【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】 【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】

【ビジョン】で<重荷転嫁&神愛転嫁>に導く【神の愛=主イエス】!

【2024年5月4日に作成した<第776回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<重荷転嫁&神愛転嫁>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】の<生き様・死に様>である
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

ご存知のようにアダムは【神の愛=主イエス】との約束破りの背信をイブに責任転嫁して
イブは自分の背信をヘビに責任転嫁したと記されていて<人類の原罪>となりました。
私にはアダムの原罪が根付いていると痛感します。それは自分の非を認めず世間や他人に
問題や責任を転嫁するからです。しかし【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】の
<霊的重荷>は自分以外の誰かに転嫁できませんでしたが【神の愛=主イエス】に出遭い
<霊的重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】全部を【神の愛=主イエス】に
転嫁することができるようになりました!

●すべて労する者、重荷を負う者、我れに来たれ。我れ汝らを休ません。
(マタイ伝11-28)
●何事も思いわずらってはならない。ただ事々に感謝と祈りと願いとをささげ、
 あなた方の求めるところを神に申し上げるがよい(ピリピ書4‐6)
●あなたの重荷を主にゆだねよ、主はあなたを支えてくださる。
 主に従う者を支え、とこしえに動揺しないように、はからって下さる
 (詩篇55-22)
●思い煩いは何もかも神にお任せしなさい。
 神があなた方のことを心にかけていて下さるからでる(ペテロ前書5-7)
●神はあなた方をかえりみて下さるのであるから、
 自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい(ペテロ前書5-7)
●重荷を主にゆだねなさい。 主が背負ってくださいます。
  信じて従う者が足をすべらせたり、倒れたりするのを、 
  主が黙って見ておられるはずがありません(詩篇55-22)

<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>の誘惑・謀略・霊的奇襲攻撃で背信・忘恩に導く
<7大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲><邪魔:邪意・邪心・邪気>に
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が支配されやすい私の場合は毎日が後悔だらけです。
その度に【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】で霊的ゴミ屋敷状態になりますが
【神の愛=主イエス】のおかげで責任転嫁できて【霊性:魂[勇気]・善意・良心】は
<一日一生!日々新た>に老いても益々若き【青春:幼な心・青年の心】気分です!

●すべてのことは、あなた方の益であって、
 恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
 感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
 だから、私たちは落胆しない。
 たとい私たちの外なる人は滅びても、 
 内なる人は日々新たにされていく。
 なぜなら、このしばらくの軽い患難は私たちの内に働いて、
 永遠の重い栄光を、あふれるばかりに私たちに得させるからである。
 (コリント後書4-15~17)
キリスト教は特に青年の宗教であり、日々新たにして、又日々に新たなり(内村鑑三
●神は、私たちが行った義の業によってではなく、
 ただ神のあわれみによって、私たちを救ってくださいました。
 この救いは、聖霊によって新しく生まれさせ、
 新たに造りかえる新生と更新との洗いを通して実現したのです(テトス書3-5)
●ほむべきかな、私たちの主イエス・キリストの父なる神。
 神はその豊かなあわれみにより、
 イエス・キリストを死人の中からよみがえらせ、  
 それにより、私たちを新たに生まれさせて、
 生き生きとした希望を抱かせる (ペテロ第1書1‐3)
●あなた方が新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、
 朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わる事のない、
 神の言葉によるのです(ペテロ前書1-23)
 ●誰でも新しく生まれ変わらなければ、神の国を見ることはできない。
 (ヨハネ伝3‐3)

私の霊的経験では自分の<重荷:不義・不正・不実・不純・不潔>転嫁で身軽になっても
放っていれば直ぐ【霊性:魂[勇気]・善意・良心】は霊的ゴミ屋敷になってしまいます。

●汚れた霊が人から出ると、休み場を求めて水の無い所を歩きまわるが、
 見つからないので、出てきた元の家に帰ろうと言って、
 帰って見ると、その家はそうじがしてある上、飾りつけがしてあった。
 そこでまた出て行って、自分以上に悪い他の七つの霊を引き連れてきて中にはいり、
 そこに住み込む。そうすると、その人の後の状態は初めよりももっと悪くな る。
 (ルカ伝11-24~26)
 
そこで【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が喜ぶ【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱き
【神愛力=隣人愛】【福音:聖書観・真理の御言葉】と<一体化・連帯化・協働化>する
<神愛転嫁>を体得しました。おかげで【ビジョン:理想・夢望・念志】は霊的成長して
人格的存在の<最愛の我が子・我が分身>になってくれます。

例えば私の個人的福音伝道事業で事務所閉鎖に追い込まれた世間的どん底人生状態の時に
【神の愛=主イエス】に後悔も責任も転嫁して<神愛神助:祝福・恩恵>にお任せする
<神愛転嫁>したことで私の担当弁護士から私の事業は【福音伝道カウンセラー】だと
命名されたのです!世的どん底でも【ビジョン:理想・夢望・念志】が新生しました!
さらに職住一致を出て新居が見つけられない状況に【福音伝道カウンセラー】を体現し
<人生の旗印>となる現在のロゴデザイン/アイコンが霊的にひらめきました!

●神に頼るにあらざれば何事をもなしえざる者はクリスチャンなり、
 神に頼れば何事もなしうる者もまたクリスチャンなり。
 世にクリスチャンの如く弱きものあるなく、
 またかれのごとく強き者もまたあるなし(内村鑑三
●<神助>(内村鑑三
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて全ての善き物をもって汝を恵まん。
 ⇔ ★天来の思想
   ★外来の友人
   ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の事業を助けん。
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすを得べし。
◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
 汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。
■<神の助け>(内村鑑三
 神はさまざまの方法をもってわれらを助け給う、
 あるいは霊をもって、
 あるいは物をもって、
 あるいは友人をもって、
 あるいは敵人をもって、
 あるいは同国人をもって、
 あるいは外国人をもって、
 あるいは知人をもって、
 あるいは未知の人をもって、
 われらの弱きを助け、
 乏しきを補い給う。
 神の方法に富み給うは
 かれが日々われらを助け給うその方法の豊かなるによりて知るをうべし。
 「われらに臨む患難は多し。
  されどエホバはわれらをみなその中より援(たす)け出し給う(詩篇34-19)」
●君のすべての心をもって神に己を見せなさい。
 望みが乾き切ったとき、神はしばしばその慈悲を、雨のように注ぎ給う。
 (セルバンテス)  
●暗さがもっとも増すときに、人々は星を見る(エマーソン)
 
皆さんの人生でも様々な患難辛苦に直面し【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】や
後悔や<弱気:恐れ・不安・心配>など<霊的重荷>は【神の愛=主イエス】に転嫁して
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が満足の【ビジョン:理想・夢望・念志】を掲げて
【神愛力=隣人愛】【福音:聖書観・真理の御言葉】と<一体化・連帯化・協働化>する
<神愛転嫁>して<パワーUP&UPグレード>に霊的成長させる事を是非お奨めします!

●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる。
 (トマス・ア・ケンピス)
●それゆえ愛は万事に対する能力をもち、
 愛しないものならば力尽きて倒れる場合にも、
 多くのことを成し遂げる功を奏させる(トマス・ア・ケンピス)
●イエスと共にある者は;
  ◆青春の詩的理想を持続することができる
  ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
  ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
   にしてその
  ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
 神に頼る我は小なりといえども、はなはだ大なる者なり(内村鑑三) 
●人生において、諸君には二つの道が拓かれている。
 一つは理想へ、もう一つは死へと通じている(シラー)
●人間を偉大にしたり卑小にしたりするのは、その人の志である(シラー)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】の<生き様・死に様>で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】は【神の愛=主イエス】に転嫁し続けて
老いても益々若き【青春:幼な心・青年の心】の<神愛弟子精神:心・意・気>体得で
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が大満足する【ビジョン:理想・夢望・念志】を掲げ
【神愛力=隣人愛】【福音:聖書観・真理の御言葉】と<一体化・連帯化・協働化>する
<神愛転嫁>で<パワーUP&UPグレード>させ<最愛の我が子・我が分身>に育て上げ
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&正義<隣人愛>の結実】に
チャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

●青年、壮者とは;
         常に不可能を計画する人
         常に大改革を望む人
         常に詩人的にして夢想する人
         常に利害にうとき人
         常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三
●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、
 なおも大望を抱いて、その一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三
●人格は平静の中では作られない。試練と苦しみを通してのみ、
 魂は強くなり、野心は燃え、成功は成し遂げられる(ヘレン・ケラー)        
●人生でもっとも輝かしい時はいわゆる栄光の時でなく、落胆や絶望の中で
 人生への挑戦と未来への完遂の展望がわき上がるのを感じたときだ。
 (フローベル)
●自分の後ろにあるもの、そして自分の前にあるものは些細なものである。
 自分の内部にあるものに比べれば(エマーソン) 
●神は我等の避け所、また力なり。悩める時の最もちかき助けなり。
詩篇46-1)
●私を呼ぶがよい。苦難の日、私はお前を救おう。そのことによって、
 お前は私の栄光を輝かすであろう(詩篇50-15)
●彼が私を呼び求めるとき、彼に答え、苦難の襲うとき、彼と共にいて助け、
 彼に名誉を与えよう(詩篇91-15)
●苦難の中から主を呼び求め、わたしの神に向かって叫ぶと、その声は神殿に響き、
 叫びは御前に至り、御耳に届く(詩篇18-7、サムエル後書22-7)
●主は倒れようとする者をひとりひとり支え、
 うずくまっている者をみな起こされる。
 ものみながあなたに目を注いで待ち望むと、
 あなたは時にかなって食物を与えられる。
 あなたは御手を開き、
 すべて活ける命あるものの望み願いを満たされる(詩篇145-14~16)
●神にすがる依頼心ありて始めて真個の独立と威厳と自尊はあるなり(内村鑑三
●キリストを神として拝するも我等の良心は少しも品性の堕落を感じません。
 のみならず、帝王を崇拝して自由を失い、富豪を崇拝して威権を隕(オト)せし
 国民もイエスを神として崇め奉りて、その失いし自由と独立を回復した例は
 人類の歴史に幾度もあります(内村鑑三
●我、神にありて新たなる力を獲てワシのごとく、翼を張りてのぼり、
 走れども疲れず、歩めども倦まざるなり(イザヤ書40‐31)
   
ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)

 

【ビジョン】で<神愛礼拝視点>に導く【神の愛=主イエス】!

【2024年4月2日に作成した<第775回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<神愛礼拝視点>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】の<生き様・死に様>である
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

日本でも世界でも政治権力が自国民や世界を害する政策を強行しているように感じます。
敵は陰謀論が指摘する人間組織を支配する<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>です。

●私たちの戦いは、血肉を相手にするものではなく、
 支配と権威、暗闇の世界の支配者、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。
(エペソ書6-12)
●全世界は悪しき者の配下にあることを、知っている(ヨハネ第1書5-19)
●あなた方の敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、
 誰かを食 いつくそうと探し回っています(ペテロ前書5-8)
●悪魔は最初から入殺しであって、真理をよりどころとしていない(ヨハネ伝8-44)

世界でも日本でも保守的政治勢力が結集決起して反旗をひるがえし始めています。
日本では伝統回帰や戦後の自虐史観を打破して誇りを取り戻す愛国自尊精神による
国民参加型の政治勢力を創出して海外勢力・既得権力に立ち向かう事を提唱しますが
<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>との戦いは個人的信仰が標的であり戦場であり
初めは少数派勢力でも人類最悪自虐史観の「進化論」を打破して【神の愛=主イエス】に
立ち帰ることを私は提唱します!ハレルヤ!!栄光を主に帰します!アーメン!

●<救済の瞻望(せんぼう)>(内村鑑三
 神は必ずわが国を救い給うべし、
 しかもその政府をもってにあらず、
 その役人をもってにあらず、
 その教師または宗教家をもってにあらず。
 かれが択み給いし人をもってして、
 かれが定め給いし方法によってこれを救い給うべし。
 かれはかくのごとくにして他の国を救えり、
 かれはまたかくのごくにしてわが国を救い給わん。
 周囲の腐敗日々にはなはだしくして、
 余輩は下を瞰(み)ずして上を望み、
 人に頼まずして神を仰ぐ。
●独立を説くなかれ、キリストを説くべし(内村鑑三
●神にすがる依頼心ありて始めて真個の独立と威厳と自尊はあるなり(内村鑑三
●神の声は常に世論に反対す〈内村鑑三
●投票箱より正義は生まれず(カーライル)
●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三
●小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで神の国をくださる。
(ルカ伝12-32)
●多くの人によるのであっても、少数によるのであっても、
 主の救い<勝利>の妨げとなるものは何もない(サムエル前書14-6)
●神は大事を為すにあたって多数の勢力をもってせずして単独の勢力をもってし給うた。
 (内村鑑三

<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>には世的価値観で無に等しく無力と思われている
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛>【神の愛=主イエス】を【信仰:信愛・信頼・信従】で体得できる
<神愛弟子精神:心・意・気><神愛礼拝視点>が最善防御であり最強の神愛武器です!

