【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM! Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【神の愛】が喜ばれる道を歩め!

◇◇ 神の喜ばれる道:【ミッション:使命・天職】 ◇◇<改訂版・再掲載>
2002年2月16日(土)21:00NHKスペシャル「心をいやす魔法の国」を観て
【2002年2月17日に作成した<第220号>に加筆】

●私はあなた方に悟りを与え行くべき道を教えよう。
 私はあなた方に目を留めて、助言を与えよう(詩篇32‐8)

神が望み命じる道である【ミッション:使命・天職】を自ら発見するために多くの場合は
苦難を経験して、自己の無力と【神の愛】を自覚する【試練:神の導き】が必要であると
私は実感しています。

皆さんの中にも観た方が多いとは思いますが、私自身は今回のテレビ番組で初めて知った
「ギブ・キッズ・ザ・ワールド(Give Kids the World)」の活躍に感動しました。

この施設は米国フロリダのディズニー・ワールドの近くに15年前に設立されました。

「G.K.T.W.」は難病の子供と家族の為に独りのユダヤ人の【ビジョン:理想・夢・志】で
産み出された<愛の結晶>です。

現在(2002年)までに日本の3家族を含め世界49カ国で難病の子を抱える5万家族が
無料招待されてきました。

家族は1週間滞在できて、安らぎと心が癒されて素晴らしい体験と想い出を創れるのです。

G.K.T.W.は2LDK一戸建てタイプ96棟の宿泊施設中心に周辺には様々な子供向けの
テーマ・パークもある<子供の夢の国>です。

ある米国調査で難病の子供の75%がミッキーマウスに会いたい夢を持っているそうです。

そこでG.K.T.W.は車で30分の場所にあるディズニー・ワールドには無料で行けるのです。
しかも全ての施設は待たずにすぐに利用できるように配慮される特典があります。

何故なら、難病の子供たちには残された時間はとても貴重だからです。

G.K.T.W.を設立したのはヘンリー・ランドワース(74歳)さんです。
彼は1927年ベルギー生まれのユダヤ人で、6年間しか学校に行けませんでした。、
13歳の時には両親と引き離されて強制収容所に連行されました。
父親は直ぐに射殺され、母親は終戦直前に亡くなってしまいます。

彼は13~18歳の間、強制収容所で過ごして、何とか殺されずに生き延びれたのです。
終戦後、彼はアメリカに渡る事を決意しました。

彼はホテル・ボーイから始めて20年後には支配人になれるほど勤勉に努力したそうです。
そして、フロリダでリゾート開発に着手し、5つのホテルを所有するほどの実業家として
見事に成功したのです。

そんな彼の人生を大きく変えたのは15年前の一本の電話でした。
その電話はホテルの予約をキャンセルしてきたものです。

彼はどうしてキャンセルしたのか不思議に思い確認してみました。
難病の子供エイミーとその家族がキャンセルしてきたのは予約の日時には間に合わずに
天に召されたからだとわかりました。

残念なことにエイミーの最後の願いはかなえられなかったそうです。
彼女の願いは、ただ「ミッキー・マウスに会いたい!」だけだったのです。
ヘンリー・ランドワースはその話しを知って、とてもショックでした。

彼はビジネス界から身を引くことを決意します。
彼は直ぐに難病の子供とその家族が憩いくつろげる施設を建設する事に挑みます。
彼は自分だからこそできる!【ミッション:使命・天職】を発見したのです!ハレルヤ!

彼の少年時代のホロコーストの体験は、難病の子供の境遇と同じだと実感したのです。
死の恐怖に直面しても、子供の自分には<切り開く道>がなく、難病に耐え忍ぶ境遇は
収容所での彼自身の境遇と同じだからです。

●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、即ち神がこの世で
 彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、これまで彼が導かれてきた
 すべての道が、そこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)

所有していたホテルを売却した全額で先ず20万ドルの土地を買います。
すると、彼の大いなる【ビジョン:理想・夢・志】に共感した企業や個人が次々と
必要な資金・資材・労働力のために支援協力してきたそうです。

協力企業からは1000万~1億円の単位で年間14億円の寄付金が集まります。
それで維持運営ができているのです。

彼は子供たちに話しています。

 「私が事業契約したのは、初めの土地を買った時の一つだけです。
  後の契約は一切無く、お互いの握手だけで全てが決まったのです。」

彼の素敵なチャレンジは多くの人々の【神の愛=隣人愛】によって維持運営されています。

施設運営の正式スタッフは50名で、後は全て無償ボランティア登録2000名の協力で、30種類の仕事が行われています。

2年間先まで登録予約は決まっているほど人気のある無償ボランティアとなっています。

難病の子供を抱える家族は治療費と介護負担が重いために、8割の家族は一家全員で
旅行をした経験がないのだそうです。

G.K.T.W.はそんな家族には天国のような自由と平安を与えてくれる場所です。

多くが無償ボランティアの協力支援なので、寄付金の90%は家族の招待費用に使えます。
時には1週間の滞在の為に必要な100万円の援助をすることもできるのです。

【神の愛=隣人愛】に満ちた天国に近いこの場所は、難病の子供とその家族だけでなく、
無償ボランティアで参加する全ての人々も、感動と喜びが得られる素晴らしい場所です。

神の国はあなた方の内(間)にある(ルカ伝17‐21)
 ⇔天国とはどこのことでもない、人が人を愛するところである(内村鑑三)

