【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

チーム・スピリット~ 心を一つに、思いを一つに

◇◇ チーム・スピリット~ 心を一つに、思いを一つに ◇◇【2001年12月21日に作成した
<第202回>より】
2001年12月17日14:05NHK「公園通り」ワダ・エミさんの話と
     12月17日20:00フジTV「アンビリバボー」を観て

●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって私の喜びを満たして欲しい
 (ピリピ書2-2)
●キリストの名によって、あなた方勧める。みな語ることを一つにし、
 お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、
 堅く結び合って欲しい(コリント第1書1-10)

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

【キリストの愛:自由・平等・寛容・博愛】に従って人々が心を一つに思いを一つに
することは奇蹟すら起こせる【ダイナミック・パワー】を産み出してくれると私は
信じています。【隣人愛・キリストの愛】に基づき他の誰かと心を合わせ分かち合い
一つになった時にそこにはキリストの大いなる力がはたらいてくれるということは私の
体験からも真実です。

●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 2人、3人が私の名によって集まっているところには私もその中にいる
 (マタイ伝18-19~20)

個人の心や思いだけでなく、個人の抱く【ビジョン:理想・夢・志】にしてもです。
【ビジョン:理想・夢・志】は出し惜しみして心の奥底にいつまでも隠しておくと、
日常の多忙の中で、自分自身からも、いつの間にか忘れ去られてしまう危険があると
私は考えます。【ビジョン:理想・夢・理想】はとても繊細な存在だと思います。
なるべく信頼できる他の誰かに打ち明けたり意見交換したりすることはとても大切な
ことだと思います。

もし、信頼できる隣人が見当たらなければ、日記として記録することをお奨めします。
何ヶ月後、何年後かに読み直した時に、そこには本当の「自分発見」があるからです。
自分が進むべき道に迷った時や挫折や苦難に直面した時には、生き生きとした自分に
出会うことで、あなたは自分自身から勇気と励ましと慰めと希望を得られるはずです。

先日テレビ番組で興味深い話しを聞きました。映画や舞台の衣装デザイナーとして活躍
しているワダ・エミさんの話です。

彼女にとって「衣装デザイン」はまさしく幼い頃から行ってきた【使命・天職】であり
妥協や中途半端では満足できない本格派の職人なので、日本では黒澤明監督ほどでないと
一緒に仕事ができる人が少なくて、一年の大半は世界で活動しているそうです。

例えば、中国で始皇帝時代の映画作りに参加した時には、自分自身で赤色だけでも12色を
染め上げるほどのこだわりだそうです。しかし、中国では硬水のために、軟水の日本の
ような淡い色や渋い色は出せないので、わざわざイギリスや日本から染料とミネラル水を
持ちこんで実現させたそうです。

そんなワダさんがイギリスの有名な舞台劇場で体験したことを話してくれました。

演出家は舞台練習の初日には、門番まで含めて劇場の関係者全員に向けて、今回の舞台は
どのようなものかについて詳しくプレゼンテーション(説明)をするそうです。ワダさんも
衣装デザイナーの立場で挨拶するそうです。

初日に劇場関係者の全員がお互いに顔と役割がわかることで、ワダさんは彼等から多くの
励ましを得たそうです。

ステージの上の役者と演出家だけでなくて、門番を含めて裏方の劇場全体のスタッフが
心を合わせて、思いを一つに、ビジョンを共有する【チーム・スピリット】を目指している
のだと思います。

だからイギリスの演劇界はいつも活気に満ちて革新的なチャレンジができるのだと私は
理解しました。

さらに、ワダさんは付け加えてくれました。日本の映画では多くのプロデューサーの名前が
字幕にはずらりと並んでいるけれども、金策に追われて忙しいのでしょうか、現場に一度も
顔を出さない人さえいるのが実態だそうです。

そして、日本の映画界では多くの場合、撮り直しや修正を極力避けようとするそうです。
「スケジュールが伸びれば経費がかかる、送迎のタクシー代が余計にかかる」とか言って
映画を作ることは「コスト:費用」だと考えるので、可能な限り削ることばかり考えがちだ
そうです。

一方で欧米では、思いきった撮り直しや修正などを申し立てると、
「作品自体がより善くなるならば、観客も満足して収益が上がるから、やってみよう!」
という前向きで挑戦的な考えだそうです。つまり映画作りは「コスト」でなく「投資」だと
いえるでしょう。

そこには、創り手側だけでなく、観客の心とも一体となった創作活動がああるからではない
でしょうか。創作側が観客や聴衆のことを先ず考え喜んで感動してくれる姿を思い浮かべて
心を一つに思いを一つにした【チーム・スピリット】だからこそ、結果として大失敗はなく
成功につながるのだと思います。だからハリウッドの映画は世界で受け入れられるほどに
人気があり、いつも活気に満ちているのだといえるでしょう。


つまり、【キリストの愛:自由・平等・寛容・博愛】に基づいた心で一つになった
【ビジョン:理想・夢・志】に結集した【チーム・スピリット】は隣人愛の実践と
なる感動や勇気を与えてくれる力をもたらしてくれるといえるでしょう。
そこには神も喜ばれる【使命・天職】が見出せるはずです。

