【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<感謝のいけにえ>を捧げよう!

【2011年1月2日に作成した<第549回>に加筆】
◇◇<感謝のいけにえ>を喜ばれる【神の愛=主イエス】!◇◇

●感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ(詩篇50-14)
●神よ。あなたへの誓いは、私の上にあります。
私は、感謝のいけにえを、あなたにささげます(詩篇56-12)
●私は、進んでささげるささげ物をもって、あなたにいけにえをささげます。
主よ。いつくしみ深いあなたの御名に、感謝します(詩篇54-6)
●ああ、主よ。私はまことにあなたのしもべです。
私は、あなたのしもべ、あなたのはしための子です。
あなたは私のかせを解かれました。
私はあなたに感謝のいけにえをささげ、主の御名を呼び求めます(詩篇116-16~17)。
●主に感謝せよ。主は慈しみ深く、人の子らに驚くべき御業を成し遂げられる。
感謝のいけにえをささげ、御業を語り伝え、喜び歌え(詩篇107-21~22)

★★★新年あけましておめでとうございます!
2011年が飛躍の<善き年>になるよう祈念いたします!★★★

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

日本では恒例の紅白歌合戦で年末を締めくくります。2010年の話題になった楽曲である
「ありがとう」と「トイレの神様」の歌詞に私は注目しました。

二曲に共通するテーマは「感謝!感謝!感謝!」だと理解します。聞く人それぞれが
「ありがとう!」と心から伝えたい<対象>を思い浮かべられるから感動を呼ぶのだと
実感できます。

私にとって「ありがとう!」に代表される<感謝の気持ち>を誰かから伝えられ事は、
それだけで幸福感に満ち溢れ、疲れも悩みも一切が吹き飛んでしまうほどの魅力です。
ですから、私もなるべく「感謝します!」「お世話になります」「お世話様」などを
日々連発しています。感謝の気持ちを言葉で伝えるのであれば、プレゼントやお金や
事前の準備が不要なので、私にはピッタリです。

●感謝の気持ちがなければ、大きな力を発揮することはできません。
あなたと「力」を結びつけているのは、感謝の気持ちなのですから
(ウォレス D.ワトルズ)
●時は刻々と過ぎていく。愛情とやる気と感謝をもって、一日一日に、一瞬一瞬に
こだわって生きるべきだ。二度とチャンスはないかもしれないのだから
(オグ・マンディーノ)

ところで、何をさしおいても、私たちが先ず第一に<感謝の気持ち>を伝えるべきは
【神の愛=主イエス】【三位一体:父・子・聖霊】であると私は実感しています!

愛する人たち、このことだけは忘れてはならない。主のもとでは、一日は千年のようで、
千年は一日のようである。 ある人たちは、遅いと考えているようですが、主は約束の
実現を遅らせておられるのではありません。そうではなく、一人も滅びないで
皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるのです
(ペテロ後書3-8~9)
●我らのなお滅びざるは主の慈悲・仁愛(いつくしみ)による。
その憐憫(あわれみ)の尽きざるによる。
これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大いなるかな(エレミヤ哀歌3-22~23)

私のような落ちこぼれで<不義・不正・不実>の不潔で邪悪な存在でも、優秀で勇敢な
人々と分け隔てなく、こよなく愛してくださって、肉親が見捨てても決して見捨てず、、
私が<最高!最善!最美!>に光輝くために、不眠不休でお世話し続けていて下さる
【神の愛=主イエス】にこそ、先ず感謝するのは私にとっては当然なことです!

●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないようなことがあろうか。
 たとい彼等が忘れるようなことがあっても、私(主)はあなたを忘れることはない
(イザヤ書49‐15)
●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
「Very Important Person in God' Eye」(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
●これらの小さい者の一人が滅びることは、天に在ますあなた方の父の御心ではない
 (マタイ伝18‐14)
●主御自身が家を建てるのでなければ、建てる者の労苦はむなしい。
  主御自身が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
  あなた方が朝早く起きるのも、夜おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、それは、むなしい。
主は主を愛する者には眠りを与えてくださり、眠っている間に、なくてならぬものを与えられる
詩篇127-1~2)

日本人にも「歌心」がありますが、まさに【聖書】の【御言葉】に示されているように
感謝の気持ちを伝える<感謝のいけにえ>は、明るく元気な歌声によって伝えることを
【神の愛=主イエス】は喜ばれるのだと理解できます。

この世と地獄で活躍している「堕天使サタン」も、天上界では【神の愛=主イエス】に
素晴らしい讃美を捧げる歌い手たったと聞きます。

私でも誰でも、「いつもありがとうございます!」「感謝・感激です!」と言われて
喜ぶように、【神の愛=主イエス】【三位一体:父・子・聖霊】が一番喜ばれるのは
<超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!>の「讃美歌」だと思います。

●イエスを通して賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を、
絶えず神に献げましょう(ヘブル書13-15)
●兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。
自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です(ロマ書12-1)
●わたしは主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名を
ほめ歌うであろう(詩篇7-17)
●神が喜ばれるのは、おそらく神へのひたむきな憧れと、
神に向かって手をさしのべることだけであろう(ヒルティ)
●私は絶えずあなたを待ち望み、いよいよ切に繰り返し、あなたを賛美しましょう。
私の口は恵みの義の御業と、御救いを絶える事なく語りますが、その全体は計り知らず、
決して語り尽くすことはできません。神なる主よ。私は、あなたの大能の業を携えて、
力を奮い起こして進みいで、あなたの義を、ただあなただけを心に留め、
ひたすら恵みの御業をほめたたえ唱えましょう(詩篇71-14~16)
●イエスを通して賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を、絶えず神に献げましょう
(ヘブル書13-15)
●私は主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名を
ほめ歌うであろう(詩篇7-17)
●感謝の歌を声高くうたい、あなたの驚くべき奇すしき御業を余すことなくのべ伝えます
詩篇26-7)
●立琴をもって主を讃美して主に感謝せよ。十弦の立琴をもって、ほめ歌を歌え(詩篇33-2)

