【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

<Serendipity>を活かせ!

◇◇ 偉業:Serendipity(幸運な思わぬ発見をする能力)◇◇
【2002年5月18日に作成した<第248回>に加筆】 
2002年5月15日(水)深夜NHK「ETV(再)日本の独創者たち」を観て

●【偉業(内村鑑三)】
 我れ事を作(ナ)すにあらず、これを作さしめらるるなり
 我は我れの欲する事をなしえずして、欲せざる事をなさしめる
 神は我をして我れ以上の思想を語らしめ、我れ以上の事をなさしめ給う
 神に頼るは我は小なりといえども、はなはだ我は大なる者なり。

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

私たちが運命的とか幸運や偶然と感じるような出来事や出会いや発見は単なる偶然ではなくて、そこには【神の愛の導き】があると私は信じます。

●神は時おり、自然の出来事や自然の事物を通して、私たちに話しかけることもある(ヒルティ)
●愛は神の霊としてこの世界に満ちみちている(ヒルティ)

テレビで紹介されていたミクロの世界を観察し続けて40年間の飯島博士は、世界中で<偉業>と評される新発見・発明は、ほとんど全てが、自己都合でなく【Serendipity(幸運な思わぬ発見をする能力)】だと語っていました。

飯島さんは電子顕微鏡を駆使して<カーボン・ナノ・チューブ>という炭素形状を新発見して世界で有名となったナノ・テクノロジー研究者です。

彼は「ナノの世界」で世界の誰よりも、いち早くサッカーボールと同じ六角形と12の五角形で構成される球体の炭素配列を初めて発見しました。

しかし、その新発見の意義を彼は理解できずに、五年後には別の学者がこの球体の「フラール(C60)」が超伝導で有用性があることを発表してノーベル賞を受賞したのです。

飯島さんは自分が先に発見したのに受賞できなかったことを悔やむような人ではありませんでした。彼はさらなる新発見への意欲を高めたそうです。

飯島さんは世間の学者が「C60」の発表に圧倒されて目も心も奪われている時に、時代の先を進んでいました。
彼は今度は「チューブ状」の炭素配列である「カーボン・ナノ・チューブ」を世界初として発見したのです!

発見当初、日本ではまだ「C60」の発見の影に隠れていて、誰もその真価を理解できるものはいませんでしたが、やがて世界の学会で話題となります。

彼の発見とは、化石燃料に依存した現在のエネルギー政策の大転換となる燃料電池縮小化を実現させる画期的な技術革新となるほどの功績でした。

飯島さんが新発見にチャレンジするのは、単なる功名心や競争心ではありません。彼にとって 宇宙の世界の果てからミクロの世界の果てまでも貫くものは、人間の叡智の及ばぬ神秘的な<神の愛の創造>であることを理解している人だと思います。

彼は自然を敬愛し、未知への憧れと探求心と好奇心に満ち溢れて、まるで夢に生きるような天真爛漫の人です、まさに【ミッション:使命・天職】に生きている幸福な人だと思います。

飯島さんは自分自身の立場を解りやすく説明してくれました。

 「私のような凡人は本物を見分けられる骨董屋の目利きの精神があればよいのです。発見後の使い途は天才に任せればよいからです。」

彼は「ナノ世界」の<道先案内人>として、<探検家>であり<先駆者>として新たな発見に挑みます。

そのきっかけは興味深いものでした。彼は研究室に閉じこもるタイプでなく、自然や日常のあらゆる事柄に意外な発見ができる<神に愛される人>です。飯島さんには素晴らしい<インスピレーション:霊感・直感・ひらめき>があるからです。

●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給うのであって、ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)
●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。クリスチャンは聖霊の人である。聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三

例えば、立ち寄った民芸品屋で数百年前から創り続けられている竹細工の竹カゴを目にした時のことです。その「くびれた筒形状」が電子顕微鏡で発見した「くびれたチューブ状」の炭素配列にそっくりではありませんか!

竹カゴの網目を観察すると六角形と五角形とその他に七角形が組込まれていることが発見できたのです。きっと炭素配列にも同じ様にあるはずです。近い将来、七角形の炭素配列が世界のどこかで新発見として発表されるに違いありません。

そうやって、飯島さんは常に【Serendipity(幸運な思いがけない発見をする能力)】で新発見してきたそうです。

  「自然界には既に答えがあるのです!」

以前この場でも紹介したガウディの言葉を思い出しました。

●独創とは起源に帰ることである。
 神は人間を通して創造し続ける。
 創造は神のものであり、人間はコピーしているにすぎない。
 人間は創造しない、神の創造した自然界から発見するのである(ガウディ)

飯島さんは大学時代に教授に顕微鏡の世界に導かれ、米国アリゾナ大での10数年の電子顕微鏡による研究を経てから著名な学者のように1箇所の研究室にこもっての研究生活ではありませんでした。