●夜は更け、日は近づいた。だから闇の行いを脱ぎ捨てて光の武具を身に着けましょう。
(ロマ書13-12)
●悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。
 (エペソ書6-11)
●だから、邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、
 しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい(エペソ書6-13)
●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
 いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
 これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである。
  (テサロニケ前書5‐16~18)   

<神愛弟子精神:心・意・気><神愛礼拝視点>は【神の愛=主イエス】の体感手段で
<見果てぬ夢>【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱き続ける事が目的と実感できます。
私でも誰でも常に心には<願望>【ビジョン】を抱き続けていますが、私の場合などは
<7つの大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲><邪意・邪心・邪気>が
邪魔して【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が抱く【ビジョン:理想・夢望・念志】は
自力では守り育てられませんでしたが、今は【神の愛=聖霊】の霊的内住のおかげで
患難辛苦に直面したり挫折失意や<弱気:恐れ・不安・心配>の時、絶好調の時でも
私の<心の闇><重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】を自己直視せずに
【神の愛=主イエス】に心を向ける<神愛弟子精神:心・意・気><神愛礼拝視点>で
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取り神愛感謝の
【神愛礼拝:★讃美★祈求★感謝】【神愛礼讃:神愛謳歌・神愛絶賛・神愛熱唱】が
<無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
<一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】を充霊してくれ
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】が
霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワーUP&UPグレード>してくれます!

●望みて喜び、患難に耐え、常に祈れ(ロマ書12-12)
■<信者の祈祷>(内村鑑三
 わが祈祷が聞かるるのではない。
 神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
 信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
 神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
 信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
 神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
 われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
 ゆえに言う、
 「われらは祈るべきところを知らず、
  されども聖霊みずから言いがたきの嘆き(熱心)をもて、
  われらのために祈る(ロマ書 8-26)」と。
●真の祈りはただの祈りではない、一種の預言である、
 すなわち必ず成就すべきことを前もって語に表現することである(内村鑑三
●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
 それを聞かれるとすぐ、あなたに答えて下さる(イザヤ書30‐19)
●我らは信仰の行為によってのみ聖霊の獲得を確実にすることができる。
(聖書)研究によって霊欲を起こし、祈祷によってこれを呼び求め、
 実行によってこれを獲得するのである。
 実行はまことに最も有力なる祈祷である(内村鑑三
●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦
●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
 祈祷が聴かれないのではない。
 我等が祈求むるところ、思惟うところよりもいたく過(マサ)りて聴かるるのである。
 (内村鑑三
●達成への4つのステップ:目的を持って計画する、祈るように準備する、
 前向きに実行する、執念深く追求する(ウィリアム・アーサー・ワード)
●心からの祈りによって、成し遂げられないものは、この世には無い(ガンジー
●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
 苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
 あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう
詩篇50-15)<ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
●私はあなた方を思うたびごとに、私の神に感謝し、
 あなた方一同のために祈るとき、いつも喜びをもって祈り、
 あなた方が最初の日から今日に至るまで、
 福音を広めることにあずかって来たことに感謝している。
 そして、あなた方のうちに善い業を始められた方が、
 キリスト・イエスの日までに、その業を完成して下さるにちがいないと確信している。
 (ピリピ書1-3~6)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】の<生き様・死に様>で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
皆さんの人生で【ビジョン:理想・夢望・念志】を最優先させたくても困難な時には
患難辛苦や<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】に心奪われ直視せずに
家族や身内や世間に頼る前に私たちの産みの親である<造り主>【神の愛=主イエス】に
心を向ける<神愛礼拝視点>【神愛礼拝:★讃美★祈求★感謝】を武器に日常習慣とする
<神愛弟子精神:心・意・気>【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】を体得することで
【福音:聖書観・真理の御言葉】と【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を一体化させて
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
世界を舞台にチャレンジし続ける大活躍を心より応援しています!

●<われらの礼拝>(内村鑑三
 われらは、僧衣を着けて高壇に上がり、
 聖書を朗読し、聖歌を吟唱し、手をひろげて天を仰いで祈り、
 手を按(お)いて人に儀式を施し、もってわれらの神を礼拝せんとしない。
 われらの礼拝は教会堂においておこなわれずして、
 あるいは工場において、あるいは田畑において、
 あるいは店頭において、あるいは書斎において、
 その他われらが日々の事業に従事する所において、おこなわるるのである。
 「仕事はすなわち祈祷(礼拝)なり」である。
 われらはわれらの日常の仕事をもって神を礼拝せんと欲するのである。
 礼拝の簡単または欠乏のゆえをもってわれらを責むる者に、
 われらはこの事をもって答うるのである。
●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三
●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三
●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三
●こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。
 自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
 これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です(ロマ書12-1) 
キリスト教はその信者に「善をなせ」とは言わず、
「善を為す者」となれという、あるいは
「善を為す者」とならんことを神に祈り求めよという(内村鑑三
●思案したり、心配したりせずに、祈りかつ働くことが、
 どんな困難な状況にあっても、正しいやり方である(ヒルティ)
●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。
 世に打ち勝つ勝利、それは私たちの信仰です。
 誰が世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか。
ヨハネ第1書5-4~5)
●人間が生まれつき持っているところの良心の命令、
 道理上かくせねばならぬという当為当然の道、
 それはすべて実行するのである(吉田松陰
●末の世において道義を実践したならば、
 必ずその時の人々から、極端だといわれるであろう。
 もしまた、世人から極端だといわれるくらいでなければ、
 決して道義ではないのであって、
 すなわち世俗に同調し濁った世に迎合したものにすぎない(吉田松陰
●心をこめないで言葉をさがすより、
 言葉をさがさないで祈りの中に心をこめる方がよい(ガンジー
●あなたの憂いをすべて主にゆだねよ。
 主はあなたに代わり配慮される。
 あなたの家族のための憂いを、
 われらの信ずる主にゆだねよ
 あなたはいたずらに策を案じ考えるだけだ。
 しかし、主には行く道と将来が開かれる
 主は心配を嫌うが、あなたが捧げる天に向かっての祈りは喜んで聞きたまう。
 あなたがやっと一つの策を立てる間に、主は千もの策を持っていられる。
 なにびとも勝手気ままに、あなたを害する事のないように、
 主はあなたへの恵みの為にみんなの心を小川のように導かれる。
 主の御手から苦しみも喜びも安んじて受け、ひるんではならない。
 主はあなたの運命をすぐにも変えられる。
 しかし、それを悪くするのは、あなたの嘆きだ。
 いたずらにあなたを苦しめるために、苦しみが与えられたのではない。
 信じなさい、まことの生命は、悲しみの日に植えられることを(ヒルティ)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)

 

【ビジョン】で<御国の福音>体現に導く【神の愛=主イエス】!

【2024年3月3日に作成した<第774回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<御国の福音>体現に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】の<生き様・死に様>である
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

【主イエス】の三年半の公生涯の道を切り拓いた洗礼者ヨハネも【主イエス】自身も
先ずは「神の国(御国)は近づいた」と<御国の福音>を宣教していました。

●そのころ、バプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教えを宣べて、言った。
 「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」(マタイ伝3-1〜2)
ヨハネが捕らえられた後、イエスガリラヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて、
 「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。
 (マルコ伝1-14~15)

以前の私も「御国(神の国)」とは死後に召される天上界の天国だと理解していました。
しかし実際は【主イエス】再臨で地上に誕生の<御国:千年王国・メシア的王国>であり
死んだ昇天信者は再臨までの<御国待機場所>としての言わゆる<天国・パラダイス>が
用意されていると理解するようになりました。

日本でキリスト教が人気がないのは多数派の教会で「死んだら永遠に天国住まい」だけで
福音説教が終わっているからだと感じます。何故なら世俗化仏教や日本の伝統的信仰でも
極楽浄土や天国が待っているという似たり寄ったりの世間的認識があるからです。
日本民族は私も含め<恵みの福音>的来世信仰が根ざしていて無宗教でも進化論支持者も
有名人などの葬儀では「天国で安らかに眠ってください」という言葉がよく聞かれます。
従ってキリスト教は天国行きの成功術・自己啓発に過ぎないと感じるかもしれません。
私のように家族や世間的にも迷惑かけっぱなしの悪人で本来なら地獄行き確定のはずが
死んで天国行きが完全保証される福音は世的には赦し難い独善的偽善と映るでしょう。

【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】では私たちが原罪<的外れ人生・背信>を
自覚して悔い改め<メタノイア:回れ右・神愛に方向転換>に導いて<永遠の命>を
与えてくれる<恵みの福音>は【御心】実現手段であり本来の目的とは現在の地球環境を
堕天使反乱で実現した天地再創造原初のアダムが産まれた<エデンの園>の再建復興へと
【主イエス】再臨で地球上に誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
<恵みの福音>で<栄化復活>した信者が中心に千年間かけて実現させることです!
この<御国の福音>は【福音:聖書観・真理の御言葉】のみに示される神愛預言です。

●父がその子に対してするように、あなた方の一人一人に呼びかけて、
 神の御心にそって歩むように励まし、慰め、強く諭し勧めたのである。
 御自身の御国と栄光に預からせるようと、神はあなた方を招いておられる。
 (テサロニケ前書2‐11~12)
●ただ、御国を求めなさい。そうすれば、
 これらのもの(衣食住の必要)は加えて与えられる。(ルカ伝12-31)
●御国の福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。
 それから終わりが来る(マタイ伝24-14)
●私は、イエスのあかしと神のことばとのゆえに首をはねられた人たちのたましいと、
 獣やその像を拝まず、その額や手に獣の刻印を押されなかった人たちを見た。
 彼らは生き返って、キリストとともに、千年の間王となった。
 そのほかの死者は、千年の終わるまでは、生き返らなかった。
 これが第一の復活である(黙示録20-4~5)
●ついには、上から霊が私たちに注がれ、
 荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。
 公正は荒野に宿り、義は果樹園に住む。
 義は平和をつくり出し、義はとこしえの平穏と信頼をもたらす。
 私の民は、平和な住まい、安全な家、安らかないこいの場に住む。
 雹が降ってあの森を倒し、あの町は全く卑しめられる。
 ああ、幸いなことよ。すべての水のほとりに種を蒔き、
 牛とろばとを放し飼いするあなた方は(イザヤ書32-15~20)
●私は潤いのない地に水を注ぎ、かわいた地に豊かな流れを注ぎ、
 私の霊をあなたのすえに、私の祝福をあなたの子孫に注ごう。
 彼らは、流れのほとりの柳の木のように、青草の間に芽生える。
 ある者は『私は主のもの。』と言い、ある者はヤコブの名を名のり、
 ある者は手に『主のもの』としるして、イスラエルの名を名のる。
イザヤ書44ー3~5)

単なる「天国行きの福音」では此の世と決別して世的生涯と天国とは異次元で不連続な
無関係さを感じます。果たして御世話になった地球を汚れたゴミ屋敷状態のまま見捨てて
自分だけ永遠に極楽気分になれるでしょうか?そんな恩知らずな事はあり得ません!
<全智・全能・全愛>【聖愛・聖義・聖徳・聖善】の【神の愛=主イエス】ですから
地球上に【主イエス】統治の<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>を建国して
【この世の君:サタン・巨竜・闇勢力】を排除して栄化復活の信者中心に個別に責務を
与えて千年間かけての壮大崇高な<エデンの園>復活大事業は当然で納得できます。

●You are good and do good.
 あなたは善なる方、いつくしみ深くあられ、全てを善とする方で慈しみを施されます。
 (詩篇119-68)
●神は善なり(マタイ伝19-16)⇔神を知るは善人なり(内村鑑三

そして此の世の生涯とは<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>での地位と責務が
決定される【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】会場となります。
具体的には【霊性:魂[勇気]・善意・良心】満足の【ビジョン:理想・夢望・念志】を
抱き【タレント:個性・才能・可能性】最善発揮の【ミッション:大義・使命・天職】を
体得する<生き様・死に様>【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】に
世間的に連戦連敗でも孤立無援でもチャレンジし続けることだと私は実感しています。
古今東西の【先人・偉人の教え:名言・格言】がビジョンを抱け!天職を見い出せ!と
提唱するのも<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【御心:聖意・聖旨】にかないます。
たとえ生涯未完でも【ビジョン:理想・夢望・念志】だけが<千年王国>に持ち込める
入国許可証であり地位・責務決定の報奨基準になると私は理解しています。

