【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<神の愛の奇蹟>を起こせ!

◇◇ <神の愛の奇蹟>を起こせ! ◇◇
【2001年2月17日に作成した<第71回>に加筆】
フジTV系列「アンビリーバボー:バルトーとカソン」を観て

皆さんこんにちは。そしてご愛読に感謝します。

アラスカで活躍したアラスカ犬のバルトーの話をご存知でしょうか。私はTV番組で初めて知り感動しました。

1925年の2月にアラスカのある町でジフテリヤが伝染して3人の子供が亡くなります。
このままワクチンを投与しなければさらに多くの犠牲者がでる恐れがあり一刻も争えない緊急事態の
危機となります。

しかし、季節がら、その町は《陸の孤島》のような状態であり、そのワクチンを入手するためには
1100kmも離れた場所から届けてもらわなければなりません。しかも、マイナス50度の猛吹雪
(ブリザード)の中を《犬ぞり》によってです。

そこで、1100kmの距離を20チーム180匹の犬による《犬ぞりのリレー》でワクチンを運ぶという壮大な計画を決行します。

20に分割された中で最も難関である最後から一つ前の地区に選ばれたのがアラスカで最も勇敢で
有名なアラスカ犬のバルトーとその主人カソンでした。

もともとバルトーは捨て犬でした。しかし、カソンの愛情と優秀な指導によって、どんな犬よりも賢く
勇敢なリーダー犬になったのです。

ジフテリヤの蔓延する町では、多くの子供とその家族が病と戦っています。そんな状況を知って、自らの
危険をも顧みず、多くの人々が【使命】に燃えてチャレンジして行きました。そして、バルトーとカソンへの順番がやってきます。

彼等には54kmの踏破すべき最難関の道が与えられていますが、誰もが彼等ならば絶対に成功すると
確信していたでしょう。そして、そんなことができるのは彼等以外にはいないことも知っていたはずです。

しかし、その道はあまりにも過酷でした。とうとう途中でカソンの目は雪目で何も見えなくなってしまいます。

もはや、このチャレンジもこれまでかと気を失いかけているカソンに勇気と希望をもたらしてくれたのは
バルトーでした!

何も見えない主人のもとでは命令にのみ忠実な犬ならどちらに進むべきか判断もできないので不可能な
はずです。

しかし、バルトーは違いました。主人との深い精神的な《魂のつながり》によって何をすべきかを知っていたのでしょう。

そして【神の愛=主イエス】が彼等に与えた【ミッション:使命・天職】を目指すための試練であったという事を75年後の21世紀に生きる私たちには良く理解できるはずです。

●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で彼を用いようとする
 その目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
●もしもあなたがあらゆるものにイエスを求めるならば、必ずそこにイエスを見出しえよう(トマス・ア・ケンピス)

最後のチームはバルトーとカソンの犬ぞりをリレー地点でじっと待ち続けますが、とうとう来ませんでした。救助に迎おうにもあまりにもブリザードが激しすぎます。

町の住民もまた来るべき時間を過ぎており、もはやあきらめかけていたちょうどその時です。なんと、バルトーとカソンは直接その町に到着したのです!!

本来の54kmのコースでさえ難関であったのに、84kmもの過酷な距離を一気に踏破したのです。

何故、目の見えない主人のもとで、バルトーは町までやってこれたのでしょうか?
それは、以前に一度だけバルトーはその町に来たことがあったからだそうです。

しかし、本当はそれだけではないはずです。<神様の御心と計画>による《愛の導き》があったからだと
私は信じています。

●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけそれを授けたまうのであって
 ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ) 
●我らのなお亡びざるはエホバの仁慈(イツクシミ)により、あわれみの尽きざるによる
  これは朝ごとに新しく、あなたの真実はそれほどに大きく深く力強い(エレミヤ哀歌3‐22~23)
●神の愛は無限なり、かれの時もまた、無限なり。無限の愛を行うに無限の時をもってす(内村鑑三

何故なら、その出来事に関わった全ての人々に、大いなる信仰と希望と勇気と【隣人愛】の心があったからこそ【神の愛=主イエス】を喜ばせ【神の愛の奇蹟】を起こせたと思うからです。ハレルヤ!栄光を主に帰します!

●何事でも神の御心に適うことを私たちが願うなら、神は聞き入れてくださる。これが神に対する私たちの確信である(ヨハネ第1書5-14)
●命と信心とにかかわるすべてのことは、主イエスの神聖の力によって、私たちに与えられている。
 それは、御自身の栄光と力ある業と徳とによって私たちを召し出してくださった主イエスを認識させることによる。この栄光と力ある業とによって、尊くすばらしい大いなる約束が私たちに与えられている。
 それは、あなた方が世にある欲のために滅びることを免れ、神の本性にあずかる者となるためである。
 だから、あなた方は、力の限りを尽くして、信仰には徳を加え、徳には知識を、知識には節制を、
 節制には忍耐を、忍耐には敬神を、敬神には兄弟愛を、兄弟愛には博愛を加えなさい
 (ペテロ後書1-3~7)

その後、バルトーは銅像と共に英雄として現在でも語り伝えられています。
そして、75年後の21世紀の極東のこの日本にまで語り継がれているのです。

彼らに見習って、私たちもまた、【霊性:魂[勇気]・善意・良心】と【常時歓喜!不断祈念!万事感謝!】の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】によって、【神の愛=主イエス】を喜ばせて、不思議で素晴らしく感動的な<神の愛の奇蹟>をたくさん起こしましょう!皆さんの活躍を心より応援しています!

●正しい良心を持ちなさい。そうすればあなたはいつも喜びをもつことができよう。正しい良心はずい分
 たくさんな物事を忍ぶ力を具え、逆境にあっても、つねにずい分と大きな喜びを覚える(トマス・ア・ケンピス)
●神の側に立とうと決心するが良い。次にはあなたの力と個性に合わせてあなたに個人的に下される
 神の命令に従え(ヒルティ)
●愛に生きる者には翼がある。喜びに溢れて走り回り、自由で、どこにあっても束縛を知らない。
 自分に与えられる贈り物には目を留めず、すべての賜物を越えて、それを与えてくださる方に目を向ける(トマス・ア・ケンピス)
●私は初めから、以上のことを確信し、思い巡らした後、こう書き残した。
 「主の御業はすべて良く、時が来れば、主は必要なことをすべて満たされる。」
 「これはあれよりも悪い」と言ってはならない。どんなものも時が来ればその良さが証明される。
 さあ、心から、声高らかに賛美の歌をうたえ。主の御名をほめたたえよ(シラ書〔集会の書〕39-32~35)
  
ハレルヤ!栄光を主に帰します!
主の恵みに感謝します!アーメン!

今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイルを歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

★★★★
皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html)もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!

★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/

★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)
★★皆さんからの御連絡お待ちしています!★★