【ビジョン&使命・天職】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く【神の愛=主イエス】!!

★AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS LOVE!★AMEN!HALLELUJAH!GLORY JESUS KINGDOM!★Good luck & God bless you!

【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観> 【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】

【闇】を使い【光】に導く【神の愛】

【2010年7月25日に作成した<第528回>に加筆】
◇◇【闇:敵対勢力】を使って【光:福音の勢力】に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

●光は闇の中に輝いている。そして、闇はこれに勝たなかった(ヨハネ伝1‐5)
●私は言う。「闇の中でも主は私を見ておられる。夜も光が私を照らし出す。」
あなたには、闇も暗くなく、夜も昼も共に光を放ち、夜は昼のように明るく輝く。
あなたには、闇も光も同じで異なることはない(詩篇139-11~12)

■NHK「恐竜絶滅 ほ乳類の戦い」に示される【キリスト精神】について考える

【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さんこんにちは。ご愛読に感謝します!

日本の国会で予算審議される唯一の公共放送であるNHKは「進化論」が大好きです。
以前は、私たち人類の先祖は「アメーバ」として「あなたの先祖」と連呼する番組を
放映したことがありますが、今回は「あなたの先祖」は「ねずみ」と連呼しています。

前後編の前編しか観られず、中途半端の理解なので誤解・偏見を覚悟の上で発言します。

今回の番組を観ると数千万年間、無慈悲な殺戮が繰り返される過酷な生存競争の毎日の
ように感じてしまいます。そこは【神の愛の力=隣人愛】【神の愛の方程式・摂理】は
皆無のようです。

しかし現在の自然界を観て、そのような無慈悲で残虐な殺戮行為は珍しいと思います。
肉食獣の代表格の百獣の王ライオンは、一週間に2~3日しか獲物を食べられないので、
おなかをすかさないように、昼寝やゴロゴロしているという話を聞いた事があります。
獲物に選ばれるのも、基本的に弱った者や子供を選び、子供を産む母親を狙う事は、
無いそうです。

この天然世界は、<強い者:能力を持てる者>は、好き放題に自分勝手に何をしても
許されるという権利も自由も与えられていないのが【神の愛の方程式・摂理】だと
私は実感しています。

つまりこの世は一見すれば、弱肉強食の過酷で悲惨な生存競争社会のように思えても、
たとえ私のように不潔で<不義・不忠・不実>の<真っ暗闇>の存在であっても、
その背後に光輝く【神の愛の力=隣人愛】に満ち溢れた【神の愛の方程式・摂理】を
発見できます!ハレルヤ!主の恵みに感謝します!栄光を主に帰します!アーメン!

●悪い事の中にもなにほどかの善の魂がまじっている。
人が注意ぶかくそれをさがし出すならば(シェークスピア
●神はどんな悪も行われないようにするよりも、むしろ悪から善を生じさせるように
する方が善いと考えられたのである(アウグスティヌス
●善の勝利についての絶望は常に個人的勇気の欠乏である(ヒルティ)
●事物の光明的半面に着眼する者、これ信者なり。
暗黒的半面に注目する者、これ不信者なり。
信者は  常に健康を祝し、成功を讃え、 聖徳をよろこぶ
不信者は 常に疾病を語り、失敗をなげき、悪徳・罪悪を憤る(内村鑑三
●神の恵みと助けとが示されているのは、特に困難な時期に、いつも我々の暗い運命の
どこかある一点が明るくされることによってである(ヒルティ)

従って、一見すると【神の愛=主イエス】を認めぬ「進化論」も敵対勢力ではありません。
何故なら進化論者の理論を過去の<人類誕生>ではなく、私たち個人個人の<未来>に
向けて活用するならば、キリスト教や諸宗教より力強い【信仰精神】といえるでしょう。

例えば、強大な恐竜に支配され、どんなに過酷で不条理な境遇にあっても、降伏せずに
自己の生涯では実現不可能な【ビジョン:理想・夢念・大志】でも、常に未来に向けて、
望みを抱き続けて、アメーバでも小さなネズミでも人類にまで進化できるのですから、
私たちの思い願うような【ビジョン:理想・夢念・大志】ならば何でも実現可能です!