●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。
 何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい。
(ピリピ書2-13~14)
●主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
 あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
 (詩篇37-4~5)
●この世で一番哀れな人は目は見えていてもビジョンが見えていない人
 (未来への夢のない人)だ(ヘレン・ケラー
●青年よ大志を抱け!(クラーク)
●汝の車を星につなげ!(エマーソン)
●失敗は罪ではない、目的が低いことが罪である(内村鑑三
●美しいビジョン気高い理想を抱き続けている者は、
 いつの日にか、それを現実にするものとする。
 コロンブスは、未知の世界のビジョンを抱きつづけ、それを発見した。
 コペルニクスは他の無数の世界と、
 より広い宇宙のビジョンを抱きつづけ、それを証明した。
 ビジョンを持つことだ。理想を描くことだ。
 あなたの心をこよなく鼓舞するもの、あなたの心に美しく響くもの、
 あなたが純粋な心で愛することのできるものをしっかりと胸に抱く事だ。
 その中から、あらゆる喜びに満ちた状況、
 あらゆる天国のような環境が成長する。
 もしあなたがそれを抱きつづけたならば、あなたの世界はやがて、
 それに基づいて築かれることになる(ジェームズ・アレン)
●われらは天職を終了(オワル)までは不滅なるがごとし(リビングストン)
●我が事業の成るまでは我が死なざること、そのことは確実である(内村鑑三)
●天の定めたる労働を求め、衣食のこれに伴うのを知って感謝する。
 (これキリストによってその霊魂の救われた者のすることであります)
 衣食は天職の遂行に伴う必然の附随物であります(内村鑑三
●神はその恵みを私たちの上に増し加えあふれさせ、
 あらゆる知恵と悟りとを私たちに賜わり、
 御心の奥義を、自らあらかじめ定められた秘められた計画に従って、
 私たちに示して下さった。
 それは、時の満ちるに及んで、救いの業が完成される御計画にほかならない。
 それによって、神は天にあるもの地にあるものを、ことごとくキリストに帰させ、
 キリストのもとに一つにまとめられるのである(エペソ書1-8~10)

私は映画「ショーシャンクの空に」に<恵みの福音>と<御国の福音>を想起させます。
刑務所は<闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>に支配されている此の世的環境です。
主人公は二人いて一人は新たに入所してきた冤罪で終身刑の有能銀行員のアンディで
一人は長期服役者のレッドです。二人共に現状満足せず出所して自由になりたい希望が
ありました。レッドは何度も仮出所が却下される中、務所仲間がせっかく仮出所しても
自由を満喫できずに自殺したことを知り希望を抱けなくなります。一方でアンディは
不当な扱いにも腐らず自己の才覚を最善発揮させ続け刑務所内を改善させ務所仲間も
感化されて行きます。アンディには<見果てぬ夢>【ビジョン:理想・夢望・念志】が
ありレッドに希望を抱くなと言われても信じ望み続けた結果、見事に実現されるのです。
そして友人になっていたレッドもまた出所できアンディの夢に導かれ自由を得ます。

私にとって出所先は天国であり<御国:千年王国>です。しかしただ無目的の天国なら
夢も希望もありませんが、私の心にずっと描き続けた【ビジョン:理想・夢望・念志】を
具現化できる<御国:千年王国>が待っています!まさにアンディの<生き様>です。

●見える所のものは暫時(シバラク)にして、見えざる所のものは永遠なり。
(コリント後書4−18)
●試練を耐え忍ぶ人は、さいわいである。それを忍びとおしたなら、
 神を愛する者たちに約束されたいのちの冠を受けるであろう(ヤコブ書1-12)
●<今日の患難は明日の栄光に遠く及ばず!>
 現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、
 取るに足りないとわたしは思います(ロマ書8−18)
●すべてのことは、あなたがたの益であって、
 恵みがますます多くの人に増し加わるにつれ、
 感謝が満ちあふれて、神の栄光となるのである。
 だから、わたしたちは落胆しない。
 たといわたしたちの外なる人は滅びても、
 内なる人は日ごとに新しくされていく。
 なぜなら、このしばらくの軽い患難は働いて、
 永遠の重い栄光を、
 あふれるばかりにわたしたちに得させるからである。
 (コリント後書4−15~17)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
【<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>創世道】の<生き様・死に様>で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
<恵みの福音>を実現手段として<御国の福音>体現【ビジョン:理想・夢望・念志】で
【隣人・社会】の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を【神愛力=隣人愛】で感化させる
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
皆さんがチャレンジし続ける大活躍を心より応援しています!

●富も財産なり、智識も財産なり、健康も財産なり、才能も財産なり、
 而して意志も亦財産たるなり、而して意志の他の財産に優る所以は、
 何人も之を有すると之を己が欲する儘に使用し得ることに存す(内村鑑三
●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。
 そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である。
 (シュバイツァー) 
●あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、
 それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう(ガンジー
●青春の夢に忠実であれ(シラー)
●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが
 壮年になってから実現されることである(A.d.ヴィニー)
●燃え続ける信念の炎は、我々に光を与えるだけでなく周囲をも照らすのだ。
ガンジー) 
●夢を追求している時は、心は決して傷つかない(パウロ・コエーリョ
●一日中考えていることが即ちその人である(エマーソン)
●成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない。
 (シェークスピア
●君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、
 それは手の届くところにある(ヘッセ)
●あなた方は、以前は闇であったが、今は主にあって光となっている。
 光の子らしく歩きなさい。
 光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである(エペソ書5-8~9)
●あなた方は、御国を受け継ぐという報いを主から受けることを知っています。
 あなた方は主キリストに仕えているのです(コロサイ書3-24)
●心を強くもち、勇敢に戦いなさい。
 恐れてはいけません。おじけづいてはいけません。
 主が味方なのです。主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。
申命記31ー6) 

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)

 

【ビジョン】で<御国創世道>に導く【神の愛=主イエス】!

【2024年2月2日に作成した<第773回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<御国創世道>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

【福音:聖書観・真理の御言葉】で示される<神の国/天の御国>は文脈に応じて
5つの意味があります。

1. 永遠の王国 ― 普遍的王国
 常に【御心:聖意・聖旨】・神愛権威の支配下
 ①時間的側面:永遠の王国 
 ②空間的側面:普遍的王国
2.霊的な王国
(1)信者の心に神の支配が宿っていることである。 
  ①アダムから歴史の終わりに至るまでの、すべての信者を含む概念である。 
  ②信者以外の者は含まれていない。 
(2)霊的な王国と教会の関係 
  ①今の時代は教会時代である。  
  ②この時代においては、霊的な王国と教会とは同じ意味である。 
  ③しかし、霊的な王国は、教会がなくても存在する。 
  *ペンテコステと携挙の間だけ、霊的な王国と教会が合致する。
  *この場合の教会とは、地域教会ではなく、普遍的教会である。
  ④霊的な王国は、永遠の秩序にまで及ぶ。 
3. 神政政治の王国.
(1)イスラエルに対する神の支配のことである。 
  ①シナイ山モーセの律法を受けた時に、これが設立された。 
  ②この時点で、イスラエルの民からイスラエルという国に変化した。
(2)初期の段階 
  ①神は、仲介者を通してイスラエルを支配した。 
  ②モーセヨシュア、士師たち、最後にサムエル
(3)後期の段階 
  ①ダビデの家を通してイスラエルを支配した。 
  ②ゼデキヤが最後の王となった(バビロン捕囚)。 
  ③神政政治の王国の崩壊と、預言者の活動には相関関係がある。 
  *預言者たちは、「メシア的王国」について預言するようになった。
(4)異邦人の時代 
  ①神政政治の王国が崩壊して以降、異邦人の時代に入った。 
  ②イエスダビデの家の王として王座に着くまで、異邦人の時代が続く。
4. 奥義としての王国. 
(1)ユダヤ人によるメシア拒否から始まり、メシアの受容で終わる。
   ①旧約聖書に預言されていなかったので、「奥義」である。 
(2)真の信者と偽りの信者を含む。
   ①キリスト教世界という言葉がもっともふさわしい。 
   ②英語で「Christendom」という。 
   ③キリスト教圏の国々を指す言葉である。 
   ④教会にも、聖書的教会と真理から逸脱した教会がある。 
(3)メシアが王として再臨されるまでの地上の状態を描写している。
  ①一時的な王国である。 
  ②麦と毒麦がともに成長する。
5. メシア的王国/. 千年王国
(1)メシアの再臨後に、地上に成就する。
  ①ダビデの家の王として、メシアがエルサレムから世界を直接統治する。
  ②メシア的王国は、旧約聖書の預言のピークである。 

<ハーベスト・タイム・ミニストリーズより抜粋>
https://harvesttime.tv/assets/Charts/LifeOfMessiahChartKingdomOfGod.pdf
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/message-station/Messiah068.pdf

現在は私たち異邦人が霊的救済される<奥義としての王国時代:恵みの時代>であり
特別な修行がなくても特定の教会に属さなくても【福音の三要素】を受け入れるだけで
<死後世界:天国・御国・来世>が約束される【賜物・神愛無償ギフト・神愛特権】を
獲得できる神愛キャンペーン期間です。

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
 ●キリストは私達の罪の為に死なれた<十字架>
 ●死んで墓に葬られた<埋葬>
 ●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)
●私があなたがたに最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、
 次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
 また、葬られたこと、また、聖書に従って三日目によみがえられたこと、
 また、ケパに現われ、それから十二弟子に現われたことです(コリント前書15-3~5)
聖霊によらなければ誰も「イエスは主である」とは言えない(コリント前書12-3)

創造主否定の進化論は何十億何十万年単位なので我々個別の生涯は無に等しいですが
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<創造主>【三位一体:父・子・聖霊】の天地創造論では創造から約6000年であり
アダム誕生から1600年で人類が堕落して堕天使と人間の交配の超人<ネフィリム>を
排除するためのノアの洪水はわずか4400年前で温室効果の天空の水膜がなくなって
地殻・気候の大変動で「肉食」が初めて許され、信仰の祖アブラハムは4000年前で
【主イエス】降誕から2000年経過した現代世界は益々終末時代的兆候を示しており、
【主イエス】空中再臨で<普遍的教会:昇天信者/在世信者>が復活栄化され挙げられる
<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ起こってもおかしくない状況です。

携挙された<御国待機場所・天国・パラダイス>では<キリストの御座の裁き>があり
<罪:的外れ人生・忘恩背信>が裁かれるのではなく在世中に<キリストの弟子>として
<神愛特権:救霊の恵み>の【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>挑戦に応じた
【神の愛=主イエス】からの報奨で地上の7年の大患難時代とハルマゲドン最終戦争後の
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>における
地位と責務がキリストの報奨裁定<ミナのたとえ>によって決定されます。

■救われた恵み=<神愛特権>
 過去現在未来の罪が全て赦された
 神の子の特権が与えられた
 永遠の命が与えられた
 聖霊の内住が与えられた
 永遠に絶えることがない希望が与えられた
●私たちはみな、キリストのさばきの座に現れて、善であれ悪であれ、
 各自その肉体にあってした行為に応じて報いを受けることになる。
 (コリント後書5-10)
●<ミナのたとえ>
 イエスはなお一つの譬をお話しになった。それはエルサレムに近づいてこられたし、
 また人々が神の国はたちまち現れると思っていたためである。それで言われた、
 「ある身分の高い人が、王位を受けて帰ってくるために遠い所へ旅立つことになった。
 そこで十人の僕を呼び十ミナを渡して言った、
 『わたしが帰って来るまで、これで商売をしなさい<事を為せ!Do Business!>』 
 ところが、本国の住民は彼を憎んでいたので、あとから使者をおくって、
 『この人が王になるのをわれわれは望んでいない』と言わせた。
 さて、彼が王位を受けて帰ってきたとき、だれがどんなもうけをしたかを知ろうとして
 金を渡しておいた僕たちを呼んでこさせた。
 最初の者が進み出て言った、『ご主人様、あなたの一ミナで十ミナをもうけました。』
 主人は言った、『よい僕よ、うまくやった。あなたは小さい事に忠実であったから、
 十の町を支配させる』。
 次の者がきて言った、『ご主人様、あなたの一ミナで五ミナをつくりました。』
 そこでこの者にも、『では、あなたは五つの町のかしらになれ』と言った。
 それから、もうひとりの者がきて言った、
 『ご主人様、さあ、ここにあなたの一ミナがあります。わたしはそれをふくさに包んで
 しまっておきました。あなたはきびしい方で、おあずけにならなかったものを取りたて 
 おまきにならなかったものを刈る人なので、おそろしかったのです』。
 彼に言った、『悪い僕よ、わたしはあなたの言ったその言葉であなたをさばこう。
 わたしがきびしくて、あずけなかったものを取りたて、
 まかなかったものを刈る人間だと、知っているのか。
 では、なぜわたしの金を銀行に入れなかったのか。
 そうすれば、わたしが帰ってきた時
 その金を利子と一緒に引き出したであろうに。』
 そして、そばに立っていた人々に、『その一ミナを彼から取り上げて、
 十ミナを持っている者に与えなさい』と言った。
 彼らは言った、『ご主人様、あの人は既に十ミナを持っています』。
 『あなたがたに言うが、おおよそ持っている人には、なお与えられ、
 持っていない人からは、持っているものまでも取り上げられるであろう。
 (ルカ伝19-26)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>は
死んだら此の世と決別して四苦八苦のない天国・極楽浄土で安らかに暮らすのではなく、
この地球上に【主イエス】の王国<エデンの園:天国的極楽浄土>を1000年間かけて
私たち神愛の弟子が地位と責務に応じて参加して再生復活させる「新たな創世記」であり
進化論的弱肉強食や戦争・貧困飢餓・天変地異や四苦八苦から解放された新人類が中心で
<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>支配を終わらせる<御国創世道>の始まりです!

