【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

我は福音を恥じとせず(ロマ書1-16)

【2001年5月14日に作成した<第129回>より】
◇◇我は福音を恥じとせず(ロマ書1-16)◇◇
2001年5月13日深夜TBSテレビ「CBSドキュメント『U2・ボノ』」を観て

●父(神)を世に示さん為には隠るるなかれ
 自己を世に示さざらん為に隠れよ(内村鑑三

神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

皆さんの多くはアイルランド出身のロックバンド『U2』とそのボーカルの
ボノをご存知だと思いますが、私は今日のドキュメントで初めてU2とボノの
チャレンジを知り感動したのでご紹介します。

ボノと彼の奥さんと『U2』メンバーはみなダブリンの高校生の仲間であって、
それから20年以上一度もメンバーチェンジをしないほどに結束が強く信頼関係の
あるバンドです。ビートルズでもそうでしたが、普通のロック・バンドでは常に
音楽性の違いなどで生じる人間関係のトラブルが絶えず考えられないことです。

また、リーダーのボノのギターテクニックも独創的で自分のオリジナル曲しか、
今でも演奏できないそうです。そして、どんなに世界でメジャーになったから
といって、故郷のダブリンを決して忘れることなく、いつまでも売れなかった
頃の「自分らしさ」のままでいられる、まさに自由な人間です。

U2』はメジャーになった恩返しに、特に地元では恵まれない人々の為に
積極的に音楽活動によるチャリティを行っているそうです。

●あなた方が召されたのは、実に、自由を得るためである。ただ、その自由を
 肉のはたらく機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい(ガラテヤ5-13)

ボノ自身は政治と宗教に非常に関心があり、常に音楽活動によって政治的行動を
実践しています。彼の生まれたアイルランドの特性と母親はプロテスタントで父親は
カトリックという環境で育ったことから、常に発言して議論することが好きな性格に
なったそうです。

彼はロックバンド中心のチャリティ・フェスティバルの「ライブ・AID」で中心と
なって活躍して、2億ドルを集める事に成功しました。それらはアフリカ諸国の独立
支援のために募金したのですが、それほどの大金であっても、欧米からの援助金である
過去の借金返済のの利子分のために充てられたことに気づきます。

彼は現在のアフリカ諸国が貧困に苦しんでいる背景には、欧米先進国からの借金があり
その多額の元金を返済できずに、ただ利子分しか返済できないという悪循環に陥って
いることに気づきます。

そこで、現在はアフリカ極貧国の債務棒引きを目指す「ジュビリー2000」に参加し
米国ホワイトハウスにもロビーストとして、また代表として当時のクリントン大統領と
直接交渉したりして活躍しています。

彼の政治的行動に対しては批判の声も強く、いつまでも若者気取りのロックバンドの
成り上がり者の金持ちの道楽として扱われることもあるそうです。しかし彼はそんな
つまらない声など気にするような人間ではありません。

●あなたにゆだねられている事を守りなさい。そして、俗悪な無駄話と偽りの「知識」
 による反対論を避けなさい。(テモテ前書6-20)

彼は政治的行動のためには自分の名声を活かして世界の権威と会って話題作りをします。
ローマ法王に会う事が出来た時には、ローマ法王も彼の政治的行動を大変喜んでくれた
そうです。その際にお礼にアイルランドの詩集と彼の好みのサングラスをプレゼントし
ます。そして、法王に語りかけたそうです。

「法王は偉大な聖職者であると同時に、偉大なショー・マンでもあるのですね」

法王はその場で彼のサングラスをかけておどけて見せたそうです。残念ながら、その
シーンは撮影されませんでしたが…。

ボノは自分自身の生き様をとても気に入っています。そして次のように答えます。

「年と取ったからといって議論をしなくなるような人間にはなりたくないね。
 僕はこれからもずっと戦い続けるつもりさ」

●【人は希望的動物】
 前進を望むは自然にして後ろを顧みるは不自然なり
 後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む(内村鑑三

●【汝ら前に進め(出エジプト記14-15)】
 前に進まんのみ、飢餓を恐れず、単独を恐れず、失敗を恐れず
 破滅を恐れず、前に進まんのみ(内村鑑三

ボノが政治的活動で忙しいために、新作のアルバム創りに2年間も要したそうです。
そのため、アルバム部門ノミネートは今年度グラミー賞に間に合わなかったそうですが、
シングルは見事3部門で受賞したそうです。来年のグラミー賞でアルバム部門も期待が
できるでしょう。

まさに、ボノと彼の同志で結成された『U2』は【使命・天職】にチャレンジする
ロック・バンドの聖歌隊といえるでしょう。

●人はいつもただ善い事をしようと心がけるべきである(ヒルティ)

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@leo.livedoor,com