【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

BigRock⇔【神の愛=三位一体】①

◇◇ ビッグ・ロック(Big Rock)⇔ 【神の愛=三位一体】による天地創造!(その1)◇◇
【2002年9月12日に作成した<第271回>に加筆】<改訂版・再掲載>
2002年9月8日(日)早朝4:00NHKラジオ「心の時代~プロジェクト21私学の会」を聞いて

●【万物ことごとく可なり(内村鑑三)】
 神その創り給える全ての物を視給いけるに、はなはだ善かりき(創世記1‐31)
●一切のものは神より出づ(神の無限の愛:内村鑑三)
●愛は神より出づ。愛さぬ者は神を知らない、神は愛なればなり(ヨハネ第1書4-7~8)

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

現在の日本社会では<家族愛>が冷却して起きる数々の悲劇が報道され続けています。
テレビでは政財界や教育界の有力者や有識者が登場して倫理観や道徳心愛国心を取戻すべきことを主張しています。

私学教育分野で活躍している学者がラジオ番組で、興味深い「たとえ話」を紹介してくれました。
それは企業の不祥事に絡んで読売新聞が引用した「ビッグ・ロック」という「たとえ話」だそうです。

ある先生が教室で学生を前にして、空のツボに「ビッグ・ロック(大きな石)」を詰め込みます。そして、学生に尋ねます。

 先生:「このツボは一杯か?」 生徒は口をそろえ「一杯です!」と答えます。

すると、先生はバケツ一杯の砂利を持ち出して、そのツボの中に入れてみせました。
 
 先生:「このツボは、もう一杯か?」 生徒は皆黙ってしまいます。
 先生は答えます。「そうだ。まだ一杯ではない。」

今度は、バケツ一杯の砂を持ち出して、ツボの中に入れてしまいます。

 先生:「このツボは、もう一杯か?」 生徒は口をそろえて「いいえ!」と答えます。
 先生は答えます」そうだ、まだ一杯ではない」

最後に、水さし一杯の水を取り出して、ツボの入り口に溢れるくらい入れてみせます。

 先生:「これはどういう意味か?」

ある生徒が答えます。

 「それは、どんなにスケジュールが詰まっていても、詰め込めば何とかなるということだと思います。」
 「違う!」と先生は答えます。

 先生:「一番大切なものから入れていかなければ、先に日常の些細なことを優先したら
     もう二度と入れることはできない。先ずは大事なことから始めなさいということだ!」

●絶えず偉大な思想に生き、些細な事をかえりみないように努めなさい(ヒルティ)

教育現場では危機感があるようです。「砂利・砂・水」といえる知識中心の詰め込み教育では、人生にとって本当に大切な「ビッグ・ロック」を教え込めないまま社会人になってしまい、後から教え込もうとしても困難ではないのかという
危機感です。

それでは、現代の日本で、幼少から人生のために大切にすべき「ビッグ・ロック」とは何でしょうか?
私が考えるには、【神の愛=主イエス】の存在と【神の愛】による「天地創造」の価値観です。

●【神の実在の原理:the First Principle of Existence(内村鑑三)】
 在って在る者の中で最も確実なる者(ヨハネ伝1-1)
●御子(主イエス)は見えない神のかたちであって、すべての造られたものに先だって生まれた方である。万物は天にあるものも、地にあるものも、見えるものも見えないものも、位も主権も支配も権威も、みな御子にあって造られたからである。これらの一切のものは 御子(主イエス)によって造られ、御子のために造られたのである。彼は万物よりも先にあり、万物は彼にあって成り立っている(コロサイ書1-15~17)
●あなたの若い日に、あなたの創造主を覚えよ。わざわいの日が来ないうちにまた、何の喜びもないと言う年月が近づく前に(伝道の書12‐1)

【聖書】によれば、私たち人間が【神】に最も似せられた姿であるとあります。そして、この【神の愛】に満ちた自然界を治めることが【ミッション:使命・天職】であるという【御心:神の意志と計画】が示されています。

●神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを治めさせよう。」(創世記1-26)

もし「進化論」が説く様に、人間は神に特別に愛されたのではなく、他の生物と同じく、先祖はアメーバーであり、やがて自己保存の欲求に基づく自然淘汰と突然変異を経験しながら、弱肉強食と優勝劣敗の苛酷な生存競争を運良く勝ち抜いて来れたに過ぎないとしたら、この世の存在も、人間という生き物も、私には虚しく寂しい限りです。

無秩序な偶然が支配して、【自己愛:自己保存・自己欲求】だけで、神聖な【神の愛=正義】に見守られておらず、【神の愛=隣人愛】が存在しなかったなら、この世界はあっという間に壊滅していたと思います。

それは【神の愛=主イエス】への【信仰精神】と【神の愛=隣人愛】が冷めきってしまった個人・家族・民族・国家が必ず崩壊していることによって証明できます。

●愛は元来、神性の一部であって、人間の心には生まれないものである。ほんとうに愛を持っている人は、それが自分の所有でないことをはっきり知っているであろう(ヒルティ)
●主が家を建てるのでなければ、建つる者の働きはむなしい。
 主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい
 あなた方が早く起きるのも、遅く休むのも、辛苦の糧を食べるのもそれはむなしい。
 主は、その愛する者には、眠っている間にも、なくてはならないものを与え備えて下さる(詩篇127‐1~2)

人間はこの世界を治めるために、【神の愛=主イエス】に特愛された【貴重な存在】であるから、そして、各自は世界で【オンリー・ワン】としての【タレント:個性・才能・可能性】を個別に託されていると信じられた時には、神との信頼関係と導きによって、崇高な【使命感】を抱け、【ビジョン:理想・夢・志】や【神の愛=隣人愛】を抱くことも可能です!
【神の愛=主イエス】との<相思相愛>の信愛関係があれば、【神の愛=主イエス】から無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】が与えられることを実感しましょう!

●Very Important Person in GOD's Eyes 
私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している(V.I.P.の語源:イザヤ書43-4)
●賢さで人生を乗りきるのは困難だが、導きによって生きるのは容易である(ヒルティ)
●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な真実の力は神のものであtって、人間のものではないからである(ヒルティ)
●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。その測り知れない力は神のものであって、私たちから出たものでないことがあらわれるためである(コリント後書4‐7)
●悲しみ憂えてはならない。主を喜び祝うことこそ、あなた方の力の源であるからだ(ネヘミヤ記8-10)

★★【その2】につづく★★