●私は、イエスのあかしと神のことばとのゆえに首をはねられた人たちのたましいと、
 獣やその像を拝まず、その額や手に獣の刻印を押されなかった人たちを見た。
 彼らは生き返って、キリストとともに、千年の間王となった。
 そのほかの死者は、千年の終わるまでは、生き返らなかった。
 これが第一の復活である(黙示録20-4~5)
●神は仰せられた「見よ、私は全地の上にあって、種を持つ全ての草と、
 種を持って実を結ぶ全ての木をあなた方に与えた。
 それがあなた方の食物である。また、地の全ての獣、空の全ての鳥、
 地をはう全てのもので命の息のあるもののために、食物として、
 全ての緑の草を与える」すると、そのようになった(創世記1-29~30)
●神である主は、東の方エデンの園を設け、そこに主の形造った人を造られた。
 神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良い全ての木を
 生えさせた。園の中央に命の木と、それから善悪の知識の木とを生えさせた。
 (創世記2-8~9)
●私(主)は全地のおもてにある種をもつ全ての草と種のある実を結ぶ全ての木とを
 あなた方に与える。これはあなた方の食物となるであろう(創世記1‐39)
●命ある者には、食物として全ての青草を与える(創世記1‐30)
●川のほとり、その両岸にはあらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、
 実も絶えることもなく、毎月、新しい実をつける。
 その水が聖所から流れ出ているからである。
 その実は植物となり、その葉は薬となる(エゼキエル書47‐12)
●野菜を食べて互いに愛するのは、肥えた牛を食べて互いに憎むのにまさる。
 (箴言15‐17)
●動いている命あるものは、すべてあなたたちの食糧とするがよい。
 私はこれらすべてのものを、青草と同じようにあなたたちに与える(創世記9-3)
●あなたは野の石と契約を結び、野の獣はあなたと和解する(和らぐ)
ヨブ記5-23)
●その日、私はあなた方のために野の獣、空の鳥、地をはうものと契約を結び、
 弓と剣と戦いを地から絶やし、あなた方を安らかに憩わせる
(ホセア書2-20)
●主は国々の争いを裁き、多くの民を戒められる。
 彼等は剣をうち変えて鋤(スキ)となし、その槍(ヤリ)をうち変えて鎌となし、
 国は国に向かいて剣をあげず、戦闘のことを再び学ばない(イザヤ書2‐4)
●主は多くの民の争いを裁き、はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。
 彼らは剣を打ち直して鋤とし槍を打ち直して鎌とする。
 国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない(ミカ書4-3)
●私はエフライムから戦車を、エルサレムから軍馬を絶つ。
 戦いの弓は絶たれ、諸国の民に平和が告げられる。
 彼の支配は海から海へ、大河から地の果てにまで及ぶ(セカリヤ書9-10)
●あなたの地は再び不法を耳にすることなく、
 暴虐と破壊と崩壊は領土のうちから絶える。
 あなたの城壁は「救い」と城門は「栄誉」と呼ばれる(イザヤ書60-18)
●まことに主はシオンを慰め、その全ての廃墟を慰めて、荒野をエデンの園とし、
 砂漠を主の園とする。そこには楽しみと喜び、感謝と歌声が響く
イザヤ書51-3)
●そのとき、盲人の目は開かれ、耳しいた者の耳はあけられる。
 そのとき、足なえは鹿のようにとびはね、おしの舌は喜び歌う。
 荒野に水がわき出し、荒地に川が流れるからだ(イザヤ書35-5~6)
●そこにはもう、数日しか生きない乳飲み子も、寿命の満ちない老人もない。
 百歳で死ぬ者は若かったとされ、百歳にならないで死ぬ者は、のろわれた者とされる。
 ・・・わたしの民の寿命は、木の寿命に等しく、わたしの選んだ者は、
 自分の手で作った物を存分に用いることができるからだ。
  彼らはむだに労することもなく、子を産んで、突然その子が死ぬこともない。
  彼らは主に祝福された者のすえであり、その子孫たちは彼らとともにいるからだ。
  彼らが呼ばないうちに、わたしは答え彼らがまだ語っているうちに、わたしは聞く。
  (イザヤ65:20-24)
●彼らは家を建てて住み、ぶどう畑を作って、その実を食べる。
 彼らが建てて他人が住むことはなく、彼らが植えて他人が食べることはない
 (イザヤ書65-21~22)
●地では、山々の頂に穀物が豊かにあり、その実りはレバノンのように豊かで、
 町の人々は地の青草のように栄えますように(詩篇72-16)
●狼と子羊は共に草をはみ
 獅子は牛のように、わらを食べ、
 ヘビは塵をその食べ物とし、
 私の聖なる山のどこをおいても、そこなわれることなく、滅ぼされることもない。
 と主は仰せられる(イザヤ書65-25)
●狼は子羊と共に宿り、ヒョウは子山羊と共に臥し、子牛、若獅子
 肥えたる家畜共にありて小さき童子(ワラベ)に導かれん。
 雌牛と熊とが共に草を食べ、その子らが共に伏し、獅子も牛のようにわらを食う。
 乳飲み子はコブラの穴の上で戯(タワム)れ、
 乳離れした子はマムシの子に手を伸べる。
 私の聖なる山のどこにおいても、これらは害を加えず、そこなわない。
 主を知ることが、海をおおう水のように、地を満たすからである(イザヤ書11-6~9)
●彼(ダビデ)は子山羊と戯れるように獅子と戯れ、小羊と戯れるように熊と戯れた。
(シラ書〔集会の書〕47-3)

<御国創世道>で活躍できる<報奨:地位と責務>獲得には<神愛特権・ミナ>利活用で
【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】から解放され死後復活への不動の確信に満ち
老いても益々若き<熱き思い燃える心>【青春:幼な心・青年の心】の<心・意・気>な
【神の愛=真理の御霊】内住の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が喜び大満足できる
【神愛力=隣人愛】に満ちた【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げ
【タレント:個性・才能・可能性】発揮の【ミッション:大義・使命・天職】を体得して
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
此の世に【神愛責務:事を為せ!Do Business!>【神愛事業=隣人愛&神愛奇蹟】を
連発させるために世的価値観では愚かで非常識で孤立無縁の連戦連敗でも未完成でも
【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】でチャレンジし続ける事だと私は実感しています。

●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、
 それは神が善しとされるところだからである。
 何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい。
(ピリピ書2-13~14)
●青年の夢を軽んじてはならない。
 それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、
 したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
 つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである。
 (ヒルティ)
●われわれの願望と言うものは、われわれのうちにひそかにひそむ能力の予感であり、
 われわれがなしとげうるであろうことの先触れである(ゲーテ
●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
 いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
 これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである。
 (テサロニケ前書5‐16~18) 
●望みて喜び、患難に耐え、常に祈れ(ロマ書12-12)
●あなた方は、主にあっていつも喜びなさい。繰り返し言うが喜びなさい。
 (ピリピ書4‐4)
●わがたましいよ。主をほめたたえよ。
 私のうちにあるすべてのものよ。こぞって聖なる御名をほめたたえよ。
 わがたましいよ。主をほめたたえよ。
 主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
 主は、あなたのすべての病をいやし、
 あなたのいのちを穴から贖い、
 あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
 あなたの一生を良いもので満たされる。
 あなたの若さは、鷲のように、新しくなる(詩篇103-2~5)
 
<死後世界:天国・御国・来世>を確信できる<神愛の弟子>が挑む<御国創世道>では
此の世は【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】の神愛鍛錬所であり
本番は【主イエス】再臨で誕生の<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>です!
<ビジョン具現化三原則:★求め続けよ!★尋ね(捜し)続けよ!★叩き続けよ門を!>で
<自分らしさ>【タレント:個性・才能・可能性】出し惜しみせず発揮して鍛錬されて
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が大満足の【ビジョン:理想・夢望・念志】には
【神の愛=真理の御霊】【御心:聖意・聖旨】と<一体化・連帯化・協働化>を体感し
<我が道:生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】を発見体得しましょう!

●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが
 魂の父は、私たちの益のために、
 そのきよさに預からせるためにそうされるのである (ヘブル書12‐10)
●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと思われる。
 しかし後になれば、それによって鍛えられる者に平安な義の実を結ばせるようになる。
 (ヘブル書12‐11) 
●「我が子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
 主から責められ懲らしめられても、
 弱り果て力を落としてはいけない。
 なぜなら、主は愛する者を鍛え、
 子として受け入れる者を皆、
 鞭打たれるからである。」
 あなた方は、これを鍛錬(訓練)として忍耐しなさい。
 神は、あなた方を子として取り扱っておられるのである(ヘブル書12-5~7)
●「神は、神を愛する者たちと共に働いて、万事を益とするようにして下さる。
 (ロマ書8-28)」これこそ、正当なしかも長持ちする楽観主義である。
 このようなことを我々は生涯においてそれが単なる「偶然」とのみは思われないほど、
 たびたび経験するものである (ヒルティ)
●この世は不完全きわまる世なりという。
 しかり、身の快楽を得んがためには実に不完全きわまる世なり。
 しかれども、神を知らんがためには、
 しかして愛を完(マットウ)うせんがためには、
 余輩はこれより完全なる世につきて思考することはできない (内村鑑三
●忍耐を練らんとして、寛容を増さんとして、
 愛をその極致において味わわんとして、
 この世は最も完全なる鍛錬場なり (内村鑑三
●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んでなし、
 恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをしなさい(ペテロ前書5-2)
●各自は惜しむ心からでなく、
 また、強いられてでもなく、
 自ら心で決めたとおりにすべきである。
 神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
●求め続けよ、さらば与えられん。
 捜し続けよ、さらば見出さん。
 叩き続けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
●きょうすぐに始めたまえ、勇気、実在、自尊、明確、高貴を目ざして
 君自身を鍛えることを君自身の「人格」を固め広めるまでは休んではならぬ。
ホイットマン

<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>は【主イエス】再臨阻止のために陰謀工作して
<御国>に似て非なる<世界統一政府>に向け【聖書】価値観破壊の「SDGs価値観」を
ダボス会議などで世界中に啓蒙啓発浸透させ続けています。

SDGs(持続可能な開発目標)17目標
 1.貧困をなくす
 2.飢餓をゼロに
 3.すべての人に健康と福祉を
 4.質の高い教育をみんなに
 5.ジェンダー平等を実現しよう
 6.安全な水とトイレを世界中に
 7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
 8.働きがいも経済成長も
 9.産業と技術革新の基盤をつくろう
 10.人や国の不平等をなくそう
 11.住み続けられるまちづくりを
 12.つくる責任つかう責任
 13.気候変動に具体的な対策を
 14.海の豊かさを守ろう
 15.陸の豊かさも守ろう
 16.平和と公正をすべての人に
 17.パートナーシップで目標を達成しよう

いよいよ<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>が表舞台に登場する段階が迫る中でこそ
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<光=神愛力:聖愛・聖義・聖徳・聖善>【福音:聖書:真理の御言葉・聖句】に心向け
霊性:魂[勇気]・善意・良心】大満足の【ビジョン:理想・夢望・念志】を守り育て
<邪魔症候群:邪意・邪心・邪気>の浸透攻撃に対抗する<神愛武装・神愛武具>にして
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>に挑む<御国創世道>で活躍しましょう!

