【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<驚く恵み!>で導く【神の愛】②

◇◇【神の愛=主イエス】の<救済方法>は【アメージング・グレイス】!(その2)◇◇
【2006年7月27日に作成した<第411回>に加筆】<改訂版・再掲載> 

★★【その1】のつづき★★

ところで、この『アメージング・グレイス』が現代の極東の私たちが知り得たのには、ジョン・ニュートンの献身だけではありませんでした。実は、アメリカに奴隷として連行されたアフロ・アメリカン(黒人)のおかげだったのです!

綿花畑で働く彼らは学問はおろか読み書きを学ぶチャンスも与えられていなかったのに彼らの雇い主は一つだけ許します。それは「教会」に通わせることでした。唯一の自由行動が「教会」に通うことであった事は何と驚くべきことではありませんか!

ずる賢い農場主・雇い主は奴隷が<ご主人様>に絶対的に隷属・服従をさせようとして【聖書】を利用しようと考えたそうです。【聖書】には「僕は主人に抵抗せず従順なれ」という、<最悪>の主人には都合のよい【聖句】があることを知っていたからでした。

●召し使いたち、心からおそれ敬って主人に従いなさい。善良で寛大な主人にだけでなく、
 無慈悲な主人にもそうしなさい(ペテロ前書2-18)
●奴隷たち、キリストに従うように、恐れおののき、真心を込めて、肉による主人に
 従いなさい(エペソ書6-5)
●奴隷たち、どんなことについても肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとして
 うわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい(コロサイ書3-22)
●軛の下にある奴隷の身分の人は皆、自分の主人を十分尊敬すべきものと考えなければ
 なりません。それは、神の御名と私たちの教えが冒涜されないようにするためです
(テモテ前書6-1)
●奴隷には、あらゆる点で自分の主人に服従して、喜ばれるようにし、反抗したり、 盗んだりせず、常に忠実で善良であることを示すように勧めなさい。そうすれば、私たちの救い主である神の教えを、あらゆる点で輝かすことになります(テトス書2-9~10)

しかし、歴史が証明しているように、農場主の価値判断は完全に間違っていたのです!【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】の圧倒的完全勝利です!悪徳農場主の予期せぬことが、油断して見逃した「教会」から始まったのです。奴隷は「教会」に通えたおかげで「読み書き」を学び【聖書】を学びます。やがて彼ら奴隷が【神の愛=主イエス】に出遭い、導かれて【自主独立:自由・独立】に目覚めてゆくことは自明のことです。

●キリストによりてのみ真正の自由と独立とあり。
 そは彼は霊魂の自由を与える者なればなり(内村鑑三
●自由を得させるためにキリストは私たちを解放して下さったのである
(ガラテヤ書5-1)
●真理(主イエス)はあなた方を自由にさせる(ヨハネ伝8‐32)
●主は霊である、主の霊のあるところに自由がある(コリント後書3‐17)

一切の自由を奪われた<最悪の環境>でも、たとえアフリカから連行され言葉も文字も
知らなかった<最悪の境遇>でも、<最高!最善!最美!>の【神の愛=主イエス】から
見れば<最善・最強の条件>であったとは、誠に【神の愛=主イエス】の【御業】には
驚くばかりです!

●目を高く上げて、誰が天の万象(万軍)を創られたかを見よ
 この方は、その万象(万軍)を数えて呼び出し、一つ一つその名をもって呼ばれる。
 この方は、勢力に満ち、その力は強い、一つも、もれるものはない
イザヤ書40-26)
●神の造られたものは、みな善いものであって、感謝して受けいれるなら
 何一つ捨てるべきものはない(テモテ第1書4‐4)

さらに驚くべきは、奴隷たちが「肉は不自由でも心は自由である!」と最も励まされた
<希望の歌>が、あの『アメージング・グレイス』だったそうです。

奴隷商人のジョン・ニュートンが上述に紹介した歌詞にあるように、自分のような
「wretch(卑劣漢)」と語っているのに、加害者(奴隷商人)の立場の讃美歌を、
被害者(奴隷)がどうして共感できたのか歴史研究者も当初は不思議だったそうです。
そして、調査するうちに解明されました。

何と面白いことに、実は「wretch」という単語には「哀れな者」という別の意味も
あったのです!

