【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

我々が目指すべきもの

◇◇ 我々が目指すべきもの ◇◇
【2001年1月14日に作成した<第57回>に加筆】
●我々は結局何を目指すべきか、世の中を知り、これを軽蔑しない事だ(ゲーテ

最近のテレビ報道は惨殺事件、医療現場の不祥事、乳児誘拐などの様々な出来事で、不信感、不安感、憤りをあおることばかりのようです。これらの根底に共通していることは【隣人愛の冷却】による無関心が蔓延しているといえるでしょう。

●多くの人がつまずき、互いに裏切り憎みあい、多くの偽預言者が起って、多くの人を惑わし、不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう(マタイ伝24‐10~12)
●愛の反対は憎悪でなく無関心である(マザー・テレサ

【隣人愛】である人間愛や人類愛や寛容と赦し、同胞への優しさ、感謝、礼節、人道的援助などは、
人間自身の力だけで充分発揮できると思う事こそが、傲慢であり忘恩であることを【キリスト精神】は
教えてくれます。つまり、【隣人愛】は<愛の本源>である【神の愛=主イエス】を愛することから与えられるパワーであるということです。

●イエスは言われた、
 『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、主なるあなたの神を愛せよ(申命記6‐5)』
 これが一番大切な、第一の戒めである。第二もこれと同様である。
 『自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ』
 これらの二つの戒めに、律法全体と預言者とが、かかっているこの二つの戒めに優る掟はない
 (マタイ伝22‐37~40、マルコ伝12‐29‐31、ルカ伝10‐26~28)
●【愛の順序(内村鑑三)】
 第一に神を愛すべし、第二に世界と人類を愛すべし、
 第三に国と国人を愛すべし、第四に自己と家族を愛すべし
●神への愛だけが、我々を徹底的にエゴイズムから解放することができ、また全ての本当の自己改善の
 始まりである(ヒルティ)
●いわゆる人間愛はすべて神に対する強い愛という根底がなければ単なる幻想である(ヒルティ)

ご存知のように、【聖書】には【主イエス】が教えられた「十人のおとめ(マタイ伝25-1~30)」という有名なたとえ話があります。そこでは、【隣人愛】(善行)は≪ランプの光≫に、【神への信愛】を≪ランプの油≫にたとえています。

≪ランプの光≫なる【隣人愛】(善行)を熱く強く光輝かすためには、そして、【光】を絶やさないためには≪ランプの油≫である【信仰:神への信愛】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】こそが必要不可欠であると解りやすく教えています。

現代日本社会が暗く冷酷に感じる人物・組織・社会は、≪ランプの油≫が不足しているだけであり、
もし<油>である【信仰】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を強化させれば、活き活きと光り輝くので
心配ご無用!ともいえます。

以前の私なら、【信仰:神への愛】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】が不足した現代日本社会に対して
憤りと不満で一杯でした。しかし、様々な信仰体験を通じて、日本社会がキリスト教社会でなく、クリスチャンも教会も少ないので、【信仰】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】が不足している事を責めることは気の毒だと思うようになりました。

そして、【信仰】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を増し加え強化したければ、簡単であることも知りました。そうです!先ずは私自身から【信仰】と【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を日々強化すれば善いのです!どうすれば強化できるか?【常時歓喜!不断祈念!万事感謝!】が自分も社会も明るくします!

●いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである(テサロニケ前書5‐16~18)
●あなた方は、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現わすためにしなさい(コリント前書10-31)
●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、永遠にわたって神をよろこぶことである。
 (クロムウエル時代の簡略教理問答書)

<超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!>の【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を
【神の愛=主イエス】が喜ばれることを学んだ私はこれまでの陰気くさい儀礼的・形式的を止めました!

●<感謝と祈祷>(内村鑑三
 喜べよ。感謝せよ。しかしてさらに大なる恩恵を仰げよ。
 感謝は有効なる祈祷の要素なり。
 神は感謝なき祈祷にその耳を傾けたまわず。
 ★それ持てる者は与えられてなお余りあり。持たぬ者はその持てるものをも奪わるるなり(マタイ伝13-12)
 感謝は、「持てる」を証明す。
 感謝する者は、恩恵の上にさらに恩恵を加えらるべし。
 われらは聖父の前に貧困を訴えて
 彼の憐愍(れんびん)を乞わんと欲すべからず。
 むしろ富有を述べて、恩恵の加増にあずからんと欲すべし。

さらに気づかされたことがあります。いまだに【救世主】として正式に迎えられない日本社会は<旧約の時代>です。従って、早く来てもらうためにも、新約時代を開幕させる≪ファンファーレ!≫が必要だと霊的に教えられたのです!【聖書】の「エルサレムの入城」の記述を思い出してください!

●大勢の群衆が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。そして、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。
 「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、我らの父ダビデの来るべき国に、祝福があるようにイスラエルの王に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」(マタイ伝11-9~10、マルコ伝21-8~9、ヨハネ伝12-12~13)
 ★「ホサナ」は元来は<救いたまえ>の意味で、後には<神をたたえる言葉>として典礼で使われるようになったそうです。

私たち日本でも【リバイバル(信仰復興)】を起こすには、聖歌隊の進軍ラッパによる歓喜の≪ファンファーレ!≫が必要だと思いませんか?ホサナ!ホサナ!ハレルヤ!