●光は闇の中に輝いている。そして、闇はこれに勝たなかった(ヨハネ伝1‐5)
●私は言う。「闇の中でも主は私を見ておられる。夜も光が私を照らし出す。」
 あなたには、闇も暗くなく、夜も昼も共に光を放ち、夜は昼のように明るく輝く。
 あなたには、闇も光も同じで異なることはない(詩篇139-11~12)
● 「闇から光が輝き出よ」と命じられた神は、
 イエス・キリストの御顔に輝く神の栄光を悟らそうとするために
 私たちの心の内を照らし輝かす光を与えて下さったのである。
 (コリント後書4-6)
●御父は、わたしたちを闇の力から救い出して、
 その愛する御子の支配下に移して下さった(コロサイ書1-13)
●私たちがイエスから既に聞いていて、あなた方に伝える知らせとは、
 神は光であり、神には少しの暗闇もないということである。
 (ヨハネ第1書1-5)
●光と闇よ、主を賛美し、代々にたたえ、あがめよ(ダニエル書補遺1-49)
●彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神の御もとに立ち帰らせ、
 こうして彼らが私(主)への信仰によって、罪の赦しを得、
 聖なる者とされた人々と共に恵みの分け前にあずかるようになるためである。
 (使徒行伝26-18)
●夜は更け、日は近づいた。それだから、闇の業(わざ)を脱ぎ捨てて、
 光の武具を身に着けようではないか(ロマ書13-12)
●悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。
(エペソ書6-11)
●邪悪な日によく抵抗し、すべてを成し遂げて、
 しっかりと立つことができるように、神の武具を身に着けなさい。
 (エペソ書6-13)
●飢えた者にあなたのパンを施し、心を配り、
 悩み苦しむ者の願いを満たしてあげるなら、
 あなたの光は、闇の中に輝き上り、あなたを包む闇は、真昼のようになる。
イザヤ書58-10)
●私の敵よ、私のことで喜ぶな。たとえ倒れても、私は起き上がる。
 たとえ闇の中に座っていても、主こそ我が光なり(ミカ書7-8)
●起きよ、汝の光を放て、主の光が臨み、
 主の栄光が汝の上に輝いているからだ
 見よ、闇が地をおおい、暗闇が諸国の民をおおっている。
 しかし、汝の上には主が輝き、主の栄光の臨在が汝と共にある
 国々は汝の光の内に歩み、王たちは汝の輝きに照らされて歩む
イザヤ書60-1~3)
●光の子らというのは、たしかに、尋常ならぬものに対して敏感であり、
 かつ求めてやまぬ人たちのことである。
 彼等はまず、飲み、食い、そして明日は死ぬということ以外に、
 もうすこし良いものが地上にあることを願い、
 このやみがたい願いと意志とから出発して、
 次第に信仰に、そして最後には確信に、到達する人たちである (ヒルティ)
●光の子となるために、光のあるうちに、光を信じなさい(ヨハネ伝12-36)
●燃え続ける信念の炎は、我々に光を与えるだけでなく周囲をも照らすのだ。
ガンジー) 
●あなた方は、以前は闇であったが、今は主にあって光となっている。
 光の子らしく歩きなさい。
 光はあらゆる善意と正義と真実との実を結ばせるものである(エペソ書5-8~9)
  
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
<神愛特権>で【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>に挑む<御国創世道>で
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
チャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

●イエスは言われた。祈るときには、こう言いなさい。
【主の祈り】(マタイ伝6-9~13、ルカ伝11-2~4)
 天に在(マ)します我等の父よ
 願わくは聖名(ミナ)を崇(アガ)めさせ給(タマ)え
 御国を臨(キタ)らせ給え
 御心の天に成るごとく地にも成させ給え
 我等の日用の糧を今日も与え給え
 我等に負債(オイメ)ある者を我等が赦(ユル)す如く我等の負債をも赦し給え
 我等を試探(ココロミ)に遭(ア)わせ給うなかれ
 悪より救い出し給え
 国と権(チカラ)と栄えとは窮(カギリ)なく汝の有(モノ)なればなり
 アーメン
●私たちは揺り動かされることのない御国を受けているのですから、感謝しよう。
 感謝の念をもって、畏れ敬いながら、神に喜ばれるように仕えていこう。
(ヘブル書12-28)
●兄弟たちよ。ますます熱心に、
 あなた方の召されたことと選ばれたこととを確かなものとするように、
 いっそう努めなさい。これらのことを行なっていれば、
 つまずくこと など決してありません。
 このようにあなた方は、私たちの主であり救い主であるイエス・キリスト
 永遠の御国にはいる恵みを豊かに加えられるのです(ペテロ後書1-10~11)
聖霊は私たちが御国を受け継ぐことの保証です(エペソ書1-14)
●あなた方は、御国を受け継ぐという報いを主から受けることを知っています。
 あなた方は主キリストに仕えているのです(コロサイ書3-24)
●ただ、御国を求めなさい。そうすれば、
 これらのもの(衣食住の必要)は加えて与えられる(ルカ伝12-31)
●御国の福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。
 それから終わりが来る(マタイ伝24-14)
●私は、あなた方の兄弟であり、共にイエスと結ばれて、
 その苦難、御国、忍耐にあずかっている(黙示録1-9)
●小さな群れよ、恐れるな。あなたがたの父は喜んで御国をくださる(ルカ伝12-32)
●父がその子に対してするように、あなた方の一人一人に呼びかけて、
 神の御心にそって歩むように励まし、慰め、強く諭し勧めたのである。
 御自身の御国と栄光に預からせるようと、神はあなた方を招いておられる。
 (テサロニケ前書2‐11~12)
●心を強くもち、勇敢に戦いなさい。
 恐れてはいけません。おじけづいてはいけません。
 主が味方なのです。主は絶対に、あなたを裏切ったり見捨てたりなさいません。
申命記31ー6)
●ついには、上から霊が私たちに注がれ、
 荒野が果樹園となり、果樹園が森とみなされるようになる。
 公正は荒野に宿り、義は果樹園に住む。
 義は平和をつくり出し、義はとこしえの平穏と信頼をもたらす。
 私の民は、平和な住まい、安全な家、安らかないこいの場に住む。
 雹が降ってあの森を倒し、あの町は全く卑しめられる。
 ああ、幸いなことよ。すべての水のほとりに種を蒔き、
 牛とろばとを放し飼いするあなた方は(イザヤ書32-15~20)
●(この幻はなお定められた時を待ち終りをさして急いでいる。それは偽りではない。)
 もしおそくなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない。
ハバクク書2-3)
●海が水で満たされているように、 全地が主の栄光を知ることで満たされる時がくる。
ハバクク書2-14)
  
ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)

 

【ビジョン】で<真理の御霊の実>に導く【神の愛=主イエス】!

【2024年1月1日に作成した<第772回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<真理の御霊の実>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

★★Happy New Year! あけましておめでとうございます! 
   新年2024年が<飛躍の年>となりますように応援します!★★

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】に<心・意・気>を向けて
【神の愛=聖霊・真理の御霊】を【霊性:魂[勇気]・善意・良心】にお迎えするのには
死の直前の最後の最後まで、どんなに人生最悪の状況でも<神愛チャンス>があります!
【聖書】の十字架上の【主イエス】の記述では【主イエス】の両側に世間的極悪犯罪者が
はりつけられていて、その一人が【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に目覚めることで
<罪:的外れ人生・背信忘恩>を自覚して【神の愛=主イエス】を受け入れ告白します。
その瞬間に【主イエス】は<救霊:永遠の命>を約束してくれました!ハレルヤ!

●『イエスよ、御国に入り給ふとき、我を憶えたまえ』
 イエス言ひ給ふ『われ誠に汝に告ぐ、今日なんぢは我と共にパラダイスに在るべし』
 (ルカ伝23ー42~43)

私もそうですが【神の愛=主イエス】に<悔い改め=メタノイア(方向転換)>すると
オセロで盤面真っ黒が真っ白に大逆転するように【神の愛=主イエス】に出遭う為には
それまでの世間的黒歴史や<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】などが
全て不可欠な意義を実感でき【青春:幼な心・青年の心】<熱き思い燃える心>で抱く
【ビジョン:理想・夢望・念志】に【ミッション:大義・使命・天職】を発見体得できる
霊性:魂[勇気]・善意・良心】に<パワー・アップ&アップ・グレード>されます!

●神を愛する者、すなはち御旨によりて召されたる者の為には万事相働きて益となる。
 (ロマ書8-28)
●主は言われる。
 たとえ、お前たちの罪が緋のようでも、雪のように白くなることができる。
 たとえ、紅のようであっても、羊の毛のようになることができる。(イザヤ書1-18)
●東が西から遠いように主はわれらの背きの罪を遠ざけてくださる(詩篇103-12)
●神への信頼を失わずに、その試練を切り抜けるならば、
 他のいかなる道でも達せられないほど、神に近づく事ができる(ヒルティ)
●すべて彼(主イエス)を信じる者は失望に終わることがない(ロマ書10—11)
●神はどんな悪も行われないようにするよりも、
 むしろ悪から善を生じさせるようにする方が善いと考えられたのである。
 (アウグスティヌス
●苦しみにあった事は私にとって幸せでした。
 私はそれであなた(主)の掟を学びました(詩篇119-71)
●私は神様に、私の弱さを感謝します。というのは、私はその弱さを通して、
 私自身を、私の仕事を、私の神様を見つけることができたからです。
 (ヘレン・ケラ-)

私は【神の愛=主イエス】を受け入れ【神の愛=聖霊・真理の御霊】が内住してくれたと
体感できます。その証明は【福音の三要素】を心底自己確信できていることで解ります。

聖霊によらなければ誰も「イエスは主である」とは言えない(コリント前書12-3)
■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
 ●キリストは私達の罪の為に死なれた<十字架>
 ●死んで墓に葬られた<埋葬>
 ●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>
●私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、
 次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、
 また、葬られたこと、また、聖書の示すとおりに、三日目によみがえられたこと、
 また、ケパに現れ、それから十二弟子に現れたことです(コリント前書15ー3〜5)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】を信じ望み愛し続けても
私は<7つの大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲>など肉的元気ですが
同時に【神の愛=御霊】内住の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】は霊的超元気です!
おかげで【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】<邪意・邪心・邪気>に惑わされず
【神愛力=隣人愛】に満ちた【御霊】【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が大満足する
【青春:幼な心・青年の心】<熱き思い燃える心>で【ビジョン:理想・夢望・念志】を
<最愛の我が子・我が分身><人生の旗印>として大切に守り育てて抱き続けられます!

●キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、
 罪と死の原理から、あなたを解放した(ロマ書8-2)
●それは、肉に従って歩まず、御霊に従って歩む私たちの中に、
 律法の要求が全うさ れるためなのです(ロマ書8-4)  
●肉の行いは明白であって次のようなものです。不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、
 魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、酩酊、遊興、
 そういった類のものです。
 しかし御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。
 このようなものを禁ずる律法はありません(ガラテヤ書5-19~23)

<十字架上の罪人>のように、どんなに<肉的自我>が強く<霊的成長>が遅い私でも
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】だけは最後の最後まで
【神の愛=御霊】<守護天使・御使い>を介しマン・ツー・マン神愛指導してくれます!

■<御霊の賜物>(コリント前書12-4~11)
 1智慧の言葉
 2知識の言葉
 3信仰
 4癒やし
 5奇蹟力
 6預言
 7霊を見分ける力
 8異言
 9異言の解明力
●霊の賜物は種々あるが、御霊は同じである。 
 務は種々あるが、主は同じである。 
 働きは種々あるが、すべてのものの中に働いてすべてのことをなさる神は同じである。
 各自が御霊の現れを賜わっているのは、全体の益になるためである。 
 すなわち、ある人には御霊によって知恵の言葉が与えられ、
 ほかの人には、同じ御霊によって知識の言、 
 またほかの人には、同じ御霊によって信仰、
 またほかの人には、一つの御霊によっていやしの賜物、
 またほかの人には力あるわざ、またほかの人には預言、
 またほかの人には霊を見わける力 
 またほかの人には種々の異言、
 またほかの人には異言を解く力が、与えられている。
 すべてこれらのものは、一つの同じ御霊の働きであって、
 御霊は思いのままに、それらを各自に分け与えられるのである。
 (コリント前書12-4~11) 
■<御霊の7つの特性>(イザヤ書11-2)
 1主の霊
 2知恵
 3悟りの霊
 4はかりごと
 5能力の霊
 6主を知る知識
 7主を恐れる霊 
●主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、
 主を知る知識と主を恐れる霊(イザヤ書11-2)
●御霊もまた同じように、弱い私たちを助けてくださる。
 なぜなら、私たちはどう祈ったらよいかわからないが、
 御霊自ら言葉にあらわせない切なるうめきをもって、
 私たちのためにとりなし祈ってくださる(ロマ書8-26)
●彼らの全ての悩みや苦難を、いつも主は御自分の悩み苦難とし、
 御前に仕える御使いによって彼らを救い、愛と憐れみをもって彼らを贖い
 昔からずっと、彼らを背負い、彼らを抱き携えて来られた(イザヤ書63-9)
●御使い<天使>たちはすべて仕える霊であって救いを受け継ぐべき人々に奉仕するため
 つかわされたものではないか(ヘブル書1-14)
●あなたは主を避けどころとし、いと高き神を宿るところとした。
 あなたには災難もふりかかることがなく、天幕には疫病も触れることがない。
 主はあなたのために御使いに命じて、あなたの道のどこにおいても守らせてくださる。
 彼らはあなたをその手にのせて運び、足が石に当たらないように守る。
 (詩篇91-9~12)
 
【神の愛=御霊】はあくまでも黒子役に徹し<肉的自我>に脇役・引き立て役を演じさせ
我が人生の主役は【霊性:魂[勇気]・善意・良心】で最善の舞台演出をしてくれます。

