【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【真実の愛】は最後に勝つ!①

◇◇ ネバー・ギブ・アップ~真実を訴えつづけることの大切さ(その1) ◇◇
【2000年12月8日に作成した<第33回>に加筆】
2000年12月7日「プロジェクトX」『伝説の深き森を守れ~世界遺産屋久杉の島』を観て

皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

おなじみの「プロジェクト勝廚粘尭暗な秘話が紹介されていました。

日本初の世界遺産に登録された樹齢7200年の縄文杉で有名な屋久島には
隠された島の住民の間での戦いがありました。

時代は高度経済成長期の昭和40~50(1965~85)年代のころのことです。
屋久島は日本でも数少ない豊かな原生林が生息する島でしたが、明治以降に
その千年杉の森林の80パーセントは国有林化されていました。

昭和35(’60)年に池田内閣による所得倍増計画が拍車をかけて、国内での
木材需要が急激に高まり、屋久島の千年杉も国策のために伐採が進められます。

それまでの300年間、島の住民1万数千人と森林自然とは上手に共生して
暮らしていました。伐採は一本の千年杉を7人がかりで10日を費やして行われ、
必ずその代わりに植樹を行っていました。

しかし、昭和40年代は一本を20分で伐採するペースで行われ、その結果、
300年間で伐採した量をわずかを20年間で伐採してしまいます。

このような島の急激な変貌の始まる一年前の昭和34年に、今回の主人公の
1人である兵頭さんは高校卒業で東京に上京します。

目的は鹿児島から100キロも離れた小さな島の生活よりも、東京の生活に
あこがれていたからです。彼は羽田空港に就職し、都会の生活を満喫します。

そんな快楽にふける日々のある日、明治大学学園祭で展示されていた
屋久島の自然破壊問題」の写真展を観て驚きます。そこに最後に記されて
いた言葉はさらに彼の心を痛め憤りさえ感じました。

 「自然を守るためには、全島民を移住させるべきだ!」

この時、彼は自分がいかに島の自然や島の生活を愛していたかを悟ります。
そして、屋久島の自然を守るために、自分自身で何かすべきであることを
感じるのでした。

【愛する心】に目覚めて【ミッション:使命・天職】を意識し始めた瞬間です!

●あらゆる存在は、その特性に従って自己を発展させ自己を実現する生まれつきの
 衝動を自分のうちに持っている(ヒルティ)

そんな昭和41(’66)年ころに樹齢7200年の縄文杉が発見されるのです。
発見者は当時定年間際の役場の職員の岩川さんでした。

彼の【ビジョン:理想・夢・志】は昔から島の伝説となっている【幻の杉】を発見する事でした。
彼の発見は日本中を驚かせるビッグ・ニュースとなります。
そのおかげで、自然保護団体屋久島にようやく関心を示すきっかけとなります。

しかし、それとは別に、森林伐採は相変わらず進行し続けられます。
そこで、昭和44(’69)年、遂に兵頭さんは島の後輩で当時23歳の大学生であった
柴さんに相談します。彼もまた兵頭さんと同じように島の自然を愛し島の将来を心配
していました。

彼等は島の自然を守るために二人で立ちあがる事を決心します。
そこで、先ず島にもどって、3000枚のビラを配って、島民に啓蒙を始めます。
しかし、島民は冷たくあしらい、島を愛するならば、島に戻って来いとまでいわれます。
完全な敗北でした・・・。

こんなことで、二人はあきらめませんでした!柴さんは大学を中退して帰島します。

●君の呼びかけに、だれも答えないならば
 君よ、我が道を一人征(ゆ)け
 皆が恐れを抱いて沈黙するならば
 君よ、開いた心と恐れなき声をもって、ただ真実のみを語れ(タゴール
●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け 自由の大道を自在なる英知もて進め 
 その尊き偉業の報いを欲せず 自らが愛する思想の実をば結びゆけ(プーシキン

彼は既に自分でなくてはできない【ミッション:使命・天職】を見出していたからです。
彼が言うには
    「島の豊かな森林からいただいた、自然を守れ!」
という【ビジョン:理想・夢・志】を実現する【ミッション:使命・天職】です。

一方、兵頭さんにも【ミッション:使命・天職】がありました。
それは
  「先祖から大切に受け継いだ偉大な自然とその感動と思い出とを後世の人々に
   同じように受け渡し伝えなくてはならない!」
という【ビジョン:理想・夢・志】を実現する【ミッション:使命・天職】でした。

●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち神がこの世で
 彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきたすべての
 道がそこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三
●人生において何よりもまず知らなければならないことは、自分が何を本当に成し遂げたい
 のかである。そして、遂にそれを知り得たなら(それは通常、生涯の半ばを費やす)
 この目標と共に手段をも得ようとしなければならない(ヒルティ)

しかし、彼は既に同じ島民の女性と結婚して一年目を迎えていました。
彼女は小学校の教師であり、いますぐに帰島することを打ち明けることなど
とてもできませんでした。

彼は柴さんの帰島した一年後に帰島するのです。
その時、妻は彼の熱弁と輝く瞳に促されて共に戦う事を承諾します。

●燃え続ける信念の炎は、我々に光を与えるだけでなく周囲をも照らすのだ(ガンジー
●情熱は人を動かす(ベンツのCM)
●やる気があればチャンスは見つかる(アルゼンチンのことわざ)

昭和46(’71)年には「日本列島改造論」でマイホーム・ブーム到来となって、
伐採もピークとなり、既に原生林の50パーセントがなくなっていました。

柴さんは最年少で町会議員となりますが、森林を守る運動に両親が反対し、
また票を入れた住民からも反対されてしまいます。次は無いよと脅されて…。

結局、二人とも一年間なにもできずに時を過ごしてしまいます。
そんな情けない二人を見て憤り、決して許さない人が1人だけいました!