彼は40年の間、企業勤務や様々な研究所を転々としたことが、かえってよい経験となったと語っています。

 「よく動いていたからチャンスも、本物にも出会う確率も高くなった。」

飯島さんの実体験からの確信の発言は私たちには勇気と励ましになります。

  「(専門)知識は新発見には無関係です。目利きの感性を失わせるからです。
   (専門知識は)ガチッとした仕事はできても、変わった仕事はできません。」

●人を信じさせるものは経験である。自分も経験してみたいと言う願望と気分とを起こさせるものは、その経験をした人たちの証明である(ヒルティ)
●事実の子たれよ、理論の奴隷になるなかれ(内村鑑三

飯島さんの目指す道は【神の愛】によって細部にわたり丹念に創られている「ミクロの世界」をこの世に紹介する【福音伝道者】の道といえるでしょう。

だから、飯島さんには神からの霊的な<贈り物>であり、偶然のひらめきのように示される【Serendipity(幸運な思いがけない発見をする能力)】が与えられるのだと思います。

それは、信じ望み愛する【ビジョン:理想・夢・志】に向かって真っ直ぐに強い信念と深い愛好心を抱き、迷わずに実行する勇気と情熱があるからです。

●ためしてみること、着手することによってのみ最も偉大な事柄も成就するものだ(ヒルティ)

家族や世間からみれば、ドン・キホーテのように愚かで無謀で不可能であり、世間体や常識では考えられない、素人的で子供じみて幼稚な青臭い絵空事な発想であっても、自分の心に生涯忘れない【ビジョン:理想・夢・志】があるならば、それは自分だけのものではなく、【神の愛=主イエス】からの【ミッション:使命・天職】の証拠だと思います。

自己の損得感情や利害関係からでなく、物欲や肉欲だけではない、自分の存在意義や使命感や【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を満足させる【ビジョン:理想・夢・志】自身もまた【聖欲】であり【神の愛=隣人愛】であるといえるでしょう。

●軍隊と巡査と法律とをもって維持されている平和は実は平和ではない。
 聖書は人をして、その利欲の念を絶たしめて、これに代わるに他を救わんと欲するの【聖欲】をもってせしめて社会をその根底より改める (内村鑑三

この世に【神の愛=隣人愛】を示し実現するために、【ビジョン:理想・夢・志】が私たち各自に託されていると信じるならば、世間でいう自力の<単独競技>ではなく、<いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】に支えられ守られて導かれて最善発揮する【神の愛=隣人愛】を中心に、時には歴史・民族を越えた<心を一つ思いを一つ>にする【チーム・スピリット&チーム・ワーク】による【協働競技】であると思います。

●キリストの名によって、あなた方勧める。みな語ることを一つにし、お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい (コリント第1書1-10)
●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
●兄弟たちよ、互いに励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。平和に過ごしなさい。そうすれば、愛と平和の神があなたと共にいて下さるであろう(コリント後書13‐11)

この競技は【神の愛】による【神の愛の奇蹟】を起こして、どんなにマイナスの不可能でもプラスの可能に転換させて、悪循環を断ち切って善循環に変えることが栄光を勝ち取る<ルール(規定)>です。

●競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ栄光は得られない(テモテ後書2-5)

【聖書】も【礼拝:★讃美★祈り★感謝】も私たちに無限の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と日々新たな【バイタリティ:生活力=生命力+活力】を与えてくれて、【神の愛=聖霊】からの<贈り物>である<インスピレーション:霊感・直感・ひらめき>が注がれます!

私たちの【礼拝:★讃美★祈り★感謝】に応えて、【神助】は常に私たちのチャレンジを<最善>に導くために精神的・肉体的・経済的に全面的支援して、勇気と希望と励ましと慰めとなってくれます!

●我に糧あり、聖書なり。我に力あり、祈祷に存在す。我は単独にして世界を相手に戦いを得るなり(内村鑑三
●【神助】(内村鑑三
◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって 汝を恵まん。
⇔ ★天来の思想
★外来の友人
★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。汝は信仰を もって神の力を汝の力となすをうべし。
●このように、あなた方は悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなた方の天の父は、求める者に良い物・聖霊をくださるにちがいない(マタイ伝7-11、ルカ伝11-13)

皆さんが【神の愛の導き】によって体得できる【Serenndipity(幸運な思わぬ発見をする能力)】を最善発揮して、奇跡的な不思議な出会いや驚きの大発見によって、【ビジョン:理想・夢・志】を目指して前進し続けることを心より応援しています!

●雨も雪も、ひとたび天から降れば、むなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ、種蒔く人には種を与え、食べる人には糧を与える。 そのように、私の口から出る私の言葉もむなしくは、私のもとに戻らない。それは私の望むことを成し遂げ、私が与えた使命を必ず果たす(イザヤ書55-10~11)
イスラエルよ。今、あなたの神、主があなたに求めておられることは何か。ただ、あなたの神、主を畏れてそのすべての道に従って歩み、主を愛し、心を尽くし、魂を尽くしてあなたの神、主に仕え、 わたしが今日あなたに命じる主の戒めと掟を守って、あなたが幸いを得ることではないか。見よ、天とその天の天も、地と地にあるすべてのものも、あなたの神、主のものである(申命記10-12~13)