●【良心】とは人間の行いの善悪を判断し、善を命じ、悪を禁じ、善をほめ、
 悪を戒める神よりの心の声である。人間は心の中に刻まれた法を持っており、
 それに従うことが人間の尊厳であり、また、人間はそれによってさばかれる。
 【良心】は人間の最奥であり、聖所であって、そこでは、人間はただひとり
 神と共にあり、神の声が人間の深奥で響く(カトリック要理:ロマ書2-15~16)
●神が命じ人が神に応える所に【良心】がある。【良心】は人の神覚である、
 人を離れて人が独り神と相対して立つ時に【良心】がある。(内村鑑三
●道徳は人の道であり、【良心】は神の生命である(内村鑑三
●真理のみよく人を救うをうべし、
 聖霊のみよく人を神の子となすをうべし。
 聖書の深き研究と聖霊の親しき交際(まじわり)とをおいて
 他に人を救う道は存ぜざるなり(内村鑑三
●絶えず祈りと願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、目を覚まして、
 うむことなく根気よく全ての聖徒のために祈り続けなさい(エペソ書6-18)
●洗礼は肉の汚れを取り除く事ではなくて神に正しい良心を願い求める事です。
(ペテロ前書3-21)
●正しい良心を持ちなさい。そうすればあなたはいつも喜びをもつことが
 できよう。正しい良心はずい分たくさんな物事を忍ぶ力を具え、
 逆境にあっても、つねにずい分と大きな喜びを覚える (トマス・ア・ケンピス)
●人間が生まれつき持っているところの良心の命令、
 道理上かくせねばならぬという当為当然の道、
 それはすべて実行するのである(吉田松陰
●他のいかなる自由よりも、先ず第一に良心に従って知り、考え、信じ、
 かつ言うことの自由を我に与えたまえ(ミルトン)
●おのれの罪、他人の罪に曇った良心はあなたの言葉を激しすぎると思うだろう。
 しかし、あらゆる虚偽をすてて、見たままをのべるがよい・・・
 傷あとをかゆがるものには、かかせるがいい。
 あなたの声は初めは味わい苦くとも、のちに消化(コナ)されると、
 みなの命の営養(ヤシナイ)となる(神曲 天国篇 第17歌124行以下)
●考えてみたまえ。自分の行動の責任が、国家にではなく、自分に課せられるなら、
 果たして戦争など起こりうるものだろうか。希望ある未来は、
 国家にも組織にも存在しない。運命が決めるものでもない。人の良心の中だけにある。
 (シュバイツアー)
●神にすがる依頼心ありて始めて真個の独立と威厳と自尊はあるなり(内村鑑三
●キリストを神として拝するも我等の良心は少しも品性の堕落を感じません。
 のみならず、帝王を崇拝して自由を失い、富豪を崇拝して威権を隕(オト)せし
 国民もイエスを神として崇め奉りて、その失いし自由と独立を回復した例は
 人類の歴史に幾度もあります(内村鑑三
●平和というものは良心と名誉とをもって得られる限り、万人の望むところである。
(クロムエル)
●海よりも雄大な光景がある。それは天だ。
  天よりも雄大な光景がある。それは良心だ(ユーゴ)
●運命は花崗岩より堅固だが、人間の良心は運命より堅固である(ユーゴー

私の心は<肉的エゴ><7つの大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲>と
<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】山積みの<ゴミ屋敷状態>でしたが
【御霊】内住で霊的成長され<聖霊の宮・神愛大聖堂>に神愛リフォームされました!
今でも世間的・外面は相変わらずの自己本位で肉的エゴ丸出しですが【御霊】の導きで
【神愛力=隣人愛】衝動の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を発揮し易くなりました!

●あなた方は神の宮であって、神の御霊が自分の内に宿っている(コリント前書3‐16)
●自分の身体は、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって、
 あなた方はもはや自分自身のものではない(コリント前書6‐19)
●人もしキリストに在らば、新たに造られる者なり。
 古きは既に過ぎ去り、見よ、新しくなりたり(コリント後書5‐17~18)
●神への愛だけが我々を徹底的にエゴイズムから解放する事ができ
 またすべての本当の自己改革の始まりである(ヒルティ)
●いわゆる人間愛は、すべて神に対する強い愛という根底がなければ単なる幻想である。
 (ヒルティ)
●神の無限の力に頼りて我等は我等の信じるがごとくに
 全ての事をなすを得るなり(ピリピ書4‐13)
●我に力なし、しかれども我が全能の神は我が為に活動(ハタラ)き給う。
 我に知恵無し、しかれども我が全智の神は我が為に計策(ハカ)り給う(内村鑑三)

【神の愛=御霊】は強引強権独裁でないので私が心底納得し自発的に自己決断するように
【インスピレーション:神愛霊感・神愛直感・神愛の息吹】で私に語り続けてくれます。

●聖書はみな神の霊感(息吹・感動)を受けて書かれたものであって、
 人を戒め、正しくし、義に導くのに有益である(テモテ後書3‐16)
●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、
 そのささやきをまことと知り、それを書き写すのみ、
 我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。
 さらばとて、また実行の人でない。
 クリスチャンは聖霊の人である。
 聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三
●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、
 それを授け給うのであって、
 ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)
●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、
 恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをなしなさい(ペテロ第1書5-2) 
●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、
 自ら心で決めたとおりにすべきである。
 神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
【この世の勢力:富・権威・名声】が疲弊・堕落・崩壊しているように感じる新年こそ
<超世的価値観・超常識>【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な
<神愛神助:祝福・恩恵><神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>【神愛奇蹟】で導く
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス聖霊】を心に招き入れて
【神愛力=隣人愛】の衝動で皆さんの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を大満足させる
<御霊の実>の<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を掲げる
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
チャレンジし続ける大活躍を心より応援しています!

●あなた方の上に聖霊が臨まれるとき、あなた方は力を受ける(使徒行伝1-8)
●希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とで
 あなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせて下さる。
(ロマ書15-13)
●私は御父の前にひざまずいて祈ります。
 天上と地上にある全ての家族に、その名を与えられた「御父」と呼ばれていて、
 あらゆるものの源の父に祈る。どうか、御父が、その豊かな栄光の富に従い、
 御霊により、力をもってあなた方の内なる人を強めて
 信仰によってあなた方の心の内にキリストを住まわせ、あなた方を愛に根ざし、
 愛に基礎を置いてしっかりと立つ者としてくださるように(エペソ書3-14~16)
聖霊は神がその子の善行に報いんがために下し給う【最大の恩賞】である。
 ★倫理の霊★柔和の霊★赦免の霊★犠牲の霊★子たる霊
 研究によって霊欲を起こし
 祈祷によってこれを呼び求め
 実行によってこれを獲得する
 実行はまことの最も有力なる祈祷である(内村鑑三
●なおも神の御手と御心にさからわず
 勇気と希望を少しも捨てぬ。
 私は静かに耐え真っ直ぐに前進する(ミルトン)
●【キリストの福音】(内村鑑三
 「汝、己を潔くせよ、さらば我は汝を救わん」と言わず、
 「我すでに汝を救いたれば、汝、我が救拯(キュウジョウ)を受けよ」と言うなり。
 道徳の結果の救拯(キュウジョウ)にあらず、救拯の結果の道徳なり。
●我々が自ら幸福だと感じるためには、つねに頭が計画に満ち、
 心が愛に満ちていなければならない(ヒルティ)
●患難を避けんとするなかれ、これに勝たんとせよ。
 独り自らこれに勝たんとするなかれ。神により勝たんとせよ(内村鑑三)
●悪を恐れよ、しかし、つねに悪に打ち勝つことのできる神に信頼せよ(ヒルティ)
●神の御霊があなた方のうちに住んでおられるので、
 あなた方は肉の中にではなく、
 御霊の中にいるのです(ロマ書8-9)
■<栄化復活の保証>
●もしイエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、
 あなた方のうちに住んでおら れるなら、
 キリスト・イエスを死者の中からよみがえらせた方は、
 あなた方のうちに住んでおられる御霊によって、
 あなた方の死ぬべきからだをも生かしてくださるのです(ロマ書8-11)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)

 

【ビジョン】で<アバ、父よ!【主】に感謝!>に導く【神の愛=主イエス】!

 

 

【2023年12月20日に作成した<第771回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<アバ、父よ!【主】に感謝!>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

★★★Merry Xmas & A Happy New Year !
    <善きクリスマス&善き年>をお迎えください!★★★

●神はその独り子を賜うほどに、この世を愛して下さった。
 それは御子を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得るためである。
 (ヨハネ伝3-16)
●今日ダビデの町に、あなた方のために救い主がお生れになった。
 この方こそ主なるキリストである(ルカ伝2-11)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】を心に受け入れられる人は
イスラエル民族の時代でも【主イエス】降誕後の時代でも、どの国家・民族・組織でも
たとえ宗教的組織が強大でも<神愛の弟子>は少数派<残れる者・レムナント>です。

●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三
●神は大事を為すにあたって多数の勢力をもってせずして
 単独の勢力をもってし給うた(内村鑑三) 
●小さな群れよ、恐れるな。あなた方の父は喜んで御国をくださる(ルカ伝12-32)

【主イエス】の3年半の福音伝道活動に示される<真理>【神愛方程式=神愛摂理】は
多数派勢力を目指すのではなく個人的に救われた者が目の前の個人を個人的伝道し続け
やがて世界中に【福音:聖書観・真理の御言葉】が伝えられ現代に至るといことです。

私は「救命医療ドラマ」を好んで観ます。最近「TOKYO MER」「コウノドリ」を観て
感動しました。皆さんの中にもお気に入りの方が多数いるのではないでしょうか。
両作品に共通するシーンは死線をさまよう患者に向かって「ガンバレ!」と叫ぶ事です。
そして信仰的祈りや神仏へ頼るシーンは私の記憶では1カットくらいだと感じました。
一方で米国の「ER」等は積極的に批判的にも信仰的祈りや信仰的救済を扱っています。

米国は国家的に病んでいても政界財界メディアなど各分野に<少数派・レムナント>が
存在し、どんな些細なチャンスでも見逃さず【神の愛=主イエス】の福音伝道していて
例えばメディアに登場する有名人の多くが「GOD BLESS YOU!」と公言しています。
ただ「ガンバレ!」と違って「君は独りじゃない!愛されている!」と感じさせてくれて
霊性:魂[勇気]・善意・良心】を励まし慰めてくれる<神愛メッセージ>です!

●キリストは万物をもって万物を満たしむる者なり(エペソ書1-23)
●主は万物の上にあり、万物の中に在る(コロサイ書3-11)
●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないようなことがあろうか。
 たとい彼等が忘れるようなことがあっても、
 私(主)はあなたを忘れることはない(イザヤ書49‐15)
●父母は私を見捨てようとも、主は必ず、私を取り上げ引き寄せて下さいます。
詩篇27−10)
●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している 
 <Very Important Person in God' Eye>(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
●一人の男の子が私たちのために生まれます。 
 その肩にすべての主権が与えられ、 
 その子は「すばらしい助言者」「全能の神」 「永遠の父」「平和の君」と呼ばれます。
 その主権は増し、平和は絶えることがありません。
 彼はダビデの王座につき、 世界のすべての国々に真の正義と平和をもたらします。
 天の軍勢の主の熱意で、 このことは必ず実現します(イザヤ書9-7)
●私は必ずあなたと共にいる(出エジプト記3−12)
●万軍の主は我等と共におられる(詩篇46−7)
●その(主)の名は『インヌマエル』と呼ばれるであろう、
 これは「神は我々と共におられる」という意味である(マタイ伝1−23)
●見よ乙女がみごもって男の子を産むであろう。
 その名はインヌマエルと呼ばれるであろう。
 これは「神我等と共にいます」という意味である
(マタイ伝1‐23、イザヤ7-14、8-8,8-10)
●視よ、我は世の終わりまで常に汝等と共に在るなり
 ≪With You Always≫(マタイ伝28‐20)

日本でも組織の精神的ケア目的で心理カウンセラーが定着し始めていますが、米国では
軍隊組織から始まり消防隊や病院施設や企業内でも<チャプレン:専属牧師・神父>が
定着しています。まさに【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の信仰的ケアといえます。

●人はパンをもって生きるにあらず、神の口より出づるすべての言葉による。
 (申命記8‐3、マタイ伝4‐4、ルカ伝4‐4)
 ⇔人はパンをもって生きるが、パンだけで生きるのではない。
 神の命によって与えられたパン(主イエス)をもって生きる(内村鑑三)
●イエスは立ち上がって大声で言われた。
「渇いている人はだれでも、私のところに来て飲みなさい。
 私を信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内(心の奥底)から
 生きた水が川となって流れ出るようになる。」
 イエスは、御自分を信じる人々が受けようとしている御霊について言われたのである。
 (ヨハネ伝7-37~39)
●イエスは言われた。「私が命のパンである。
 私のもとに来る者は決して飢えることがなく、
 私を信じる者は決して渇くことがない(ヨハネ伝6-35)

チャプレン活躍のエピソードとして2001年9.11NYテロ事件を思い出します。
事態の全貌が解らないまま最初に駆けつけた消防隊の最前線には80歳前後と思われる
【従軍神父】が天を仰ぎ隊員を暖かく見守っている光景をフランスのジャーナリストが
撮影した映像で知る事ができました。皆さんの中にもご覧になった方もいると思います。
神父は危険覚悟で突入する隊員の為にヘルメットを脱ぎ「祈り」を捧げていた時に
落下物が直撃して昇天したそうです。最初の犠牲者は神父で消防士を奮起させました。
片方のビルが崩壊したために砂埃で真っ暗となったビルの中、隊員が【神父】を
大切に抱きかかえて近くの教会まで連れ出す光景も撮影されていました。