どこの宗教でも紹介される「不治の病が治った!」「危機的困難を克服できた!」など
の奇跡的ストーリや多種多様な「おとぎ話」でも、私たちは素直には認められません。
しかし「処女受胎」よりも荒唐無稽で遠大崇高な【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に
満ちた「進化論」の歴史物語は、馬鹿にされるどころか、正統の<歴史的事実>として
正々堂々と真面目に公共放送が放映できるのですから驚きです。

私たちは「進化論」の生命誕生や歴史物語に賛同できなくても、「進化論」が主張する
現実生活がどんなに過酷で世間的に<無一物>な弱小の存在であっても、現実不可能な
【ビジョン:理想・夢念・大志】を信じ望み大切に愛し守り育てるならば、未来に必ず
実現する!という【信仰精神】は<歓喜!感動!感謝!>で受け入れる事が出来ます。

●いささかも疑わず、信仰をもって願いなさい。
疑う者は、風に吹かれて揺れ動く海の波に似ています。
そういう人は、主から何かいただけると思ってはなりません。
心が定まらず、生き方全体に安定を欠く人です(ヤコブ書1-6~8)
●その日には、あなた方はもはや、私に何も尋ねない。はっきり言っておく。
あなた方が私の名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる。
今までは、あなた方は私の名によっては何も願わなかった。
願いなさい。そうすれば与えられ、あなた方は喜びで満たされる
ヨハネ伝16-23~24)

進化論者の理論は、ユダヤ民族が信じ望み愛し続けた結果、<救世主:神の子>として
預言通りに「処女受胎」して【神の愛=主イエス】として降誕した事を証明できます。
つまり「処女受胎」を疑っている神学者や聖職者よりも、「進化論」原理主義者の方が
遥かに【キリスト精神】の【同労者・同志】といえるでしょう。

●真心からの感謝を神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。
苦難の日には私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。
あなたは私をあがめ、私の栄光を輝かすであろう(詩篇50-15)
ロビンソン・クルーソー救霊の聖句>
●創造者、主、すべてを形づくり、確立される方。その御名は主。主はこう言われる。
「私を呼び求めよ。そうすれば、私はあなたに答え、あなたの知らない隠された理解を
超えた大いなる事をあなたに告げ知らせよう(エレミヤ記33-2~3)
●苦しみ悩みのうちから、私の主を呼び求めた
主は私に応えて、私を広いところに置かれた(Set me free)
主は私の味方、私は恐れない
人は私に何ができようか(詩篇118-5~6)
●主を呼び求める人すべてに近くいまし、まことをもって呼ぶ人すべてに近くいまし
主を畏れる人々の望みをかなえ、叫びを聞いて救ってくださいます
詩篇145-18~19)

現代日本社会はあらゆる分野で戦後体制が崩壊して、乱世大変革期に突入しています。
毎日のように子殺し親殺しの事件や不義・不正・不祥事の報道が流れ、不景気・格差や
不平・不満が満ち溢れて、国家も社会も家族も分裂・対立状態のように感じます。

日本人の多くが精神的飢餓状態で「乾いた心」にあるので、今こそ「いのちの泉」である
【神の愛=主イエス】【聖書】について伝道できる絶好のチャンスといえるのですが、
日本では無牧師教会が激増して教会信者も高齢化して多くの教会が維持困難にあるので、
教会の外に向けての【福音伝道】の強化は恐らく望めないでしょう。

そこで【神の愛=主イエス】は日本の最も権威のあるNHKのゴールデン・タイムに
熱烈な「進化論者」を使って、【神の愛=主イエス】【神の愛の力=隣人愛】に通じる
どんなに過酷で不条理と思える境遇にあっても【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】の
【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】が最も大切だと示してくれました!

