【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

将来と希望を与える【神の愛計画】

◇◇【神の愛】⇔将来(未来)と希望を与える計画◇◇
【2004年2月13日に作成した<第326回>より】 

●主の御告げ~私はあなた方のために立てている計画をよく知っている。
 それはわざわいではなくて平安を与える計画であり、あなた方に
 将来と希望を与えるためのものだ(エレミヤ書29~11)
●神は無秩序な神ではなく、平和の神である(コリント前書15‐33)

神に大事にされ大切なる皆さん、ご愛読に感謝します。

現代の日本では「将来への希望がない…」ことが少子化問題や犯罪の凶悪化や
フリーターの増加など様々な社会現象や未解決問題を引き起こしているのだと
考えられているようです。

確かに【将来への希望】は老若男女に関わらず私たちが生き生きと生きる為に
必要不可欠なものだと思います。

【キリスト精神】においては単なる生活設計や老後の安心という次元ではなく
死後の【来世・永遠の生命】にまで通じる【平安・平和】をもたらしてくれる
【将来への希望】が私たち各自の為に貴重な【人生計画:使命・天職】として
予め与えられていることを実感できて【神の愛】に感謝できる人生といえます。

●主の御告げ~私はあなた方のために立てている計画をよく知っている。
 それはわざわいではなくて平安を与える計画であり、あなた方に
 将来と希望を与えるためのものだ(エレミヤ書29~11)

だからこそ、【キリスト精神】は年を経て人生の晩年になればなるほどに、益々
若々しく日々新たで【青春・青年の心】であり続けることができるといえます。

●あなたは知らないのか、聞いていないのか、主は永遠の神、地の果てまで
 創造された方。疲れることなく、たゆむことなく、その叡智ははかり知れない。
 疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。
 若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。
 しかし、主を待ち望む者は、新しく力を得て、ワシのごとく、翼を張りてのぼり
 走れども疲れず、歩めども倦まざる者となる(イザヤ書40‐28~31)
●青年、壮者とは;
         常に不可能を計画する人
         常に大改革を望む人
         常に詩人的にして夢想する人
         常に利害にうとき人
         常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三

子供に【将来への希望】のためにと、社会参加体験や現状の職種紹介をする事も
善いでしょうが、本当に価値ある【ビッグ・ロック】ではないと私には感じます。

本当に【将来への希望】を与えてくれるものは【神の愛】の存在を教える事だと
現在の私は確信できます。ハレルヤ!主に感謝します!

●私はあなた方に平安を残して行く。私の平安をあなた方に与える。
 私が与えるのは、世が与えるようなものとは異なる。
 あなた方は心を騒がせるな、また怖じけるな(ヨハネ伝14‐27)
●ほむべきかな、私たちの主イエス・キリストの父なる神。
 神はその豊かなあわれみにより、イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、
 それにより、私たちを新たに生まれさせて、生き生きとした希望を抱かせる。
 (ペテロ第1書1‐3)

【神の愛】で得られる【平和・平安】をもたらしてくれる【将来への希望】とは
【主イエス】が残してくれた【聖霊】によって私たち各自の心に直接届けられる
【アメージング・グレース(驚きの余りある恵み)】であることを信じましょう!

●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、
 それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。
 クリスチャンは聖霊の人である。
 聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三

私たちの心に抱く「助けたい!」「喜ばせたい!」など【神の愛=隣人愛】から
湧き上がる【ビジョン:理想・夢・志】は【聖霊】の《神愛のメッセージ》であり、
まさに【神の愛の計画⇔使命・天職】が【霊性:魂[勇気]・善意・良心】まで直接
届けられた証明だといえます。

●神は御意(ミココロ)を成さんために、汝等の内にはたらき、汝等をして
 志望(ココロザシ)を立て、業を行わしめ給えばなり(ピリピ書2-13)
●【愛】は、イエスに対する【貴い愛】は、人を促して大きな仕事をなしとげさせ
 人を励まして、いつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
 【愛】は常に向上を欲して、いかなるいと低い事物によっても、引き停められる
 ことを望まない(トマス・ア・ケンピス)
●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に
 応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
 つまり、人の使命も、最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである
 (ヒルティ)
●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越し、最も多く他を利して
 最も多く己を利する道を我に教えたり(内村鑑三

重要な事は【神の愛】なる【聖霊】の《神愛のメッセージ》は多くは私たちの意に反し
気まぐれのように突如予想外で人生の最悪の時こそ現われることも覚悟しましょう!