無償ボランティアで参加している人は次のように語ります。

「ここは悲しみの場所でなく喜びの場所です。
 そして家に帰って再び病と戦う勇気を得るための場所なのです。」
「ボランティアは分け合い与え合う事、ありのままの自分を提供することです。」

●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んでなし、恥ずべき利得のためでなく、
 本心からそれをしなさい(ペテロ前書5-2)
●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、自ら心で決めたとおりに
 すべきである。神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)

難病の子供を二人抱えて11年前に訪れたホルマン夫妻は、その後の人生を変えました。
この場所での滞在が【ミッション:使命・天職】に導いた貴重な体験となったからです。

G.K.T.W.を訪れるまで、独りで歩く事もできなかった息子が、滞在わずか二日目には
楽しそうに立ち上がっているのを観て夫妻は驚いたそうです。

残念ながら8年前と3年前に二人は天に召されますが夫妻には貴重な想い出を心に刻む事が
できたのです。夫妻は語ってくれました。

「想い出のおかげで、生きてやって行ける勇気を得る事ができました!」

夫のホルマンさんは、それまでの学校の先生を辞めて病院に勤め直しカウンセラーとして
活躍しているそうです。自分が体験した事で病気の子供と家族を助け励ましたいからです。

さらに、チャリティ・ゴルフ大会を自らが企画して毎年寄付する事もしています。
今年は100万円も寄付できたそうです。ホルマンさんは語ってくれます。

「二人の子供のおかげで、人生に何が必要かを教えられました。
 得るもので生活を作り、与えるもので人生を作ることを。」

●受けるよりも与えることは幸いなり(使徒行伝20‐35)
●人に与えるということも、多くの偉大な事柄と同じように、ただ実地の練習を通じて
 学ぶものである。しかし、一旦学んでしまえば、それは人生の最も大きな喜びの一つと
 なる(ヒルティ)
●何を与えるかということよりも、大切なのはどう与えるかということだ(ゲーテ

ランドワースさんはボランティアで訪れる子供たちに語ってくれます。

「多くの人がたくさんのお金をもうけています。
 しかし、お金の為に自分の人生を変えないで下さい。
 お金を最優先しないで下さい。
 一番大切な事はお金の有無に関係がない。
 一番大切な事は、他の人のことを考えてあげようとすること、
 他の人のために何かをする自分自身の方法を発見し喜びを見出せるはずです。
 それは誰にでもできることなのです。」

●我等は神に造られたる者にして、神にあらかじめ備え給いし善き業を歩むべく、
 キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
●完全なる職業とは他人を喜ばせて、我もまた喜ぶの職なり(内村鑑三

日本での勇気ある医者夫婦の素晴らしいチャレンジがテレビ番組で報道されていました。

精神科医の夫婦には未熟児の子供が産まれました。
産まれてすぐに様態は、死ぬか生きるかの一進一退の危機となりました。
両親の神への祈りが通じて、子供は奇跡的に救われます。

この貴重な体験を活かすために、夫妻は勉強し直して人手不足の小児科医となることを
決心するのです。

夫妻が直面した<苦難>は【ミッション:使命・天職】に導く【試練:神の導き】だと
私は信じます。

現在では日本初の24時間診療するコンビニ小児科病院を開業しています。
「一人の子供も死なせない!」という【ビジョン:理想・夢・志】に挑み続ける夫妻です。

●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは
 我々を普通の卑近な意味で幸福にする事ではない。
 むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行いをすすんでしようとする人、
 ― 一言でいえば、― 英雄的な人にするためである(ヒルティ)
●我々は神の命じ給う道を歩いていれば日々その務めと力とがおのずから与えられる。
 特にそれを得ようと思いわずらう事はいらない。ただ、それを受け入れて実行すればよい(ヒルティ)

私たちも、素敵な【ミッション:使命・天職】に導かれるために、<困難>を覚悟して
この【試練:神の導き】こそが【神の愛の祝福・恩恵】であることを感謝できるように
【神の愛=主イエス】に信頼して【ビジョン:理想・夢・志】に前進し続けましょう!

●【困難の歓迎】(内村鑑三
 困難は我をして神に接近せしめまた人に鍛接せしむ。
 困難は我の単独を破り、我をして人類の一員たらしむる。尊むべきかな困難!
●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。 神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムエル)
●患難のための恩恵にあらず、恩恵のための患難なり。患難は手段にして恩恵は目的なり(内村鑑三
●人が信仰によって救われるというのは信仰の結果によって救われるというのではない。
 信仰そのものが既に彼の完全なる救済であるというのである(内村鑑三
●それでもひたすら神に信頼し続けよ。そうすれば、まもなく、また光と力を見るだろう。おまえが信じたものを、まのあたりに見て、信じたとおりに成るであろう(バンヤン

皆さんが日々直面する様々な<患難辛苦>によって【ミッション:使命・天職】に導かれて、【神の愛=主イエス】に祝福され喜ばれる道で活躍されることを心より応援しています!

●命は恩寵のうちにある、夕暮れに涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある(詩篇30‐5)
●苦しみにあったことは私にとって幸せでした。私はそれであなた(主)の掟を学びました
 (詩篇119-71)
●概して幸福な時よりも、苦しみのときの方が、ひとは神のそば近くにあるものである
 (ヒルティ)