アフリカから強制連行されて、自由を奪われてしまった、世間から完全に見捨てられた、
自分たちのような「哀れな者」でも【神の愛=主イエス】はこよなく愛されている!
という風に解釈できたのです!単なる<偶然>で起きたこととは思えません。

そうです!このように【神の愛=主イエス】の<救済方法>ならば、どんな<最悪>も
<最善>に、どんな闇のマイナスをも光のプラスへと、大転換させられるのです!

人間の都合や叡智と能力では、ただ一言<アメージング・グレイス!>としか語れない
不可能を可能にする【神の愛の奇蹟】です!

●あなた(神)には、全てができること、あなたは、どんな計画も成し遂げられることを
 私は知りました(ヨブ記42‐2)
●イエスは彼らを見つめて言われた「人にはできないが、神にはできる、神には何でも
 できないことはない」(マタイ伝19‐26、マルコ伝10‐27、14‐36、ルカ伝18‐27、
 創世記18‐14、ヨブ記42‐2)
●ああ、主権者なる神よ!主よ!まことに、あなたは大いなる力と伸ばされた御手とに
 よって天と地を造られました。あなたには何一つできないことはありません
 (エレミヤ書32‐17)
●主は御心にかなう望むところを御旨のままに喜びとなるように、ことごとく行なわれる。
  天で、地で、海で、また全ての淵で(詩篇135‐6)
●神は人でないゆえに偽りを語ることがなく、人の子ではないゆえに悔いる事もない。
  自ら述べてそれを行なわず、自ら語って約束された事を成し遂げない事があろうか
 (民数記23‐19)
●神には何もできないことはない(ルカ伝1‐37)

これで終らずに『アメージング・グレイス』による【神の愛の奇蹟】はさらに続きます!
その後にアフロ・アメリカンを奴隷解放へと導いてくれた『アメージング・グレイ』は
アメリカ先住民(インディアン)にまでも大きな影響を与えていたのです。

160年前にチェロキー先住民が居住地を強制的に追われて<新天地>を捜し求めます。【出エジプト】で自由解放したモーゼのごとく、過酷な逃避行の中で大河を渡る時には、特に多くの犠牲者が出たそうです。哀れな彼等を【霊的】に支え励ましてくれたものが『アメージング・グレイス』でした!

1975年にようやく自治権を獲得した1万1千人のチェロキー先住民にとっては、今でも国歌のように愛されている曲として『アメージング・グレイス』のメロディは大切に守り育てているそうです。

そして、現代世界のように白人社会にまでも影響を与えることになった大きなきっかけは、エルビス・プレスリーであったことは、またまた感動的です。エルビスが世界的に有名なのは、単なる人気ロックン・ロール歌手としてではありません。エルビスはとても信仰深くて、実は彼のゴスペル・讃美歌・クリスマス・ソングの方が人気があることは、日本ではあまり知られていません。その証拠に彼が3度受賞したグラミー賞はどれも「ゴスペル部門」ばかりだったのです。

それまで黒人霊歌でしかなかった『アメージング・グレイス』を白人の人気歌手であるエルビスが歌ってグラミー賞を受賞したことで、名も無き「野のゆり」のような存在の音楽が、白人と黒人社会の間に現存していた<厚い壁>を真っ先に打ち破ったのです!エルビスは貧しい白人社会の出身で、彼は小さい頃から隣接する黒人社会と交流して、特に黒人教会に通い続けました。