●風(聖霊)は思いのままに好むところに吹く(ヨハネ伝3‐8)
●一体に計画を立てるということは、なんの役にも立たないことが多いものだ。
 待つこと、そして神のさずけ給う機会に注意を怠らず与えられたその機会を
 すばやく、すすんで十分の心構えをもってつかむ事、これが成功をおさめる
 道である(ヒルティ)

私たちは【将来への希望】としての【神の愛の計画:使命・天職】を【聖霊】から
直接私たち自身の【内なる声】⇔【ビジョン:理想・夢・志】として教えられます。

皆さんもご存知のように【神の愛】が与えてくれる恵み深き【将来への希望】とは
単に【人生計画】としての【ビジョン:理想・夢・志】だけでは留まりません。

日常の種々雑多な生活苦を克服するための日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】も
【神の生命⇔神の力】として必要に応じていつでも与えてくれるのです!

●【神の力】(内村鑑三)
 神はただ愛と生命と精力とあるのみ。
 「これゆえに、我ら臆せず、我らが外なる人は壊(こぼ)たるとも、内なる人は
  日々に新たなり(コリント後書4‐16)」
◎【神の生命=神の愛の力⇔新生命力・新活力・新思想】(内村鑑三より)
 ◆霊魂を復活させ、愚かなる者を智からしむる能力ある事実(詩篇19)
 ◆すべて信じる者を救わんとする神の大なる能力(ロマ書1-16)
 ◆神の国は言葉にあらず、能力に在り(コリント前書4-20)
 ◆大能をもって我が内に働くもの(コロサイ書1-29)
 ◆【神の生命】は心の内に【光】となって
 【新生命力】と【新活力】を加える【生活力(バイタリティ)】を提供する!
 ◆信仰により救われるのは、信仰により【この能力=生活力】を我らの能力と
 することができるからであり、死は【生活力】が欠乏してやって来る。
 ◆【キリスト教(キリスト精神)】は【神の大なる能力=神の生命=生活力】を
 豊かに供給して人を永遠にまで救わんとする、キリストなる【神の生命】を
 もって【不朽の生命】を与えんとするものである!

日常生活で心に抱く【ビジョン:理想・夢・志】を常に最優先して生き続ける事は
簡単ではありません。知らず知らず徐々に後回し先延ばしにしてはいませんか?

だからといって私たちは後悔することも自己の無力さに嫌悪したり絶望もする事も
ありません。私たちにはこの世の物でない【将来への希望】があるからです!

弱きゆえに私たちは【神の愛の力】に信頼し何度でも再起再出発を目指しましょう!
いつでも【ビジョン】直視の【神の愛】と共に生きる道を目指そうではありませんか!

●(キリストの声)信心を得るという聖い恵みを切に要(モト)め、願いに満ちて追求し、
 辛抱づよく信依しながら待望し、感謝して受け、つつましく保持し、
 つとめてこれによって働いて、天上の恵みの来る時と、その様相とは、
 それが来るまで神に委ねまつるべきである (トマス・ア・ケンピス)
●十字架の言葉は滅び行く者には愚かであるが、救いに預かる私たちには神の力である
 (コリント前書1-18)
●【神の力、神の知恵であるキリスト(コリント前書1‐26~31)】
●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給うのであって、
 ただそれを所有して楽しむためには与えられない (ヒルティ)
●【神助】(内村鑑三
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって
  汝を恵まん。 
⇔ ★天来の思想
★外来の友人
★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。汝は信仰をもって
 神の力を汝の力となすをうべし。
●賢さで人生を乗りきるのは困難だが、導きによって生きるのは容易である(ヒルティ)
●神の力強い活動によって働く力が、私たち信じる者にとって、いかに
 絶大なるものであるかを、あなた方が知るに至るようにと祈っている(エペソ書1-19)
●我等に必要なものは必ず与えられるべし、しかも前もって与えられず
 必要の時に与えられるべし。ゆえに我等は要なき物を要なき時に祈り
 求めて主たる我等の神を試むべからず(内村鑑三
●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、
 これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。
神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)

皆さんが【神愛の意思と計画】である【ミッション:使命・天職】を発見して
そこに【将来への希望】を見出して、常に【バイタリティ:生活力=生命力+活力】を
与えられながら【ビジョン】直視で活躍されることを心より応援しています。

●私たちは、あなた方がひとり残らず最後まで望みを持ち続けるためにも
 同じ熱意を示し、怠ることがなく、信仰と忍耐とをもって約束のものを
 受け継ぐ人々に見習う者となるように、と願ってやまない(ヘブル書6‐11~12)
●この栄光と力ある業とによって、
 尊く素晴らしい大いなる約束が私たちに与えられている。
 それは、あなた方が世にある欲のために滅びることを免れ、
 神の本性にあずかる者となるためである
 (ペテロ後書1-4)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主に感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)