もう今までの「早く来てください!」「救ってください!」のような<悲嘆・直訴の祈り>は卒業しましょう。これからは、「喜んで楽しみにお待ちしています!ハレルヤ!」というような<歓迎・祝福の祈り>で迎えましょう!

●私は初めから、以上のことを確信し、思い巡らした後、こう書き残した。
 「主の御業はすべて良く、時が来れば、主は必要なことをすべて満たされる。」
 「これはあれよりも悪い」と言ってはならない。どんなものも時が来ればその良さが証明される。
 さあ、心から、声高らかに賛美の歌をうたえ。主の御名をほめたたえよ(シラ書〔集会の書〕39-32~35)
●何事でも神の御心に適うことを私たちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対する私たちの確信である(ヨハネ第1書5-14)

欧米ではスポーツ界、音楽・芸能界、政財界でも、有名人がTV番組を通して、十字を切って祈る姿を目にします。勝利や成功して感謝する時にも、悲しみ苦難に直面した時にも、人目を気にせずに、自然に身についています。彼等が【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を実践しているのは、単なる形式的・風習・儀礼だけではないと思います。

心から満足した<勝利者のポーズ>として、悲劇・苦難に心痛める<共感者のポーズ>として、美しく感動的です。彼らの【礼拝:★讃美★祈り★感謝】の実践は、迫害・弾圧の2000年前から延々と続けられた殉教の上にこそ維持継続された<生き証人>なので、常に活き活きとしていて、素晴らしく美しく感動があるのだと私は思います。

●ひとを信じさせるものは経験である。自分も経験してみたいという願望と気分とを 起こさせるものは、その経験をした人たちの証言である(ヒルティ) 
●父(神)を世に示さん為には隠るるなかれ。自己を世に示さざらん為に隠れよ (内村鑑三
●神の力強い活動によって働く力が、私たち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、あなた方が知るに至るようにと、祈っている(エペソ書1-19)

日本では、たとえ正真正銘の「クリスチャン」でも、人前やTV番組を通して、十字を切ったり、神に祈る姿を目にするのは珍しく、葬式や教会内だけのように感じます。クリスチャンや教会の無力を批判したり嘆くことも、社会のことを軽蔑することも無用です!

私たちの日本社会は、武士道を尊重する、いまだに<旧約の時代>だから、当たり前とも言えるでしょう。<旧約の時代>は【戒律遵守】なので世間体・道徳・倫理など自己の外に戒律がある<他人本位>の
社会であり、【戒律・基準・掟】が【キリスト精神】にならない限りは、掟破りとなってしまいます。

世界の歴史を観れば、ギリシャやローマなど、どんなに強大な帝国でも、言語も無いような未開の民族でも最後には【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】を受入れて、掟だらけの≪旧約の時代≫を卒業しました。まして、素晴らしい歴史を持つ日本ならばこそ、【キリスト精神:自由・平等・寛容・博愛】を受入れることは時間の問題です。

夜明けほど闇深くて冷え込むみます。さらに【光】が真昼のように近づけば、隠されていた陰(闇)もくっきりと明らかにされます。今こそ<新約の時代>到来に準備する時ですね。

●正しい者の道は夜明けの光のようだ、いよいよ輝きを増して真昼となる(箴言4‐18)
●起きよ、光を放てよ、汝の光来たり、エホバの栄光汝の上に照出たり。視よ暗きは全地をおおい、
 闇は諸々の民をおおわん。されど汝の上にはエホバ照出たまいて、その栄光汝の上に顕わるべし(イザヤ書60-1~2)
●主をおのれの喜びとせよ。主に自らをゆだねよ、
 主はあなたの心の願いをかなえてくださる。
 あなたの道を主にまかせよ。信頼せよ、
 主は計らい、主が成し遂げてくださる。
 あなたの義を光のように、
 あなたのための裁きを真昼の光のように輝かせてくださる。
 主の前に静まり沈黙して主に向かい耐え忍びて主を待ち望め。
 おのれの繁栄の道を行く者や悪だくみをする者のことで心を悩まし、いら立つな(詩篇37-4~7)

日本の現状の腐敗やキリスト教会組織の無力を、批判することも、憤ることも、悲しみ嘆くことも簡単です。しかし、私たちは一歩前進して、【神の愛=主イエス】を喜んで歓迎するように準備しようではありませんか!

●絶えず偉大な思想に生き、ささいなことを顧みないように努めなさい(ヒルティ)

皆さんが得意分野で【ビジョン:理想・夢・志】を高らかに掲げて、来るべき<新約の時代>への準備として歓喜で歓迎する【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を支えとして、【聖書の御言葉】を世に語り伝えることで、活躍されることを心より応援しています!★Good luck & God bless you!

●偽りを捨て、それぞれ隣人に対して真実を語れ(エペソ書4-25)
●聞く人に恵みが与えられ徳を高めるように、その人を造り上げるのに役立ち益になる言葉を必要に応じて語りなさい(エペソ書4-29)
●恐れるな、語りつづけよ、黙っているな。あなたには私が共にいるからだ。誰もあなたを襲って危害を加えるようなことはない。この町には私の民が大勢いるからだ(使徒行伝18-9~10)
●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。それであるから語るのである(内村鑑三)
●ただ自ら慎み注意して、あなたの魂をよく守りなさい。あなたが目で見たことを忘れず、生涯心から離すことのないようにしなさい。あなたはそれらを子や孫たちにも語り伝えなさい(申命記4-9)