世間的に有害無益でしかない<最悪>な白人居住区から先駆者の<仲保者>が登場して米国社会の白人と黒人が和解するための<第一歩>が始まったことは感動的です!世間では<最悪>で下品と思われるロック歌手が、有力な政治家や宗教家や思想家でも実現できなかった<最善>を、【神の愛=隣人愛】に従うことで実現したのです。

ジョン・ニュートンの【ビジョン:理想・夢・志】と【神の愛=隣人愛】の結晶である『アメージング・グレイス』は、200年後の現代でも日々新たな【神の愛の奇蹟】を世界中で起こしながら前進し続けています。

ならば惨めな<最悪>な私でも【神の愛=主イエス】に信愛して【神の愛=隣人愛】に光り輝く【ビジョン:理想・夢・志】に【ミッション:使命・天職】を体得することで<不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に燃えて前進し続けるならば、【神の愛=主イエス】は<最善の道>に導いてくれると確信します!

たとえば、終身刑が60%を占めるほどの<最悪>なアンゴラ刑務所では<凶悪犯>を【神の愛=主イエス】に立ち帰らせ続けているそうです。ある<最悪>な終身刑の<凶悪犯>は、ホスピスにいる末期受刑者のために、音楽で<最善>の【福音伝道者】となって霊的救済することに献身しています。

『アメージング・グレイス』は<落ちこぼれ>で自己中心の<卑劣漢>の私だからこそ、慰められ、励まされ、勇気と希望で【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を目覚めさせて【神の愛=隣人愛】で<パワー・アップ>してくれます!

【神の愛=主イエス】の<救済法>とは、世間的常識で<最悪>の闇のマイナスこそを<最善>の光のプラスに大転換させてくれることに<歓喜!感動!感謝!>です!

●主は恵もうと待っておられ、あなた方をあわれもうと立ち上がられる(イザヤ書30‐18)
●もうあなたは泣くことはない。あなたの叫び声に応じて、主は必ずあなたに恵み、
 それを聞かれるとすぐ、あなたに応えてくださる(イザヤ書30‐19)
●光は闇の中に輝いている。そして、闇はこれに勝たなかった(ヨハネ伝1‐5)
●私は言う。「闇の中でも主は私を見ておられる。夜も光が私を照らし出す。」
 あなたには、闇も暗くなく、夜も昼も共に光を放ち、夜は昼のように明るく輝く。
 あなたには、闇も光も同じで異なることはない(詩篇139-11~12)
●主よ、あなたは私のともし火、主は私の闇を照らしてくださる
(サムエル後書22-29)
●主よ、あなたは私の灯を輝かし、我が神、主は私の闇を照らしてくださる(詩篇18-29)

【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な【神の愛=主イエス】の<アメージング・グレイス(驚くばかりの余りある恵み)!>である<救済法>に導かれて励まされ慰められ【ビジョン:理想・夢・志】に活躍される事を心より応援しています!

●あなたの地は再び不法を耳にする事なく、暴虐と破壊と崩壊は領土のうちから絶える。
 あなたの城壁は「救い」と城門は「栄誉」と呼ばれる(イザヤ書60-18)
●あなたの太陽は再び沈むことなく、あなたの月は欠けることがない。
 主があなたの永遠の光となり、あなたの嘆きの日々は終わる(イザヤ書60-20)
●主は羊飼い、私には何も欠けることがない。
 主は私を青草の原に休ませ憩いの水のほとりに伴い魂を生き返らせてくださる。
 主は御名にふさわしく私を正しい道に導かれる。
 死の陰の谷を行くときも私は災いを恐れない。あなたが私と共にいてくださる。
 あなたの鞭、あなたの杖、それが私を力づける。
 私を苦しめる者を前にしても、あなたは私に食卓を整えてくださる。
 私の頭に香油を注ぎ、私の杯を溢れさせてくださる。
 命のある限り、恵みと慈しみはいつも私を追う。
 主の家に私は帰り、生涯、そこにとどまるであろう(詩篇23-1~6)