ここで言う「歌」とは単なる音楽に限定されるのではなくて、声に出して歌えなくても
霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<感謝の気持ち>を告白したくて溢れ出てくる
<心の歌声><霊のいけにえ><告白のいけにえ>であると体感できます。


●主よ、わたしは自ら進んでいけにえをささげ、恵み深いあなたの御名に感謝します
詩篇54-8)
●告白を神へのいけにえとしてささげ、いと高き神に満願の献げ物をせよ(詩篇50-14)
●告白をいけにえとしてささげる人は、わたしを栄光に輝かすであろう。道を正す人に、
わたしは神の救いを示そう(詩篇50-23)
●神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を神よ、あなたは侮られません
詩篇51-19)
●兄弟たち、神の憐れみによってあなた方に勧めます。
自分の体を神に喜ばれる聖なる生ける供え物(いけにえ)として献げなさい。
これこそ、あなた方のなすべき霊的な礼拝です(ロマ書12-1)
●恵み深い主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。
神の中の神に感謝せよ。慈しみはとこしえに。
主の中の主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。
ただひとり驚くべき大きな御業を行う方に感謝せよ。慈しみはとこしえに
詩篇136-1~4)
●あなた方も、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって
イエス・キリストにより、神に喜ばれる霊のいけにえを、献げなさい
(ペテロ前書2-5)

年末も元旦にも、様々な分野で著名な有識者が集まって「これからの日本」についての
改善策を議論していましたが、そこに信仰心や精神性について語られる事をありません。

内外共に国難の危機に直面している大波乱・大転換期の時代に生きる私たち日本人が、
現状を打破して、新たな価値観を打ち立て新時代を切り拓くために、先ず成すべきは
【神の愛=主イエス】に<感謝のいけにえ>を捧げる事であると、私は提言します!

●感謝のいけにえをささげる人は、私をあがめよう。その道を正しくする人に、
私は神の救いを見せよう(詩篇50-23)
●私たちは、あなたに感謝を捧げます。神よ、私たちは感謝します。
御名は、近くにあり、人々は、あなたの驚くべき奇しき御業を語り告ぎます(詩篇75-1)
●さあ、感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう
詩篇95ー1~2)
●感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。主に感謝し、御名をほめたたえよ
詩篇100-4)
●感謝の心は、昨日の意味を教え、今日に安心をもたらし、明日のビジョンを描いてくれる。
(メロディ・ビーティ)
●人もし全世界を得るとも、その霊魂を失わば何の益あらんや。
  人生の目的は金銭を得るにあらず。品性を完成するにあり(内村鑑三
●苦しみに出会ったら、まず感謝するがよい。
それから、その苦しみが何のために役立つかをたずね給え(ヒルティ)

皆さんが<感謝のいけにえ=ラブソング>を捧げることで【神の愛=主イエス】に喜ばれ
【信仰:信愛・信頼・信従】で熱烈夢中な<相思相愛の関係>で堅く結ばれることとで、
知恵と能力を注がれて、【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げる
【愛と自由の戦士:義勇軍・神の僕・忠義の愛子・光の子】として勝利の行進に参列して
勇進される事を心より応援しています!

●わたし(主)が喜ぶのは愛であって、いけにえではなく、神を知ることであって、
焼き尽くす献げ物ではない(ホセア書6-6)
●これは私たちの神の憐れみ深い御心による。また、そのあわれみによって、
日の光が上から私たちに臨み、暗黒と死の陰とに住む者を照らし、
  私たちの足を平和の道へ導くであろう
(ルカ伝1-78~79、詩篇107‐10、イザヤ書9‐2・59-8)
●神に感謝します。神は、私たちをいつもキリストの勝利の行進に連ならせ、私たちを
通じて至るところに、キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。
救いの道をたどる者にとっても、滅びの道をたどる者にとっても、私たちはキリストによって
神に献げられる善い香りです(コリント後書2-14~15)
●あなた方は、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、
キリストに結ばれて歩みなさい。
キリストに根を下ろして造り上げられ、
教えられたとおりの信仰をしっかり守って、
あふれるばかりに感謝しなさい(コロサイ書2-6~7)
●私に力を与え強くして下さる私たちの主キリスト・イエスに感謝を捧げています。
この方が、私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです
(テモテ前書1-12)
●私の父祖の神よ、感謝と賛美をささげます。知恵と力をわたしに授け
今、あなたに請い求めたものを私に示し、願いをかなえてくれました
(ダニエル書2-23)
●<単独の歓喜>(内村鑑三
ひとり足りてひとり喜び、ひとり喜びて到るところに歓喜の香を放つ、
星のごとく、花のごとく、識認を要せず、奨励を要せず、
ひとり輝いてひとり香(カグ)わし。
詩人ホイットマンいわく、
われはわがあるままに存在す、それにて足る、
もし世に何人のわれを認むるなきもわれは満足してひとり座す、
もし衆人と各人とがわれを認むるともわれは満足してひとり座す
と。しかしてキリストにありてわれもまたかくありうるを感謝す。