ハリウッド映画の実話を基にしたベトナム戦争カジュアリティーズ」のストーリーでは
組織的戦争犯罪に関与した主人公が米国帰還後に【罪責感】に苦悩し従軍牧師に出遭って
告発する【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に目覚めるという映画もありました。

●私の敵よ、私のことで喜ぶな。たとえ倒れても、私は起き上がる。
 たとえ闇の中に座っていても、主こそ我が光なり(ミカ書7-8)

キリスト降誕・十字架・復活のおかげで私達は【罪人:的外れ人生・忘恩背信】のままで
いつどこでも<聖家族:父と子と聖霊>と和解できる<恵みの福音>を与えられました。

●キリストは私たちの平和であって、二つのものを一つにし、
 敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって、
 数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである。
 それは、彼にあって、二つのものをひとりの新しい人に造りかえて
 平和をきたらせ、十字架によって、二つのものを一つのからだとして
 神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。
(エペソ書2-14~16)
●それから彼は、こられた上で、遠く離れているあなたがたに平和を宣べ伝え、
 また近くにいる者たちにも平和を宣べ伝えられたのである。
 というのは、彼によって、私たち両方の者が一つの御霊の中にあって、
 父のみもとに近づくことができるからである。
 そこであなたがたは、もはや異国人でも宿り人でもなく、
 聖徒たちと同じ国籍の者であり、神の家族なのである(エペソ書2‐17~19)  
●あなた方は、以前は神から離れ、悪い行いによって心の中で神に敵対していました。
 しかし今や、神は御子の肉の体においてその死を通して、あなた方を神と和解させ、
 あなた方を聖なる、傷のない、責められるところのない者として、
 御前に立たせて下さったのである。ただし、あなた方は揺るぐ事なく、
 しっかりと信仰に踏み留まり、
 あなた方が聞いた福音の希望から離れる事のないようにすべきである。
 (コロサイ書1−21~2)

<創造主>【三位一体:父・子・聖霊】で人間となった【主イエス】は神に祈るときには
<アバ、父よ>と祈り、ヨーロッパ民族は「GOD:父ちゃん」と解釈命名したそうです。
私たちも幼な子のように泥だらけ傷だらけのままで<父ちゃん!>と近づきましょう!

●律法の下にある者をあがない出すため、
 私たちに子たる身分を授けるためであった。
 このように、あなた方は子であるのだから、神は私たちの心の中に、
 「アバ、父よ」と呼ぶ御子の御霊を送って下さったのである。
 したがって、あなた方はもはや僕ではなく、子である。
 子である以上、また神による相続人である(ガラテヤ書4-5~7)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】に出遭い知っている私は
<不義・不正・不実>不純・不潔で世間的には無位無冠の<少数派・レムナント>ですが
【聖愛・聖義・聖徳・聖善】<全智・全能・全愛>の【神の愛=主イエス】を伝えられる
<神愛特権・大宣教命令>が与えられていることは<歓喜!感動!感謝!>です。

●イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。
「私には天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。
 それゆえ、あなた方は行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。
 そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、
 また、私があなた方に命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。
 見よ。私は、世の終わりまで、いつも、あなた方と共にいます。」
 (マタイ伝28-18〜20)
●事実、この世は自分の知恵で神を知ることができませんでした。
  それは神の知恵にかなっています。それゆえ、神はみこころによって、
  宣教という愚かな手段を通して、信じる者を救おうと定められたのです。
  (コリント前書1-21)
●御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。
 とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです(テモテ後書4-2)
●<意志の作用>(内村鑑三
 神によりて思い、神によりて働き、神によりて息(いこ)う。
 これキリスト信者の生涯なり。
 われの意志なるものは、
 われ、これをわが意志をして神の意志たらしむるために消費し、
 神の大意志をしてわれの小意志に代わりてわれを活動せしむ。
 かくてわれはわが意志の弱きを覚えず。
 そは、わが意志はこれを神の意志となすに足り、
 しかして神の意志は自由にわれを使用してなお余りあればなり。
●<聖 望>(内村鑑三
 われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
 われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
 われはわが事業を永遠の上に築いて、短きわれのこの一生をして
 万世を益するものとならしめん。キリスト信者たる栄誉の一は、
 荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
 なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり
●私が、どんなことがあっても恥じることなく、
 かえって、試練の時も、いつものように、
 キリストのために、大胆に語ることによってキリストのすばらしさが現わされて,
 生きるにも死ぬにも、私の身によってキリストが公然とあがめられるようにと
 切に願い、希望している。
 私にとって、生きることは、キリストのために良い機会を得たことを意味し、
 死ぬことは、さらにすばらしいことを意味する(ピリピ書1−20~21)
●汝のパンを水の上に投げよ、多くの日ののちに、汝再びこれを得ん(伝道の書11‐1)
●汝の真理を社会の中に投ぜよ、年を経て汝はその偉大な結果を見るを得ん(内村鑑三) 
●恐れるな、語りつづけよ、黙っているな。
 あなたには私が共にいるからだ。
 誰もあなたを襲って危害を加えるようなことはない。
 この町には私の民が大勢いるからだ(使徒行伝18-9~10)
●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。
 我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく
 人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。
 それであるから語るのである(内村鑑三)
●父(神)を世に示さん為には隠るるなかれ、自己を世に示さざらん為に隠れよ。
 (内村鑑三
 
<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>の世界を分断分裂対立させる陰謀工作も加速して
世界も現在の日本社会も組織的不義不正が暴露され続けていますが、いつどこでも誰でも
<罪:的外れ人生>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】<自助努力限界>から
<超世的価値観>の【ダイナミック!エキサイティング!ワンダフル!】で救霊される
【福音:聖書観・真理の御言葉】【神の愛=主イエス】伝道の絶好のチャンスです!

●<福音の勢力>(内村鑑三
 福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
 福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
 福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
 福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
 福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において
 活かすゆえに活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
 この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ。
●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
 福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
 福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三
●<キリスト教の真意>(内村鑑三
 活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
 これキリスト教の真実となす。
 -天体に神の栄光を探る
 -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
 -詩歌に神の無限の愛をたたえる
 -美術に神の美妙の理想を現わす
 -農は神と共に神の地を耕すこと
 -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
 -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
●世に惨事多きや、福音を説くべし
 世に罪悪多きや、福音を説くべし
 国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
 社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
 福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三) 
●人は一人もこれを信ぜざるも、我が福音は真理なり。
 人はことごとくこれを棄却するも、我が福音は真理なり。
 人はこぞってそのために我を排斥するも、我が福音は真理なり。
 我が福音は人の福音にあらず、神の福音なり。
 ゆえに我れは神に拠(ヨ)り、
 独り終わりまでこれを保持せんと欲す(内村鑑三
●貧しい者に福音を宣(ノ)べ伝え
 霊的な囚人を釈放し
 霊的な盲人の目を開かせ
 虐げられ打ちひしがれた者に自由を得させる(ルカ伝4-18、イザヤ書61-1)

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
闇深き混迷大波乱時代こそ<アバ、父よ!【主イエス】に感謝!>の福音伝道に励む
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
チャレンジし続ける大活躍を心より応援しています!

●あなた方が、このような愚にもつかぬものを捨てて、偶像を離れて、
 生ける神に立ち帰るように、私たちは福音を告げ知らせているのです。
 この神こそ、天と地と海と、そしてその中にある全てのものを造られた方です。
使徒行伝14-15)
●立ち帰れ、私に。そうすれば、私もあなた方に立ち帰ると万軍の主は言われる。
(マラキ書3-7、セカリヤ書1-3)
●神に近づきなさい。そうすれば、神は近づいてくださいます(ヤコブ書4-8)
背信の子らよ、立ち帰れ。私があなた方の背信をいやそう(エレミヤ記3-22)
●私の名を呼び求めている私の民が、みずからへりくだり、ひざまずいて祈りを捧げ、
 わたしの顔を慕い求め、その悪の道を捨てて立ち帰るなら、
 私は天から耳を傾け、罪を赦し、彼らの大地をいやそう(歴代志略下7-14)
●彼らの目を開いて、闇から光に、サタンの支配から神の御もとに立ち帰らせ、
 こうして彼らが私(主)への信仰によって罪の赦しを得、
 聖なる者とされた人々と共に恵みの分け前にあずかるようになるためである。
 (使徒行伝26-18)
●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる(ロマ書8-28)
●私が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです(ヨハネ伝10-10) 
●キリストをあなたがもっていれば、
 あなたはもう裕かであり、
 不足を覚えることがないのだ。
 彼はみずからあなたのために慮(ハカ)り、
 人に望みをかける必要のないよう、
 万事につけての忠実な世話役となるであろう。
 まことに人間は直ぐに変ってゆき、
 たちまち、(あなたを)見捨てるものだが、
 キリストは永遠に(あなたの)傍を去らず、
 終りにいたるまで確固として守護されるのである
 (トマス・ア・ケンピス)
●<軟弱信者に告ぐ>(内村鑑三
 キリスト教を究めよ、キリスト教について聞かんと欲するなかれ。
 聖書を学べよ、宗教文学を楽しまんと欲するなかれ。
 神を信ぜよ、教会と教師とに頼らんと欲するなかれ。
 己の弱き訴うるを止めて自ら強からんことを求めよ、
 いつまでも信仰の乳をもって養われんと欲する信仰の赤子たるなかれ。
 堅きに耐え、神の信頼を値(ネウチ)する福音の戦士たれ。
●自分の決められた道を走りとおし、また、主イエスからいただいた、
 神の恵みの福音を力強く証しするという任務を果たすことができさえすれば、
 この命すら決して惜しいとは思いません。
 <最も大切なことは、自分の使命、すなわち主イエス
  私にお与えになった働きを全うすることです>(使徒行伝20-24)
●先の事どもを思い出すな。
 昔の事どもを考えるな。
 見よ。私は新しい事をする。
 今、もうそれが起ころうとしている。
 あなた方は、それを知らないのか。
 確かに、私は荒野に道を、荒地に川を設ける。
 野の獣、ジャッカルや、だちょうも、私をあがめる。
 私が荒野に水をわき出させ、荒地に川を流し、
 私の民、私の選んだ者に飲ませるからだ( イザヤ書43-18~20)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)

 

【ビジョン】で<熱き思い燃える心>に導く【神の愛=主イエス】!

 

【2023年12月3日に作成した<第770回>に加筆】
◇◇【ビジョン】で<熱き思い燃える心>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
<対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神の愛=主イエス聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

<御国の福音>を受け入れて<現代版ノアの方舟:携挙>がいつ来ても大満足人生の為に
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて
<不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
【神愛責務】<事を為せ!Do Business!>【ミッション:大義・使命・天職】に生きて
【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>にて
栄化復活の心体で四苦八苦から解放され千年間のエデンの園復活事業で活躍しましょう!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】は私たちに常に<熱心>で
<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の具現化に導いていると実感します!