●完全な職業とは他人を喜ばして、我もまた喜ぶの職なり(内村鑑三
●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越して最も多く他を利して
 最も多く己を利するの道を教えたり(内村鑑三

実際に愛による奇蹟といえる感動する美しい話が今日も紹介されていました。

それは、北海道の小さな清水村で心を一つに思いを一つにした事で実現した奇蹟です。
現在69歳になる高橋さんは清水村の住民200名に呼びかけて「せせらぎ合唱団」結成し
ドイツ語による「ベートーベン第九・喜びの歌」の合唱を成功させた指揮者です。

合唱団の人々は誰も専門的教育など受けておらず、農作業や仕事の合間の時間を使った
練習によって、遂には札幌交響楽団との共演ができるまでの実力となったそうです。

高橋さんのチームリーダーとのしての才能と合唱団員全員が心を一つに、思いを一つに
できたチーム・スピリットのなせる業です。

今では清水村は合唱団で有名となり、合唱団が「村おこし」のための貴重な存在です。

しかし、昨年の秋に事件が起きました。それは高橋さんが交通事故に遭って脳挫傷
なり、意識不明の重体となったのです。高橋さんの人生にとって最大の【試練】です。
高橋さんの容態は医者の所見では植物人間でしかありませんでした。

そんな言葉も無く身体も動かせない高橋さんを目の前にしても、奥さんの敬子さんは
高橋さんの復活を信じていました。そして、高橋さんが情熱を注いで育て上げた「せ
せらぎ合唱団」のメンバーも病院に駆けつけます。高橋さんの全快を願うことで心は
一つになっていました。

敬子さんはベッドの枕元で高橋さんが心から愛した「合唱団の第九」を聞かせ続けます。
すると、10日目に左手がわずかに反応したのです。【魂】には聞こえているのです!
その後、右手や右足が音楽に合わせて指揮をしているように動き始めたそうです。

1ヶ月半後には長い眠りから覚めるようにして口を開いて言葉を話すようになりました。
医者から見れば「1ヶ月半の再起は信じられない」事で、奇蹟そのもといえるでしょう。

今年の3月には半年ぶりの退院となります。高橋さんにとっての奇跡的なこの復活劇は
奥さんと合唱団の皆の心を一つに、思いを一つにした【愛】によることであることに、
高橋さんは「皆さんの気持ちへの感謝から少しでもお返しがしたい。」気持ちで一杯
だそうです。

昨年、20世紀最後の年の「第九・合唱」チーム・スピリットにより見事に実現します。
その後、「合唱団」は招かれればどんな場所にも、わずか15名の小学校でも、喜んで
訪問しています。そして心を一つに思いを一つにしたチーム・スピリットの喜びと感動を
福音伝道しているのです。

高橋さんは自らが体験して実感できた生命の復活への喜びと感謝に満ちた表情で語って
くれました。
「音楽とは心の感動です。私とメンバーは心と心とが伝え合っているのです。」
「私の演奏をベートーベンが喜び涙を流してくれているのを感じ観たような気がします。」

心を一つに、思いを一つにして実現できた【奇蹟の復活】を体験した高橋さんにとって
「第九・合唱」の指揮をすることは、そして「合唱団」のメンバーにとっても、まさに
【使命・天職】そのものです。

●人を信じさせるものは経験である。自分も経験してみたいと言う願望と気分とを
 起こさせるものは、その経験をした人たちの証明である(ヒルティ)

皆さんの中でも、愛の心を合わせて心を一つに、思いを一つにした【チーム・スピリット】
によって感動と勇気を与えてくれるような素晴らしいチャレンジがなされることを応援し
ています。

●互いに思うことを一つにし、高ぶった思いを抱かず、かえって低い者たちと交わるがよい。
 自分が知者だと思いあがってはならない(ロマ書12-16)
ハレルヤ!栄光を主に帰します。
主の恵みに感謝します!アーメン

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)

皆さんこんにちは!
私は東京の中野に【チャレンジ・フォーラム】という【キリスト精神】啓蒙施設を運営しながら、個人的【福音伝道】事業を行っています。
ここに紹介する記事は、基本的にはメルマが(e-magazine)で2000年11月から2006年6月までに不定期発行してきた
約400号から抜粋して掲載しています。(http://www.emaga.com/info/cforum.html
もし、皆さんの中で、過去のメルマガにも興味があるならば、まとめてメイル送信しますので御気軽に御連絡ください!
★ウェブを参照ください!http://www.geocities.jp/cforum2000/
★★★皆さんの【ビジョン】【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
 あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
<心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
あなたと共に【主の御名】によって【神の愛=主イエス】に【礼拝:祈りと感謝】いたします!
●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
 天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
 二人、三人が私の名によって集まっているところには私(主イエス)もその中にいる(マタイ伝18-19~20)

皆さんからの御連絡お待ちしています!