●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである。
(テサロニケ前書5‐16~18)
●望みて喜び、患難に耐え、常に祈れ(ロマ書12-12)
●熱心で、うむことなく、霊に燃え、主に仕え
望みを抱いて喜び、患難に耐え忍び、常に祈りなさい(ロマ書12-11~12)
●絶えず祈りと願いをし、どんな時でも御霊によって祈り、目を覚まして、うむことなく
根気よく全ての聖徒のために祈り続けなさい(エペソ書6-18)
●何事も思い煩ってはならない。ただ、事ごとに感謝をもって祈りと願いとを捧げ
あなた方の願い求めるところを神に打ち明けなさい(ピリピ書4-6)
●目を覚まして、感謝を込めて、ひたすら祈り続けなさい(コロサイ書4-2)

世間的弱小の【福音の勢力】からは敵対勢力の「進化論」<多数派・恐竜>に思えても
熱烈な教会宣教のような、力強い確信と【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に満ち溢れた
<求めよ!尋ねよ!叩け!>の【キリスト精神】を体感することができます!

●求めよ、さらば与えられん。尋ねよ、さらば見出さん。門をたたけ、さらば開かれん
(マタイ伝7-7、ルカ伝11-9)
●誰でも求める者は得て、捜す者は見出し、門をたたく者には開かれる
(マタイ伝7-8、ルカ伝11-10)
●求めよさらば与えられん、そしてあなた方の喜びが満ち溢れるであろう
ヨハネ伝16-24)
●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
そうすれば、そのとおりになるであろう(マルコ伝11‐24)
●聖書は祈りの歴史であり、祈りが答えられた記録(賀川豊彦
●真の祈りはただの祈りではない。一種の預言である。
即ち必ず成就すべき事を前もって語に表することである(内村鑑三
●わが祈祷が聴かれないと言う時に、祈祷以上が聴かるるのである。
祈祷が聴かれないのではない。我等が祈求むるところ、思惟うところよりもいたく
過(まさ)りて聴かるるのである(内村鑑三

今日現在が<患難辛苦>で最悪な境遇にあろうと、進化論のアメーバやネズミのように、
現実不可能に思える【ビジョン:理想・夢念・大志】を<人生の旗印>に高く掲げて
【救国:日本民族精神復興&国家再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
決起する【愛と自由の戦士:神の僕・忠義の愛子・光の子】に志願することによって、
【神の愛=主イエス】と共に勇進される活躍を心より応援しています!

●夕べに、朝に、真昼に、私が嘆き、うめけば、 主は私の声を聞かれる
たとい私を攻める者が多くとも、主は私が戦う戦いから、
私を平和のうちに救い出してくださる
私と争い挑む者が多いから(詩篇55-17~18)
●いつも太陽を見ていれば 影は目に入らない(ヘレン・ケラー
●全てが失われようとも、まだ未来が残ってる(クリスチャン・ボヴィー)
●夢は続いている限り現実である。そして、我々は夢の中で生きているのではないか
(テニソン)
●私は私の意見を述べる。それがよい意見だからではなく、私自身の意見だからだ
(モンテーニュ
●<軟弱信者に告ぐ>(内村鑑三
キリスト教を究めよ、キリスト教について聞かんと欲するなかれ。
聖書を学べよ、宗教文学を楽しまんと欲するなかれ。
神を信ぜよ、教会と教師とに頼らんと欲するなかれ。
己の弱き訴うるを止めて自ら強からんことを求めよ、
いつまでも信仰の乳をもって養われんと欲する信仰の赤子たるなかれ。
堅きに耐え、神の信頼を値(ネウチ)する福音の戦士たれ。

それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい!
May grace and peace be with your spirit.
Good luck & God bless you!

メイル歓迎します!
cforum@tanaka.name
田中 聡(さとし)