の価値観」と誤解されます。

<神愛観:世界観・歴史観・人生観>は他の価値観と全く異なることがあります。

この世界の誕生は二段階<ギャップセオリー>で【三位一体:父・子・聖霊】が
創造された。始めに創造された時に天使長が3分の1を率いて反乱を起こした。
そこで再構築して海が産まれることになった。約6000年前のことである。
<万事・万物・万象>とエデンの園は【神の愛=主イエス】によって創造されて
最後に人間アダムが【神の愛=主イエス】の似姿で創造されイブも創られる。
エデンの園では菜食で動物も人間も不死であったが堕天使サタンの誘惑によって
【神の愛=主イエス】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】に背を向けたくなる
習性<原罪>と当時の環境では900歳位で死ぬ運命を与えられることになる。
やがて人間が【神の愛=主イエス】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】を離れて
堕落腐敗し堕天使が人間と交配してネフィリムが出現したので、根絶するために
約4300年前に天上の水を落下させたノアの大洪水が起こり、生存者家族から
現在の私たち民族が誕生している。それまで天上の水膜で温暖湿潤で酸素濃度も
違ったので植物も豊かで恐竜や巨大昆虫なども菜食で生存できたがノアの洪水で
雨が降る現在の気象環境となり植物が減少し寒冷地が生まれ肉食も許されたので
数百年生きられた寿命は一気に短くなり現在の自然環境に至る。

未来預言では<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>が世界統一政府を誕生させ
7年間の大患難時代がやって来る。直前に【神の愛=主イエス】が空中再臨し
【神の愛=主イエス】に従う者は生きたまま死なず天上に招かれる<携挙>で
7年間の大患難時代は天界パラダイスで待機して【主イエス】地上再臨によって
大患難時代が終わり<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>は完全に幽閉されて
【神の愛=主イエス】統治の<千年王国・メシア的王国・神愛王国>が誕生する。
【神の愛=主イエス】に従う者は死も病もなく四苦八苦解放の完全な人間として
思う存分活躍する【神愛自立:神愛自由・神愛独立】の1000年間が与えられ
地球を【神の愛=隣人愛】に輝く<エデンの園>復活神愛事業に参加専念できる
<神愛契約>が約束されています!その後に最後の審判により新天新地が生まれ
<御国:永遠の命・来世・天国>が完成するハッピーエンドが待っています!

過去から未来まで明確に示された<神愛観:世界観・歴史観・人生観>について
進化論や哲学・思想研究のように幼少期に是非とも学ぶことが今こそ最重要です。
何故なら巨大地震が30年以内に起こる可能性が高まっているように大患難時代も
いよいよ近づいている兆候が世界で起こり始めているからです。

【神の愛=主イエス】が<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>を抹殺したければ
瞬間で可能です。【主イエス】降誕から2000年間も執行猶予してくれたのは
私たちの一人でも多くが<千年王国・メシア的王国・神愛王国>に入国できる為の
<神助:祝福・恩恵>で【神愛特訓・試練&召命:オーディション&リハーサル】期間です!

●神はその独り子を賜うほどに此の世を愛して下さった。
 それは御子を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得るためである
ヨハネ伝3-16)
●これらの小さい者の一人が滅びることは、
 天に在ますあなた方の父の御心ではない(マタイ伝18‐14) 
愛する人たち、このことだけは忘れてはならない。
 主のもとでは、一日は千年のようで、
 千年は一日のようである。ある人たちは、遅いと考えているようですが、
 主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。
 そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、
 あなたがたのために忍耐しておられるのです(ペテロ後書3-8~9)
●我らのなお滅びざるは主の慈悲・仁愛(いつくしみ)による。
 その憐憫(あわれみ)の尽きざるによる。
 これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大いなるかな
 (エレミヤ哀歌3-22~23)

この時期の新たな元号<令和>誕生も此の世の<万事・万物・万象>の背景にも
【神の愛=主イエス】を体感できる<神愛観:世界観・歴史観・人生観>を見出し
死後の本番勝負の<千年王国・メシア的王国・神愛王国>入国パスポートとして
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に
<不屈の楽観楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
定められた【ミッション:大義・使命・天職】<生き様・死に様>を突っ走って
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
たとえ一度の生涯では未完成で未実現で連戦連敗で、大半をやり残したとても
千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて【ビジョン:理想・夢望・念志】を
見事に完成させる活躍を心より応援しています!

●死は人生の終末ではない。生涯の完成である(ルター)
●死を考えても、私は泰然自若としていられる。
 なぜなら、われわれの精神は、絶対に滅びることのない存在であり、
 永遠から永遠に向かって絶えず活動していくものだと確信しているからだ
●生活の目的は自己完成にあり、
 そして不死の霊の完成は人生の唯一の目的である(トルストイ
●世の中には生きながら 心の死んでいる者がいる
 その身は滅んでも魂の存する者もいる(吉田松陰
●死はむしろ新しい、より偉大な活動のはじまりであろう(ヒルティ)
●いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
 いやしくも弱気を発してはいけない。
 たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ
●死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし
 生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし(吉田松陰
●狭き門より入れ!滅びに至る門は大きく、その道は広い。
 そして、そこから入って行く者は多い。
 命に至る門は狭く、その道は狭い。
 そして、それを見出す者は少ない
 (マタイ伝7-13~14、ルカ伝13-24)
●我が父の愛は無限なり、彼は我の滅びることを欲(ねが)い給わず、
 彼は我につきて永久に絶望し給わず、
 ゆえに我もまた自己につきて絶望することなく、
 彼の無限の愛を信じてはばからずして今日起ちて彼に往かん
 (内村鑑三:ルカ伝15‐18・放蕩息子の帰郷)
●罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
 神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三
●全てが失われようとも、まだ未来が残ってる(クリスチャン・ボヴィー)
●元気を出しなさい。
 今日の失敗ではなく、明日の成功について考えるのです。
 あなたは困難な仕事を自分に課しましたが、あきらめずにやり続ければ、
 必ずうまく行くのです。
 そして、成功への障害を克服することが喜びとなるでしょう。
 何かすばらしいことを達成するための努力というものは、
 決して無駄にならないことを覚えていなさい(ヘレン・ケラー
●人生でもっとも輝かしい時はいわゆる栄光の時でなく、落胆や絶望の中で
 人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ
 (フローベル)
●一生の仕事を見出した人には、ほかの幸福を探す必要はない(カーライル)
●私(神)はあなた方のために立てている計画を知っているからだ。
 それは災いではなくて、平安を与える計画であり、
 あなた方に将来と希望を与えるためのものである(エレミヤ書29-11)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
過去記事再偏ブログ https://ch.nicovideo.jp/cforum
田中 聡(さとし)