【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

愛情(真実)の復興

◇◇ 愛情(真実)の復興 ◇◇【2001年5月22日に作成した<第135回>より】
深夜テレビ映画『ブルース・ブラザース2000』
NHKプロジェクトX『炎上・男たちは飛び込んだ』を観て

●いつまでも存続するものは信仰と希望と愛と、この三つである。
 このうち最も大いなる力は愛である(コリント前書13-13)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

私たちにチャレンジへの勇気と希望を与えてくれるものは何でしょうか。
それは【愛の復興】を目の前に見せられ感じた時だと思います。

●【愛】は耐え忍び寛容である。【愛】は情が深く人の益を図る
 【愛】はねたまない、誇らない、高ぶらない、非礼を行わない。
 【愛】は己の利を求めない、軽々しく怒らない、人の悪を念(オモ)わない。
 【愛】は不義を喜ばないで真理を喜ぶ
 すべてをおおい包み、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える
 【愛】はいつまでも絶えることがない(コリント前書13-4~8)

この【愛】を【イエスの生涯と教え】と置き換えて考えれば理解できるように、
エス自身こそが【愛】そのものです。

【キリスト精神】はまさに【愛の実践】であって単なる教義や理想では無い事が
良く理解できるはずです。

ところで、私たちの多くは恐らくイエスのように高潔で立派な聖人ではありません。
そこで、私たち各自には少しでも【愛の復興】に関与できて貢献できるような、
神からの【ミッション:使命・天職】が与えられているのではないでしょうか。
私たちが聖人でなくても、【隣人・社会】の【善意・良心・可能性】を引き出して
伸ばしてあげられる道があるはずです。

●【愛】は、イエスに対する【貴い愛】は、人を促して大きな仕事をなしとげさせ
 人を励まして、いつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
 【愛】は常に向上を欲して、いかなるいと低い事物によっても、引き停められる
 ことを望まない(トマス・ア・ケンピス)

80年前半に創られた『ブルース・ブラザース』という映画をご存知でしょうか?
昨日の深夜映画でその続編の『ブルース・ブラザース2000』が放映されていました。

第1作、続編共に神より与えられる『ミッション・インポシブル(不可能な使命)』を
受入れてチャレンジする喜びと感動を改めて実感しました。

私には単なるフィクションのコメディでは片付けられないものを感じすにはいられない
とても意義深いストーリーだと思いますが、皆さんは如何でしょうか?
まだご覧になっていない方は是非一度、先ずは第1作を観て頂ければ幸いです。

映画に示されていることは、自分の目指すべき【天職・使命】を見出すには時と試練を
要し、それは人によっては不運であり病気であり堕落であるかもしれないと言う事です。

そして、自分の本来の生き方である【使命・天職】を見出すには必ず何か【導き手】が
存在すると言う事です。

●あなたが私(主なる神)を選んだのではない、私があなたを選んだのである
 (ヨハネ伝15-16)

その上、独りでできることには限界があります。どんな【使命・天職】でもチャレンジ
には、必ず同志や協力者、支援者、理解者が現れて【バンド】によるチーム・プレイ
であることを私たちは知る事になります。人々が信頼関係で結ばれ、各自の愛を結集
してこそ【使命・天職】は実現できるように神は働きかけているのだと私は信じます。

●私たちは真理のための同労者となるように、人々を助けねばならない
ヨハネ第3書8)

大半の場合は、自分の意に反して、いつのまにか、つかまってしまったかのように
【使命・天職】に導かれているはずです。しかし、後になって良く考えてみれば、
その神に選ばれた道こそが、自分自身にとって最良の道であったことを確信できる
はずです。

●神のなされることは皆その時にかなって美しい(伝道の書3-11)

そして、最も重要なことは、自分でなければ他の誰も代わりのできないような
【天職・使命】であったならば実現するまでは不死身なのです。神は奇蹟をはじめ
いかなる手段を使ってでも、そのチャレンジを守り支えて導いてくれるのです。

●人はその職を終了(オワ)るまでは不滅なるがごとし
●我が事業の成るまでは我が死なざること、そのことは確実である(内村鑑三

ホテル ニュー・ジャパンの炎上において火災現場で自らの【使命・天職】に挑む
消防署の特別救助隊のエピソードが今日テレビ放映され初めて知り感動しました。

6名の精鋭部隊のリーダーは救助メンバーとしては身長160センチ台の小柄であり、
試験も4回目でようやく合格するという時間と試練を要した人物です。
しかし彼には生涯を賭けてでも目指したい道であり、彼以外の他の誰にとっても
困難であった、命がけの【ミッション・インポシブル:不可能な使命】を彼は見事に
実現するのです。

それはホテルニュー・ジャパンでの人命救出でした。彼を隊長とした特別救助隊
決死の思いで救出を試みます。しかし、火の中に取り残された一人の人間を救出する
事に隊員が命がけで決行しても失敗します。普通ならもう炎上が激しくて不可能だと
あきらめて見捨てざるを得ない状況といえるでしょう。もはや隊員に任せるのではなく、
隊長自らが危険を承知の上で救出作業にチャレンジすることを決意します。

それは彼の良心が許さなかったからです。目の前には、もしかしたら、まだ助け出せる
かもしれない一人の人間がいます。そのたった一人の人命を見殺しにしてしまえば、
彼にとって、それ以降どれだけ多くの人を人命救助したとしても、自分自身の良心の
呵責から後悔し続けることになり、自己の【魂】と【使命・天職】をも失うかどうかを
選択させるという厳しい【試練】だったのです。

彼は自らの命をも捧げる覚悟で彼は自己の【使命】に忠実に挑みました。おかげで
神は彼の救助活動を通して私たちに【愛(真実)の復興】を見せてくれました。

●たとい全世界をもうけても、自分の命(魂)を損じたら、何の益になろうか
 (マタイ伝16-26)

彼は大やけどを負いながらも、見事に救出に成功します。しかし、残念ながら病院で
救出者は亡くなってしまったそうです。しかし、その後の彼は失望してあきらめる事無く、
1000ヶ所以上のあらゆる危険な場所に人命救助に出かけられたのです。それは、
災害で亡くなった人々の死を無駄にさせないためにです。

彼は阪神大震災の時には仕事を休みボランティアで現地で救助指導をするなどして、
今でも勇気と希望をもたらす【愛の復興】に尽くす【使命・天職】に生き続けています。

●私(神)はあなた方のために立てている計画を知っているからだ。
 それは災いではなくて、平安を与える計画であり、あなた方に将来と希望を与える
 ためのものである(エレミヤ書29-11)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)