それは、兵頭さんの妻です。彼女は島で教師をして生活を守り、夫が自由に
何でもできるようにと、心を配っていました。そして、妊娠もしていました。
あの情熱と使命感に燃えていた夫だったのに、今の無気力な夫を子供には
見せられませんでした。

●アルゼンチンのことわざ
★何かができる環境にある人よりも、やる気がある人のほうが、事を成就する
★意志は力なり
★やる気があればチャンスは見つかる

彼女は二人に激を飛ばします。彼等は<初心>に帰って遂に立ちあがるのです!

●戦おう!勝利は勇者のものだ!
 冷たく立ちはだかる逆境と無慈悲な運命の壁を突き崩し、飛翔せよ。
 そして、はるかなる栄光をつかみたまえ。
 群がる犬のような愚者の誹謗(ひぼう)など一笑に付し、決して恐れるな。
 翼を広げ、頂上を目指したまえ。
 コンドルだけが到達できる山頂を!
 あなたの心が抱く理想に命を吹き込み、旅立ちたまえ。
 私は祈る。あなたの船が善なる海風に恵まれるように。
 そして、常に順風満帆の航海であれ!―と(エルサルバドルの詩人エスピノ

彼らが相談を持ちかけたのは、「幻の杉」を追い求めつづける岩川さんでした。
彼は島の長老的存在であり、いかに自然が大切であるか、昔からの言い伝えを
よく理解していたからです。彼の参加により、40名の屋久島を守る会の結集が
実現します。

昭和49(’74)年に、はじめて島内の公開討論会が開催されます。
「生活を守る会」と「屋久島を守る会」との総勢500名の集会が実現しました。

しかし、「島と森は一つだ!」という投げかけに対しては、
「今さら豊かになった生活から昔の生活には戻れない!」と反論します。
また、「先祖からのものを今の人が食いつぶしてしまっていいのか!?」と問えば、
「杉をながめてもメシは食えない!」と反論して、結局は決裂して終わりました。

昭和54(’79)年には、いよいよ原生林の80パーセントが伐採されてしまいます。
そんな時に、島民全員を襲う【試練:神の導き】が起きるのです!!
それは台風の直撃でした。住民のうち231戸が土石流に押し流されてしまいます。
その多くは森林伐採賛成者でした。災害原因は森林の伐採である事は自明の事です。

この五ヶ月後に、島民は改めて森林の大切さを痛感して、島民全員一致による
伐採中止の決議が採択されるのです。ここまで来るのに反対してから10年が
経過していました。

しかし、これだけでは伐採中止は実現しません。この時すでに、国の計画では、
2年後をめどに最も深い最後の森林地域である《瀬切れ》にまで進められて
いたのです。

そこで、先ずは鹿児島県に中止嘆願を持ちかけますが、林野庁から出向していた
塚本さんにより一蹴されます。「国の計画は変えられない」と・・・。

兵頭さんと柴さんは最後に塚本さんの【善意・良心】に訴えるように問いかけます。
「あなたは《瀬切れ》の深い森をみたことがあるのですか?」と

昭和57(’82)年、もはや、二人が頼れるところは国会しかありませでした。
彼等は国会議員会館の前で議員に直接訴えますが無駄に終わります。

そこで、東京の町でビラを配りますが、多くの市民は縄文杉は知っていても、
屋久島の事は知らず無関心な反応しかありませんでした。

兵頭さんは最後の手段として、「縄文杉伐採論」を持ち出して訴えます。
《瀬切れ》の森林を取るか、縄文杉を取るかの賭けにでたのです。

ようやく、世論が動き出しました。問題の重大さを認識してついには国会でも
審議されるようになります。

そのころ、林野庁出向の塚本さんは、《瀬切れ》の深い森を自分の目で
確かめに行って、その荘厳なる自然に心を打たれます。

「この森は林野庁が反対しようとも守り抜かなくてはならない!」

という【ビジョン:理想・夢・志】と【ミッション:使命・天職】を与えられたのです!

【神の愛=聖霊】が働いて、【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を目覚めさせ、
<最善の道>へと導いたのだと私は信じます!ハレルヤ!

●あなた方の内に働いて、御心のままに望ませ、行わせておられるのは神である。
 (ピリピ書2-13)
●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給うのであって、
 ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)
●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、
 それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。クリスチャンは
 聖霊の人である。聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三


★★【その2】につづく★★