●理想の実現は人間の力や制度によるのではない!
 「万軍の主の熱心これ成し給うべし(イザヤ書9-7)」(内村鑑三) 
●一人の男の子が私たちのために生まれます。 
 その肩にすべての主権が与えられ、 
 その子は「すばらしい助言者」「全能の神」 「永遠の父」「平和の君」と呼ばれます。
 その主権は増し、平和は絶えることがありません。
 彼はダビデの王座につき、 世界のすべての国々に真の正義と平和をもたらします。
 天の軍勢の主の熱意で、 このことは必ず実現します(イザヤ書9-7)

一方で<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>は世界を分裂分断させて<愛の冷却>を
加速させようとし続けています。

●多くの人がつまずき、互いに裏切り憎みあい、多くの偽預言者が起って、
 多くの人を惑わし、不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。
 (マタイ伝24‐10~12)
●今から後は、一家の内で5人が相別れて
 3人はふたりに、ふたりは3人に対立し
 息子は父親を侮り、娘は母親に、嫁はしゅうとめに逆らい、
 それぞれ自分の家の者を敵とする。
 (ミカ伝7-6、ルカ伝12-53、マタイ伝10-36)
●この世の神が(真実の神を)信じようとはしないこの人々の心の目をくらまし、
 神の似姿であるキリストの栄光に関する福音の光が見えないようにした。
 (コリント後書4-4)

私たち誰でも【霊性:魂[勇気]・善意・良心】で<熱き思い燃える心>でいられるのは
【青春:幼な心・青年の心】に抱く【ビジョン:理想・夢望・念志】と私は実感します。
【神愛力=隣人愛】に光り輝く【ビジョン:理想・夢望・念志】は私たちの所有物でなく
【賜物・無償神愛ギフト・神恵】<神愛預言・ラブレター>【御心:聖意・聖旨】なので
私が<熱き思い燃える心>で【ビジョン:理想・夢望・念志】を追い求め続けたければ
【神の愛=主イエス聖霊】は<熱心>に守り導き続けてくれます。

●あなた方は、さらに大いなる賜物を得ようと熱心に努めなさい。
 そこで私は最もすぐれた道をあなた方に示そう(コリント前書12-31) 
●愛を追い求めなさい。霊的な賜物、特に預言するための賜物を熱心に求めなさい。
(コリント前書14-1)
●求め続けよ、さらば与えられん。
 捜し続けよ、さらば見出さん。
 叩き続けよ門を、さらば開かれん(マタイ伝7‐7、ルカ伝11‐9)
●私たちが何事でも神の御旨に従って願い求めるならば、
 神はそれを聞き入れて下さる。
 私たちが願い求めることは、何でも聞き入れて下さるとわかれば、
 神に願い求めたことは既にかなえられたことを知るのである。
 (ヨハネ第一書5‐14~15)
●人々が熱心に追い求めて捜しさえすれば、神を見出せるようにして下さった。 
 事実、神は我々のひとり一人から遠く離れておいでになるのではない。
 我々は神の内に生き、働き、存在しているからである(使徒行伝17-27~28)
●摂理と確かな知恵とは、私にある。私は分別であって、私には威力がある。  
 私によって、王たる者は世を治め、君主たちは正しい掟を定める。 
 君侯、自由人、正しい裁きを行う人は皆、私によって治める。 
 私を愛する者を、私は愛する。私を熱心に捜す者は、私を見つける。
箴言8-14~17)  
●私の言葉を熱心に求め、慕うがよい。そうすれば教訓が身につくだろう。
(知恵の書6-11)

たとえ私の自業自得・因果応報で世間的患難辛苦に連戦連敗でどん底人生に落ち込んでも
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を見捨てずにいる限りは
私の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に宿る【神の愛=聖霊】が私の身代わりになって
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】に取り次いでくれるので
<神愛神助:祝福・恩恵><神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>【神愛奇蹟】で
災い転じて<最高!最善!最美!>に導いてくれます!

●御霊もまた同じように、弱い私たちを助けてくださる。
 なぜなら、私たちはどう祈ったらよいかわからないが、
 御霊自ら言葉にあらわせない切なるうめきをもって、
 私たちのためにとりなし祈ってくださる(ロマ書8-26)
●<信者の祈祷>(内村鑑三
 わが祈祷が聞かるるのではない。
 神がわれをもって祈りたもう祈祷が聞かるるのである。
 信者にありて祈祷は祈願(ねがい)ではない。預言である。
 神が神に求めたもう祈祷であれば、必ず遂行せらるるべきものである。
 信者の祈祷は必ず聞かるというはこの事である。
 神がなさんと欲したもう事を、あらかじめ、
 われをして彼に求めしめたもう、その事が祈祷である。
 ゆえに言う、
 「われらは祈るべきところを知らず、されども聖霊みずから言いがたきの嘆き
 (熱心)をもて、われらのために祈る(ロマ書8-26)」と。

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
<全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】に出遭い感じたければ
皆さんがキリスト教会に通わずとも【聖書】に無縁でも<熱き思い燃える心>で抱く
【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生旗印><最愛の我が子・我が分身>とするなら
【神の愛=主イエス】が皆さんを【福音:聖書観・真理の御言葉】に導いてくれます!
何故なら【霊性:魂[勇気]・善意・良心】満足の【ビジョン:理想・夢望・念志】なら
【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】の<生き様・死に様>となるからです。

●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
 いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
 これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
 (テサロニケ前書5‐16~18)
●きょうすぐに始めたまえ、勇気、実在、自尊、明確、高貴を目ざして
 君自身を鍛えることを君自身の「人格」を固め広めるまでは休んではならぬ。
ホイットマン
●熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みを抱いて喜び、患難に耐え忍び、
 常に祈りなさい(ロマ書12-11~12)
●心が変われば態度が変わる
 態度が変われば行動が変わる
 行動が変われば習慣が変わる
 習慣が変われば人格が変わる
 人格が変われば運命が変わる
 運命が変われば人生が変わる
 (フレデリック・アミエル/ウイリアム・ジェームズ/ヒンズー教の教え)
●人間はただ生きるために生まれてくるのではなく、
 世のため、人のために、事を為すために生まれてくるのだ(坂本龍馬
●いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
 いやしくも弱気を発してはいけない。
 たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ(坂本竜馬
●世の中には生きながら 心の死んでいる者がいる
 その身は滅んでも魂の存する者もいる(吉田松陰
●死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし
 生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし(吉田松陰
●<誠実の奨励>(内村鑑三
 すべてのまじめなる企図を助けよ。
 その策の拙なるがためにこれをあざけるなかれ。
 これを導くに奨励の言をもってせよ。
 単に危惧の注意を与えて、その熱心を阻むなかれ。
 もし慰癒の提すべきなくば、口をつぐんで語るなかれ。
 今や批評家と称する、勇心、善行の冷却者多し。
 吾人は彼らの群れを避けて、
 厳格にして慈悲深き奨励者たらんことを努むべきなり

皆さんの【ビジョン:理想・夢望・念志】にもっと<熱き思い燃える心>を込めたければ
私も高額セミナーや世間的成功者やカリスマ指導者など世間に頼りましたが、その結論は
【福音:聖書観・真理の御言葉】や【先人・偉人の教え:名言・格言】と霊的交流して
【ビジョン:理想・夢望・念志】と<一体化・連帯化・協働化>させる事を勧めします!

●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望を起こさせ、
 かつ実現に至らせるのは神であって、
 それは神が善しとされるところだからである。
 何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい。
(ピリピ書2-13~14)
●主をおのれの喜びとせよ。主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
 あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。
 (詩篇37-4~5)
●心に植えつけられた御言葉を素直に受け入れなさい。
 御言葉にはあなた方の魂を救う力がある(ヤコブ書1‐21)
●まことに、御言葉は、あなたのごく身近くにあり、あなたの口にあり、
 あなたの心にあって、あなたはこれを行なう事ができる(申命記30‐14)
●御言葉はあなたの近くにあり、あなたの口、あなたの心にある(ロマ書10‐8)
●どのようにして若者は自分の道を歩む道を清く保つことができるでしょうか。
 御言葉に従って道を保つことです(詩篇119-9)
●願わくは、あなたの僕への御言葉を思い出し給え。あなたは私がその御言葉を
 待ち望むようになさいました。これこそ悩みのときの私の慰め、まことに御言葉は
 私を生かします(詩篇119-49~50)
●あなたの御言葉は、私の足のともしび、私の道の光です(詩篇119ー105)
●だから、あらゆる汚れやあふれるほどの悪を素直に捨て去り、心に植え付けられた
 御言葉を受け入れなさい。この御言葉は、あなたがたの魂を救うことができます。
ヤコブ書1-21)
●知恵を捨てるな。それがあなたを守る。これを愛せ。これがあなたを保つ。
 (箴言4-6)
●青年の夢を軽んじてはならない。
 それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、
 したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
 つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである。
 (ヒルティ)
●われわれの願望と言うものは、われわれのうちにひそかにひそむ能力の予感であり、
 われわれがなしとげうるであろうことの先触れである(ゲーテ
●あなたのしようとすることを主に委ねよ、
 そうすればあなたの計画はゆるがない(箴言16‐3)
●真っ先に人間に慰めを求めないで、神にそれを求めなければならない(ヒルティ)
●人を相手にせず、天を相手にせよ。天を相手にして、おのれを尽くし人をとがめず、
 我が誠の足らざるを尋ぬべし(西郷隆盛

<熱き思い燃える心>で抱く【ビジョン:理想・夢望・念志】は世のため人のためにも
【神愛事業=隣人愛&神愛奇蹟】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】を連発させる事を
皆さんも体感して暗き世の中【隣人・社会】に【福音:聖書観・真理の御言葉】として
<熱き思い燃える心>で喜び進んで解き放つことにチャレンジい続けましょう!

●汝のパンを水の上を投げよ、多くの日ののちに汝再びこれを得ん(伝道の書11-1)
●汝の真理を社会の中に投げよ、年を経て汝はその偉大なる結果を見るを得ん。
内村鑑三
●人は一人もこれを信ぜざるも、我が福音は真理なり。
 人はことごとくこれを棄却するも、我が福音は真理なり。
 人はこぞってそのために我を排斥するも、我が福音は真理なり。
 我が福音は人の福音にあらず、神の福音なり。ゆえに我れは神に拠(ヨ)り、
 独り終わりまでこれを保持せんと欲す(内村鑑三
●<凋落の希望>(内村鑑三
 葉落ちて枝空し。しかれども知る。芽ならずして葉落ちざることを
 凋落は復活の兆しなり。世の日に日に朽ち行くは革新の準備すでに成りたるによる。
●<腐敗と希望>(内村鑑三)【所p269】
 社会は日々に腐敗しつつあると聞く、福音は日々に進歩しつつあるを識る。
 旧きは日々に失せつつあるなり、新しきは日々に起こりつつあるなり。
 落葉の秋に青春の兆しあり、腐敗は万物復興の徴(しるし)にほかならざるなり。

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
いよいよ迫り来る【主イエス】空中再臨の<現代版ノアの方舟:携挙>を待望しながら
霊性:魂[勇気]・善意・良心】を【神の愛=聖霊】と一体化・連帯化・協働化させ
【神愛力=隣人愛】で<熱き思い燃える心>【青春:幼な心・青年の心】で抱き続ける
<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げる
<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
チャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

●<成功の期待>(内村鑑三
 成功を期して進めよ、失敗を期するなかれ。
 万事をその最善において解せよ、最悪において解するなかれ。
 神の治め給うこの世にありて神を信じて事を成す、
 永久の失敗あるべき理なし。失敗は一時の現象なり、
 永久の事実にあらざるなり。
 「誠に善を行うに弛(う)むことなかれ、そはもし倦(う)むことなくば
 われら時にいたりて穫り取るべければなり(ガラテヤ書6-9)」
●賞賛に値するのは、実際に行動した人物であり、汗と血でまみれ、勇敢に戦い、
 何度も間違いを犯して成功にまで手が届かなかった人物であり、
 熱意をもって身を捧げ、有意義な目標に向かって全精力を使い、
 たとえ失敗したとはいえ果敢に挑戦した人物である。
 その人物は、勝利も敗北も知らない臆病者たちとは一線を画している。
 (セオドア・ルーズベルト
●真面目に考えよ。誠実に語れ。ひたむきに行え。
 汝の現今に播く種はやがて汝の収むべき未来となって現れるべし(夏目漱石
●作物を刈り取るには、まず種をまかなくてはならない。
 その後は、収穫の時期がくるのを忍耐強く待ちつづける必要がある。
 そして多くの場合、いちばん待ち望まれる果実ほど実を結ぶのはいちばん遅い。
 (スマイルズ
●毎日をその日の収穫高で判断せずに、まいた種で判断しなさい(スティーブンソン)
●翁曰く、我が理想は人々の心の内の荒蕪を開拓して、
 天授の善き種である仁義礼知を培養して、
 善種を収穫しまた蒔きかえして国家に善種を蒔きひろむるにあり(二宮尊徳
●青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う。
 青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
 ときには、二十歳の青春よりも六十歳の人に青春がある(サムエル・ウルマン)
●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け。 
 自由の大道を自在なる英知もて進め。 
 その尊き偉業の報いを欲せず 自らが愛する思想の実をば結びゆけ(プーシキン) 
●君の呼びかけに、だれも答えないならば
 君よ、我が道を一人征(ゆ)け
 皆が恐れを抱いて沈黙するならば
 君よ、開いた心と恐れなき声をもって、ただ真実のみを語れ(タゴール) 
●暗い嵐の夜に
 だれも松明(たいまつ)に火をつける者がなく
 扉をたたく君に
 だれ一人として応じる者がいなくとも
 君よ、失望してはならない
 雷(いかずち)が激しくとどろくなかで
 我が心の松明に火をつけ
 一人、暗闇(くらやみ)のなかで火を燃やせ(タゴール) 
●理想は自己を活かす宗教である(中村天風)    
●キリストが私たちのために死なれたのは、目覚めていても眠っていても、
 私たちが主と共に生きるためである。 
 だから、あなた方は、現にそうしているように、
 励まし合い、お互いの徳を高め合い、向上に心がけなさい(テサロニケ前書5-11)
●志の堅固な者を主(神)は全き平安のうちに守られます。
 その人が主(神)を信頼しているからです(イザヤ書26-3)

ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

■【福音の三要素(信条)=救霊<【御霊】内住>の証し】
●キリストは、私たちの罪のために死なれた<十字架>
●死んで墓に葬られた<埋葬>
●三日目によみがえられ今も生きておられる<復活>(コリント前書15ー3〜5)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!
 
異論・反論・疑問などメール歓迎します!
cforum@tanaka.name
HP/Web:https://cforumtanaka.jimdo.com
過去記事再編ブログ https://cforum.exblog.jp/ 
                       
田中 聡(さとし)